Middle shutterstock 203752900

目次

集中力を高める方法とは?

1.目標を設定する

目標

勉強にしても仕事にしても、もっと集中力を高めて行いたいと思う人も多いのではないでしょうか。そういった方向けに集中力を高める方法についてご紹介していきます。何か一つでも実践できそうなものがあれば、早速取り組んで集中力を高めていきましょう。

まず集中力を高める方法として、「目標を設定する」ことが挙げられます。仕事にしても勉強にしても、闇雲にやっていると終わりが見えず、だらだらしてしまうことがあります。そうではなく、1週間の目標や1日の目標を決めることで、そこに向かって頑張ることができるので、自然と集中力も高まっていくでしょう。

正しい目標設定を行うためには、似た言葉として目的との違いを明確に区別しておくことも大切です。目的があって目標を設定することになりますが、その目的と目標について、もっと詳しく知りたいという方は、合わせて以下の記事も参考にしてください。正しい目標の立て方のポイントも理解できる内容となっています。

Small thub shutterstock 518480599

目的と目標は同じなようで何か違う!その違いについて5つの例で解説

目的と目標の意味について、何か違う、と思っている方は多いかと思います。

2.睡眠時間を確保する

睡眠時間

続いての集中力を高める方法は、「睡眠時間を確保する」ことです。いくら集中しようと思っても、寝不足で疲れが溜まっていては、集中力を高めることは難しいでしょう。コンスタントに集中力を維持した状態で生活していくためにも、一定の睡眠時間の確保は大切な要素と言えます。

そういった意味で、少なくとも1日6時間から8時間以上の睡眠は確保したいところでしょう。人によって個人差がありますが、ご自身で目覚めが良いと感じられるくらい、しっかりとした睡眠時間を確保することを意識して生活していきましょう。

睡眠時間の確保は人間のあらゆる行動を左右する重要なテーマと言えますが、集中力を高めるだけでなく、美容効果も期待することができます。正しい睡眠が肌のうるおいや健康増進にも役立ちますので、そういったことに興味のある方は、合わせて以下の記事もご覧下さい。

Small thub shutterstock 697069822

美容に良い十分な睡眠時間は?最低4時間・平均は5時間~6時間!

普段何気なく取っている睡眠時間ですが、美容に良い「十分な睡眠時間」って

3.休憩時間を工夫する

休憩時間

「休憩時間を工夫する」ことも、集中力を高めるには必要不可欠なポイントと言えます。人間の集中力は最大90分まで持続するとも言われていますが、休憩を適度に取ることも集中力を高める方法と言えます。

「30分集中して5分休憩する」、あるいは「60分集中して10分休憩する」などといった形で、こまめに休憩を取っていきましょう。その際も、椅子に座ったままボーっとするのではなく、身体を動かしたり屈伸運動をしたりするなど、身体のいろいろな部分を伸ばしたりストレッチをしたりすることが重要です。

身体を動かすことで、血行促進へとつながり、それが脳に新鮮な酸素送り込むことにつながっていきます。そうすることで、休憩後も再び集中力を高めた状態で作業を再開することができるので、意識して実践してみると良いでしょう。

休憩時間は身体を動かしましょう

休憩時間は椅子に座っているだけでなく、伸びをしたり、身体を動かしたりすることが大切です。世界大会として開催されている「世界記憶力選手権」においても、参加者の方は休憩中に身体を動かしたり、ジョギングをしたりするなどして、集中力を高めています。

【行動面から】集中力を高める方法とは?

4.声を出す

声

ここからは、行動面から集中力を高める方法についてご紹介していきます。まずは「声を出す」という方法についてです。声を出すことで、脳内物質のアドレナリンを活性化させることにつながり、集中力も高まっていきます。

よくスポーツ選手が試合前に円陣を組んで、大声を出すシーンもありますが、あれも集中力を高める一つの方法と言えます。声を出すことで気合いも入り、臨戦態勢に入っていくことができます。また勉強中に声を出すことで、記憶の定着にもつながりやすくなるので、一石二鳥の方法と言えるでしょう。

5.場所を変える

図書館

集中力を高める方法としては、「場所を変える」ことも効果的です。普段、自宅で勉強をしている方は、図書館や近くのカフェなどに場所を移して勉強をするのも効果的でしょう。特に、図書館であれば、周りにも勉強している人がいるので、そういった方と同じ空間に入ることで、相乗効果も生まれて、より集中力が高まります。

自宅の勉強机の上には、雑誌や漫画が散乱しているという方も、場所を変えて勉強することが効果的と言えるでしょう。脳の働きとして、新しいものに刺激を受けやすいという特徴があり、雑誌や漫画が目に入ってくると、どうしてもそちらに目が移ってしまうこともあります。そういった意味でも、自宅以外での勉強は効果的です。

【食べ物面から】集中力を高める方法とは?

6.ブドウ糖を摂取する

ここからは、食べ物面から集中力を高める方法についてご紹介していきます。まずは、「ブドウ糖を摂取する」ことについてです。脳はブドウ糖を唯一のエネルギー源にしているとも言われており、頭を使う作業をした時には、そのエネルギーを補給してあげる必要があります。

そういった意味で、ブドウ糖が多く含まれるチョコレートやナッツ類などの食べ物を常備しておくことも効果的と言えます。集中力が切れてきたなと思ったり、脳が甘いものを欲していると感じたりした場合は、チョコレートやナッツ類を食べることで、脳にブドウ糖というエネルギーを供給することができます。

7.ガムをかむ

食べ物で集中力を高める方法としては、「ガムをかむ」ことも効果的です。ガムをかむという行為自体に、体内の神経を活性化して脳の血流を良くするという効果があります。また、ガムはカロリーも低く、ストレス軽減効果や口臭予防にも役立つので、集中力を高める方法と合わせて、さまざまな効果を期待することができます。

特に眠気を催す時には、ミント系のガムをかむことで、多少眠気を吹き飛ばすことも可能です。脳への刺激も意識しながらガムをかむことで、より集中力も高まっていくでしょう。

8.カフェインをとる

カフェイン

「カフェインをとる」ことも、集中力を高める方法として効果的と言えます。カフェインには脳を覚醒させる効果があり、眠気覚ましにも有効的です。本来は睡眠時間を確保する中で、自然に体力を回復していくことが望ましいですが、どうしても寝不足の場合や、どうしても集中力を高めたい場合は、カフェインの摂取が有効です。

コーヒーやココア、緑茶といった飲み物には多くのカフェインが含まれているので、必要に応じて飲むと良いでしょう。あまり飲みすぎると、夜眠れなくなる可能性もあるので、注意しておきましょう。またカフェインとは別にエナジードリンクも、眠気解消には効果的な飲み物です。

勉強にも役立つ集中力を高めるトレーニングとは?

9.一点集中トレーニング

一点集中トレーニング

ここからは、勉強にも役立つ集中力を高めるトレーニングについてご紹介していきます。まずは、「一点集中トレーニング」についてご紹介していきます。一点集中トレーニングとは、短時間で集中力を上げるトレーニングのことで、対象となる一点を凝視し続けることで集中力を高めていきます。

パソコンやスマホのアプリでもできますし、ご自身で紙に丸を描いて、それを凝視し続けるといった形でも良いでしょう。背筋を伸ばして、目線より少し下のあたりに対象物がくるように調整することがポイントです。準備ができたら少なくとも1分以上は対象物を凝視し続けることで、集中力を高めることができます。

勉強中や仕事の合間に行っても効果を発揮するトレーニングなので、ご自身の集中力が欠けてきたと感じたら、行ってみると良いでしょう。

10.表情筋を動かす

表情筋

続いての集中力を高めるトレーニングは、「表情筋を動かす」ことです。表情筋と呼ばれる顔の筋肉を動かすことで、脳を刺激して活性化させることができます。これを繰り返すことで、前頭葉を刺激することになり、集中力アップにも効果を発揮します。

表情筋を動かすことは手軽にできるので、ちょっと疲れてきたと感じたり、集中力がなくなってきたと思ったりしたら、積極的に動かしてみると良いでしょう。

  1. 集中力を高める方法
  2. 目標を設定する
  3. 睡眠時間を確保する
  4. 休憩時間を工夫する
  5. 声を出す
  6. 場所を変える
  7. ブドウ糖を摂取する
  8. ガムをかむ
  9. カフェインをとる
  10. 一点集中トレーニング
  11. 表情筋を動かす

作業効率を高めることのメリットとは?

できることが増える

仕事

ここからは、作業効率を高めることのメリットについてご紹介していきます。集中力を高めて作業効率をアップさせることで、さまざまなメリットがありますが、まずは「できることが増える」ことが挙げられるでしょう。当然、同じ作業にしても、1時間かかるのと30分で終わるのとでは、後者の方が効率的と言えます。

30分で作業が終了すれば、残りの30分で他の作業ができるわけであり、そういった少しずつの積み重ねが、1ヶ月、半年、1年といった長期的なスパンで見た時に、膨大な違いとなって現れてきます。

とりわけ、一人ひとりの生産性が求められる現代社会において、少しでも作業効率を高めていこうとする意識は、各社が持っていると言えるでしょう。限られた時間内で、いかに多くのことをできるかという点において、集中力をアップして、作業効率を高めることのメリットがあると言えます。

1日の充実感が増す

充実感

作業効率を高めることのメリットとしては、「1日の充実感が増す」ことも挙げられるでしょう。人間は日々進歩や成長を求める生き物であり、昨日より今日、今日より明日といった形で、少しずつ成長していくことで、生きる喜びや充実感を覚えやすくなります。

そういった意味で、日々改善を積み重ねていく中で、作業効率が上がってできることが増えていくと、それが1日の充実感に反映して返ってくるでしょう。そういった充実感を味わうことで、再び頑張ろうという気持ちが沸いてくるので、とても良い循環を作ることができます。

人間が人間らしく生きていくという意味においても、日々の上昇志向を持って効率の良い作業を行っていくことは、欠かせない要素と言えるでしょう。

まとめ

集中力を高める方法について、さまざまな視点からご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。食べ物の面にしても行動の面にしても、何かできそうだと感じるものがあれば、今日から少しずつ取り組んでみるのも良いでしょう。まずはできそうなことからチャレンジして、それを徐々に増やしていくのが効果的と言えます。

目標設定においても、目標を設定するだけでなく、その目標を達成できたか、あるいはできなかったのかを振り返ることも大切です。目標を立って放しで終わってしまうと、次への改善効果を期待することができず、成長へとはつながっていかないためです。

集中力を高めるという点においても目標設定は重要ですが、次への糧にするという意味でも、きちんと振り返りを行って改善していけると良いでしょう。それ以外にもまずは、ガムをかむなどといった簡単なところからスタートして、徐々に自分なりの集中力アップのコツをつかんでいけると良いでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。