INDEX

セミフォーマルってどんなドレスコード?

幅広く着用する事ができる準礼装のこと

セミフォーマル

セミフォーマルとは準礼装のことを指し、パーティーや式典などで幅広く着ることのできるドレスコードになります。フォーマル(正礼装)の次に格式が高く、求められる機会も多いのでいくつかコーディネートパターンを用意しておくといいでしょう。

セミフォーマルが求められるシーン

シーン

セミフォーマルなドレスコードが求められるシーンといえば、結婚式や披露宴にゲストとして参加するとき、入学式、披露宴に出席するときなどがあります。他にも格式高いホテルで食事をする際やパーティーが催される場合などは、ドレスコードでセミフォーマルを指定されることもあります。

女性のセミフォーマルなコーディネートとは?

ワンピース

ドレスコードでセミフォーマルを求められた場合、女性であればワンピースドレスやスーツなどを着て行けばいいでしょう。素材は光沢の少ないシルキーなものや、高級感のあるレース素材を取り入れるのがよいとされています。

スカート丈はひざ丈からセミロングがおすすめ。ミニ丈はマナー違反ととられますので控えましょう。また肩出しも同様にマナー違反ととられますので、ジャケットやストールなどを羽織るようにしましょう。

スマートカジュアルとセミフォーマルの違い

スマートカジュアルの基本

スマートカジュアル

セミフォーマルとは別に、スマートカジュアルというドレスコードも存在します。ちょっと敷居の高いホテルなどで食事する際などに求められることが多いドレスコードで、女性はセミフォーマル同様、ワンピースやスーツ、シャツにスカートといった格好で行けば問題ありません。

セミフォーマルとスマートカジュアルの違い

違い

スマートカジュアルはセミフォーマルとカジュアルの間と位置づけされています。ですのでセミフォーマルとスマートカジュアルの違いといえば、スマートカジュアルの方がちょっとカジュアル寄りということでしょうか。基本的には、ちょっとよそいきスタイルのワンピースを着て行けば間違いないと思います。

もしわからない場合や迷ってしまう場合は、同行者や主催者、お店の方に聞いてみるのが一番だと思います。当日に浮いた格好をしてしまっては元も子もないので、事前に確認しましょう。

女性のセミフォーマルドレスコード~ワンピース編

定番のブラックは外れなし!

セミフォーマルなワンピースドレスの定番といえばやはりブラック。シャープなフォルムでシーンを選ばずに着れるので一着あると重宝します。写真のドレスは袖がレースになっているので、高級感もプラスされてセミフォーマルな場にはぴったりです。

胸元が大胆かつセクシーなタイトドレス。ストレッチが効いているので意外と着やすいです。夜のパーティーなどにおすすめの一着。

キャミソールワンピースの上に透け感のあるワンピースを羽織ることで自然にセクシーさをアピール。締め付けがないので妊婦さんでも問題なく着れます。

ふんわりとした見た目のフレアスカートは、ブラックなどのダークなドレスでも女性らしさを引き立ててくれます。ウエストにリボンがついているので脚長効果も。

ちょっと個性的なスクエアネックタイトドレス。胸元もスクエア型なのでさほど気にはならないかも。七分袖なので季節をあまり選ばないのもグッド。

カラーワンピースドレスはバリエーションが豊富

シーンを華やかに彩るカラードレスもセミフォーマルの鉄板。イエローは可愛くなりすぎず華やかになれるので、年齢を問わず着れます。

清楚なブルーが女性らしいワンピース。ウエストと首回りのビジューも華やかさを増してくれます。パンプスとバッグも同系色で合わせるのが正解。

淡いオレンジが女性らしいフェミニンなカラードレス。ウエスト部分にはビジューが使われており、上品さが際立ちます。重ね着風なので体型カバーできるのもポイント。

ネイビーは少し野暮ったくなってしまいますが、透け感のある素材だとシャープに見えるのでおすすめです。肩が出ている場合は補色の白やベージュのジャケットまたはストールなどをはおりましょう。

ダークなグリーンが大人っぽいカラードレス。肩から袖にかけてレース部分になっており高級感を演出できます。ラウンドネックで上品さも忘れずに。

派手になりすぎないブルーのリボンワンピース。程よいフレア感で上品さをアピールできます。結婚式のゲストとして参加する場合は羽織を忘れずに。

目立ちたいときにはワインレッドのカラーワンピースドレスを。レース&チュールスカートで高級感が引き立ちます。これ一枚で決まるのも嬉しいところ。

他人と被らない!個性派ワンピースドレス

セミフォーマルなワンピースドレスでありがちなのが、他の人と色やデザインが被りやすいこと。そんなときは上下でデザインや色の違うドッキングワンピースがおすすめです。膝下スカートでどんなシーンにもばっちり合います。

こちらはホワイトとピンクの女性らしさ全開なドッキングワンピース。羽織も白で統一感がありますね。可愛らしいドレスがお好きな方はぜひ。

色はブラックとグレーで無難ですが、スカートの裾と袖部分に個性的なレースが入っていて目につきやすいです。お子様の入学式や卒業式におすすめです。

アンティーク風の個性的なブラックワンピース。ホワイトとピンクがいい差し色になっています。長袖かつタートルネックなので寒い季節でも重宝します。

一見地味なブラックワンピースかと思いきや、スカート右側には色とりどりのカラフルなプリーツが。エレガントに他の人と差をつけることができます。

女性のセミフォーマルドレスコード~スーツ編

入学式や卒業式に多いスーツスタイル

グレーのチェックワンピースにジャケットを羽織ったスーツスタイル。胸元のピンクコサージュが地味になりすぎずアクセントになっています。

襟元が特徴的なグレーのスーツ。他の人と差をつけられていいですね。インナーは白にしたり、コサージュをつけるとより華やかさが増します。

ネイビーよりのシンプルな上下セットスーツ。アクセントでパールのネックレスをつけておけば地味さもなくなり、上品さがプラスされます。

柄が個性的なワンピースとネイビーのジャケットを組み合わせたオーソドックスなコーディネート。コサージュも白で統一感があっておしゃれ。

ジャケットとスカートの色を同一系統で合わせればセットスーツでなくても問題ありません。インナーは白でアクセントをつけるのがベター。

こちらはレーススカートをジャケットと同一系統色で合わせて少しラフな印象に。涼しげな見た目になるので暑い季節におすすめです。

女性のセミフォーマルドレスコード~パンツ編

NGだったのは昔の話?クールに決まるパンツスタイル

昔は女性のセミフォーマルドレスコードといえばスカートが定番でしたが、最近はパンツスタイルも定着しつつあります。動きやすさも意識しつつ、華やかさのでる白はおすすめです。

こちらは上下同系統のダークカラーで少し地味な印象を与えますが、白いハンドバックとシルバーのサンダルが差し色になって目を引きます。

ホワイトとイエローのドッキングスタイルパンツドレス。華やかな色合いでパーティーにはもってこいです。パンツスタイルはマタニティでも着やすいのでおすすめ。

シンプルなオールブラックのパンツスタイルドレス。靴や鞄、アクセサリーもあえてオールブラックで統一することでクールな印象を与えます。

ダークグリーンのパンツセットアップ。少し空いた胸元がセクシーさを醸し出しますね。腰の位置が高めに見えるので脚が長く見える効果も。

セミフォーマルドレスコードにおすすめの靴は?

セミフォーマルドレスコードの靴の基本

パンプス

コーディネートで服と同じくらい大切なのが靴。セミフォーマルドレスコードにはもちろん靴にも決まりがあります。基本的にはつま先の出ない、ヒール5センチ以上のパンプスを履いていくのがマナー。場合によってはオープントゥパンプスや上品なサンダル、ミュールでもOKです。過度な装飾がついたものは避けましょう。

そしてストッキングはナチュラルな肌色を履いていきましょう。色や柄つきのものやタイツなどはマナー違反にあたるので注意が必要です。

セミフォーマルコーディネートにおすすめの靴

服同様、やはり鉄板なのはブラックパンプス。全身黒でコーディネートしてもいいし、差し色で入れてもいいので重宝します。写真はヒール裏が赤くなっているのがワンポイントになっていておしゃれです。

薄めのヌーディ―カラーなパンプスも、服と組み合わせやすいので人気です。エナメル加工されたパンプスであれば高級感も演出できるので一石二鳥です。

ファー素材のパンプスも高級感があっておすすめ。クロスストラップが足元を美しく見せてくれます。足首まわりもストラップで固定されるので歩きやすさも問題なし。

つま先がとがっていないタイプのパンプスは疲れにくいのでおすすめです。足首のストラップに装飾がついているのも地味になりすぎずグッド。

こちらも普通の黒パンプスとは一味違った、かかとに装飾のついたパンプス。さりげなくおしゃれをアピールしたい女性におすすめ。

セミフォーマルドレスコードにおすすめのバッグは?

セミフォーマルドレスコードのバッグの基本

バッグ

意外と忘れがちなのはバッグのマナー。セミフォーマルなシーンの場合は小ぶりなハンドバッグやクラッチバッグ(パーティーバッグ)を持って行きましょう。バッグに入れる荷物は必要最低限にする、財布を小さなものにするなど工夫が必要です。

セミフォーマルコーディネートにおすすめのバッグ

どんな服にも合わせやすいスタンダードなオフホワイトのパーティーバッグ。サテン生地と均等にちりばめられた装飾が高級感と上品さを引き立てます。

全面ビーズでほどこされたアジサイ模様の刺繍が上品でおしゃれ。過度な装飾がついていると目立ちすぎるので、これくらいがベターです。

毛の手触りが心地いいフェイクファーのクラッチバッグ。チェーンがついているので肩にかけて持ち運びでき、置き忘れの心配がないのもいいですね。

お子様の入学式・卒業式はなにかと荷物が増えるので、これくらいのバッグでもOK。結婚式にお呼ばれしたときのサブバッグにも使えます。コサージュがアクセントになって可愛らしいですね。

インパクト大なローズの装飾が目を引くハンドバッグ。あまり派手なものはセミフォーマルとしては好まれませんが、これくらいなら目立っても問題なさそうですね。

その他セミフォーマルに合わせたいおすすめアイテム

ピアス・イヤリング

コーディネートをより華やかに見せるためにはピアスやイヤリングなどのアクセサリーも効果的です。お昼に参加する結婚式やパーティーなどでは、写真のように小ぶりなパールのピアスなどがおすすめです。

あまり大きなものや装飾が派手なもの、揺れるものは控えた方が無難です。服などと合わせてコーディネートすると統一感がでていいでしょう。

逆に夜のパーティーなどに参加する場合は、キラキラ光る宝石類やゴールド、ビジュー、ラインストーンなどのきらびやかなものを付けて行ってもOKです。光る蝶々のモチーフがきれいですね。

お昼同様、あまりに大きなものや派手なものはNGです。写真くらいのドロップ型ピアスなら大きさもそれほどなく、装飾がさりげなくキラキラ感を演出してくれるのでおすすめです。

ネックレス

ネックレスもセミフォーマルコーディネートを決める上で重要なアイテムです。鉄板はピアスやイヤリング同様パール。結婚式の場合は花嫁より派手なものや似たデザインのものは避けましょう。

長さは首回りに少し余裕がある程度のものがおすすめです。長いものでもマナー違反というわけではありませんが、食事をする際に邪魔になることもあるので気を付けましょう。

センターにいくつかパールがあるシンプルなネックレスは、ワンポイントアクセサリーとしておすすめ。ピアスやネックレス同様、あまり派手すぎるものはNGです。

ローズ型にカットされたダイヤがさりげなくキラリと光るネックレス。ネックレスひとつでコーディネートの印象も変わってきます。

コサージュ

シンプルなドレスやスーツの場合は、コサージュひとつそえるだけで一気に華やかになります。ベージュ系の抑えめな色合いのコサージュですが、ネイビーのスーツに映えますね。

ピンク・ホワイト・パープルの三色が組み合わさったローズのコサージュ。上品な色づかいはどんなコーディネートにも合いそうです。

淡い色合いのローズ型コサージュ。様々な色や素材が組み合わされているのに派手になりすぎず、服にいいアクセントを与えてくれそう。

つけすぎ、派手すぎ、大きすぎは控えよう!

いくつかセミフォーマルコーディネートにおすすめのアクセサリーを紹介しましたが、すべて身に着ける必要はありません。あくまでコーディネートのアクセントとして、ひとつふたつ身に着ける程度でいいでしょう。

アクセサリー紹介でも何度か触れましたが、主賓より目立つような派手なものや、他の参加者の迷惑になるような大きすぎるものもNGです。ドレスコードはきちんとTPOをわきまえることが重要です。

和装のセミフォーマルドレスコードってどうなの?

和装も立派なセミフォーマルドレスコード

和装

結婚式の披露宴やパーティー会場などでたまに和装の人を見かけますが、和装も立派なセミフォーマルドレスコードです。なかなか敷居が高い和装でのセミフォーマルなシーンへの参加ですが、日本人として一度は体験してみてもいいのではないでしょうか?

女性の和装セミフォーマルコーディネイト

着物にはいろいろと種類がありますが、セミフォーマルなシーンでよく着られるのは訪問着という着物です。写真は落ち着いた色柄の訪問着ですが、帯との組み合わせで華やかさはより増していますね。

こちらは落ち着いたピンクが素敵な訪問着。若い女性に限らず幅広い年代の女性が着れそうな着物ですね。帯の赤とゴールドが目を引きますね。

松竹梅の柄がキュートな訪問着。淡いブルーパープルとピンクがとても可愛らしいですね。帯も目立ちすぎないように同系統の淡い色と柄で統一されています。

加賀友禅の模様が素敵な、大人の雰囲気ただよう訪問着。涼しげな色合いで暑い季節にもおすすめです。華やかな帯も目を引きますね。

振袖は成人式のイメージが強いですが、パーティーに着ていく際は既婚の女性でもOK!より華やかなで可愛い柄のものが多いので、気持ちも華やかになりそうですね。

TPOに合わせたコーディネートを

パーティー

女性のセミフォーマルドレスコードをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?どんなドレスコードでも、TPOに合わせた服装をすることが大切です。せっかくの機会なので、しっかりとセミフォーマルドレスコードをマスターしておきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。