Middle shutterstock 479891623

目次

婚活地獄に陥っても、あなたが結婚したい理由は?

家族がほしいから

「長い間婚活を続けているのに、うまくいかない」「いい人に巡り会わない」「空いている時間は婚活ばかり」「いつまでこんなことを続ければいいの?」「友人の中で結婚していないのが自分だけ」婚活が長引いてしまうと疲れ切ってしまい、婚活地獄に陥ることも。幸せな結婚がしたいだけなのに、本当につらいですよね。

そんなつらい婚活地獄に陥っても結婚したいのは、家族がほしいから。この先ずっと一人で生きていくのは、なんだかさみしい。つらいときには支え合い、楽しい時間を共有する、そんなパートナーがほしい。自分の生きた証として血を分けた子どもがほしい。家族というかけがえのない存在を得るには、結婚は欠かせないものです。

安心感がほしいから

夜愛する人がそばにいてくれる、どんなときでも味方になってくれるパートナーがいるのは心強いもの。自分の思いを共有できる、価値観の合った相手との生活はうれしいですね。相手の経済力による安定した生活も魅力のひとつ。結婚によって得られる安心感は格別です。

周りの目があるから

特に結婚の必要性を感じているわけではないけれど、独女に対する世間の風当たりが厳しいので結婚したいというケースもあります。21世紀になっても、日本では「女性は結婚すべき」「結婚して一人前」という考えは根深いもの。そんな周りの厳しい目から逃れるためにも、婚活を続けるのです。

婚活地獄に陥る理由は?

終わりが見えない

「いつまでたっても結婚できない」そんな出口の見えない婚活を繰り返していると、どんどんつらくなってしまいます。終わりがわかっていれば「あともう少しだから」と全力疾走することができますが、「このまま頑張っても結婚できないかもしれない」という不安の中では、走るのをためらってしまいますよね。

限られた時間の中で、自分のアピールを繰り返しているうちに「一体何をやっているんだろう」と、だんだんむなしくなってきたり。新しい服を買ったり、結婚紹介所やパーティーの参加費、デート代にお金をつぎこんでいると、いつまでこんな生活を続けたらいいのか悲しくなってしまうことも。

カップル成立になっても付き合えるわけではなく、付き合えても結婚できるわけではない…終わりの見えない婚活は、独女の婚活地獄を招いてしまうのです。

ひどい男性によるストレス、いい相手が見つからない!

理想の男性に巡り会えないのも婚活地獄のきっかけのひとつ。婚活をしていると「普通の男性が少ない」と思ったことのある人も多いのでは?ヨレヨレのシャツで現れたり、会話をする気が全くなく、ずっと沈黙していたり、一方的に自分のことばかり離し続けていたり、本当に社会人としてやっているのだろうか疑問な男性ばかり。

そんな自己中心的で非社交的な男性に限って、上から目線で「女性は20代までだよ」など、失礼なことを言ってくるもの。ただでさえ婚活地獄で、結婚できないかもしれないとボロボロな心に追い打ちをかける言葉を聞いているうちに「どうして結婚したいだけなのにこんな目に?」「普通の男はいないの?」と疲れてしまいます。

独女の友人も婚活で知り合った超エリートとデートしたのですが、デートの予定は一方的に決められ、デート中も彼女の存在は無視だったそうです。女性と付き合ったことがないのかもしれないけれど、それ以前に人間としてどうなの?と疲れ切っていました。

自分が選ばれないことによる精神的ダメージ

自分が選ばれないのも、独女の婚活地獄を悪化させる一因。かわいい女性がちやほやされるのを目の当たりにしたり、男性が若い女性に群がっているのを見るたびに、プライドはズタズタ。結婚指輪をしているおばちゃんを見かけると「あんなおばちゃんでも結婚できたのに、なんで自分は結婚できないんだろう」と自己嫌悪に。

誰も自分を選んでくれない、向き合ってくれない、そんなことが続いていると、自分がダメな人間に思えてきて、一生結婚できないのではないかと焦り、落ち込んでしまいます。またダメだったらどうしようと憂鬱に。抜け出し方がわからない負のスパイラルに陥ってしまうのです。

また、選ばれないのもダメージが大きいですが、断るのもストレスを感じるもの。自分にぴったりな相手が見つからずストレスを受け続けていると、だんだん疲れ切って、やる気がなくなってしまうのです。

Small thub shutterstock 710814895

両親の反対で結婚のピンチ?親が結婚に反対する理由と説得させる方法3つ

彼からプロポーズされてやっと結婚!と思っていたらまさかの両親の反対。親

婚活地獄に陥りやすい女性の特徴とは?

目標期限を設けていない

いつまでに絶対に相手を見つけて結婚する、という目標期限を設けていない場合、婚活地獄に陥ってしまいがちです。期限が決まっていないため、本気度も中途半端になりがち。合うことが目的になってしまいます。もっといい人がいるのではないかと、ずるずる婚活を続けてしまい、抜け出し方がわからなくなってしまうのです。

男性は容姿、子どもを産める体を重視するため、若い女性を好む傾向にあります。そのため、だらだら婚活を続けていると、婚活が厳しくなってしまうのです。だらだらと婚活を続けるのではなく、目標期限を決めることで、婚活地獄に陥る可能性を少なくすることができます。

自分を客観的にとらえられず高望み

人は自分のレベルに釣り合う相手をパートナーとして選ぶもの。自分のことは棚に上げて、高望みをしていると、いつまでたっても婚活地獄からの抜け出し方は見つかりません。年収1,000万の男性が希望だとして、今のあなたを彼が選ぶと思いますか?どうすれば希望の男性に気に入られるか考える必要があります。

もしあなたが、相手の条件をいくつも並べているようなら見直す必要があります。「こんなに長い間婚活をしてきたから、条件は下げたくない」と思うかもしれません。でもすべての条件を満たす男性は存在しないのです。絶対にゆずれない条件を3つだけ決めて、そのほかの条件は「叶えばいいかな」くらいの気持ちでいましょう。

婚活をしていると、年収、職業などが公開されているので、ついつい条件で選んでしまいがち。でも、条件だけでなく、相手の内面も見ることを忘れずに。条件をクリアした人ばかりと接していてうまくいかないなら、条件を無視して、いろいろな人と接してみるようにしてみては?婚活地獄からの抜け出し方がわかるかも。

ネガティブ

完璧な人間など、どこにも存在しません。それなのに、背が低い、学歴がイマイチ、都内在住でない、などと相手の悪いところばかりを見て、減点ばかりしていませんか?相手の悪いところを探すのは簡単です。人間誰でもいいところはあるはずです。一つでもいいところを探して、加点方式で見るようにしましょう。

また、こんなことを言う人は●●に違いない、などと自分のものさしでしか相手のことを見ることができなければ、婚活地獄に陥る可能性は高くなります。●●かもしれない、といった自分で作り出した先入観を捨てて、まっさらな気持ちで相手と接するだけで大分変ってきますよ。

結婚できない!独女の婚活地獄からの抜け出し方は?

人となりを見て判断する

結婚と言う明確な目的がある婚活。効率よく婚活を進めるために、ついつい職業や年収など、相手の内面ではなく条件で選んでしまいがち。ただ条件だけで選んでしまうと条件にしばられ、がんじがらめになってしまいます。婚活地獄から抜けるためには、条件だけでなく相手のいいところを必ず見つけるようにしましょう。

条件だけでパートナーを選んでしまうと、将来その条件がなくなったときに生活を共にするのが難しくなってしまいます。彼が転職して職業が変わっても、失業して年収が大幅に下がっても、彼と一緒にいられますか?こんなはずではなかったと思わないように、相手の人となりもしっかり見るようにしましょう。

容姿がイマイチ、話が盛り上がらなかった、服装がダサいなどの理由で断ってしまいがち。ただ結婚相手に大切なのは、一緒にいて居心地良い生活を送ることができるかです。見た目は変えることができます。打ち解ければ話も弾むかもしれません。ささいなことで候補から外すのではなく、相手のいいところを探しましょう。

男性が望むものを把握する

婚活地獄から抜け出すためには、男性が結婚相手に求める条件を把握する必要があります。特に過去男性にモテていた女性ほど、20代前半の気持ちのまま男性と接してしまいがち。20代の頃はかわいくて楽しければ、それだけで男性が寄ってきたかもしれませんが、年齢を重ねるとそれだけでは相手にされなくなってしまいます。

男性は20代の若い女性を好む傾向にあります。婚活の場ではそんな若い女性と一緒に戦わなくてはいけないのに昔のままでは話になりません。20代の女性にはない、安らぎや包容力などの癒しの力を持ち、仕事もしっかりこなし教養もある自立した女性でなければ太刀打ちできないのです。

そのためには毎日の生活を丁寧に過ごすことが大切です。規則正しい生活、食事、整理整頓、そういった毎日の生活は、人柄に必ず反映されます。一緒にいて居心地がいいと思ってもらえるような女性を目指しましょう。

出会いの場を変えてみる

婚活パーティーに参加していて、カップルにはなるけれどその後は続かなかったり、出会う相手になんだかぴんとこなかったら、出会いの場所を変えてみるのも婚活地獄から抜け出す方法かもしれません。婚活といっても出会いの形はパーティータイプから、趣味の集まり、体験型などいろいろな種類があります。

趣味の集まりならば、共通の話題があるので話も弾みやすく、同じ趣味の仲間は雰囲気が似ていることも多いので、親しくなりやすいようです。私の友人はずっとパーティータイプの婚活をしていたのですが、趣味の登山を通じた婚活に切り替えたところ、今までとは違って素朴な人が多く、居心地がいい相手が多かったようです。

それから、最近はネット恋愛するひとも増えているようです。ネット恋愛について知りたい方はこちらの記事も読んでみてはいかがでしょうか。

Small thub shutterstock 316147649

ネット恋愛で理想の彼氏に出会うには!? 成功の方法とリスクまとめ

ネット恋愛に興味はあるけれど、危険じゃない?相手が変な人だったらどうし

婚活地獄から抜け出すためには

結婚したい!そんな思いで婚活をしていたはずなのに、うまくいかないと自分を全否定されたように感じてつらいですよね。婚活地獄に陥ってしまうと、本当に結婚したいのかもわからなくなってしまうことも。そんなときは少しお休みをしてから再開してみてくださいね。あなたにぴったりな相手が見つかりますように。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。