INDEX

朝の洗顔の新常識、水洗顔って?

メディアで話題になった水洗顔

驚く女性

「朝は水で洗うだけで汚れは落ちる!」と話題になった水洗顔美容法。皆さんも一度は耳にしたことありますよね。有名な女優さんが実践する美容法としてテレビや雑誌に取り上げられた水洗顔は、朝洗顔料を使う必要がなく簡単で、何より肌にいいということから一躍話題になりました。

洗顔料は必要ない?有名女優も実践する水洗顔法とは

スキンケアするカップル

しかしその水洗顔法とは、年齢的に肌の皮脂が少ない人が、夜寝るときはクリームなどで肌をパック状態にしていて、朝水で洗った後は化粧水などで拭き取るというもの。本来は「どの年代のどの肌質の人も朝は水で洗うだけでいい」というものではありませんでした。

正しい朝水洗顔法は、決して普段メイクをする20代30代女性が朝水洗顔だけで済ますというものではありません。肌の皮脂が少ない50代以上の女性が夜はクリームで肌を保護し、朝水洗顔後は拭き取り化粧水で汚れを拭き取るというもので、ここまでして正しい朝洗顔法と言えるのです。

本当に水洗顔は肌にいい?

パックする女性

朝水洗顔という言葉だけが有名になり、今では朝は水で簡単に洗うだけという若い女性も増えているようです。しかし普段メイクをしたり肌が荒れやすい20代30代は、朝水洗顔だけでは肌トラブルをさらに悪化させてしまうかもしれません。簡単にできて肌にいいと思っていた水洗顔には、注意すべき点がありました。

注意が必要!朝の水洗顔には危険な落とし穴があった

寝ている間にも肌の皮脂は3倍以上に

寝ている女性

実は、人は寝ている間にも汗をかき、肌の皮脂量も約3倍に増えているんです!この汗と皮脂が混ざると外的刺激から肌をバリアする「皮脂膜」となるのですが、皮脂膜が増えすぎると余分な皮脂汚れとして肌に蓄積されていきます。朝水洗顔のみでは夜のうちに溜まった皮脂膜が落とし切れず、肌に蓄積されてしまうのです。

水洗顔だけでは落としきれない変性皮脂

鏡を見る女性

朝に落とし切れなかった「皮脂膜」は、肌に常にいる「常在菌」により分解されます。分解した皮脂は酸化し「変形皮脂」に変化します。この変形皮脂は夜のうちにも溜まっているのですが、朝水洗顔では1割程度しか落ちず、そのままにしておくと肌荒れや吹き出物など様々な肌トラブルを引き起こします。

朝の洗顔も毛穴ケアが必要

鏡を見る女性

毛穴の開きや汚れの原因は、慢性的に皮脂が溜まることと言われています。夜に毛穴ケアをして汚れを除去していても、朝水洗顔のみだと皮脂が取り除かれず、ファンデーションやホコリなどと結びついて毛穴の中に残ります。これが日常的になると常に毛穴が開いている状態になってしまうのです。

朝に洗顔料を使うといい理由

変性皮脂が落ちる

笑う女性

最近肌トラブルが多いという人は、変性皮脂が綺麗に落ちていないのかもしれません!変性皮脂が溜まると雑菌を寄せ付けるので、様々な肌トラブルを引き起こします。朝も洗顔料を使って変性皮脂を綺麗に取り除くことで、肌環境を整えることができるのです。

古い角質が取り除かれる

スキンケアする女性

水洗顔のみでは余分な皮脂と一緒に古い角質も残り、肌がくすんでしまいます。朝洗顔料を使うことで綺麗に取り除かれ、化粧水の浸透率やメイクのノリが良くなるのです!

肌のターンオーバーを促進する

メイクする女性

夜のうちに溜まった皮脂汚れをそのままにしておくと、肌のターンオーバーを妨げます。朝に洗顔料を使って綺麗に洗い流すことで、肌に透明感が生まれハリがアップし、ニキビ肌も改善されます。また化粧水や美容液が浸透しやすくなるので、肌にしっかりと栄養が行き届くのです!

朝も洗顔料は必要だった!

朝に洗顔料が必要な理由

笑う女性

肌にいいとされていた水洗顔ですが、寝ている間に溜まった皮脂が落とし切れず、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。夜だけでなく朝も洗顔料を使うことで、余分な皮脂を取り除き肌トラブルを解決することができるのです。

朝にオススメの洗顔料

石けん

洗顔料を使うと肌がつっぱりカサつくという人は、洗顔料の洗浄力が強すぎるのかもしれません。皮脂は洗浄力は強くなくても落ちるので、朝の洗顔料は肌に近い弱酸性のものや敏感肌用のもの、泡で出てくるものや泡切れが良いものがオススメです!

肌質によって洗顔法が違う

教える女性

朝の洗顔は、肌質によって効果的な方法があります。しかし違う肌質の洗顔法だと、逆に肌を悪化させてしまうかもしれません。自分の肌質がどのタイプかチェックし、自分にあった朝洗顔法を学びましょう!

肌質にあった朝洗顔法

肌のつっぱりやテカリがない「普通肌」

緑の食材

肌のつっぱりやテカリがない普通肌は、ホコリやクリームの油分を洗い流すことが大事です。洗顔料を綺麗に洗った手にとり顔全体を洗い、ぬるま湯で洗い流します。だたし目の周りは乾燥しやすいので、避けて洗いましょう。

肌のつっぱりはないが顔全体が少しテカる「オイリー肌」

ピンクの花びら

肌のつっぱりはないが顔全体が少しテカるオイリー肌は、洗う前に皮脂を取り除く必要があります。蒸しタオルを顔の上に1〜2分乗せ、蒸しタオルで軽く皮脂を拭き取ります。その後洗顔料を綺麗に洗った手にとり顔全体を洗い、ぬるま湯で洗い流します。

肌がつっぱり鼻やおでこなどのTゾーンがテカる「混合肌」

黄色い食材

肌がつっぱり鼻やおでこなどのTゾーンがテカる混合肌は、Tゾーンの皮脂を取り除かないと黒ずみや毛穴が開く原因になります。洗顔料をTゾーンに乗せ、目元と口元を避けUゾーンから洗います。その後Tゾーンを洗い、ぬるま湯で洗い流します。しかしTゾーンに長時間乗せすぎていると乾燥に繋がるので気をつけましょう。

肌はつっぱりテカリがない「乾燥肌」と肌がピリピリし赤みが出る「敏感肌」

ラベンダー

乾燥肌や敏感肌の人は、皮脂が多く出ていないので洗顔料を使う必要はありません。蒸しタオルを顔の上に1〜2分乗せ、蒸しタオルで拭き取りぬるま湯で洗うだけでOKです。またこの方法は肌への負担が少ないので、ニキビや吹き出物が出ている人にもオススメです!

間違った洗顔法で引き起こる肌トラブル

変性皮脂によって肌のキメが乱れる

驚く女性

肌質に合わない洗顔法や水洗顔で肌の皮脂が落とし切れていないと、皮脂膜が酸化し変性皮脂になり蓄積されます。変性皮脂が肌にへばりつくとこで、肌のキメが乱れ化粧水の浸透を妨げてしまうのです。

皮脂が詰まり毛穴が開く

拒否する女性

皮脂が多い人が水洗顔のみや乾燥・敏感肌の洗顔法で肌の皮脂が残り、その上にメイクをするとファンデーションやホコリと混ざってて毛穴に詰まってしまいます。毛穴に皮脂が詰まった状態が続くと、毛穴の開きや黒ずみの原因になるのです。

肌の炎症によってニキビが出来る

泣く女性

自分の肌質に合わない洗顔法や水洗顔で肌に皮脂が残る状態が続くと、皮脂に雑菌が繁殖して炎症を起こし赤ニキビができる原因になります。またニキビや吹き出物ができている状態で強い洗顔料を使うと、肌環境はさらに悪化してしまいます。

古い角質が残り肌がくすむ

驚く女性

自分の肌質に合わない洗顔法や水洗顔で肌に皮脂が残る状態が続くと、古い角質も取り切れず残っています。古い角質は肌のターンオーバーを妨げるため、肌がくすんだり化粧水や美容液が浸透しにくくなったりするのです。

もう悩む必要なし!正しい洗顔法で美肌を手に入れよう

笑う女性

今水洗顔をしているという人も、肌トラブルに悩んでいるという人も、自分の肌質にあった正しい洗顔法で肌トラブルが解決するかもしれません。メイクのノリが悪い、化粧水が浸透しにくいという人も、朝は洗顔料で洗ってみましょう!

朝洗顔を見直せばあなたの肌環境は大きく改善されるかもしれません。自分の肌質にあった朝の洗顔法で、美肌を手に入れましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。