Middle shutterstock 697800859

目次

生霊って何?お祓いや除霊をしなきゃダメなの?

生霊とは生きてる人の念が飛んでいる状態

苦しんでいる人

生霊とは人間にある感情の妬みや恨み、嫉妬などの欲の塊の念です。この念を飛ばされてしまった人は色々な被害を受けてしまいます。ですが生霊は飛ばしている本人が無自覚な場合が多く悪意を持って飛ばしてるわけではありません。ですが被害はありますのでそれらに対しての対処方法をご紹介していきます。

良い生霊もいます

良い霊

生霊ときくと怖いイメージしか浮かばないかもしれませんが、実は良い生霊もいます。それは生きている人が他の人が良くなるよう願い念じている状態の念であらわれる生霊です。この生霊は大切な相手を心配し、大事にしたいという思いから生まれやすい魂の一部(念)の生霊で飛ばされた人を守ってくれる良い霊なのです。

悪い生霊か良い生霊か見極めて

見極めて

あなたに影響を与えている生霊は良い生霊でしょうか、それとも悪い生霊でしょうか。良い生霊でしたらお祓いやお経での除霊は必要はありません。ですが悪い生霊だと感じたらお祓いや除霊の対処方法を試しましょう。自分で試せる方法もありますので参考にしてください。また良いか悪いかの見極め方は次でご説明していきます。

生霊に取り憑かれた時の身体症状や周りにおこる現象

生霊の取り憑かれた時の身体症状

身体症状
  • 生霊に取り憑かれた時の身体症状
  • 原因不明のめまいや病気
  • 動悸が激しくなる
  • 不眠症になってしまう
  • 胸のあたりが痛い
  • 肩や背中に何か背負ってるような感覚
  • 金縛り
  • 手や足などに誰かに掴まれたようなアザ

上記のような症状があらわれた場合、生霊に取り憑かれている可能性があります。精神疾患(パニック障害など)に似ている症状ではありますが、生霊に取り憑かれた場合は、眠れない時やめまい、上記の症状があらわれているとき、常に隣や周りに誰かいるような感覚に襲われるといいます。

良い生霊の場合は、誰かに守られているよな感覚になると言われています。例えば、特に暖房の前にもいないのに、身体の周りがあたたかく感じたり、一人で泣いている時に抱きしめられるような感覚です。そういった場合、誰かがあなたのことを心配し、あなたの幸せを願いよりそってくれている生霊がいるかもしれません。

悪い生霊と気づいたら

症状が当てはまり悪い生霊かもしれないと思ったとしても怖がらないでください。怖がれば怖がるほど症状が重くなります。生霊に取り憑かれても対処すれば大丈夫ですので落ち着いてください。

生霊に取り憑かれた時の精神的な変化

取り憑かれた
  • 生霊に取り憑かれた時の精神的な変化
  • 落ち込みやすく無気力に
  • 不安が頭から離れなくなる
  • 性格が突然変わる
  • ネガティブなのに居心地よく感じてしまう
  • 感情のコントロールがきかない

精神的な上記の変化は、辛い事があると人間にはおこりやすい症状ですよね。ですが生霊に取り憑かれこういった症状が現れている場合、表情にも変化があります。目の下にはくまができ、どんよりとした影を背負っているような印象を他の人に与えてしまいます。周りの人から最近暗くどんよりしてると言われたら注意が必要です。

精神的な変化の時は表情や印象も変わる

ただ落ち込んでいるだけだと印象まではかわりません。元気ないねと言われるくらいですが生霊に取り憑かれている場合は、目の下にくまやどんよりした空気、顔の色までどす黒くかわってしまう場合があります。周りの人に印象が違うかどうか聞いてみましょう。

生霊がいる時周りにおこる現象

周りにおこる現象
  • 身の回りの変化
  • 人間関係の悪化
  • 付き合っていた人と突然の別れ
  • 家族の不幸が続いてしまう
  • カビ臭い状態
  • 電波が途切れがちになる
  • 電気がついていても暗く感じる

生霊の場合はやはり周りも暗く感じてしまうようです。またカビ臭く感じるようになり、人間関係も悪化していきます。全てがうまくいかなくなり、自分自身なんでこうなってしまったんだろうと落ち込んでしまうと思いますが、生霊の可能性があるので、誰か人に恨まれていたり嫉妬されたりしていないか深く考えてみましょう。

環境も暗くどんよりとしてしまうが良い生霊は明るく感じる

悪い生霊の場合は明るい場所でも暗く感じ、自分自身でも暗くどんよりした感じが続きます。カビ臭い変な臭いにも悩まされてしまいます。良い生霊の場合は明るく、あたたかい光があるように感じられますので見極めるのは簡単と言えます。

生霊と幽霊の違いは?同じお祓いや除霊方法でいいの?

生霊は魂の一部で幽霊は死んだ人の魂そのもの

魂の一部

生霊とは人が念じた魂の一部です。良い念もあれば悪い念も人にはあります。その悪い念の場合、お祓いや除霊が必要なほど悪い被害を受けてしまいます。また幽霊は死んだ人の霊で死霊と呼ばれ肉体を失った死霊は魂そのものなので生霊とは違います。幽霊は守護霊になる良い霊もいますので幽霊は怖いものばかりではありません。

生霊でも幽霊の除霊方法と同じのが多い

魂

幽霊や生霊に取り憑かれた場合、お祓いや除霊方法が違うのではないかと思われるかもしれません。ですが大体の除霊方法は同じですので、生霊か幽霊かわからないけど取り憑かれているように感じた人は、自分でできるお祓いや除霊方法を試してみましょう。信じられなくてもその方法を試すことで心が落ち着きますよ。

霊そのものを信じていなくても対処方法を試そう

本当に霊の仕業であらわれている症状なのか疑心暗鬼のかたもいらっしゃると思います。実は除霊方法は人の心を癒しリラックスさせる効果があるものもありますので、リラックスしたいから試してみるんだと思う気持ちで試してみても良いでしょう。

自分でできる対処方法!お祓いや除霊の簡単なやり方

鈴や水晶を持ち歩こう

水晶

鈴は魔除けの鈴として有名ですよね。神社などに参拝すると鈴を鳴らしますよね。人の念が生霊なので、実は世間は生霊であふれかえっているんです。人と会って元気が無くなる人も生霊にあてられています。そうした時、鈴を持ち歩いていると魔除け効果になります。また水晶はそういった霊を寄せ付けず悪い念や気を浄化してくれ

強い意思を持ち気にしすぎないようにしよう

強い意思

自分の意思を強く持つことで除霊やお祓いの効果があります。この対処方法は自分で試しやすい方法ですよね。自分を卑下せず、自分をもつこと、それが周りの念に惑わされない方法です。本来人の魂は誰のであっても素晴らしいものなのです。その魂を穢すか光らせるかはあなた次第ですよ。

家の掃除をしよう

掃除

意外なお祓いや除霊方法かもしれませんが掃除は除霊方法として一番ポピュラーで簡単に行うことができます。12月には大掃除がありますよね。神社やお寺でも大掃除があり、厄を祓うといわれています。掃除は自分でできる簡単なお祓いなのです。

オススメ掃除場所

除霊に役立つといわれる掃除場所は水場と玄関です。部屋全体をいきなり掃除するのが難しい人は、玄関や水場だけでも綺麗に掃除をしてみましょう。

お墓参りをしよう

お参り

今あなたが生きているのはご先祖様のおかげです。ご先祖様の存在を忘れずに感謝して生きるようにしましょう。またお墓まいりに行った際は感謝の気持ちだけのべてお願い事ばかりしないようにしましょう。ご先祖様は何も言わなくても子孫を守っています。毎日守ってくれている存在に願いごとばかりは失礼ですよね。

いつも守ってくださっている方が眠っている居場所(お墓)は荒れ放題ではないですか?日々忙しいからとお墓まいりをさぼっていませんか。せっかく守ってくださっている方の居場所は掃除をし綺麗にしに行ってあげましょう。どうしても行けない方は家でご先祖様にお祈りするだけで届きますよ。

お墓掃除の業者もありますよ

お墓参り代行やお墓の掃除をしてくれる業者がいますので、どうしてもお墓まいりできない人は業者に頼んでみるのもひとつの手です。

般若心経を唱えよう

お経

日本人は無宗教の方が多いんですが、その中でも唱えることができるのが般若心経(はんにゃしんぎょう)です。実はこの般若心経は唱えるだけで心が落ち着きリラックスする効果を人に与えてくれます。またお経を唱えるのはお祓いや除霊として一番効果がある対処方法です。般若心経を知らない方は動画を参考にしてみましょう。

盛り塩をしよう

塩

盛り塩は知っていますか。お皿に山の形に塩を守るのを盛り塩と言います。またその際塩は粗塩のほうが良いでしょう。盛り塩は家の中に悪いものが入ってこないようバリアをしてくれる効果があります。これは掃除などで家の中のお祓いをすませてから盛り塩を玄関の四隅やトイレ、洗面所などに置いてみましょう。

お祓い前に盛り塩は置かないで

掃除をせず、ただ盛り塩を置くことはやめましょう。バリア効果がある盛り塩は、家の中でお祓いをしていないと、幽霊や生霊をそのまま家の中に閉じ込めてしまいます。家の中をお祓いし悪いものを追い出してから家の中を守るバリア(盛り塩)をするようにしましょう。

お祓いやお経で除霊する際に気をつける事

除霊を試した後にもう一度霊障が現れた場合はお祓いへ

霊障

自分で除霊やお祓いをし、対処したとしてもまだ霊障がおこる場合は、お寺で除霊をしてもらえます。神社に参拝に行くのも良いでしょう。ですがその際は良く除霊を行なっているお寺などの評判を確かめてから行ってください。評判が良い場所での除霊は心が浄化されるような感覚になりますよ。金額は数千円〜数万円かかります。

生霊に取り憑かれないようにするにはどうしたらいい?

生霊に取り憑かれない人間とは

ポジティブ
  • 取り憑かれない人間とは
  • 霊に同情しない
  • 心霊スポットなどに行かない
  • 人を恨んだり妬んだりしない
  • 嫌がらせやいじめをしない
  • 霊の存在を気にしすぎない
  • 神棚やお仏壇のお手入れはしっかりしよう
  • 日頃から神社などにお参りに行っている
  • ポジティブに周りのことをみるようにしよう

上記のような人間が霊や生霊に取り憑かれないと言われています。何事も気にしすぎたらダメですよね。気にしすぎるということはそこにばかり自分の気をとどめて置いてしまうんです。悪い気の場所に自分の気をとどめていたら物事はうまくいかなくて当たり前です。できる限り良い気に自分の気をとどめておきましょう。

お祓いや除霊を人に頼んでもいい?

プロに頼むのはありだけど素人はやめて

神社

お寺や神社などのプロに頼むのはありですが、素人にお願いするのはやめましょう。またちゃんとした占い師やお祓い専門の方だと良いですが、時々心霊商法といって幽霊に不安になっている人からお金をだまし取ろうとする悪い輩も多数います。ちゃんと相手がどんな人か見抜き、良い霊能者にお経やお祓いを頼みましょう。

お祓いし除霊をしても効果がなかった場合

何をしても効果がない場合は心の病の可能性も

病

霊に取り憑かれた時の症状に似ている精神疾患があります。それはパニック障害と不安神経症です。こうした不安や恐怖は取り憑かれたら離れません。霊現象にとても似ていますので、一度心療内科に相談するようにしましょう。

まとめ

水晶

いかがでしたでしょうか。霊に脅かされたとしてもたくさん対処方法がありますよね。また自分でお経を唱えるのは難しいかもしれませんが、覚えてしまうと簡単に行うことができますし他の方法も簡単に行うことができますので試してみて下さい。霊には私の所に来ても意味がないよと笑って相手にしない心の強さも必要ですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。