INDEX

カフェオレボウルについて知ろう!

カフェオレボウルとは?

カフェオレボウルとは、お椀のような形をした取っ手が付いていない器のことを指します。日本のお椀を少し大きくしたようなイメージになります。フランスでは「カフェオレボウル」ではなく、日本語でのボウルを指す「bol(ボル)」と呼ばれているそうです。

カフェオレボウルの歴史

カフェオレボウルは19世紀から20世紀にはフランスで広く使われていた食器です。もともとは現在のカフェオレボウルより大きめのサイズが使われていましたが、19世紀中盤くらいからスープ用のボウルより小さめのサイズである現在のカフェオレボウルが作られたようです。

もともとはスープ用のボウルだった

フランスではもともとスープを飲む際にパンを浸して食べる習慣があったことから、スープ用のボウルとして使われていたようです。コーヒーの文化が発達し、コーヒーを飲む人々が増えてきたことからスープ用のボウルだったものが、コーヒーを淹れて飲むようになったと言われています。

現在のフランスでは、カフェオレボウルを朝食にコーンフレークを入れて食べる方も多いそうです。コーヒーを淹れて飲んだり、コーンフレークを入れて食べたり、スープをパンに浸して食べるなど、幅広い使い方ができるのがカフェオレボウルです。

カフェオレボウルとマグカップの違いは?

カップ

フランスではカフェオレボウルにコーヒーを淹れて飲む人もいれば、マグカップなどの普通のコップで飲む人もいるようです。そのため、フランスでは皆が必ずしもカフェオレボウルでコーヒーを飲むわけではないそうです。カフェオレボウルはマグカップより大きいため、パンに浸しやすいという理由で使う方が多いようです。

北欧デザインのおしゃれなカフェオレボウル

北欧らしいカラフルなデザイン

Amazonで詳細を見る

北欧フィンランドのリビングウェアブランドである「イッタラ」のカフェオレボウルは、北欧ならではの温かみのある暖色のマルチカラーを使ったパターンデザインがおしゃれです。フォルムはシンプルで無駄のない北欧らしいデザインになっています。

日常の中に自然を溶け込む北欧デザイン

Amazonで詳細を見る

北欧デザインは自然をモチーフとしたイラストが多く使用されています。モノトーンのリーフデザインはシンプルですが、どこか温かみを感じる北欧らしいデザインになっています。シンプルなデザインはサラダやスープを入れて使うと食材の持つ鮮やかな色味が活かされるので、おすすめです。

北欧以外の世界のおしゃれなカフェオレボウル

シャビーシックなデザインがおしゃれ

Amazonで詳細を見る

フレンチライクなスケッチ風のデザインがおしゃれなカフェオレボウルは、食事だけでなくインテリアとして飾ってもスタイリッシュな使い方もできます。白を基調としたシャビーシックなデザインは、置いて飾るだけでもインテリアとして存在感を十分に発揮してくれそうです。

ポーランドの温もりのある可愛いデザイン

Amazonで詳細を見る

温もりのある優しいデザインが可愛らしいポーランドのデザインもおしゃれです。伝統を感じる素朴な雰囲気のデザインが、温かみがありながらも直線的でどこか洗練された北欧デザインとは違った印象があります。温かい飲み物や食べ物を入れると、なんだかほっこりしそうな温かみのあるデザインです。

存在感がある美濃焼のカフェオレボウル

Amazonで詳細を見る

伝統的な美濃焼のカフェオレボウルは、日本工芸品の持つ重みと深みのあるデザインが置いているだけでも存在感があります。カフェオレやコーヒーだけでなく、抹茶を飲むときに使うことができます。落ち着いたカラーやシンプルなデザインを選べば、ご飯やスープを入れて日常的に使うこともできます。

【カフェオレボウルの使い方】飲み方編

カフェオレボウルでコーヒーを飲むときの使い方

カフェオレボウルでコーヒーやカフェオレを飲む際の使い方を説明します。カフェに行くと、カフェオレボウルとスプーンが一緒に出てくるときがあります。飲み物をかき混ぜるためのスプーンですので、コーヒーなどを飲むときはスプーンですくって飲むのではなく、手で持って直接飲むと良いでしょう。

ちなみにフランスでは、両手でカフェオレボウルを支え、そのまま食器に口を付けて飲むそうです。フランス映画でも、そのように両手でカフェオレボウルを支えて飲むシーンがあるので一般的な使い方と言えそうです。



パンやビスケットを浸して食べるのが定番

フランスでは、カフェオレボウルにパンを浸して食べることが多いようです。フランスでは朝食にはあまり時間をかけないため、カフェオレにパンを付けたり、浸しながら、短時間で食べやすくしているようです。またパンだけでなく、ビスケットを浸して食べるのもおすすめです。

【カフェオレボウルの使い方】朝食編

カフェオレボウルでスープをおしゃれに食べる

定番の使い方ですが、カフェオレボウルにスープを入れて使用するのもおすすめです。お椀を使うと、どうしても和のイメージが強くなってしまいますが、カフェオレボウルを使えば洋風のスープもおしゃれな雰囲気になりますね。

グラノーラやコーンフレークを入れても

朝食でカフェオレボウルを使うなら、コーンフレークやグラノーラを入れて食べるのが定番です。カフェオレボウルなら、普通のお皿よりも底が深いのでミルクを入れても食べやすくなっています。

【カフェオレボウルの使い方】ご飯編

飲み物だけでなくお茶碗として使える

白のシンプルなカフェオレボウルに、ご飯を入れて食べるのもおすすめです。カフェオレボウルでコーヒーやカフェオレを飲まない時も、ご飯なら毎日のように食べるので使う回数も増えそうです。カフェオレボウルはご飯茶碗よりも少し大きいサイズなので、たくさんご飯を食べたいときに便利ですね。

お茶漬けを入れた使い方も

カフェオレボウルにお茶漬けを入れて使うのもおすすめの使い方です。カフェオレボウルは、どんぶりよりも小さく、ご飯茶碗よりも大きい、ちょうど良いサイズのためお茶を入れてもご飯茶碗より溢れにくくなります。

【カフェオレボウルの使い方】スイーツ編

シンプルなデザインなら和スイーツも

カフェオレボウルは洋食だけでなく、和食に使用するのもおすすめです。上の写真では、カフェオレボウルにぜんざいを入れて使用しています。少し和風テイストのカフェオレボウルを選ぶと、和食でも使うことができるのでおすすめです。

可愛らしいお菓子を入れてもおしゃれ

上の写真のようにカフェオレボウルの中にお菓子を入れて食べるのもおすすめです。カフェオレボウルは表面にデザインがある製品も多いので、見た目も可愛らしいお菓子を入れると、よりおしゃれに見えます。

【カフェオレボウルの使い方】インテリア編

インテリアとして鉢に見立てる使い方

カフェオレボウルをインテリアとして使用している例をご紹介します。100均ショップで購入したカフェオレボウルの中に多肉植物を寄せ植えすると可愛らしいインテリアになります。

キャンドルを飾った使い方も

カフェオレボウルの中にキャンドルを入れて飾るのもおすすめです。カフェオレボウルはおしゃれなデザインの製品が多いので、キャンドルの雰囲気に合うカフェオレボウルと一緒に飾ると、よりおしゃれになります。何度も洗って使うのがもったいないいけどインテリアとして飾りたい方におすすめの使い方です。

使い方を知ってカフェオレボウルを楽しく使おう

今回はおしゃれなカフェオレボウルのデザインや、食事やインテリアとしての使い方をご紹介しました。カフェオレボウルは陶器ならではの温もりのある素材感を活かしたフランスや北欧のおしゃれなデザインが多く、食事だけでなく観賞用としても楽しむことができます。

カフェオレやコーヒーなどの飲み物だけでなく、ご飯やお菓子などさまざまな食材を入れた使い方ができる便利な食器でもあります。食事やインテリアなどカフェオレボウルの幅広い使い方を知って、楽しく使いましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。