INDEX

今「一人ディズニー」が注目!?

おひとりさまでも楽しめるディズニーリゾート

ディズニーリゾートと言えば夢の国!一日中遊んでいられるほど魅力たっぷりの場所ですよね。そんなディズニーですが、皆様は誰と行きますか?

恋人や友人などと一緒に遊びに行く人も多いかと思います。しかし、いざ行くとなるとなかなかお休みの都合が取れない等、不都合な点もありますよね。

そんな方におすすめしたいのが「一人ディズニー」です!えっ?あのディズニーランドに一人で行くの?と思うかもしれませんが、実は今一人ディズニーを楽しむファンがひっそりと増えているんですよ。

一人ディズニーの魅力は「気が楽」なこと!

一人で旅をする女性

初心者にとっては難易度が高そうな一人ディズニーですが、その魅力は沢山あります。最もおすすめできるポイントは、他人と一緒ではないので気が楽ということ!

誰かと一緒だと待ち時間を気にしたり乗りたい乗り物が違ったりなど、何かと面倒なこともあるでしょう。しかし、一人ディズニーはそんな煩わしさも気にする必要はありません。

自分が乗りたい乗り物に乗って、食べたいものを食べる。そんな自由気ままなディズニーを満喫できるんです。他人と出掛けることに煩わしさを感じている方は、これを機に一人ディズニーデビューをしてみませんか?

一人ディズニーは思い立ったらすぐ行ける!

時計を見る女性

ディズニーに限らず他人と出掛ける時に悩むのが、予定合わせでしょう。お互いの休日を確認して、事前に予定を立てておかないといけないですよね。

しかし、一人ディズニーならそんな面倒な予定を立てる必要ありません!もし「明日は休みだから一人ディズニーに行こうかな」と思っても、すぐに行けるんです。

初めから一人ディズニーに行く予定じゃなくても、たまたま近くまで出掛けたのでついでにディズニーに寄っちゃおう!なんて楽しみ方もできますよね。こんな思い付きで行動ができるのは、一人ディズニーならではです。

一人ディズニーに行く際の持ち物は?

待ち時間の暇つぶしはスマホが一番!

スマホを触る女性

一人ディズニーを決行する前にまず確認したいのが、持ち物です。一人ディズニーは一緒に暇をつぶす仲間がいないので、長い待ち時間は退屈になりがち…。

そんな待ち時間の暇つぶしができるように、スマホは必需品です!これ一つでインターネット、読書、ゲーム、動画など色々楽しめるので、待ち時間をつぶすにはもってこいでしょう。

待ち時間中ゲームや動画を楽しむときは、周囲に迷惑がかからないようイヤホンも必須です。また、思わぬ充電切れを避ける為にも、モバイルバッテリーも持っていくといいでしょう。

一人用シートも持っていこう

Amazonで詳細を見る

パレードやイベントなどを見る時に、長時間経ちっぱなしでは足が疲れてしまいますよね。多少荷物がかさばりますが、座って閲覧できるようにシートを持っていくことをおすすめします。

最近は一人で座れるコンパクトなクッションタイプのシートがあるので、こちらがおすすめです。クッションタイプだと柔らかさや暖かさもだいぶ違ってくるので、地面に直接座るより断然おすすめですよ!

ペットボトル飲料は持ち込みOK

ディズニーリゾートは瓶・缶の持ち込みは禁止されていますが、ペットボトルの飲料は持ち込みOKです。特に暑い季節は、水分補給できるようにペットボトル飲料を持ち込んだ方がいいでしょう。

冬場であっても、ふとした瞬間に喉が渇いたり、喉がいがらっぽくなったりする場合があります。瞬時に喉を潤すことができるように、小さめのペットボトルを一本持っていくと安心でしょう。

暑さ・寒さ対策はしっかりと

Amazonで詳細を見る

ディズニーリゾートで気を付けたいのが、暑さ、寒さの対策です。ディズニーリゾートは夏場は暑く、冬場は海風が吹き付ける寒さが辛い場所。途中で具合が悪くならないように、暑さ、寒さ対策はしっかりしましょう。

夏の暑い時期におすすめなのが、肌を拭くだけで冷却効果によって涼しくなる制汗シートです。スプレーの様に吹きかけるものではないので、周囲のゲストに迷惑をかける事もありませんね。

また、冬場は貼るタイプのカイロやマフラー、手袋と言った防寒具は必須です。ディズニーリゾートは海沿いなので、想像以上に寒くなる恐れがあるので注意してくださいね。

一人ディズニーランドの楽しみ方【乗り物編】

アトラクションはシアター系がおすすめ!

いよいよ一人ディズニーの実行編です。まずはランドの楽しみ方を説明しましょう。まずおすすめしたいのが、ディズニーのメインでもある乗り物です。

ディズニーランドには色々な乗り物がありますが、一人ディズニーにはどのような乗り物がおすすめなのでしょうか?一つ目はシアター系のアトラクションです。大勢の観客が一度に入るシアター系なら、待ち時間も少なく一人でゆっくり楽しめますよね。

ディズニーランドのシアター系アトラクションは、ミッキーのフィルハーマジック、カントリーベア・シアター、魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”、スティッチ・エンカウンターなどです。

シングルライダーは一人ディズニーならでは

シングルライダーというのをご存知ですか?一部のアトラクションで実行されており、グループなどで乗った際半端に余った席に、一人で来ているゲストを優先して乗せてくれることです。

まさしく一人ディズニーに向けたサービスとも言えるのが、シングルライダーのいいところ!待ち時間も少なく、他に並んでいる人をスルスル追い抜かして乗れる可能性も十分あります。

ただし、全く関係ないグループと一緒に乗らなくてはいけないので、それだけは注意してくださいね。シングルライダーを実施している乗り物は、スプラッシュ・マウンテンです。

一人ディズニーランドにおすすめの乗り物
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • カントリーベア・シアター
  • 魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”
  • スティッチ・エンカウンター
  • スプラッシュ・マウンテン

一人ディズニーランドの楽しみ方【その他・食事編】

グリーティング施設は一人でも楽しめる!

憧れのキャラクターと触れ合えるグリーティング施設。ディズニーに行ったら是非楽しみたい場所ですよね。そんなグリーティング施設は、一人ディズニーに是非おすすめしたい場所です!

大好きなキャラクターと二人きりで会って、一緒に記念写真まで撮れちゃうのが他にはない魅力ですよね。一人で行ってもキャストさんにカメラを渡せば記念写真を撮ってくれるので、安心です。

ディズニーランドのグリーディング施設は、トゥーンタウン内にあるミッキーの家とミート・ミッキーになります。憧れのミッキーと二人だけの時間を楽しんでみてくださいね。

一人ディズニーランドにおすすめの食事は?

一人で縁内をうろついているうちに、なんだかお腹が空いてきた…。そんな時は園内でおいしい食事を楽しみたいですよね。では、一人ディズニーの際はどのような場所で食事をするのがいいのでしょうか?

おすすめは、手軽に買えるワゴンフードです。園内のあちこちにあるワゴンフード。定番のチュロスやチキンなどの他にも、ディズニーランド内には色々なワゴンフードがあります。

さっと並んですぐ買える手軽さと、歩きながらでも食べられるコンパクトさが魅力のワゴンフードは、パレード前に買っておいて見ながら買うのもおすすめです。一つあたりが小さいので、ワゴンを梯子していくつか食べ比べてみるのもいいかも!

一人ディズニーシーの楽しみ方【乗り物編】

シーでも楽しみたいシアター系

ディズニーランドでもおすすめしたシアター系のアトラクションは、ディズニーシーにもあるので一人ディズニーにはおすすめです。

ディズニーシーにあるシアター系のアトラクションは、マジックランプシアターとタートル・トークの二つ。タートル・トークは、ゲストとの掛け合いも楽しめるタイプのアトラクションなので、行くたびに違った魅力が楽しめますよ!

シングルライダーがあるのは二つ

ディズニーシーでシングルライダーを実装しているのは、インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮と、レイジングスピリッツの二つです。

どちらも半端に空いた席に優先して乗せてくれるので、スムーズにアトラクションを楽しみたい時にはかなり役に立ちます。ただし、こちらもやはり他人のグループと同席になるので、そちらは注意してくださいね。

一人ディズニーシーにおすすめの乗り物
  • マジックランプシアター
  • タートル・トーク
  • インディ・ジョーンズアドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ

一人ディズニーシーの楽しみ方【その他・食事編】

夜の景観はシーならでは!カメラを持って散歩も

ディズニーシーの魅力は、夜になると園内全体がライトアップされたようになり、まるで外国に来たような景観が楽しめるということです。

光り輝くロマンチックな景観は、早足で通り過ぎてしまうのは勿体ないですよね。せっかく目で見て楽しめる場所へ来たのですから、一人ゆっくり歩いて楽しんでみませんか?

誰かと一緒だと園内をゆっくり見て回るなんて事は難しいですが、誰にも邪魔されない一人ディズニーならそんな気ままな楽しみ方もできます。是非カメラを片手に、素敵なシーの景色を写真に収めてみてくださいね。

一人ディズニーシーにおすすめの食事は?

ランドと同じくオススメなのはワゴンフードですが、それ以外におすすめなのが、カウンター席のあるレストランです。カウンター席があれば一人でも気になりませんし、ワゴンフードを買うよりゆっくり座って食べられますよね。

おすすめのお店はアメリカンウォーターフロントにあるニューヨーク・デリ。サンドウィッチメニューが中心のレストランで、壁向きのカウンター席もあるので、一人でも安心です。

ワゴンフードでおすすめしたいのは、ディズニーシーの定番であるギョウザドッグ。フワフワの生地に餃子の具を包んだスナックは、シーに来たら一度は食べておきたいです!

一人ディズニーの楽しみ方、コツは?

Todayは最初にチェック!

ディズニーリゾートのゲートをくぐって入園した際に、2種類の冊子が置かれていることに気づきましたか?これは、園内MAPとTodayという冊子です。

園内MAPはその名の通り園内の地図でアトラクションやレストランを紹介したものですが、Todayというのはその日行われるショーやパレードの開催時間、そのシーズンのおすすめフードメニュー、期間限定のグッズなどが紹介されているものです。

園内に入ったら、まずこちらのTodayに目を通しましょう。その日の予定を立てるのにピッタリな情報が沢山書かれています。おすすめは、まず一番最初に乗りたいアトラクションを選んでしまい、その待ち時間にゆっくりTodayを見ることです。これなら待ち時間も有効に使えて、その日一日の予定も立てやすいですよね。

お土産は最初に買う?あとで?

ディズニーへ行って忘れてはいけないのが、お土産です。自分用だったり誰かにあげる用だったり、ディズニーのお土産選びは見ているだけでもワクワクしますよね。

そんなお土産は、どのタイミングに買うのがおすすめなのでしょうか?多くの人が日中にアトラクションを楽しみ、帰る前にお土産を買うのではないかと思います。

しかし、日が暮れてから夜までの時間はお土産を買う人の混雑がピークになる時間。店内もレジも人だかりで、ゆっくりとお土産選びができないかもしれません。お土産は着いて最初に買ってしまい、帰るまで園内のコインロッカーに預けておくことをおすすめします。

ルートは事前にチェックしておく

地図を見ながら歩く女性

ディズニーランドもシーも、園内はなるべく無駄なく行動するのが基本です。あっちこっち歩いては無駄な移動時間を作ってしまわないように、当日どのように回るかルートはきちんとチェックしておきましょう。

まずは乗りたいアトラクションをチェックです。それぞれの場所を確認したら、右回り、左回りなどどちらの方向で回ればいいかルートをチェックです。

途中食事を済ませる場所も、ルート沿いのお店やワゴンをチェックしておくといいでしょう。また、ショーやパレードは公演時間が決まっています。うっかり見忘れてしまわないように、アトラクションの待ち時間や見る場所なども、きちんと確認しておきましょう。

困った時はキャストさんに頼ろう

園内のいたるところでゲストを迎えてくれるキャストさん。困った時にはキャストさんに相談するのもアリです。例えば周辺でおすすめのスポットや、期間限定のイベントなど、プロならではの目線でアドバイスをしてくれます。

また、一人ディズニーで困りがちなのが記念写真。他のゲストさんに話しかけてカメラを頼むのも、少々気が引けてしまいますよね。

そんな時は、近くにいるキャストさんに頼んで写真を撮って貰いましょう!特にフォトスポットになりやすい場所には、写真を撮るように配属されたキャストさんも居るので安心ですよ。恥ずかしがらずに是非話しかけてみてくださいね。

隠れミッキーを探せ!

ディズニーリゾートに共通する楽しみ方の一つと言えば、隠れミッキーを探す事です。園内のあちこちにひっそりと隠されている隠れミッキー。

見つけると思わず嬉しくなってしまいますよね。どこにどのような形で潜んでいるかわからない隠れミッキー。一人ディズニーへ行った際は、そんな隠れミッキーを探す楽しみ方もしてみませんか?

誰かと一緒だとつい見逃してしまいがちな些細な部分も、一点ずつ集中して見られるのが一人ディズニーのいいところです。その日見つけた隠れミッキーは、一つずつ写真にとってアルバムにまとめてみるのもいいですね!

一人ディズニーにおすすめの曜日は?

カレンダー

一人ディズニーを楽しむ為に気を付けたいのが、どの曜日に行くかです。ディズニーランド、シーと関係なく混雑するのは土日や祝日などの休日です。

また、夏休みや春休みなどの長期休みがある季節も混雑するので、避けたいところですね。一人ディズニーにおすすめの曜日は、週の真ん中である水曜日です。水曜日は平日ということもあり、かなり空いているディズニーが楽しめますよ!

元々空いている水曜日に行き、シングルライダーなどを優先的に使えば、かなり効率よく多くのアトラクションが楽しめます。平日に休みが取れるなら、なるべく水曜日を狙って行くのをおすすめします。

一人ディズニーの楽しみ方まとめ

一人ディズニーは初心者にとってハードルが高いと思われがちです。しかし、いざ行ってみれば一人でも充分に楽しめるのが、一人ディズニーの魅力です。

一人ならではの楽しみ方を覚えておけば、丸一日充実した時間を過ごせますよ!入園ゲートをくぐればあとはもうあなただけの時間。アトラクションに乗ったりパレードを観たり、好きな場所で食事をしたりと、好きな時間を楽しめます。

誰かと予定を立てていくのは煩わしいという方は、一人ディズニーデビューをしてみませんか?一人で行くからこそ気付ける、新たな楽しさに目覚めるかもしれません。一度も経験のない初心者さんも、こちらのまとめを参考に一人ディズニーへ行って楽しんでみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。