INDEX

ファーストピアスをあける時の3つのポイント

誰にあけてもらうのがいいの?

病院の画像

ファーストピアスをあける時は[病院であけてもらうのがおすすめ]です。自分や友達、家族にあけてもらうのではなく、ちゃんとした病院であけるようにしましょう。病院であける時は、医療用のピアッサーやニードルなどを使う為、安心して任せる事が出来ます。

また、ピアスをあけた後なんらかのトラブルに見舞われたとしても、すぐに相談する事ができます。ただし、ピアスをあけるという行為は[自費診療]にあたる為、保険が適応されません。その為、病院によって料金にばらつきがあるようです。

一般的には数千円~1万円位でピアスをあける事ができるようですが、事前に問い合わせておくと安心でしょう。また、病院であける際は、普通のピアスの持ち込みができないので、事前に使用するファーストピアスのデザインも聞いておくと、より安心して受診する事ができます。

どうやってあけるの?

電話する女性の画像

ファーストピアスをあける場所や人によって、使用する器具が異なります。基本的には、ピアッサー・ピアスガン・ニードルといった器具になると思います。それぞれの器具の特徴は、以下の通りです。

ピアッサーの特徴
  • バネを利用してピアス穴をあけます。
  • クリップやホッチキスのように、挟んで使うので、初心者でも使用しやすいです。
ピアスガンの特徴
  • ピアッサー同様、バネを利用して銃を打つように穴をあけます。
  • 主に病院で使用される事が多い器具のようです。
ニードルの特徴
  • 中が筒状になっているピアス穴あけ専用の針です。
  • 太い注射器の針のような見た目をしている為、初心者の人は怖いと感じる事が多いようです。
  • ピアッサーより、綺麗に穴をあける事ができます。

軟骨部分にピアスをあける場合は、主にニードルが使用されます。耳たぶにあける場合は、どの器具でも問題ありませんが、できれば綺麗に穴があく、ニードルがおすすめです。

いつ頃あけるのがいいの?

冬場の画像

基本的にいつでも大丈夫です。自身の都合に合わせて、あけるタイミングを選びましょう。夏場は汗をかきやすい為、冬場が良いといった声も中にはあるようですが、アフターケアがしっかりと出来ていれば、特別心配する必要はありません。

また、ファーストピアスをあけてから、完成までに1ヶ月以上かかる為、旅行などの大型イベントがある時期にピアスをあけるのは、控えた方がいいでしょう。

ファーストピアス選びで知っておきたい3つの情報

ファーストピアスと普通のピアスの違いってなに?

ファーストピアス

ファーストピアスとは[最初にピアスをあける時に使用するピアス]の事です。普通のピアスとは違い、ピアス穴を安定させる様々な工夫が盛り込まれています。その為、ピアスをあけたからといって、すぐに普通のピアスに変えてしまうのはNG。トラブルの元になるので、注意しましょう。

また、一般的にファーストピアスの見た目は[あまり可愛くない]といったイメージがあるかもしれません。ですが、ほとんどのファーストピアスは、普通のピアスと見た目が変わらない事が多いです。キラキラのストーンが付いている物や、18金メッキの物など幅広い種類のファーストピアスがあります。

ファーストピアスはチタン製がおすすめ!

歩く女性

様々な種類のファーストピアスがありますが、初めては、ステンレス製やチタン製といったピアスを選ぶといいでしょう。特に、金属アレルギーの人や肌の弱い人は、低刺激でアレルギー症状が起こりづらい、チタン製のピアスがおすすめです。

逆に、ニッケル・コバルト・クロムといった素材を使用したファーストピアスは、体液や汗で金属が溶けやすく、かぶれの原因となる為、避けた方が無難です。また、樹脂製のピアスは、汚れが溜まりやすいく、ファーストピアスには向いていません。大事な身体に穴をあけるわけですから、なるべく安心出来る素材を選びましょう。

ファーストピアスの軸の長さにも注目!

チェックリストの画像

素材選びの次に重要となるのが、ファーストピアスの軸の長さです。ピアスの軸が短すぎると、皮膚とピアスの間に隙間が無くなる為、化膿などのトラブルに見舞われる事があります。なるべく耳に付けた時に、1mm程度の隙間が生まれるファーストピアスを選びましょう。

また、自分の耳たぶを触った時に耳たぶが厚いと感じた人は、事前に病院に問い合わせて、使用するファーストピアスの長さを聞いたり、ピアスの軸が長い商品を選ぶ様にしましょう。

初めてピアスをあける時の正しい病院の選び方

何科に行けばいいの?

悩む女性

基本的には、形成外科、皮膚科、耳鼻科、美容外科などであける事ができるようです。ただし、専門的にピアスあけを行っていない病院だと、ファーストピアスの形状や見た目を選ぶ事ができず、イマイチな結果になってしまう事も少なくありません。

その為、インターネットを使って、ピアスあけを専門的に行っている病院を探しましょう。専門的な病院であれば、様々な種類のファーストピアスを扱っている事が多く、自分好みのファーストピアスを選ぶ事が出来ます。

インターネットでしっかり下調べを!

パソコンを使う女性の画像

ピアスをあける行為は自費診療となる為、料金形態も病院によって安い所から高い所まで様々です。また、アフターケアを行ってくれるかどうかも、病院を選ぶ時に重要なポイントとなります。怖い思いをする前に、インターネットで下調べをしてから、各病院に問い合わせてみるといいでしょう。

病院を選ぶ時の確認する項目一覧
  • 通いやすい所にある病院ですか?
  • 料金は納得できる範囲ですか?
  • ピアスをあけた後の、アフターケアは万全ですか?
  • ファーストピアスの種類は豊富ですか?
  • 信頼できそうなお医者さんはいますか?

それぞれの病院のサイトや、電話での問い合わせた時に、上記の項目を確認し、安心してピアスをあけられるように準備しておきましょう。

怖い?ファーストピアスを自分であける時の注意点

使用器具の説明書をしっかりと読もう

読書する女性の画像

様々な理由があり、病院であけられない場合、自分でピアスをあける事になるかと思います。そういった場合は、画鋲や針などで、無理やりあけるような怖い事は絶対にしないでください。きちんと市販のピアッサーなどで、あけるようにしましょう。

また、ピアッサーであける時は、付属する説明書をしっかり読んでから、実行するようにしてください。以下の文にて、ピアッサーで穴をあける時の、基本的なやり方を説明します。

ピアッサーの使い方と注意点

友達と驚いている画像
ファーストピアスをピアッサーであける時のやり方
  1. あけたい場所の周りを、消毒液を付けたコットンや綿棒などで綺麗にします。
  2. ピアスをあけたい場所に、ペンなどでマーキングします。
  3. ピアッサーを耳に対して[垂直]に当てます。
  4. 両手でピアッサーを持ち、最後まで一気に押しきります。
  5. ゆっくりとピアッサーを外し、ちゃんと貫通しているか確認しましょう。
  6. ピアスがついたら、必要以上にいじらない様にしましょう。
ピアッサーで開ける時の注意点
  • ピアッサーで耳をあける時、しっかり[垂直]にしてからあけないと、斜めに穴が空いてしまうので、注意しましょう。
  • ファーストピアスをあけた後、ピアスが気になりがちですが、いじりすぎない様に注意しましょう。また、腫れがひどい場合は、氷水で患部を冷やして、腫れを抑えると良いようです。

ピアスホールの完成には、個人差がありますが、最低でも1ヶ月以上はみておきましょう。ホールが完成するまでは、耳たぶの周りをケアを怠らないよう、注意してください。

ファーストピアスを家族や友達にお願いする時の注意点

できれば経験者にお願いしよう

友達と会話している画像

もし友達や家族にファーストピアスをあけてもらう場合は、すでにピアスをあけた事がある人に頼みましょう。経験者であれば、ピアスの知識がある為、安心して任せる事ができます。逆に、ピアスをあけた事が無い人だと、怖いといった気持ちが生まれる為、ピアッサーを最後まで押しきれない可能性があります。

そのような場合、ピアス穴が中途半端にあいてしまう為、トラブルの原因となってしまいます。別の場所にもう一度ピアスをあける必要性も出てくるので、できればピアスをあけた事がない人に、お願いするのは止めておきましょう。

思い切りのいい性格の人に頼もう

耳をひっぱる女性の画像

上記の内容と重複しますが、優しい性格の人・臆病な性格の人に頼むと、ピアスをあける時「痛くないかな?あけるの怖いなぁ…」といった思いになる可能性が高い為、ピアッサーを最後まで押しきれない可能性があります。経験者かつ思い切りのいい性格の人に頼むのが、一番安心できるといえます。

ファーストピアスのケア方法

できるだけ触らないようにしよう!

顔を触る女性

ファーストピアスをあけた後は、なるべく触らないように注意してください。触りすぎると余計に炎症してしまう為、トラブルの元になる事が多いようです。

耳周りを水ですすいで、清潔に保とう

髪を洗う女性

ファーストピアスをあけた後のケアは、水をすすぐだけでOKのようです。お風呂に入る時、シャンプーやリンスを終えたら、耳周りをよくすすぐようにしましょう。その時、ほんの少し前後にピアスを動かしたり、一回転させるなどして、隅々まで水が行き渡るようにします。

セカンドピアスの選び方

ファーストピアス同様、素材選びは大切に

手をつなぐ二人の画像

セカンドピアスも、素材選びは重要なポイントとなってきます。ファーストピアス同様、ステンレス製やチタン製といった肌トラブルが少ないものを選びましょう。また、18金やプラチナといった、質の高い金属のピアスもおすすめです。

ファーストピアスにはあまり向いていない、樹脂製のピアスもセカンドピアスであれば、さほど問題無いと言えるでしょう。逆に、ニッケル・コバルト・クロムといった素材は、かぶれやすい為、セカンドピアス以降のピアスでも、避けた方が無難です

大きなピアスや重いピアスは避けよう

洋服を選ぶ女性

セカンドピアスは、初めてつける事ができる普通のピアスです。せっかくなら可愛いピアスをつけたいと思いますが、以下に該当するピアスは、極力避けて選ぶ様にしましょう。せっかく安定し始めたピアスホールが、大きなダメージを負ってしまう原因となります。

セカンドピアスを選ぶ時の注意点
  • ヘッドが小さすぎるピアスは選ばない様にしよう。
  • 大きいピアスや重いピアスは避けよう。
  • フックタイプ・チェーンタイプのピアスも選ばない様にしよう。

セカンドピアスのヘッドが小さすぎると、ピアスホールに埋まってしまい、上手く着脱できない可能性出る為、選ぶのは控えた方がいいでしょう。また、大きいピアス・重いピアス・下に垂れ下がっているタイプのピアスは、普通のピアスよりも、耳に負荷がかかる為、セカンドピアスには向いていません。

おわりに

ピアスをつけて、もっとおしゃれを楽しもう!

おしゃれな女性の画像

初めてのピアスをあける時の、注意点や病院の選び方について、いかがでしたでしょうか?今やピアスは、おしゃれの幅をグッと広げる重要アイテムとなっていますが、初めてピアスをあける時は、緊張してしまいがち。出来るだけ前情報を取り入れることで、安心してピアスをあけるようにしましょう。

特に各項目にある注意点に関しては、ファーストピアスをあける時、特に重要となる部分なので、その点だけでも抑えておきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。