Middle shutterstock 608932694

INDEX

女性らしくスタイルアップするための心構え

スタイルアップする為の心構え

スタイル

女性が欲しいものの一つに「美ボディー」があります。人それぞれ美ボディーの定義が違うとは思いますが、今のスタイルで満足している女性はそんなには多くない気がします。誰もが今よりキレイになりたい、今よりスタイルが良くなりたいと思っています。

しかし、女性らしい美ボディーを手に入れるために何をどう努力したら良いか分からず、現状のまま諦めてしまっていませんか?歳をとるごとに自分の体への意識も遠のいてしまうというのもあります。少しだけ考えてみましょう、体のこと。

 

スタイルアップによって得られるもの

スタイルアップによって

女性はスタイルアップして美ボディーを手に入れると、まず自信がつきます。好きな服が着られるようになります。これらにより男性の目に止まりやすくなるのも間違いありません。そして一度手に入れた美ボディーを維持しようと健康的な生活習慣が得られます。

女性としての美ボディーのための条件

美ボディー

女性らしい美ボディーとは言っても人それぞれ定義が違います。今より肌がツルツルになりたい、今より痩せたい、今より筋肉をつけたいなど、人によってスタイルアップの定義が違うので、自分の目標を決めてどうなりたいのかイメージすることも大切です。イメージすることによって何をしたらいいか見えてきます。例えば…

  • 女性らしい美ボディーの条件
  • 肌にハリがある
  • 痩せすぎは良くないが余分な脂肪がない
  • 女性らしい筋肉がほどほどについている
  • 健康的に見えてメリハリがある など。

例えば、今より肌にハリが欲しいな…と思ったら、それを目標に計画を立てます。そんな大げさでなくて構いませんが、自分にクリアできそうな計画が好ましいと思います。

肌にハリが欲しい→うっすら筋肉が必要だな→よし、今日から太ももに効きそうな〇〇を20回1日おきにやろう!とかそんな感じです。難しく考えないのがとりあえずの取り掛かりに良いと思います。しかし、やり始めたらもっと結果を求めたくなってきます。そうしたら目標修正してまた計画を立て直せば良いと思うのです。

スタイルアップに関する注意点

継続

スタイルアップは一夜漬けができません。簡単にヒョイっと女性らしい美ボディーになれるなんてことはないことを覚えておかなくてはなりません。また、人が成功したダイエットなどの方法が自分に合うとも限りません。そうすると、とりあえず何をするにしろ続けなくてはならないことがわかってきます。

今までの積み重ねで今現在の体型になったわけですから、それを逆にスタイル「アップ」しなければなりません。しかし、難しく考えると取り掛かるところからつまずいてしまうので、まずはスタイルアップのために今すぐ出来る事が何なのか考えてみましょう。

慣れてくると、この方法合ってるのかな?ちゃんと効いてるのかな?と疑問に思ってきます。自分の体にお問い合わせをしてしっかり何をしたら良いのか自分の体の声に耳を傾けることも大切だと思います。

女性らしくスタイルアップする習慣とは

その1:意識を改革し日々の習慣で体を整える

意識

何気なく生活している毎日にほんの少し取り入れて、スタイルアップできる方法があります。毎日の積み重ねが肝心なので、習慣にしてしまうように意識をしっかり持って目標を立てると良いと思います。例えば、

  • 意識を改革し日々の習慣で体を整える方法
  • 毎日歯磨きの時はかかとを上げ下げしながらする
  • 料理するときはかかとを床につけない
  • 寝る前に開脚して股関節を伸ばしてから寝る
  • 体を冷やさないようにいつも足元を温める
  • ストレッチを趣味にする   など

こんな感じで自分に取り入れやすいものをピックアップして、今日から、何なら今からやりましょう。最大のメリットは道具がいらないのでお金がかからないということ。お金をかけずに女性らしくスタイルアップできるなんてこんないいことありません。

しかしこれらの方法も継続が大切なので、習慣にするまで少し大変かもしれませんが、やらないよりやった方がいい内容だと思います。他にもたくさんお金をかけずにスタイルアップする方法があると思いますので、ご自分の続けられそうなことを毎日続けてみて下さい。

その2:道具を使いスタイルアップに繋げる

道具

道具を使えばさらに効果的にスタイルアップできます。実際に代金を支払って手にすると「やらなきゃ!」と意欲が湧いてくるかもしれません。いくつかオススメのグッズをご紹介してまいります。

【ステッパー】私のかなりのオススメグッズです。家の中でちょっとした運動ができます。毎日ウォーキングをするのはちょっと大変かもという人は、これを部屋に置いておけば目に付いたらやれるので続けやすいです。

【縄跳び】最近やってみたことありますか?運動神経抜群の学生時代でしたが、◯年ぶりにやるとびっくりするほどできなくなっていました。でも誰でもできて気軽に始められるとても良いグッズだと思います。

他にもフラフープ、ヨガマットなども良いきっかけになるのではないでしょうか。フラフープはスポーツ用品店にフィットネス用の物があるのでそちらがオススメです。

その3:プロの手を借りて癒されながら美ボディーに

マッサージ

人の手で施されるとリラックス効果絶大です。アーユルヴェーダなどのリラクゼーション、ボディートリートメント、整体やカイロプラクティックなど、癒しによって美ボディーを手に入れられることもあります。体をいたわることにより体から何かしら反応があるはずです。

整体やカイロプラクティックなどでは、姿勢などの日々のアドバイスをしてくれると思うので、骨盤なども整い美ボディーに近づけると思います。女性なら一度は耳にしたことがあると思いますが、最近流行りの「骨盤矯正」。女性は骨盤が歪みやすいのでオススメです。ご自分で歪みをチェックする方法もあります。

骨盤を整えれば内臓が正しい位置に戻ったり、歩くのが楽になったり、姿勢が良くなったりで、結果スタイルアップに繋がることばかりなのです。メンテナンスしてもらうために定期的にカイロプラクティックなどに通えば女性らしい美ボディーを手に入れる近道になるかもしれません。

その4:プロの手を借りて効果的に細胞に働きかける

エステ

最終手段は、プロに機械などを使ってもらい効果的に細胞に働きかけることです。エステティシャンもプロですから親身になって相談に乗ってくれます。やはり有名なサロンの施術は安心できます。

彼女たちも必死でスタイルアップのために協力してくれます。結果が出なければエステではない!なんてフレーズのサロンもありました。そういったエステティックサロンで目標を聞いてもらったりアドバイスを受けることにより、美ボディーへの道のりはかなり近くなるように感じます。

しかし、サロンに行ったから良しではなくて、普段の生活スタイルや習慣が未来の自分の姿を左右することは言うまでもありません。プロの手を借りて癒されながら細胞に働きかけることもとても効果的です。それに加えて普段の習慣を整えられたら、女性としての憧れの美ボディーを手に入れられる日はそう遠くないはずです。

せっかくスタイルアップしたら美ボディーを維持したい

さあ!スタイルアップしました

さあ!

さあ、スタイルアップしました、美ボディーを手に入れました、はい終わり。ではないんです。せっかくスタイルアップした体をまた放っておいたら1からやり直しです。そんなのもったいない。

美ボディーを維持する為には「習慣」が大切

習慣

女性らしい美ボディーを維持する為には、日々のせっかく整えた習慣を元に戻さないようにすることが大切です。私の中での「習慣」とは、スポーツ選手でいうルーティーンみたいなもの。それをすることによって行動が整い、心が整い、体も整うことだと思うのです。

  • 美ボディーを維持するにあたって
  • 面倒臭いと思わないこと
  • むしろ楽しいと思って続けること
  • やらないと気が済まなくなる領域に達すること  など

リバウンドしてしまわないように

リバウンド

女性は実際にリバウンドしてしまう人がかなり多いように思います。自分もその内の一人になってしまわないように、リバウンドをあらかじめどんなものか知っておくのも心構えとして良いかもしれません。

リバウンドしてしまう人の中には、究極な食事制限をしてやめた途端に太り出してしまったり、生活環境が急に変わったなどいろいろなパターンがあります。リバウンドの前に自分に無理強いした場合が多いように思います。

目標を立てる時にそれを踏まえた上で、ずーっと続けられそうな、飽きずにできそうな習慣を取り入れると良いと思います。美ボディーへ近づく為には終わりなんてないと思うのです。完璧なスタイルをお持ちの女性も、それで終わりと思っていません。必ず努力して努力し続けているはずです。

女性の為のスタイルアップについてのまとめ

私の思うスタイルアップとは、急に無理な食事制限を行いながらダイエットをしたり、急に無理なマラソンを走ったりして体に無理強いすることではなくて、女性として心と体が喜ぶような日々の習慣で、今より素敵な美ボディーを手に入れることだと思っています。女性らしくスタイルアップする為のお手伝いになれば幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。