INDEX

カサカサ唇は身近な事が原因?

皮剥けが気になって唇を舐めたり触ったりしている。

皮剥けが気になって唇を舐めたり触ったりしている。

唇の皮が剥けていると気になってしまいますよね。そんなとき、『傷口を舐めれば良くなる』『湿らせておこう』などの理由で唇を舐めるのは逆効果です。舐めることによって唾液の水分が蒸発し、それと同時に唇の水分も蒸発してしまいます。1年中唇が乾燥している方は、唇を舐めたり噛んだりする癖があるのかもしれません。

また、気になるからといって手で唇を触ってしまうのも、皮剥けをどんどん悪化させる原因になります。唇は顔の中でも皮膚が薄く刺激に弱い箇所ですから、無防備に手で触ったり皮を剥いたりしていると、その手についたばい菌が原因でもっと乾燥してしまう可能性があります。

メイクアップ前にリップクリームを塗らない。

メイクアップ前にリップクリームを塗らない。

『口紅だけでも保湿されるから』そう思ってリップクリームを塗らない方は要注意です!口紅を塗った時、うまく塗れなかった経験はありませんか?実は、口紅の保湿成分だけでは十分に保湿されていない可能性があります。逆に口紅の着色成分や摩擦によって刺激を与えてしまい、もっと唇が荒れて乾燥してしまいます。

洗顔後は唇も一緒にスキンケアしている。

洗顔後は唇も一緒にスキンケアしている。

唇の皮膚は、顔の中でも粘膜に近い部分です。顔と同じように化粧水をつけても、十分な保湿がされていない可能性があります。洗顔後のスキンケアをする時、唇には良い化粧水や保湿液ではなく、唇専用であるリップクリームを塗って保湿してあげるのが一番でした。

肌に合わない化粧品を使っている。

肌に合わない化粧品を使っている。

カサカサ唇の見落としがちな原因は、『合わない化粧品を使っている』ことです。万人に愛用されているからといって、必ず自分に合う化粧品とは限りません。合わない化粧品を使い続けるのは、肌にも唇にもかなりの負担です。リップクリームも塗って保湿もバッチリなのに唇が乾燥する方は、一度化粧品を見直してみてください。

ストレスで暴飲暴食をする事がある。

ストレスで暴飲暴食をする事がある。

最近ストレスが溜まって暴飲暴食を繰り返したりしていませんか?暴飲暴食をすると、食べる量も回数も増えて胃に負担が掛かりますよね。唇も同じように唾液や食べ物との接触回数が増えると、その分の刺激が大きな負担になり、カサカサ唇の原因になっている可能性があります。

乾燥してカサカサの唇を放置するとどうなる?

唇の化粧ノリが悪いので老けて見られていた。

唇の化粧ノリが悪いので老けて見られていた。

老け顔に見られるかどうかは、顔の健康状態の良し悪しで決まると言われていますが、実際に口元や目元、顔の血色を見て年齢を判断する方はとても多かったです。そこで乾燥して唇がカサついていたり荒れていたりすると、不健康な生活を送ってるように見られ、実年齢よりも老けた年齢で見られてしまいます。

荒れた唇を放置しすぎて口角炎になる可能性も。

荒れた唇を放置しすぎて口角炎になる可能性も。

口を開けたときに唇の両端が裂けてしまったことはありませんか?裂けてしまった傷口はかさぶたになりますが、唇の両端にできるかさぶたは非常に薄いものです。リップクリームを塗るなどの対策をせずに放置していると、保湿というバリアがないために傷口から直接ばい菌が入り込み、『口角炎』になってしまうことがあります。

唇の乾燥の原因は体調不良のサインでもある。

唇の乾燥の原因は体調不良のサインでもある。

ストレスはおでこに、ホルモンバランスの乱れは顎に、寝不足は目元に…など、体調不良のサインは顔に出てきます。中でも粘膜でできている唇は血液状態がわかりやすいため、健康状態のチェックをするには非常にわかりやすい箇所です。

唇が乾燥したり荒れる原因としては、『胃腸のトラブル』『消化不良』があります。もしかしたら、食べ過ぎやストレスによって胃腸が疲れているのかもしれません。乾燥しているわけでもないのに唇がカサついていたら、普段の食生活や健康状態を疑ってみてください。

唇が乾燥して荒れるのを未然に防ぐ方法は?

季節によって保湿方法を変える。

季節によって保湿方法を変える。

季節によって湿度も違うので、同じように保湿方法も変えなければより良い効果は得られません。冬場のようにたっぷり保湿をしても、乾燥という刺激の少ない時期では過剰なバリアをしているだけです。保湿をしすぎると、リップクリームの過度の使用などで唇の粘膜を傷つけてしまい、乾燥しやすい唇になってしまうことも。

もっとも乾燥する秋〜冬の時期はバッチリ乾燥対策し、梅雨〜夏場の時期の保湿は最低限にしたりと、無駄な保湿を控える事も大切です。

普段の食生活に気をつけてみる。

普段の食生活に気をつけてみる。

唇の乾燥対策としてバッチリ保湿をしていても、内側からの対策をおろそかにしていませんか?『乾燥に効果的な栄養素』を普段の食生活で取り入れることで、内側からも乾燥対策をすることができます。

乾燥に効果的な栄養素として有名なのがビタミンB2です。ビタミンB2は細胞の発育を助け、皮膚や粘膜を健康に維持する働きがあるので、不足してしまうとカサカサ唇の原因にもなります。唇の乾燥を防ぐには、この栄養素が不足していないか、普段の食生活に気を使うことも大事です。

\ POINT /

ビタミンB2を含んでいる代表的な食べ物

・レバー・卵・納豆・乳製品・海苔・うなぎなど。

洗顔の仕方に気をつける。

洗顔の仕方に気をつける。

唇は薄い皮膚ですので、顔全体が同じ洗い方では刺激が強くて負担をかけてしまいます。だからと言って、さっさと洗ってしまうのはもっとNGです。口紅は落ちているようでも、見えない油分が蓄積していることがあります。ベストな洗い方は、唇の真ん中からクルクルとなじませるように、優しく丁寧に洗ってあげることです。

リップクリームの塗り方に気をつける。

リップクリームの塗り方に気をつける。

実は、リップクリームにはきちんとした塗り方があります。口紅と同じように横にスーッと塗る横塗りをしてきましたが、表面上しか保湿されていませんでした。正しくは、『唇の縦ジワに沿って丁寧に塗る』縦塗りです。こうする事で、唇の縦ジワや溝にしっかりクリームが行き届き、より効果的に乾燥対策ができます。

荒れてしまった唇への対策法は?

夜寝る前に唇パックをする。

夜寝る前に唇パックをする。

荒れてしまった唇には、夜にパックをする方法も効果的です。唇専用のパックはドラックストアなど身近なところで売っていて、値段も100円程なので気軽に試しやすくオススメです。また、唇に保湿クリームの中でも刺激の少ない『ワセリン』を塗り、その上からサランラップをして簡易パックする方法もオススメです。

化粧を控える。

化粧を控える。

荒れている唇に化粧などの刺激を与えては、どんどん悪化してしまいます。特に口紅にはウォータープルーフのような落ちにくい物もあるので、唇にはかなりの刺激になってしまいます。お化粧を控える事は難しいですが、唇の荒れている時だけ色つきのリップクリームにしてみたり、できるだけ刺激を与えない事が大切です。

今使っている化粧品やリップクリームを見直す。

今使っている化粧品やリップクリームを見直す。

カサカサ唇の保湿のためにつけているリップクリームでも、自分に合っていないと逆効果です。リップクリームにもいろいろな成分が入っているので、自分に合わない保湿成分を使い続けていては、かなりの刺激になってしまいます。化粧水も同じで、お肌は大丈夫でも皮膚の弱い唇には大きな負担になっているかもしれません。

私生活を見直してみる。

私生活を見直してみる。

唇の荒れる原因に、私生活の乱れがあります。不規則な生活で知らずにストレスをためていたり、暴飲暴食で胃腸が弱ってしまったり、偏った食生活になっていたり…。私生活を見直してみて内側からも健康になれば、唇の荒れも治りやすくなります。

乾燥した唇には的確なケアが大事!

繊細で無防備な唇だからこそ、日頃のスキンケアをしていても自分に合う合わないものがはっきりと出てきます。なるべく刺激の弱いものから試していき、自分にあった的確なケアをしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。