INDEX

セックスを興奮させる焦らしプレイ

焦らしプレイで新しい刺激?

絡み合う男女

彼氏とのいつも通りのセックスをしていると、そのうち飽きてしまったり、作業の様になってしまったり、刺激が薄れてしまうということはカップルの中で多くあることだと思います。そんな刺激の足りない時におすすめなのが焦らしプレイです。焦らしプレイをすることで、今までになかった興奮をお互いに感じることが出来ます。

意図せずとも通常のセックスで焦らしたりしながらセックスをするカップルもいるでしょう。それでももちろん興奮できると思いますが、しっかりと焦らしプレイのテクニックを覚えておくことで、もっともっと興奮を与えることが出来ますし、その興奮から熱いセックスになること間違いなしです。

焦らしプレイをするにはまず彼氏が感じやすい体であることが前提です。彼氏があまり普段から感じてくれないなんて場合はこの方法を試してみてください。

焦らしプレイは嫌がられない?

男性のズボンを脱がす女性

焦らしプレイは興奮させる為にも使えますが、もちろん焦らしすぎは禁物です。特に男性の場合は早くセックスしたい、早く入れたい、早く気持ちよくなりたいという気持ちが強いので、あまりにも焦らしすぎると面倒くさがられてしまうので、その点は気をつけましょう。

焦らしプレイテク①雰囲気を作るまで

セックスの流れまでも焦らす!

キスする男女

通常のセックスであれば良い雰囲気になってからキスをしてセックスする流れが普通だと思いますが、セックスするまでも焦らすのが大事なテクの一つです。ただただキスを避けてしまったり、触れない様にするだけではセックスの雰囲気にならないので、注意しましょう。

ここで大事なのはセックスの雰囲気を作らなければいけないということです。例えば一緒に寝ている時など、しっかりとまずは自分からセックスを誘っている雰囲気を出さなければいけません。その為に何度か自分からキスをしてみるのはありです。

キスをしたら彼氏からもキスを求めてくると思いますが、そこでキスを避けてみたり、舌を入れてくる様なディープキスの場合は舌を入れてきたら避けてみたり、全く触れない、全くキスしてあげないのではなく多少自分からアクションを起こさなくてはいけません。

\ POINT /

言葉が大事!

ただキスを避けるだけでは彼氏も良い気持ちではないので、彼氏がキスを求めてきたときには一言「焦らないの」なんて言葉をかけてあげると良いでしょう。

焦らしプレイテク②服を脱がすまで

すぐに服を脱がさない

彼氏の上に乗る女性

良い雰囲気になればそのまま服を脱がせてセックスに突入するのが通常のセックスですが、焦らしプレイをするには服を脱がすのはまだ早いです。これは焦らしプレイの中でも一番大事なテクと言っても過言ではありませんが、焦らしプレイの中で大事なのは服を着たままの愛撫なのです。

例えば、上半身であれば服を着た上から乳首を指で触ったり、服を着たまま乳首を軽く噛んでみたり、下半身であればズボンを履いた上から触ってみたり、口をあててみたりしてみましょう。

目で感じさせる

良い雰囲気のカップル

実は男性は体で感じるよりも視覚情報から感じることが多いのです。なので、上記で解説した様に服の上から口を当てるだけ、舐めてる仕草を上目遣いでするだけでもかなり興奮させることが出来ます。実際に体は感じていなくても、視覚で感じさせることが出来るのです。

また、その時彼女側は服を脱いでいても良いでしょう。しかし、そこで彼氏に体を触らせない様にしてください。そこに彼女の体があるのに触れない…というこのもどかしさこそが彼氏を興奮させる焦らしプレイの重要なポイントになっています。

焦らしプレイテク③上半身への愛撫

普段舐めないところまで…

彼氏を襲う彼女

上半身への愛撫となると基本的には、首や乳首などが主となっていると思いますが、焦らしプレイに関しては普段舐めている乳首や首だけではなく、耳や腕、指先まで細かい部分までも舐めてあげます。そして出来るだけ普段している乳首などは舐めない様にしてください。

テクとしては、指先から腕、腕から胸へと舐めていき、乳首にいくかいかないかのところで止めて、また逆側の腕から舐めていくなんていうテクがかなり効きます。普段お願いしない彼氏から「舐めてほしい」と言わせたら焦らしプレイがかなり効いている証拠です。

指を舐めるテクニックとして「指フェラ」というものもあるので、それを使うことでかなり彼氏を興奮させることが出来るでしょう。そんな指フェラはこちらを参考にしてください。

Small thub shutterstock 673787614
関連記事 エッチな気分を高める「指フェラ」って?簡単にできるセックステクを紹介!

指フェラって聞いたことがありますか?名前のとおり男性の指を性器に見立て

+aで更に興奮!

彼女に襲われて喜ぶ彼氏

上半身を愛撫している最中は彼氏のズボンは履かせたままにしておいて、上半身を舐めている最中に彼氏の下半身をズボンの上から触ってあげたりすると更に彼氏は興奮してくれるでしょう。

彼氏の上半身を愛撫しながら触っていれば彼氏は早く下半身も愛撫してほしいと思うでしょう。しかし、そこで彼氏の言う通りにしてはいけません。彼氏の下半身の興奮が絶頂になるまで下半身の愛撫はしない様に心がけて、出来るだけ濃厚に上半身を愛撫してあげてください。

焦らしプレイテク④下半身への愛撫

下半身も足から

下着姿の女性の後姿

下半身への愛撫もいきなり直接ではなく、まずはズボン越し、次はパンツ越し、という風にじょじょにじょじょに近づいていくのが良いでしょう。そして、いざパンツを脱がしても、そこでもいきなりフェラをしてしまってはいけません。

フェラをする前にも足、太もものあたりから舐めていって、少しずつ近づいていきまた戻ったり、フェラしそうでしないという位置で何度も繰り返してあげましょう。これだけでもかなり彼氏は興奮しているはずですが、まだまだこれ以上のテクもあります。

フェラはくわえるまでに時間をかける

ベッドの上の男女

興奮している男性はフェラに対して「早くくわえてほしい」と思う男性がほとんどです。だからこそくわえることはしてあげません。まずは亀頭や周辺を舌で舐めてあげるだけで、くわえるまでには時間をかけましょう。その時に一緒に手を使うのも効果的です。

手や指先で触ってあげながら舌先で舐めてあげて、彼氏がどうしても我慢できなそうになってからやっとくわえてあげる位が丁度良いのです。くわえてくれた喜びも重なって彼氏の興奮はかなり大きくなるはずです。また、フェラで満足させてあげたいときはこちらの記事を参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 298379306
関連記事 彼氏にフェラがうまい!!と思わせるセックステクニック6選を紹介!

男が好きな前戯ナンバーワンのフェラチオ。しかし女性としては「うまいと言

焦らしプレイテク⑤彼氏からの愛撫

彼氏からの愛撫も焦らす

ベッドの上で彼氏が上

焦らしプレイは基本的には彼女が彼氏に対して焦らしてあげるというのが主ですが、彼氏が愛撫するという時にも焦らしプレイは使えます。もうここまでのテクで彼氏の興奮もかなりマックス状態となっているので、彼氏はかなり激しい愛撫をしてくるでしょう。

ただそこで激しい愛撫をするのは、あくまで「早く入れたい」という気持ちからなので、そこで激しい愛撫をさせてはいけません。胸への愛撫、局部への愛撫なども彼氏が激しくしようとしてきたところを止めてあげましょう。

命令で興奮させる!

愛撫される女性

愛撫したくても出来なくてうずうずしている彼氏をもっと興奮させるには、彼女側から命令してあげることです。彼氏の愛撫を止めながらも、「ここをこうして」と命令することで彼氏の興奮は大きくなりますし、早く次へ進みたい彼氏も言うことを聞いてくれるでしょう。

ただSMの様なプレイではないので、あまりにも命令口調になりすぎてしまうと彼氏の機嫌を損ねてしまう可能性もあるので、あまりにも偉そうな口調になったりはしない様にしなければいけません。

焦らしプレイテク⑥本番

入れるのは女性から

彼にまたがる女性

セックスの本番で大事なのが入れる時です。ここで彼氏に主導権を渡してしまうと、ここまで我慢した彼氏はかなり激しく腰を動かして、セックス本番自体はすぐに終わってしまうでしょう。なので、本番に入るところでも焦らしプレイテクを使いましょう。

テクとしてはまずは騎乗位になってあげて自分からいれる様にします。しかし、すぐに入れてしまうのではなく、クリトリスにこすりつけたり、素股をしたりと実際に中に入れるまでも時間をかけてあげるのがコツです。ここまで来れば彼氏の興奮はかなりのものとなっているはずです。

挿入後

騎乗位

挿入後ももちろん出来るだけ彼氏に主導権はとらせない様に上に乗ったままの状態が良いでしょう。そしてここが一番のテクですが、彼氏がイキそうになったら動きを止めて彼氏をイカせてあげない様にします。これが焦らしプレイのセックスの中で一番興奮させるポイントです。

イキたいのにイケない、腰を動かしたいのに動かせない、その不自由さが彼氏のセックスへの興奮を何倍にも膨らませます。ギリギリの所で止めるとイってしまう可能性があるので、ギリギリではなく、出来るだけ余裕を持って止めてあげても良いです。

まとめ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。