INDEX

足が臭い!臭いの原因とは?

足の臭いの原因は「イソ吉草酸」

スニーカー

靴や靴下を脱いだ後の、イヤ~な臭い。そもそも足の臭いはどうして発生するのか、ご存知ですか?足の臭いの原因は、主に「イソ吉草酸」という酸性の物質です。聞きなれない名前ですが納豆やチーズにも含まれていて、少しの量でも悪臭の原因となります。

「イソ吉草酸」を発生させる要因となるもの
  • 足の汗や皮脂
  • 古い角質
  • 皮膚常在菌などの雑菌

イソ吉草酸は、汗や角質を雑菌が分解することで発生します。足の裏は汗をかきやすく、靴の中は温度も湿度も高くなるので、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。つまり、一日中履いている靴の中は、イソ吉草酸が発生しやすい格好の場所というわけなのです!

足の臭いは洗うだけでは取れない

せっけん

足の臭いは、お風呂で洗ってもなかなか改善されません。なぜなら、イソ吉草酸が皮膚の奥深くや爪の中まで入り込んでしまっているからです。ただ洗うだけでは根本的に解決しないのです。

足の臭いを減らす方法
  • 汗で足を蒸らさない
  • 古い角質を落とす
  • 臭いの原因であるイソ吉草酸をなくす

汗で足を蒸らさないようにしたくても、仕事柄むずかしいという方も多いのではないでしょうか?そこで、家にいるときにできて、確実に足の臭いを解消できる「重曹足湯」をご紹介したいと思います!

重曹足湯は足の臭いに効果がある?

重曹が「元イソ吉草酸」を中和してくれる!

重曹足湯は、足湯に適量の重曹を入れるという、とてもシンプルなケアです。とても簡単なのに、足の臭いに効果があるのはなぜなのでしょうか?

重曹といえば、お料理やお掃除に使うもの、というイメージを持つ人も多いでしょう。重曹は、弱アルカリ性の「炭酸水素ナトリウム」という物質です。イソ吉草酸は酸性なので、重曹のアルカリ性によって中和され、におわない物質に変わります。だから、重曹足湯は洗っても取れない足の臭いに抜群の効果を発揮するんですね!

\ POINT /

重曹には用途によってグレードがある

重曹には「医療用」「食用」「工業用」という3つのグレードがあります。工業用は、微量の不純物が含まれている場合があり、粒子も粗いです。足湯に使うときは、安全な食用か医療用のものを使うようにしましょう!食用なら100均でも売っていますよ。

角質をケアしてくれる効果も

重曹には、皮脂や油などの酸化した汚れを中和し、古い角質を落とす作用もあります。重曹足湯をすることで、ゴワゴワだったかかとが柔らかくツルツルになる効果が!イヤな臭いを取りながら角質のケアもできるなんて、嬉しいですね。古い角質は「元イソ吉草酸」が発生する原因のひとつでもあるので、まさに効果てきめんです。

重曹は、足はもちろん、顔や全身のケアに使うことができます。重曹を使ったパックや洗顔などの美容法に興味がある方は、ぜひ下記の関連記事にも目を通してみてくださいね。

Small thub shutterstock 599394182
関連記事 重曹洗顔やパックで美容効果あり!手軽なやり方で角栓まで取れる美容法は?

重曹は料理や掃除の他洗顔にも使えます。 薬局に角質除去できる重曹を使

血行を促進して冷え性にも有効

冷え性

天然の温泉成分の中に、重曹が含まれていることをご存知ですか?血管を広げたり血の巡りを良くする効果があるので、重曹は入浴剤の成分としても広く利用されています。重曹足湯をすることで、足先からぽかぽかに温めて、全身の血行を促進することができますよ。冷え性の人には嬉しい効果ですね!

また、足湯をすること自体に、美容や健康などたくさんの効果が!手軽にできる健康法なので、うまく生活に取り入れていきたいものですね。足湯の効果について詳しく知りたい方には、こちらの関連記事もおすすめですよ。

簡単!重曹足湯のやり方・アレンジ方法

【重曹足湯】基本の作り方

おふろ

それでは、足の臭いに効果抜群「重曹足湯」の正しいやり方をご紹介しましょう。重曹足湯をする際に用意するものは、「洗面器」と「重曹」、この2つだけでOKです!



重曹足湯の基本のやり方
  1. 1.洗面器に、足首が浸かる程度に40℃弱のお湯を張る
  2. 2.小さじ1~2杯くらいの重曹を入れる
  3. 3.10分ほど足を浸ける

重曹足湯は、お風呂あがりにするのがもっとも効果的です。先にお風呂である程度汚れを落としてから重曹足湯をすると、足の汚れをしっかり落とすことができるでしょう。もちろん、入浴中にお風呂の中で行ってもいいですし、入浴せずに足湯だけ行ってもかまいませんよ!

\ POINT /

重曹の量は、肌の様子を見ながら調節して

重曹は、比較的に肌への負担が少なく優しい成分と言われています。ただ弱アルカリ性ではあるので、最初は様子を見つつ、小さじ1杯くらいから始めてみましょう。慣れてきたら、効果に合わせて量を増やしてOKです。

【重曹足湯】クエン酸やお酢を入れると炭酸足湯に

クエン酸

重曹を使ったお掃除に合わせて使用されることの多い「クエン酸」。重曹足湯にクエン酸を入れると、炭酸ガスが発生して、まるで炭酸泉のような足湯になります。炭酸ガスが角質汚れや皮脂を取り除いてくれるので、臭いへの効果がより一層期待できますよ!

クエン酸を使った炭酸足湯のやり方
  1. 1.基本のやり方どおりに重曹足湯を作り、足を浸ける
  2. 2.3~4分経ってから、クエン酸(重曹の半分の量)を入れる
  3. 3.10分ほど足をつける

ポイントは、まずは通常通りの重曹足湯をして、イソ吉草酸をしっかり中和すること。その後、酸性のクエン酸を投入することで、アルカリから酸に急変して炭酸ガスが発生します。分量は、重曹とクエン酸を2:1の量にするようにしてください。もしクエン酸がなければ、家の台所にある「お酢」でも代用可能ですよ。

【重曹足湯】アロマオイルで香りをアレンジ

アロマオイル

重曹足湯にアロマオイルを混ぜて、臭いをケアしながら香りでリラックスするのも素敵ですね。使用するのは、自分の好みの香りのアロマオイルでOKです。臭いへの効果を期待したいなら、抗菌作用の高いユーカリやティートゥリー、ペパーミントなどの精油がおすすめ。

アロマ入り炭酸足湯のやり方
  1. 1.先に、重曹と精油(2、3滴)を混ぜる
  2. 2.お湯に重曹と精油を混ぜたものを入れ、よく溶かす
  3. 3.10分ほど足を浸ける

ポイントは、必ず重曹と精油を先に混ぜ合わせておくことです。精油は、そのままお湯に入れても溶けません!注意してくださいね。

重曹足湯をするときの注意点

50℃以上の熱いお湯の使用は絶対NG

重曹足湯をする際に、50℃を超える熱湯を使用すると、重曹が炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)という強アルカリ性の成分に変化してしまいます。炭酸ソーダはよくお掃除に使われますが、手袋をしなければいけないほどアルカリの強い物質です。肌トラブルの原因になるので、重曹足湯で使うお湯は40℃くらいにしましょう。

肌が弱い人は重曹の量と時間を守って

スプーン

もともと肌が弱い人は、弱アルカリ性の重曹でも肌が荒れる可能性は十分にあります。肌を傷めることのないように、重曹足湯をするときには必ず量と時間を守るようにしてください。重曹を大量に入れたり、長時間足を浸けることはNGです。また、足湯中に足がピリピリするなど違和感を感じたらすぐに中止しましょう。

水虫やケガがあるときは治療が先!

薬

足の臭いの中には、皮膚疾患である水虫による臭いもあります。臭いの原因が水虫だった場合、残念ながら重曹足湯では効果がありません。まずは病院で適切な治療を受けて、薬で水虫の菌を減らすことが重要です。まずは水虫を治すことに専念しましょう!

また、足に傷がある場合や、かかとのひび割れがひどく血が出ている場合などは、重曹が肌トラブルの元になりかねません。きちんと傷が治ってから、重曹足湯をするようにしてください。

重曹では消せない足の臭いもある

足

足の臭いが水虫によるものだったり、アルカリ性のアンモニアが原因だった場合は、重曹足湯をしても臭いの元を中和することができません。アンモニア臭がするときは、身体の内側に原因や問題があるときです。疲労やホルモンバランスの乱れによることが多いので、生活リズムの見直しが必要かもしれませんよ。

イヤな足の臭いは重曹足湯でケアしよう!

足

いかがでしたか?重曹足湯は、とても簡単にできて効果の高いケア方法だということがお分かりいただけたと思います。これでもう、イヤな足の臭いとサヨナラできますね!足の臭いが気になっていた方は、ぜひ重曹足湯を試してみてください。きっとその効果に驚くはずですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。