Middle shutterstock 464829146

INDEX

女性がサプライズが嫌いな理由

サプライズについてどう思う?

サプライズが好きな女性もいれば、サプライズが嫌いな女性もいるでしょう。みなさんはサプライズについてどう思っているのでしょう。誕生日や記念日にサプライズを仕掛けたり、仕掛けられたりしたことがあるという女性も多いのではないでしょうか。

そんな女性たちに、サプライズについての調査結果があるので、簡単にデータを見ていきましょう。アンケートによると、サプライズが好きな女性が約6割で、サプライズが嫌いな女性は約4割ということでした。

賛否両論あるサプライズですが、女性たちは本音の部分ではどう感じているのでしょうか。双方の意見について、ご紹介していきます。

 

好き派の回答

アンケートでサプライズが好きと回答した人たちに、その理由も聞いているので、一部ご紹介します。「(サプライズは)びっくりするけど、やっぱり嬉しいし、するのもされるのも好き」という意見や、「びっくりして喜ばせてくれるのが刺激的で楽しい」などの肯定的な意見が目立ちました。

やはりサプライズを歓迎する声も多く、された側は喜ばしく感じたり、嬉しいと感じたりするのでしょう。また、「相手が時間をかけて考えてくれたことが嬉しい」などという声もあり、相手の立場に立って物事を考えられることも、サプライズを好きと回答する人の中には多いのではないでしょうか。

嫌い派の回答

それでは、約4割ほどいたサプライズが嫌いと回答した女性たちの理由についても見ていきましょう。「恥ずかしくてだるい」といった声や、「あまりびっくりしていなくても、びっくりしたような演技をしなくてはならないから」など、確かにそういった部分もあると思わせるような回答が目立ちます。

サプライズが嫌いな理由は、やはり普段と同じような雰囲気で構わないということの裏返しなのでしょうか。「わざわざ外国の真似をしなくても良い、何が楽しいのかわからない」などといった意見もあります。サプライズに関しては、賛否両論様々ですが、する方もされる方も、ある程度心の準備が必要と言えるものでしょう。

実は迷惑?なぜサプライズが嫌いなのか

1.主役扱いされることが苦手

主役

ここからは、サプライズが嫌いな女性たちの意見に焦点を当てて、その理由について詳しくご紹介していきます。サプライズする側の方も知っておくことが大切で、実は迷惑と感じている人も中にはいるということを理解しておきましょう。

最初にご紹介するのは、「主役扱いされるのが苦手」という理由についてです。サプライズをされる側というのは、サプライズをされた瞬間に、一気に主役としてのスポットライトを浴びることになります。

その中で、見られること自体が恥ずかしい、特別扱いされることに慣れていない、そもそもスポットライトを浴びたくない、など様々な理由で、その場を拒否したくなります。そういった理由でサプライズが嫌いという女性も多いでしょう。

2.サプライズ返しのプレッシャー

サプライズ

続いては、「サプライズ返しのプレッシャー」という理由について見ていきましょう。サプライズをされた側は、その場においては主役で良い気持ちにさせてもらえることもあるでしょうが、その場が終われば今度は自分がする立場に回る必要があります。

「サプライズしてもらったんんだから」という周囲の目や、仲間意識などが良からぬ方向に働いてしまい、そのプレッシャーが嫌だという女性も多いでしょう。誰もがサプライズを簡単にこなせるわけではないため、「何かしなくてはならない」という思いを持たなければならないこと自体が敬遠されることと言えます。

3.自身の都合がつかない

都合

サプライズ準備が、あなたのいないところで進められていて、突然呼び出されるといったケースも少なくないでしょう。そういった場面においては、仕事や学校、他のプライベートの予定など、都合がつかないこともあるかもしれません。

自身の都合を邪魔されてまで、サプライズされたくないという人も多いでしょう。サプライズをするくらいなら、きちんと前もって自分の予定を抑えておいてほしいと考えるのも当然のことです。

自身の都合を考えないで実行されようとするサプライズには、迷惑だと考える女性も多いようです。サプライズする側にも、ある程度のモラルが必要と言えるでしょう。

サプライズが嫌いな理由【前編】

1.リアクションに困る

リアクション

ここからは、サプライズが嫌いな理由をもう少し深堀りして見ていきましょう。サプライズが嫌いだったり、迷惑だったり感じるのには、理由があるはずです。なぜサプライズが嫌いなのか、その理由をはっきりさせておくことで、相手の立場に立って物事を考えることにもつながります。

そういった考え方が迷惑なサプライズをしなくて住むための礎となるので、頭に入れておくと良いでしょう。ますは、「リアクションに困る」という理由です。

確かに、サプライズをされた側は何らかのリアクションを求めらるでしょう。しかし、どんな反応を期待されているのかわからないといったケースや、瞬時に良いリアクションが思い浮かばないなど、リアクションに困るケースも往々にしてあります。そういった女性にサプライズをしても、逆効果と言えるでしょう。

2.想定外が苦手

想定がい

「想定外が苦手」という女性も多いでしょう。仕事に行くにしてもプライベートの予定にしても、あらかじめスケジュールややるべきことをきちんと決めてから取り組みたいという女性も多く存在します。そういった女性に対して、サプライズという想定外の事象を起こしても、かえって困惑されてしまう可能性が高まります。

サプライズもそうですが、想定外のことが起きるとある種のパニックを起こしてしまう人も少なくありません。そういった理由でサプライズが苦手という女性も多いことですので、サプライズをする側も一定の配慮が必要と言えます。

3.場の空気に困る

空間

サプライズが嫌いな理由として多いのが、この「場の空気に困る」というものでしょう。それまで普段どおりに会話や食事が進んでいたとしても、サプライズが行われた瞬間に、場の空気が一変することもあります。

そういったケースにおいて、「どう振舞って良いかわからない」、「さっきまでの時間を返して欲しい」と思う女性も少なくありません。サプライズはサプライズで貴重な時間かもしれませんが、平穏にコミュニケーションや食事を楽しみたい女性にとっては迷惑と言えるでしょう。

サプライズが嫌いな理由【後編】

4.感情表現が苦手

感情

サプライズが嫌いな理由としては、「感情表現が苦手」というものも多く含まれます。リアクションが苦手と通ずる部分もありますが、そもそも人前であまり喜怒哀楽を見せない人が、サプライズの場で急に感情表現しようしても、なかなかできるものではありません。

誰もが感情表現豊かで、その場の空気感に合わせて表現できるわけではありませんので、こういった理由でサプライズが嫌いという女性も多いのも自然なことでしょう。

5.返答に困る

返事

サプライズが嫌いな理由として、「返答に困る」というのも上位にランクインする回答です。男性から恋人の女性に、サプライズでプロポーズをするというケースもあるでしょう。そういったサプライズは上手くいく可能性もありますが、裏目に出るケースもあるでしょう。

そもそもサプライズが嫌いな女性に、サプライズでプロポーズするのはかなりリスキーなことと言えます。女性の気持ちを全く汲み取れていないとも考えられるので、注意が必要でしょう。サプライズでプロポーズされても、返答に困るだけで、何も答えが出ないケースも少なくありません。

6.白々しい

白

サプライズが嫌いな理由として、「白々しい」と感じてしまう女性も多いようです。「なぜこの場面でサプライズをするのか」や、「なぜサプライズをすると私が喜ぶと思ったのか」など、冷めた目でサプライズを見てしまう女性も少なくありません。

サプライズをされること自体に感づいてしまう女性もいるようで、それでは全くサプライズになりません。無理して頑張っている感が白々しく感じる女性も多いでしょう。

サプライズが嫌いな理由まとめ

サプライズが嫌いな理由についてご紹介してきましたが、思い当たる節などございましたでしょうか。サプライズは、する側とされる側の気持ちが一致して初めて成功するものと言えます。

そういった意味で、サプライズが嫌いな人が、なぜサプライズが嫌いなのかを理解しておくことも大切な要素となってきます。サプライズが単なる自己満足に終わらないよう、相手の立場に立って物事を考えることが、サプライズを成功させるための第一歩となります。

もしもお祝いしたい相手がサプライズ大歓迎!な方であった場合にはぜひこちらの記事を参考にして、サプライズを成功させてくださいね!

Small thub shutterstock 529346299
関連記事 恋人へ贈る誕生日サプライズ33選!友達と祝う?彼氏と二人で?

恋人の誕生日は特別な日ですよね。もっと特別な一日になる様、とっておきの

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。