Middle shutterstock 570359851

目次

東京にある老舗の名店ですき焼きを食べよう

幸せなひと時

“すき焼き”それは肉や野菜、豆腐などを浅めの鉄板で焼いたり煮たりして食べる日本料理。主に醤油、砂糖、酒を混ぜ合わせた割り下を使い煮込み、一般的には生卵を絡めて美味しいひと時を味わいます。

一人で堪能するもよし、家族で鍋を囲んで幸せを共有するもよし。そんなすき焼きを長年愛され続けてきた老舗の名店で食べてみませんか?今回は東京にある名店9店を厳選してご紹介します。伝統の味から今風な味まで、自分へのご褒美にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

人形町今半人形町本店

値段以上の味わい

都営浅草線の人形町駅から歩いて2分。数奇屋造りの風情ある建物ののれんをくぐったその先に絶品が待っています。明治28年創業、昭和27年に開業した人形町今半のご紹介です。肉は人形町今半黒毛和牛を使用。1階では鉄板焼き、2階ではすき焼き、しゃぶしゃぶを堪能することが出来ます。

柔らかい脂肪にこだわった厳選された牛肉。職人の修練された確かな技術で旨味を引き出し、提供していただけます。鉄板に薄くひいた割り下の上で極上の肉や野菜を焼くスタイル。仲居さんが目の前で調理してくれるので、肉のいい香りと音に食欲がそそられます。とろけるような牛肉に卵を絡めてお召し上がりください。

落ち着いた雰囲気の個室も充実しており3名~最大で24名まで利用ができ、掘りごたつとテーブル席を選べます。牛肉の味はそのままに、期間限定で七五三のお祝いメニュー(要予約)などもありますから、特別な日の特別なお食事を家族で囲める、そんなところも嬉しいポイントの一つですね。

ランチもあります

ランチは御前のすき焼き弁当が2,484円から、定食は3,780円でいただくことができます。ポン酢すき焼きなど卵とは違った味わいも楽しめますので、たまのご褒美に贅沢なお昼を過ごすのも良いのではないでしょうか。老舗の名店ならではの味をお楽しみください。

人形町今半ホームページ

柿安銀座店

心ゆくまで味わう

設立明治4年。創業昭和43年。銀座駅徒歩3分にそびえ立つGINZA gCUBE7階にあります、柿安銀座店のご紹介です。こちらではなんと、その日食べた松坂牛の血統書が付いてきます。ぼ印の代わりに牛の鼻の証明が。上質な甘さと口の中でとろける肉の美味しさを味わいつくしましょう。

2,4000円の贅沢コースではシャトーブリアン炭火網焼きと松坂牛を使ったすき焼き又はしゃぶしゃぶがいただけます。こちらはまさに至極の逸品です。お値段以上の価値あり。そのほかに柿安が誇るA5ランクの「柿安牛」も自慢の品。140余年かけて培ってきた技術を使い、肉そのものの旨みを引き立たせてくれます。

落ち着いた雰囲気の掘りごたつ式の座敷と、明るい陽射しが入る大きな窓に沿って置かれたテーブル席があり、ビルの中ということを忘れてしまうほど。都会の喧騒の中優雅なひと時を味わってみてはいかがでしょうか。

少しだけ贅沢にランチをどうぞ

柿安ではランチも行っています。デザート付の黒毛和牛すき焼膳がなんと2,200円からというのだから驚きです。特選黒毛和牛ロースすき焼膳もデザートが付いて2,600円と比較的注文しやすいお値段。午後の自分を応援するためにちょっと奮発したお昼はどうでしょう?

柿安 ホームページ

すき焼きしゃぶしゃぶ割烹いし橋

ミシュラン一つ星の老舗

予約必須な有名店いし橋のご紹介です。地下鉄銀座線 末広町駅から徒歩2分。なんとも趣のあるこのお店、創業明治5年の精肉店から始まったそう。女将のみが受け継いだ明治12年から変わらぬ味の秘伝の割り下で作った絶品すき焼きを今もなお多くの人々に振る舞っています。

平日17時~21時30分のみの営業にもかかわらずメディアに度々取り上げられ、ミシュランまで獲得する。納得のいく味わいに舌づつみを打たないわけがありません。全室個室で楽しめるもっとも上質の黒毛和牛は口に入れた瞬間とろけます。調理はすべて仲居さんが行ってくれるので、あとは食べるだけ。最高な時間をどうぞ。

〆のおじやが最高

〆はなんといっても「おじや」に限ります。肉の旨みが溶け込んだ秘伝の割り下とご飯、そして最後に溶き卵を入れ完成です。かき混ぜると底から良い匂いのするおこげが顔を出し、絶品すき焼きを最後の最後まで堪能することができます。ドリンク持ち込みが可能なので(手数料あり)お気に入りのお酒と共にいかがでしょうか。

ぐるナビ いし橋店舗トップ

日本橋和牛すき焼き伊勢重

時代が変わっても守り続ける味

東京メトロ日比谷線小伝馬町駅から歩いて2分。すき焼き伊勢重のご紹介です。明治2年開業、昭和20年に東京大空襲にて店舗を焼失したにも関わらずわずか3年で店舗を復興。記憶に残る肉の旨みがその歴史を物語っています。1階は精肉などを販売、食事処は地下1階にあります。

火鉢と鉄鍋によって煮る厳選された霜降りの和牛。1枚目は仲居さんが目の前で調理してくれます。その後は作り方を教わり自分たちのペースでゆっくりと。甘みを抑えた醤油ベースの割り下を昆布だしで割りながらいただきます。味が絡んだ肉は「うまい」その一言に尽きるでしょう。

特別企画も魅力的

ランチは2,900円から6,000円まで。他にも持ち帰り用のすき焼き御前が2,130円で販売しています。特別企画の料理は特上和牛を使用したお得なコースとなっていますので必見です。また、時間限定の特割コースでは5,500円で「Cコース7,600円」で使用される極上の和牛をいただくことができます。

伊勢重ホームページ

すき焼き割烹日山

至れり尽くせりの時間

日比谷線人形町駅にあります、すき焼き割烹日山のご紹介です。対象元年に精肉店として創業、すきやき割烹開業は昭和2年から。こちらもなんとミシュラン一つ星を獲得した東京を代表する老舗すき焼き店の一つです。情緒溢れる店内と選び抜かれた和牛が魅せる「日山の世界」とくとご堪能ください。

日山も仲居さんがすべての調理を行ってくれます。まずは野菜から。すき焼きには珍しい筍、水菜、絹さやと彩りも食感も楽しめます。そちてお待ちかねの肉。きめ細やかなサシが入ったその日厳選された雌の和牛がいただけます。甘辛い割り下が肉の旨みを引き立て、3枚の和牛で心もお腹も満たされること間違いなしです。

厳選された最高級の味わいを

ランチコースは7,560円からとなかなかのお値段ですが、値段に負けをとらない美味しさ。口の中に和牛の甘みがいっぱいに広がります。日山のすき焼きが食べたいけれど気軽に食べてみたいという方は東京駅店と浅草店のみの販売で1,242円の肩肉、肩ロース肉を使ったスキヤキ弁当も販売していますのでいかがでしょうか

米久本店

安くても約束された美味しさ

浅草駅から徒歩10分、メニューは分かりやすく牛鍋のみ。米久本店のご紹介です。まず店内に入ると、大きなドラを人数分打ち鳴らしてくれます。メニューは上の牛鍋が3,160円、トクの牛鍋が3,790円と他店より圧倒的にお安い。しかしながら肉質は本物です。綺麗なピンク色にサシが入った大きな肉が堪能できます。

鉄鍋からはみ出すほどの大きな肉

鉄鍋からはみ出すほどの大きな肉、醤油濃いめの割り下と卵が絡み合って口の中でとろけあう。約束された美味しさです。トク肉はサシが多め、上の肉は赤身が多めなので好みの肉をリーズナブルにいただくことができます。

予約は5名以上から、会計はキャッシュのみとのことですがそれでもたくさんの方に愛され続ける訳は上質な肉を手軽に食べられる、そんなところにあるのかもしれませんね。追加のお肉も一人前2,520円からですので、コース料理は苦手だけれどおいしい肉はたくさん食べたい!という方にもピッタリな名店です。

三田ばさら(トマトすき焼き)

現代のニーズに合ったトマトすき焼き

田町駅からあるいて8分。和食の常識を覆す、三田ばさらのご紹介です。三田ビル地下一階にミシュラン1つ星を獲得した女子にも大人気のメニュー“トマトすき焼き”があります。こちらもメディアで度々取り上げられ、すき焼きなのにトマトが合う不思議な時間を過ごせる名店となっています。

オリーブオイルとにんにくをベースに甘辛い割り下とトマトがこれまた合うのです。調理はすべてスタッフが行ってくれますので、未知なる味にわくわくを抱きつつその日選ばれた国産黒毛和牛が食べごろになるのを待つ楽しみも生まれます。肉の旨みとトマトの程よい酸味が新しいハーモニーを奏で虜になるでしょう。

〆はタリアテッレ

そして〆は肉の旨みが染み込んだデミグラスソースにタリアテッレを絡めていただきます。本当にすき焼き?と疑いたくなるほど和食すき焼きを現代風にアレンジした新しいすき焼き、ランチは2,500円から夜は6,000円からとなっていますので女子会や少しリッチなデートにオススメです。一度食べたら忘れられません。

三田ばさらホームページ

神田鳥すきやきぼたん(鳥すき焼き)

名店の鳥すき焼きを存分に

淡路町駅から徒歩2分。都選定歴史的建造物に認定されている鶏すき焼きの名店が待っています。創業明治30年、戦災を免れ歴史を感じる重厚な門構えと古き良き時代を守り抜いてきた店内で食べる鳥すきは絶品以外の何物でもありません。ガスを使わずに備長炭と鉄鍋で煮込む昔ながらの味、食べてみてはいかがですか?

鶏丸まる一羽を使った贅沢な鍋。はじめは仲居さんが用意してくださいます。様々な部位が織りなす淡白な味から濃厚な味まで飽きるということが全くありません。ふっくらとした鶏肉をはふはふとしながら食べる。こんな贅沢はぼたんでしか味わえないでしょう。鶏の旨みが染み出た割り下で煮込んだ具材もぜひお楽しみください。

〆は親子丼

〆の親子丼も自慢の一つ。鶏の旨みたっぷりの少し濃いめの割り下とふわふわの卵、白米と本当によく合います。最後の一粒まで米粒は逃したくなくなることでしょう。そんな幸せが一人前税込7,600円というのですから食べなきゃ損です。この味をぜひ皆さんに知ってほしい、そう感じずにはいられません。

ぐるナビ ぼたん店舗トップ

あひ鴨一品鳥安(合鴨すき焼き)

おろし醤油で食べる合鴨すき焼き

東日本橋から約5分。全室個室で要予約必須なあひ鴨一品鳥安のご紹介。石畳の玄関と創業当時から残る行燈、そして打ち水がより一層老舗の良き雰囲気を際立たせています。コースメニューは「合鴨すき焼きコース」ただ一つ。脇目も振らずこだわるからこそ出来た最高の味をぜひご賞味ください。

鉄鍋と備長炭と共に運ばれてくるのはピンクの色が色鮮やかな合鴨の切身とつくね。分厚く切られたダキと呼ばれる胸肉を仲居さんが手際よく焼いてくれます。割り下を使うのではなく、おろし醤油で食べるのが鳥安のこだわりです。お好みで七味や山椒もかけられるので一口ごとに変わった美味しさも楽しめます。

合鴨の旨みが染み込んだ〆

柔らかい合鴨とジューシーなつくねをいただいた後はお待ちかねの〆。白米、鴨炒め炒飯、鴨そぼろ御飯とどれも絶品ですがここはぜひ炒飯を試していただきたいです。鉄板に残った合鴨の旨みをすべて染み込ませた炒飯。醤油をかけただけなのに箸が止まりません。本物の鴨の味があなたを待っています。

あひ鴨一品鳥安ホームページ

まとめ

いかがでしたか?ご紹介した9店舗の内、気になったところはありましたか?東京都内にすき焼きの老舗名店がこんなにあるなんて意外でしたね。どこの店も絶品ですが自分だけのお気に入りの店を見つけてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。