INDEX

気温は8度!おすすめコーディネート11選

いま着たい!ふわふわファーコート

住んでいる場所によって、8度になる季節はそれぞれ違います。真冬でも8度まであまり届かないという地域の場合には、写真のようなファーコートで秋〜真冬もずっと過ごすことができますよね!ファーコートなどの「高価だけれど一年中着られない」というアイテムは、着回しコーデを考えてどんどんヘビロテしちゃいましょう♡

お尻が隠れる丈とロングスカートとの組み合わせは、バランスをとるのが難しいもの。けれど、写真のように腰にポイントを持ってくることで、視線がウエストに集中し、さらに『縦』を強調するポイントだから、バランスもよく見えますね。

真冬には毎日0度近くまで下がるという地域に住んでいると、ファーコートでも寒いもの。それなら、真冬はダウンなどの防寒性の高いコートに任せて。それと別に秋用に写真のような薄手のファーコートを購入するのもおすすめ!最低気温が8度であれば、写真のようなカジュアル&シンプルでも日中なら安心して過ごせますよ。

ライナー付け外しOKのコートも大活躍

モッズコート×スニーカー×キャップで、少年のような組み合わせもワクワクしますよね!秋のイメージのモッズコートですが、最近ではモッズコート自体にライナーが付いていたり、首元やフードに取り外しできるファーが付いているといった、秋から春まで長く使えるものが増えています。

ライナー付きなら、重ね着するよりもゴワゴワしないので脱いだり着たりということが多い日にもぴったり。もしもライナーが付いていないアウターを真冬も着たいという日におすすめなのが、薄手のダウンベスト。ファストファッションのお店でも安価に手に入れることができるので、ぜひチェックしてみて。

厚手のニットカーディガンは1枚欲しい

ケーブル編みのニットカーディガンは、メンズ&レディースともに人気のアイテム。男性も同じような服装で揃えられるから、家族みんなでリンクコーデにしてもかわいいですね!

厚手のニットカーディガンが1枚あれば、真冬はこの上に防寒性のあるアウターを羽織って。太陽が出てぽかぽかした日なら、アウターいらずでお出かけすることも◎。ニットカーディガンの中は、春や初秋に着ていた服装そのまま使えるから、洋服が少ない方にもおすすめです!

脱いでも可愛い、重ね着コーデ

冬に困るのが、電車や建物の中に入ると暑いこと!外は8度でも、20度近くまで暖房で温められることも少なくありません。外と同じような服装では、汗をかいてしまい、そのまま外にでて風邪をひいてしまうことも。

そのため、その日の行動によっては重ね着することをメインにコーデを考えるのがおすすめ。写真のようにキルティングジャケット×ベスト×シャツといった服装なら、シャツの中に発熱素材の肌着を着ていれば8度の外で過ごすことも可能。また、建物の中に入ったら、シャツだけになることもできますよね。

冬だからこそ、メンズライクなアイテムがかわいい!

気温が8度の日が続くと、だんだんと防寒性の高い服装になりますよね。けれど、毎日お出かけする場合、いつも同じようなコーデになりがち。普段はスカートなど女性らしい服装が好きな方も、メンズライクなアイテムにチャレンジしてみませんか?

写真のジャケットは、レディースのショップとチャンピオンがコラボしたアイテム。ですが、秋冬のアイテムはメンズのものでもファーやボアが付いているため、女性でも取り入れやすいんです。そのため、彼のアイテムを借りてコーデに取り入れるのもおすすめですよ。

ママコーデもかわいくないと♡

寒い8度の日でも、子どもは元気!毎日公園へ行っているというママも多いはず。公園に行くと毎日会うママもいるから、おしゃれに手を抜くわけにもいきませんよね。でも、子どもと一緒なら『動きやすい服装』というのが第一のテーマ!

「産後はスカートなんて履いてない」というママも多いかもしれませんが、冬こそスカートにチャレンジしやすい季節。タイツ×スニーカーの組み合わせは、とってもかわいいんです♡しかも動きやすさも申し分なし!写真のようにワンピースをさらっと組み合わせれば、かわいい楽チンコーデの完成です。

ぽかぽか陽気の気温8度なら?

ずっと寒い日が続いていても、たまに太陽が暑いくらいに降り注ぐぽかぽか陽気の日もありますよね。そういう日には、薄手のアウターもいいですが、ダウンタイプのベストもおすすめ!レディースコーデにも取り入れやすいショート丈のベストは、ワイドパンツやスカートとの組み合わせも素敵◎

また、大判のマフラーやストールなどを肩からかけて、アウターの代わりにしてもおしゃれ◎8度という予想気温でも、実際には15度近くまで気温が上がる日もあるため、このような服装を考えておけば忙しい朝でも慌てることなくお出かけできますね。

気温8度、曇りの日コーディネート

気温8度で太陽が見えない日は、日中でもなかなか気温があがらず1日中寒くなります。そういった日には、しっかりと防寒対策をしてお出かけするのが正解!

写真は、イギリスのアウトドアブランド『Barbour』のジャケットに、ロングブーツを組み合わせて。このように、アウトドアブランドからもレディースのファッション性の高いアイテムが揃っています。アウトドアブランドなら、おしゃれなだけではなく防寒性は信頼度が高いのでチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る

気温8度、雨の日コーディネート

最高気温が8度で雨の日の場合、ぐっと冷え込んで雪になることもあります。そういった日には足元を冷やさない工夫をしましょう。足元にロングブーツを合わせれば、雨の日限定のおしゃれコーデを楽しむことも!

こちらは雨にも強い、ショートブーツ。パンツスタイルが多い方や脱ぎ履きが多いという日には、ロングブーツよりもショートブーツが便利!冬に履くブーツを選ぶ時には、水が染みてこない&雪でも滑りにくいという2点を重視して選びましょう。レディース限定ではなく、メンズのごつい雰囲気を楽しむのも可愛いですね。

Amazonで詳細を見る

Small thub shutterstock 522307024 1
関連記事 秋冬はショートブーツコーデに挑戦!お洒落な着こなしやブーツ20選

肌寒い秋冬になると履きたくなるのがブーツ。ただコーディネートがちょっと

気温8度!服装との相性◎レディースアイテム8選

ベレー帽が今年の気分

気温が8度になると、頭も防寒対策をしたいもの。どこのレディースのショップでも今年揃えているのが『ベレー帽』です。今年もう購入したよという方も多いのではないでしょうか?いつものニット帽に比べてオシャレ度は高く、ふんわり大きめのベレー帽なら小顔効果も期待できます。

また、画像のようなコーデュロイ素材やボア素材など、素材も様々!友達とかぶらない、おしゃれなベレー帽を見つけてみて。スカートで女性らしいコーデや、デニム×ライダースジャケットのかっこいいコーデなど、レディースの服装との相性がいいので、これまでベレー帽を試したことがないという方にもおすすめです♡

Small thub shutterstock 417353392
関連記事 帽子を被るなら髪型に注目!おしゃれなヘアアレンジコーデ10選

帽子を脱いだ時、髪の毛がぐしゃぐしゃになっていませんか?帽子をかぶる日

温度調節には、ベストがBEST!

上でも出てきましたが、ベストは温度調節がしやすいおすすめアイテム!スカートでもパンツでもどんな服装と組み合わせてもおしゃれに決まると、人気なんです。

ダウンのベストなら、さらに防寒性もUP!真冬には腕が寒くなりますが、アウターの中に着ることで防寒性を高めるという使い方も◎。また、バッグにベストをいれてお出かけして、暖房が効いている場所や、運動して汗をかいたときにアウターを脱いでダウンを羽織るというのもスマートですね!

あったかいショートジャケットを羽織って



お尻が隠れる丈のアウターしかもっていないという方は、ぜひショートジャケットもおすすめです。ロングのアウターではバランスが取りにくかったスカートや、ガウチョパンツ・ワイドパンツなどの服装とも相性抜群なので、コーデの幅が広がりますよ!

インナーは、ボア付きがおすすめ!1枚でもとってもあったかいから、真冬でも中は薄着でも良いほど。写真のように、インナーがカラフルになっているものもあるので、おしゃれのポイントにも♡

カーディガンは何枚あっても。

秋冬の便利アイテムといえば「カーディガン」。ベージュやグレーなどの合わせやすいもの以外に、写真のようなかわいいピンクも揃えてみて。ボタンを閉じて襟を出したり、インナーとの組み合わせを楽しんだりと、いまある服装をもっと引き立たせてくれるアイテムです。

ほっこりロングスカートで防寒

ミニスカートや膝丈のスカートにタイツを合わせる服装もいいけれど、秋冬素材のロングスカートならこんなに可愛いんです♡写真のような短い靴下だと足元が冷えてしまうという日は、ショートブーツやロングブーツも◎。レッグウォーマーを合わせても防寒性UP!

柄やカラーが変わると、雰囲気もガラッと変わります。これまでご紹介した、ベレー帽やショートブーツ、ケーブルニットなどとも合わせやすいロングスカートは、大人の余裕も醸し出せますね。

ちょっぴり懐かしい、ノルディックセーター

子どもの頃にきていたような、ノルディックの手編みのセーター。素材以上に温かみを感じられる、ちょっぴりレトロでクラフト感のあるセーターは、お手入れをしっかりとすれば10年以上でも活躍してくれます。毎年タンスから引っ張り出し、思い出を重ねてみませんか?

Amazonで詳細を見る

そろそろ手袋も用意しよう!

指先が冷えるだけでもテンションは下がってしまうもの。そうなる前に、テンションがあがる、かわいい手袋を用意しましょう♡最近では、スマートフォンに手袋のままでタッチできるタイプも多く出ており、機能性も◎お手頃価格から揃えられるから、毎年一つずつ増やしていくのも良いですね。

ファー小物がやっぱりかわいい♡

女の子がファーアイテムを身につけると、それだけで可愛さがUP♡身につけないのはもったいないんです。こちらは、ファーターバン。帽子だと、室内に入ったときの髪の崩れが気になるという方におすすめのターバンなら、髪の毛のアレンジも楽しくなりますよ。

また、ボリューミーな耳あては、小顔効果を期待できちゃうアイテム!写真のようなレオパード柄なら、オシャレ度が一気に増加します♡会社に行く時などの日中帽子をかぶることができないという方や、服装との組み合わせを毎日考えるのは大変という方にも、耳あてがおすすめです。

さらに、冬にはこんなファーバッグはいかがでしょうか。洋服やアウターなどは、なかなか新しいものを揃えるのは大変。でもこういった小物でファーを身につけることで、季節感も流行も両方取り入れることができちゃいますね♡

気温8度の日の服装、ワンポイントは?

冬用コートはもう着れる?

寒くなってきたら、早く冬用の厚いコートを着たいという方も多いはず。でも、本格的なアウターはいつから着てOKでしょうか?もちろん、自分が寒いと思ったらいつでも着てOKですが、周りと浮かないかも心配ですよね。目安としては、日中の気温も10度以下の日なら、厚手のアウターを着る方も一気に増えるみたい。

日中の気温が10度以上に上がるという日には、厚手のコートではなく、薄いジャケットや、ライナー付きのコートなどが便利!また、大判のストールやマフラーを肩から羽織ることで、防寒性を高めることもできますよ。

\ POINT /

気温は10度を目安に

朝の気温が8度でも、日中は10度以上になることも。厚手のコートはまだ早いかもしれません。でも、自分の体調を第一に考えて!

最高気温8度の時のコーデは?

0度近くになることも。防寒対策をしっかり。

天気予報をみて「最高気温が8度」と思っていたら、夕方0度近くまでぐっと冷え込んだということも。夕方からのデートや、イルミネーションデートなどの場合には、最高気温ではなく【最低気温】でも対応できるような防寒対策をしていきましょう。

服装としては、冬用の厚手のアウターでOK!さらに、帽子や手袋などのあったか小物も身につけるのがおすすめです。せっかくのデートなのに、寒すぎて鼻水が垂れてしまった・・・なんて失敗のないように「ちょっと暖かすぎる?」くらい防寒対策をしても大丈夫です。

最低気温8度の時の服装は?

最高気温によっては、アウターがいらない日も!

逆に、最低気温が8度の予報の場合、日中は15度近くまで上がる日もあります。そういう日には、写真のような薄手のアウターでOK!首元にマフラーを巻けば、行き帰りも対応できますね。風が強い日には、【首】という文字がつく「手首&足首&首」を重点的に温めることを意識して。

\ POINT /

風に注意!

気温があがっても風が強いと体感気温は下がります。小物で【3箇所の首】を守ってあげて。

ニットのアイテムはかわいいですが、風の強い日には風を通してしまうものもあるため注意が必要!アウターは風の通さないしっかりした素材やナイロン系がおすすめです。写真のようにバッグにマフラーをおしゃれに引っ掛けて、あったか小物を上手に持ち歩いて。

気温9度、気温7度の時の服装は?

気温9度のコーディネートは?

8度よりも少し気温があがって10度近くになると、体感気温もかなり変わってくるもの。たくさん歩いたり、ちょっと運動するという場合には汗をかいてしまうこともあるため、アウターを脱いでも違和感のないような服装がおすすめです!

Small thub shutterstock 395796454
関連記事 気温11度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

暖かくなったと思ったら、急に冬に逆戻りする三寒四温の日々ですね。気温1

Small thub shutterstock 249095608
関連記事 気温12度の服装21選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

東京の3〜4月、11〜12月に増える12度の日。そんな季節にデートがあ

Small thub shutterstock 178878332
関連記事 気温13度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温13度の環境では、服装選びが大変だと思います。一日中寒かったり、急

気温7度のコーディネート

逆に気温が8度以下、5度近くまで下がってくると体も芯まで冷えてしまうことも。そういう日には風を通さず体の熱も逃さないようなアウターを身につけて。ムートンコートは、それだけで女性を上品に見せてくれる優秀アイテム。リアルムートンではないものでも最近では質が高いアイテムが増えているので、取り入れてみては?

気温8度の服装まとめ

いかがでしたか?季節からではなく「気温」から服装を考えると、周りから浮かないだけではなく自分の体調もしっかりと管理することができます。流行のアイテムを上手に取り入れて、いましかできないおしゃれを楽しんでみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。