Middle shutterstock 488089411

INDEX

寒さ対策は防寒=厚着?

厚着しても寒いのはなぜ

とても寒い冬はニットやセーターなどもこもことした暖かい物を着たくなりますよね。寒さ対策に洋服を何枚も重ねて上着を着ていざ寒空の下へ!・・・やっぱり寒い!こんなに防寒しているのになんで手足がこんなに冷えているの?という経験をした人も少なくないはず。

実はただ厚着をしていても服の隙間の空気が温められず、冷たい空気によって血行も悪くなってしまうのです。さらに末端冷え症の人は凍ったように手足が冷たくなり動くことさえ嫌になってしまうこともあるでしょう。これから紹介する上手な寒さ対策のポイントを押さえて冬でも可愛いファッションをしちゃいましょう♪

 

実は温めるポイントがあった!

一番大事なことはインナーを体に密着させること。これをきちんと行うだけでびっくりするほど暖かさが違うんです。もちろんその上に暖かい素材の服を着ることも大切です。また、防寒して体を温めるだけでなく、屋内で暑くなったときにあえて上着を脱ぐことで汗をかいて体が冷えることを防ぐことも大事なポイントです。

寒さ対策で暖かくする必要がある場所

3つの“首”

体には“首”と呼ぶ箇所が3つ存在します。まずは“首”、2つめに“手首”、3つめに“足首”。この3つの首を冷やすと、血行が悪くなり体の冷えに繋がってしまうのです。ですから、寒さ対策に着込む事だけを重要視するのではなくこの3か所を温めるといつもより体の芯を冷やさなくすることができるのです。

体の内側からも

寒さ対策でできることは何も服装だけではありません。体の中からも温めることが大切です。ですから喉が渇いたときに冷たい物を飲んだりお酒を飲みすぎることも極力控えましょう。血行が悪くなれば体の中から冷えてしまって、いくら防寒をしていても意味がありません。ですので温かいものを積極的にとりましょう。

寒さ対策に!冬の強い味方

最強の味方ヒートテックインナー

誰でも1枚は持っているのでは?というほど冬の寒さ対策に欠かせない“”ヒートテックインナー”。ニットやブラウスなどの下に着ても目立たず、しっかりと体温を守ってくれる優秀なアイテムです。色々なメーカーから出ていますので、わざわざショップに買いに行かなくてもネットで注文できるのも嬉しいですよね。

有名な所では「ユニクロのヒートテック」「GUのあったかスタイル」「ベルメゾンのホットコット」「しまむらのファイバーヒーター」「西友のエコヒート」でしょうか。そのほかにも各社で販売していますし、色やバリエーションもあるのでファッションの一部としてヒートテックを選んでみてはいかがでしょうか?

可愛くおしゃれに首周りの開いたニットやワンピースを着たいけど寒さ対策もしたい!という人には襟ぐりの開いたヒートテックがあるので安心です。数年前までは襟ぐりの開いたものは品数が少ない傾向でしたが、今ではGUやしまむら、ニッセンなど色々な店舗やネットショップで取り扱っていますので探してみてください。

カシミヤなどの温かい素材や形にこだわる

Q web

カシミア(英: cashmere)は、カシミアヤギ(英語版)から取れた毛、または、それから織った毛織物である。 毛質は細く、柔軟で独特のぬめりがある。保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされる。 毛が細く密度が高いが軽く、暖かく、上品な光沢もあり、肌触りが良いとされ、その高価さもあいまって「繊維の宝石」とも呼ばれる。

引用元:Wikipedia

カシミヤやアンゴラ、アルパカなど着ぶくれせずに体を温めてくれる素材の服を着ることも大切ですよね。ヒートテックインナーと最強の組み合わせではないでしょうか。ただし素材によっては水に濡れると生地が傷んでしまうものもありますから雨や雪、汗なんかに気を付けるよう心がけましょう。何着あっても嬉しい一品です。

素材の他にトップスの形にも暖かさを求めるならタートルネックやハイネック、ロングニットがオススメです。“萌え袖”があるものも手首を温めてくれるのでおしゃれをしながら寒さ対策ができます。胸元が開いていてもマフラーなどの小物でカバーもできますが、肌に密着している洋服の方が暖かくなる効率はいいですよ。

アウターをなににするか

インナーやトップスと違い一番人目に付くもの。そんなに数は持っていないけれどおしゃれに着こなしつつばっちり防寒したい!と思っている人は少なくないのでは?冒頭にもありましたが【おしゃれに我慢はつきもの】です。諦めましょう!!!・・・と言いたいところですが、諦める前にポイントだけでも押さえておきましょう♪

着ている服の系統にもよりますが、基本的にロングコートかお尻を隠せるぐらいの長さがあるほうが寒さ対策には最適です。3つの“首”以外にも腰を冷やしてしまいますと、体が冷えやすいのです。それと、屋内ではこまめに着脱をして汗をかかないようにしましょう。汗をかいた体に外気が当たると体の芯から冷えてしまいます。

可愛いファッションでも出来る寒さ対策

首周りを可愛く温めるマフラー

首を冷やさない小物の定番にマフラーがあります。こちらを選ぶときにポイントなのが保湿性が高いこと。コットンやカシミヤ製のものがオススメです。近年ではマフラーだけでなくスヌードなど可愛い小物も販売していますから、ファッションの幅は広がるのではないでしょうか?

冬ならではの寒さ対策グッズ、自分の服装のジャンルに合ったものを見つけたいですよね♪そのほかにもフェイクファーやストールなどもありますから、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?小物ひとつで印象もガラッと変わるので、何種類か待っているのも良いかも知れませんね。

ワンポイントに最適!手袋

手袋は手首を冷やさないようにする寒さ対策の重要アイテムです。服の色が暗くなってしまったら手袋に色味があるようにするだけでもずいぶんと印象は違ってきますよね♪こちらのおすすめはやはりカシミヤ。レザーも冷たい風を通さないので捨てがたいです。

\ POINT /

色味のある手袋

赤やオレンジなど暖色の方が視覚的にも暖かい気分になれます。

そのほかにも裏側にボアや裏起毛が付いているものや手首部分にラビットファーが使用されているものなどもあります。素朴なものからかわいい系、きれい系、多種多様な手袋がありますのでマフラー同様、何個かそろえてみるのもいいですね♪

また、近年のスマホ普及に伴いスマホ操作ができる手袋が豊富にあるのです!!手袋を外さずにスマホをいじれるなんて、これはありがたいですよね。せっかく温まった熱が逃げる心配もありません。意外とおしゃれなものがあるのも嬉しいポイントです。

パンツスタイルの足元

どのような寒さ対策をされていますか?パンツスタイルであればヒートテックのレギンスやショートパンツを下に履くことをおすすめします。最近のものは生地が薄くてもとても暖かいですから着ぶくれする心配もあまりありません。裏生地が暖かい素材で作られているパンツも要チェックです。

そして靴下、こちらもヒートテックソックスが足先からの冷えを防いでくれます。ヒートテックでも寒い!という人は5本指ソックスがおすすめ。指1本1本に密着するうえ血行をよくしてくれるので末端冷え症の方にも効果が出やすいかと思います。基本的に靴やブーツで隠すことが出来ますからここぞとばかりに温めましょう。

ただし5本指靴下を履くとき、注意するシーンが一つだけ・・・。それは【人前で靴を脱ぐとき】です!女友達の前なら全然ありでしょうが、付き合いたての彼の前で5本指ソックスを見せるのはなかなか勇気がいるかもしれません。そんなときはヒートテック靴下で頑張りましょう!

スカートスタイルの足元

ストッキングやタイツ、レッグウォーマーを履く人が大半でしょうか。タイツは80デニール以上が寒さ対策にオススメです。そもそもデニールとはなんでしょう?ストッキングとタイツの違いはなんでしょうか?

Q web

ストッキングやタイツの説明でよく見るデニールとは、レッグウェアで使用する糸の太さ(重さ)を表す単位です。デニール数は糸が太く、生地が厚手になるほど数値が上がります。9000mに糸を伸ばしたときの重さが1g=1デニールとなります。 また、季節によってデニール数を変えることによって脚の保温力を調整したり、ファッションに合わせてデニール数を変えることにより脚の透け感を調整したりすることもできます。一般的には30デニール未満のものをストッキング、 30デニール以上のものをタイツと言います。

引用元:レリッシュ

よくお店でみかけるデニールにはこんな意味があったんですね。次回から購入の際は一つの目安にしてみてください。そして、ヒートテックレギンスに続きストッキングやタイツにもヒートテックタイプのものがあるのをご存知でしたか?ユニクロやストッキングメーカー各社で購入が出来ますよ♪

パンツでもスカートでも足を見せて可愛いファッションをしたいという人はせめてストッキングだけでも履きましょう。女性の足元の冷えは生理痛や生理不順などにも響きますから、必ずと言っていいほど大切なことなのです。

ニット帽とイヤーマフ

これまで3つの首を温めるアイテムをご紹介してきましたが、ほかにも可愛い寒さ対策グッズがあります。それがニット帽とイヤーマフです。どちらもファッションスタイルによってはなかなか使いづらいアイテムとなってしまいますが、冷たい外気から守ってくれる優秀なアイテムです。

こちらの記事では気温別に、おすすめのコーディネートを紹介しています。寒い日、曇りの日にはどんな服をすればいいんだろうとお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 361971998
関連記事 気温5度の服装11選!天気別レディース冬服は?最高・最低気温のコーデも

気温がぐっと下がった5度の日、一気に寒くなると服装に悩みますよね。また

Small thub shutterstock 395796454
関連記事 気温11度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

暖かくなったと思ったら、急に冬に逆戻りする三寒四温の日々ですね。気温1

Small thub shutterstock 329901242
関連記事 気温14度の日の服装は?冬物を混ぜたおすすめコーデ24選

気温14度くらいになると、いよいよ服装も冬服がメインになってきます。寒

服装以外に体を温める寒さ対策

王道のホッカイロ

冬の定番ホッカイロ。張るタイプが便利です。温かくなるには貼る場所も重要です。①首を曲げた時に出る骨の2cm下あたり②おへその下③腰とおしりの中間あたり④くるぶしの上 この4つがより効果的に体を温めてくれます。ただし低温やけどをする恐れがありますので直接肌に貼ることは絶対にしないでくださいね。

飲み物で温まる

体を温める飲み物で比較的身近にあるものの代表に「紅茶」「ココア」「ホット烏龍茶」「白湯」があります。紅茶には同じく体を温める効果のある生姜をいれてジンジャーティーにするのもオススメです。朝起きたら少しずつ時間をかけて飲むと体の芯までぽかぽかになりますので外出しても効果はしばらく続きます。

白湯はむくみをとったり基礎体温をあげる働きがある飲み物です。ダイエットにも効果的な白湯、お湯を沸かす光熱費しかかからずすぐに始められるのも魅力的ですよ。逆にコーヒーや緑茶はホットで飲んでも体を冷やしてしまう飲み物なので、ついつい摂取しがちになりますが冷えが気になる人は他の飲み物に替えましょう。

入浴剤を使った寒さ対策

入浴剤は家族みんなで使えるものから一人スペシャルな時間を味わえるものまで・・・。種類が多すぎて何を使ったらいいのか迷ってしまいます。

冷えを解消するための入浴剤にはもちろん体の芯まで温まる効果があるので寒さ対策にはぴったりです。自分好みの効能を選べますし、お値段がリーズナブルなところも嬉しいです。

匂いを重視した入浴剤でもリラックス効果から自律神経の働きが良くなって血行促進につながり、温かくなりやすい体になります。どちらを選ぶかはお好みですが、温かいお風呂の湯船の中で一日の疲れを癒すことがとても大切です。それが翌日の寒さ対策の糧になるのです!

お風呂で使えるこんなアイテムで血行をよくしてから、入浴剤で体を温めるのも相乗効果がありそうですね。皮膚の弱い人は試し塗りをしてから使用することをオススメします。

まとめ

寒空の下のカップル

いかがでしたか?【おしゃれに我慢はつきもの】と諦めていたそこのあなた!!役に立ちましたでしょうか?寒さ対策に必要なポイントは3つの“首”とインナー選び、小物をどううまく使うかと体の内側から温める、その4点です。そこさえ押さえれば今までより冬のおしゃれがもっと楽しくなりますよ。

寒くて縮こまってしまってはせっかくのおしゃれも台無しですから、この記事を読んで少しでも暖かく素敵な冬をお過ごしくださいね♪それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。