Middle shutterstock 639139093

INDEX

見た目もおしゃれで本格的なKONO!

優雅なティータイムにいかが?

来客があった時に、絶対におしゃれ!可愛い!と言われる事間違いなしの本格的なドリッパーのKONOのアイテム。持ち手が木になっているのもインテリアにもってこいのアイテムですよね。けどわざわざドリッパーを出してきてコーヒーを淹れるって面倒じゃない?と感じているあなた。本格的なコーヒーとは何かを追求します。

わざわざ出すのが面倒でも美味しいコーヒーが自宅で簡単に飲めると思ったらどうですか?来客があった時にはもちろんの事、ホット一息つける時間に一人で優雅にコーヒーでゆっくりとした時間を過ごせるなんてこんな贅沢な時間はありませんよ。今回は、そんなコーノ式ドリッパーの魅力を余すとこなくご紹介していきます。

コーノ式ドリッパーはまず香りが違う!

 

コーヒーの概念を覆す爽やかな香り

コーノ式ドリッパーの構造は、シュッと底がすぼんだような円錐形が特徴でまるで点滴を落とすように一滴ずつゆっくりとコーヒーが落ちるのを待ちながら落とすのが特徴です。コーノ式のドリッパーは、お湯を流すためのラインが下半分にしかないので、お湯を一度受け止めてから流す、という構造をしています。

それにより、今まで飲んできたコーヒーは何だったの?というほどの爽やかな質感を実現する事ができるんです。コーノ式ドリッパーを使えばコーヒーの淹れ方一つでもこんなに差があるなんて知らなかった、というほどの感動があなたを待っています。

コーノ式ドリッパーはこんな人におすすめ!

初心者でも使いやすい!

  • コーノ式のドリッパーが向いている人
  • ハンドドリップにちょっと慣れてきた人
  • おしゃれなコーヒー道具がほしい人

ハンドドリップにちょっと慣れてきた人

初めてハンドドリップでコーヒーを淹れるという人よりは、少しずつハンドドリップでコーヒーを淹れる事に慣れてきた方の方がコーノ式ドリッパーは向いていると言えます。やはり、初心者の方には少しお値段が高く感じてしまうKONOのアイテム。せっかく買ったら極めたいですよね。

そういう理由もあり、今までハンドドリップで何度か淹れた事はあるけどもう少し道具にもこだわってみたい、という方にこそ使って頂きたいアイテムがKONOです。円錐型のものは、コーヒーの層が厚くなるという利点があります。それにより、まんべんなく挽いたコーヒーの粉にお湯が注ぐ事ができるという事が言えます。

それだけでなく、KONOのアイテムはリブがちょうどいい場所にあるのでリブがない上部においてもペーパーフィルターが剥がれてしまう事なく、脇からお湯が漏れてくるという心配もないのでコーヒーが薄くなるという事もなくなります。

おしゃれなコーヒー道具がほしい人

コーノ式ドリッパーは持ち手が木になっている事や見た目のおしゃれさも相まって直しこんでしまうのがもったいないほどの見た目なので、敢えて見せるインテリアにも最適なアイテムでもあります。その為、敢えて直さずに人から見える場所に置いている人が多いのも特徴です。

そういう事もあり、おしゃれな道具がほしいという方にはおすすめ。見た目だけでなく、コーノ式ドリッパーはもちろん機能的にも申し分ないほどのクオリティなので初めて少しこだわったコーヒー道具の購入を考えている方や、新しいものを購入したい方などにはもってこいのアイテムです。

コーノ式ドリッパーで実際に淹れてみよう

準備するもの(一人分)

  • 必要なもの
  • お湯(300ml)
  • 豆(18g)

コーノ式ドリッパーの美味しいコーヒーの淹れ方とは

これさえ押さえておけば家で本格的なコーヒーが!

  • 美味しいコーヒーを淹れよう
  • 1、ケトルにお湯を準備する
  • 2、ドリッパーをセットし、湯通しをする
  • 3、湯通しをしてサーバーに溜まったお湯は捨てる
  • 4、コーヒーの粉を入れ、ドリッパーを軽くゆすって平らにする
  • 5、中心に500円玉程のお湯をゆっくり落とす
  • 6、蒸らさず、中心から回しながらお湯を注ぐ
  • 7、3分ほどで淹れ終わる
  • 8、定量に達したらサーバーからカップを下げる

1、ケトルにお湯を準備する

飲み頃温度に抽出するために、カップやソーサー、スプーンなどはあらかじめ温めておきましょう。お湯は汲みたての水道水やミネラルウォーターなどを沸かしておきます。お湯が沸騰したらすぐに火を止めて、表面のボコボコとした泡が静まった時が淹れ時のコツであり、淹れ方のポイントになってきます。

それが、コーヒーを淹れるのに最適な95℃を知るための合図と言われています。水道水やミネラルウォーターなど使用する水の種類によってコーヒーの味わいというのは変わってきます。水は、溶けているミネラルの量によって軟水と硬水に分けられるのですがどちらの味わいが好みか知る事も大切です。

硬水とはマグネシウムやカルシウムというミネラル分が多く含まれている事から硬水で淹れたコーヒーは比較的苦味が強くなる傾向があります。逆に軟水とは使って入れたコーヒーはミネラル分があまり含まれていないのでコーヒーそのものの味わいを消す事無くマイルドな味わいになるのです。お好みの味わいを探してみるのも◎。

2、ドリッパーをセットし、湯通しをする

フィルターの底の接着面を外側に折り、次に外側の接着面を内側に折り込みます。この時使用するフィルターは、ドリッパーのサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。ドリッパーに軽く押さえつけるようにセットするのがポイントです。隙間なくセットする事が美味しいコーヒーを淹れ方のコツです。

ペーパーフィルターをまず、使用前に湯通しする理由は他の器具と同様に紙臭さがコーヒーに移ってしまうのを防ぐためです。それだけでなく、コーヒーの入れ始めを紙が吸収してしまわないようにするためです。これをするかしないかでは淹れ終わりに大きく差が生じます。

3、湯通しをしてサーバーに溜まったお湯は捨てる

湯通しした後のお湯は使用しませんので、すぐに捨てましょう。湯通しが終わればいよいよコーヒーを淹れる準備が整ったことになります。早速、コーノ式ドリッパーで美味しいコーヒーを淹れていきましょう。淹れ方にもたくさんのヒントが隠れていますので参考にしてみてください。

4、コーヒー粉を入れドリッパーを軽くゆすり平らに

コーヒー粉をコーノ式ドリッパーに入れ、粉が平らになるようにドリッパーを軽くゆすってならす。これをする事で、コーヒーを均一に淹れる事ができるのでこれはしっかりやってください。

5、中心に500円玉程のお湯をゆっくり落とす

コーノ式ドリッパーは、穴が大きいためにお湯の落ちる速度が格段に早いのが特徴です。コーノ式ドリッパーはコーヒーの抽出器具の中でも透過式のドリッパーなので、ろ過器の様にコーヒー粉をお湯が通りながらコーヒーの成分を抽出していくタイプです。

その為手入れが大変なネルドリップと同等のコーヒーが手軽に飲めるという訳です。はじめは、中央部分にポタポタというようにゆっくり一滴ずつ落としていく事が重要です。そうすると、お湯を少しずつ吸ったコーヒー粉がドームのように盛り上がってきます。

30秒ほどしてガラスポットにコーヒーの液が落ち始め、しばらくしたら底一面に溜まるほどになったら本格的な抽出が始まります。

6、蒸らさず、中心から回しながらお湯を注ぐ

コーノ式ドリッパーの場合、蒸らしません。これは、コーノ式のドリッパーにあるお湯を流すためのラインが下半分にしかない事が理由です。お湯を一度受け止めてからそこから流すという構造なんです。その為、ゆっくりと点滴のようにポタポタとお湯を落としていく事で、蒸らしている事と同様の効果が得られるのです。

そういう理由もあり、そこで蒸らしの工程を入れてしまうと過度に成分が抽出してしまい苦みや渋みといったコーヒー本来の味わいを邪魔してしまう成分まで抽出してしまうのです。コーノ式のドリッパーは、蒸らしの工程を入れずとしても美味しいコーヒーを淹れる事ができるのです。

7、3分ほどで淹れ終わる

抽出時間は、何人分を淹れようが3分を目安に淹れ終わるようにしましょう。これは、お湯が適温から冷めてしまうのを防ぐためです。お湯の温度一つとっても美味しいコーヒーには妥協してはいけない理由があります。お湯を注ぎながら、3分になるように時間を調節しながら注いでいきましょう。

8、定量に達したらサーバーからカップを下げる

定量に達したらドリッパーにお湯がまだ入っていても薄まってしまう可能性があるため素早くサーバーから下げましょう。これでやっと完成です。手間暇をかけて完成したコーヒーの味わいは格別なので淹れたてをぜひ、味わってみてください。

コーノ式ドリッパーで淹れたコーヒーに合うスイーツ

トロッと食感のスイーツがおすすめ

スッキリとした爽やかな味わいのコーノ式ドリッパーで淹れたコーヒーには同様の食感であるトロっとした食感のスイーツが抜群に合います。フォンダンショコラは電子レンジで20秒ほど温めるとよりトロッとした食感が増しておすすめです。

コーノ式で淹れたコーヒーのお供にはこのトロっとした食感のスイーツを選ぶと間違いありません。ベイクドチーズケーキやタルト、フルーツパイなど質感を合わせるという事を覚えておけばコーヒーのお供のチョイスを間違う事もありません。もし、来客があった場合には試してみてください。きっと喜んでいただけるはずです。

コーヒーを淹れる際のもうひと手間

最後のお湯の注ぎ方がポイント

残り1/3ほどの所まで注いだら一気に静かにお湯を注いでいきましょう。この状態をキープしながら目標量まで注ぎ終わったらすぐにサーバーから外すという事は先ほどもお話ししましたがより詳しくその理由をご説明していきます。なぜ、最後まで抽出するのを待たずにサーバーから下げるのか。

それは、上の方にあるのは泡と一緒に微粉やアクと言った雑味の成分が入っているからなんです。これをグラスポットに落とさないために素早く下げる必要があるのです。

泡が白っぽくなってきたら全体的にお湯を注ぐ

お湯を点滴のように500円玉大に注いでいるとドームの中心に出来た泡がへこみそうになってくる前にお湯を足す要領でどんどんお湯を注いでいきましょう。泡が下に落ちないように気を付けながら、ドリップを続け泡が白っぽくなってきたらお湯を注ぐ範囲をさらにひとまわり広げ残りが1/3になるまで続けます。

こうして手間を惜しまず最後まで丁寧に淹れる事でより、美味しいコーヒーに仕上がります。しかし、そんなに意気込む必要もないのがこのコーノ式ドリッパーのポイントです。初心者の方にも簡単に淹れる事ができるというアイテムは貴重です。

まとめ

今回は、インテリアにも最適なコーノ式ドリッパーをご紹介してきましたがいかがでしたか?コーヒーが好きな人は自分でこだわって淹れたいという気持ちになったのではないでしょうか?コーノ式ドリッパーは、本格派のコーヒーを淹れる事ができるネルドリップと同等の味わいが手入れも簡単に味わえるおススメのアイテム。

ペーパーフィルターを使用して淹れたコーヒーとは思えないほどの本格的な味わいが家で手軽に味わえるというだけあって人気が高まっているアイテムでもあります。蒸らす手間もないので、時間もかからず朝の忙しい時間でもホッと一息つく暇が取れるのも嬉しいポイントですよね。家事で忙しい方にも一人の時間を楽しむにも◎。

もし、この機会に本格的なコーヒーを自分で淹れてみたいと思ったあなたにこそ一度試して頂きたいアイテムなので、ぜひ試してみて下さい。そのまま飾るように収納しておいても見た目にもおしゃれなデザインなので見せる収納にも最適です。あなたのライフスタイルの一つに組み込んでみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。