Middle shutterstock 318242033

INDEX

ドライフラワーとは?

ドライフラワーは自然の植物で作った装飾

ドライフラワーとは、自然の花や葉、茎などを乾燥させ水分を抜き、楽しむものを指します。生花を使って作る為、そのまま切り花として楽しむより、長期的に花の色や形を保つことができます。

作り方は生花から水分を抜き乾燥させる方法ですが、やり方を間違えると失敗してしまうかも…。綺麗なドライフラワーを作る為にも、正しい作り方を覚えましょう!

 

ドライフラワーはインテリアとしても人気

色とりどりの花の形が楽しめるドライフラワーは、インテリアとしても人気です。生花のように水をこまめに変える必要もない為、壁や天井に吊るすだけでも簡単でおしゃれになりますよね。

作り方も家庭で出来る方法なので、わざわざお店で買わなくてもご家庭で好きな花をドライフラワーにできます。皆様もドライフラワーの作り方を覚えて、好きな花を飾ってみませんか?

ドライフラワーの簡単な作り方

吊るして作る!基本の作り方

  • ドライフラワーに必要なもの
  • 好みの生花、または葉や枝
  • 花ばさみ
  • 輪ゴム
  • 麻紐
  1. ドライフラワーの作り方
  2. 1

    1.太い茎から小枝が沢山別れている場合は、小枝を切り離していきます。

    2

    2.切り離した小枝の下の方を揃えて、輪ゴムでしっかりとまとめます。

    3

    3.引っかけられるように麻紐で輪を作ってから、輪ゴムでまとめた部分の上に巻き付き、縛ります。

    4

    4.湿気が少なく風通しのいい日陰に吊るして、2~3週間ほどで完成です。

\ POINT /

花も葉もこの作り方でOK!

これが基本のドライフラワーの作り方です。植物をまとめて吊るすだけの簡単な方法で、花でも葉でもこの作り方でOKです。

ドライフラワーの作り方、ポイントは?

ポイント①ドライフラワー向きの花を使う

様々な植物で作れるドライフラワーですが、どのような花も向いているわけではありません。ドライフラワーに向いている花と向かない花があります。

ドライフラワーに向いている花は、茎が細く水分が少ない花です。バラ、ミモザ、アジサイ、ラベンダー、千日紅、ユーカリ、スターチス、カスミソウなど。これらは基本の作り方で、簡単にドライフラワーに仕上げることができます。

逆に茎が太くしっかりと水分を含んだような花は、ドライフラワーには向きません。キク、トルコギキョウ、チューリップ、スイセン、パンジー、コスモスなどの花はドライフラワーには向かないので、注意しましょう。

ポイント②生花にはしっかり水を吸わせる

花瓶に挿した花

ドライフラワーの作り方のコツとして、事前にしっかり水を吸わせる方法が挙げられます。一番イキイキとして綺麗な花を使うと、より発色や形がよく長持ちする仕上がりになります。少し元気をなくして萎れているような場合は、しっかりと水を与えてよく吸わせた方が、綺麗なドライフラワーに仕上がります。

もしぐったりとして元気が無かった場合、新聞紙で花をきつめに巻いてから深めのバケツ、もしくは花瓶にたっぷりと水をいれ、新聞紙ごと浸すとまた元気を取り戻してくれますよ!

ポイント③輪ゴムの留め方にもコツが

ドライフラワーの作り方で覚えておきたいのが、正しい吊るし方です。ドライフラワーを吊るす際は、必ず輪ゴムで留めます。植物が乾燥するにつれ、水分が抜けて茎が細くなってしまう為、麻紐だけでは抜け落ちてしまうからです。

この時、輪ゴムの留め方にもポイントがあります。まずは束ねた花のうち一つの茎か枝に、輪ゴムをひっかけます。そのあと輪を作ってまとめるのではなく、茎か枝の束全体に、ぐるぐると巻きつけていくようにします。

最後にどれか一つの茎か枝に輪を引っかけて固定すれば、ずれにくい留め方の完成です。これは、プロの花屋さんもやっているという技なんですよ!

ポイント④吊るす際は湿気が少なく風通しのいい場所に

ドライフラワー作りでも特に大切なのが、乾燥させる場所です。いくら正しい吊るし方でやっても、場所が悪いと綺麗なドライフラワーにはなりません。おすすめは、湿気が少なく直射日光の当たらない、風通しのいい場所です。

湿気の多い場所だと、乾燥させようとしても水分が上手く抜けず綺麗にできません。また、直射日光が当たると乾燥し過ぎてしまい、退色や劣化の原因となってしまいます。

ドライフラワーを作るには、明るい日陰で風通しがよく、湿気の少ない場所が最適です。また、人の出入りが多いなど、ぶつかる恐れがある場所も避けましょう。正しい輪ゴムの留め方を使った吊るし方を行えば、花もバラけることなく吊るせます。

吊るさず簡単な作り方!ドライインウォーター法

ドライインウォーター法とは?

ドライフラワーの基本的な作り方は吊るして乾燥させる方法ですが、ドライインウォーター法という作り方で行うと、吊るさずにドライフラワーを作る事ができます。

作り方は簡単で、水を少しだけ入れた花瓶などに生花を挿しておくと、自然にドライフラワーになっていくというやり方です。吊るさないことで花が閉じず、開いた状態でドライフラワーが完成します。

この方法は特に茎が細く水分の少ない花が向いています。カスミソウのように、細く細かい花の方が成功しやすいので、是非試してみてくださいね。

ドライインウォーター法の作り方

  1. ドライインウォーター法の作り方
  2. 1

    1.水にミョウバンを入れて溶かし、花瓶の下から1~2cmほどの位置までミョウバン水を入れます。(※ミョウバンを入れることで発色がよくなります。)

    2

    2.切った生花を花瓶に差し込み、直射日光の当たらない場所に置きます。

    3

    3.ミョウバン水は3日おきに取り換え、花が乾燥するまで約10日ほど置きます。

\ POINT /

吊るさないことで形を綺麗に保てる

ドライインウォーター法は吊るさずに作るので、より花の形を崩さずにドライフラワーに仕上げることができます。ただし、水分の多い花はこの作り方ではできないので、注意しましょう。

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方

シリカゲル(乾燥剤)でも作れる

シリカゲルを使ってもドライフラワーが作れるのをご存知ですか?シリカゲルとは乾燥材の事で、お菓子の鮮度を保つ為に入っているものと同じです。これを使えば、簡単にドライフラワーが作れるんです。

シリカゲルを使った作り方

  • 用意するもの
  • 好みの生花
  • シリカゲル(ドライフラワー用のもの)
  • 蓋付きの密封できる容器
  1. シリカゲル法の作り方
  2. 1

    1.まず、ドライフラワー用のシリカゲルを容器に敷き、その上に生花を入れます。この時スプーンを使って、花びらの隙間にシリカゲルを入れるようにすると、よりしっかりと乾燥出来ます。

    2

    2.シリカゲルで花を埋めるようにしたら、容器に蓋をして密封し、1~2週間程放置します。

    3

    3.容器から花とシリカゲルを出し、乾燥が確認できたら完成です。

\ POINT /

吊るすよりも鮮やかな色に

シリカゲルを使った作り方でドライフラワーを作ると、花の形も崩れにくく色も鮮やかに保てます。容器に入れる為、茎の付いた長いものよりも花のみを使うなど、コンパクトなサイズのものがおすすめです。

シリカゲルは再利用できる

一度使用したシリカゲルは、吸着した水分を出すことで再び乾燥剤として使用できます。繰り返し使う事でコスパもよく、エコですよね。

シリカゲルの再利用法は、700W程度の電子レンジで1分30秒~2分程の加熱を数回繰り返し、水分を蒸発させます。この時一気に長時間加熱するのは危険ですので、必ず短時間で様子を見ながら繰り返し行ってください。

また、フライパンを使ってガスの弱火で加熱する方法があります。いずれにせよ、一気に強く加熱するのは危険ですので、温度や時間を見ながら慎重に行ってくださいね。

電子レンジを使ったドライフラワーの作り方

電子レンジを使えばますます時短に

シリカゲルを使った方法は簡単にドライフラワーが作れますが、更に電子レンジを利用する事で、もっと手早く簡単にドライフラワーが作れるんです!

まず、耐熱容器にシリカゲルを入れ、シリカゲルの中に花を埋めます。これはシリカゲルを使った作り方と同じ手順です。その後蓋やラップをせず、500Wで1分半ほど加熱します。

乾燥の具合を見ながら加熱を繰り返し、しっかりと乾いた事を確認したら完成です。あまり加熱し過ぎると焦げる恐れがあるので気をつけましょう!

\ POINT /

バラの花はシリカゲル向き

ドライフラワーとして人気のバラですが、実はシリカゲルを使った作り方に向いている花なんです。鮮やかな真紅のバラは、乾燥すると色が黒ずんでしまいます。しかしシリカゲルを使うと自然乾燥に比べ色を鮮やかに保てるので、黒ずみも防止できます。

グリセリンを使ったドライフラワーの作り方

グリセリンは葉や実に最適

グリセリンというものをご存知ですか?薬局でも売られているので、簡単に手に入ります。このグリセリン1に対し、熱湯3の割合で合わせた溶液を作ると、葉や実を綺麗にドライフラワーにできるんですよ!

グリセリン溶液を使うと、通常乾燥ではシワシワになりやすい実も綺麗なドライ状態になります。まずはグリセリン溶液を作り、葉や実を浸します。その後ほこりが入らないようにラップなどで蓋をし、1週間ほど浸しておきます。好みの色に変わったら取り出し、液をよく拭き取ったら完成です。

また、グリセリン法には、浸透させる方法以外に吸い上げさせる作り方もあります。吸い上げさせる作り方の場合、同様に作った溶液に枝や茎を挿し、1カ月程放置してグリセリン液を吸い上げさせます。この時、茎に切り込みを入れると、より吸い上げやすくなりますよ!

ドライフラワーの吊るし方のコツは?

逆さまに吊るす

ドライフラワーの吊るし方には、どのようなコツがあるのでしょうか?まずドライフラワーを吊るす際に気を付けたいのが、逆さまに吊るすということです。

花の部分を下に、茎や枝を上にして吊るすことで、花びらを傷めずに乾燥させることができます。輪ゴムや麻紐は、必ずしっかりとした茎の部分に巻きつけるようにしましょう。

花びらや葉は重ならないように

花びらや葉同士が重なってしまうと、風通しが悪くなかなか乾燥しなくなってしまいます。余分な葉は切るなどして、なるべく風の通り道を作ってあげましょう。

あまり花びらや葉が密集し過ぎていると、風通しが悪く水分も抜けにくくなります。なるべく風通しのよさそうな花を選ぶのも、綺麗に作るコツですね。

直射日光には絶対当てないこと!

カスミソウ

早く乾かしたいからと言って、直射日光に当ててはいけません。ドライフラワーの作り方にはある程度の日航も必要ですが、しっかり日ざしが当たるような直射日光は色あせの原因になります。

また、極度に乾燥しすぎて枯れたようにガサガサのドライフラワーになってしまう恐れもあります。おすすめは、「明るい日陰」。直射日光は当たらなくても光は差し込む、風通しのいい日陰が最適です。

ユーカリはドライフラワーに最適!

ユーカリの葉は綺麗なドライフラワーに

ユーカリと聞くと、まず思い浮かべるのがコアラのご飯ではないでしょうか?オーストラリアに生息するコアラは、よくユーカリの木に登り葉を食べていますよね。

そんなユーカリですが、実はドライフラワーに最適な植物なんです。ユーカリの水分は抜けやすく、初心者でも簡単にドライフラワーに仕上げることができます。

独特の丸みを帯びた葉の形は、飾っておくだけで取ってもおしゃれ!切り花として生花店でも購入できますが、ベランダでも簡単に育てることができます。ドライフラワー初心者さんは、是非このユーカリで試してみてくださいね。

ユーカリにはたくさんの種類が

一口にユーカリと言っても、その種類は様々です。なんとユーカリの種類だけで、500種類以上あるとも言われています!その中でもおすすめのユーカリについてご紹介します。

まずはシルバーダラー。銀丸葉ユーカリとして知られており、最もポピュラーな種類の一つです。育てやすく、美しい葉が特徴です。次にベイビーブルー。表面に光沢がある小ぶりな葉が特徴で、エメラルドグリーンをしています。ミントと柑橘系を思わせる清涼感と甘さのある香りも特徴です。

オービフォリアという種類は別名ハートユーカリとも呼ばれており、名前の通り可愛いハート形の葉が特徴です。ドライフラワーにすると、ハートの可愛い仕上がりになるので、特におすすめです!

ユーカリの葉は他の花と合わせても

ユーカリのドライフラワーは葉のみなので、他の花と合わせてブーケにするとより華やかに出来上がります。ユーカリはドライフラワーにするとシルバーがかった色になるので、ブーケのアクセントとしても綺麗な色合いを演出してくれますよ!

バラのドライフラワーは変色に注意!

バラは初心者向けの花

ドライフラワーにおすすめの花と言えば、バラでしょう。ドライフラワーの中でも定番で、見た目の美しさと香りの良さは憧れの花ですよね。

バラは花びらが薄く、ドライフラワーにしやすい種類です。ブーケでも貰うことの多い花ですから、一通り生花で楽しんだ後はドライフラワーにして保存するのをおすすめします。

深紅のバラは変色しやすい

そんな初心者向けのバラですが、色によっては変色しやすいので注意が必要です。バラと言えば思い浮かべるのが深紅のバラですが、赤い花びらはドライにすると黒ずみやすくなります。

深紅のバラでドライフラワーを作る場合、シリカゲルを使った作り方の方が変色を防げるので、おすすめです。ピンクや白などはあまり黒ずまないのでおすすめですよ!

バラは棘に注意!

バラのドライフラワーを作る際に気を付けたいのが、茎についた棘です。最近は棘の少ない品種も増えていますが、作る際に刺さる可能性があるので気をつけましょう。

バラで作る際は、まず棘を一本ずつ丁寧に取り除くことをおすすめします。面倒な作業ですが、事前に棘を取り除いておけば後の作業も楽になりますよ。

ミモザはインテリアにおすすめ

ドライフラワーにしても色あせないミモザ

春に咲く鮮やかな黄色い花と言えば、ミモザですよね。ミモザの黄色はドライフラワーにしてもあせにくいので、華やかなドライフラワーに最適です。

そのまま吊るして飾ってもおしゃれですが、リースにするなど一工夫加えると、よりおしゃれなインテリアになります。部屋を明るくしてくれるミモザのドライフラワーは、これだけでも楽しめる存在感があります。

ミモザのリースは他の葉と組み合わせても

ミモザを使ったドライフラワーのアレンジでおすすめしたいのが、リースです。市販のリースの土台にミモザをつけて乾燥させるだけで、簡単に作れますよ。

ポイントは、ドライフラワーにしてからリースにするのではなく、生花のままリースにつけて乾燥させること。こうすると崩れず、綺麗な形のままリースにできます。

ミモザの花はとても華やかなので、アクセントにユーカリなど他の種類の葉を加えても綺麗に仕上がりますよ!通常のドライフラワーに飽きた方は、リース作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ドライフラワーのアレンジ法

そのまま花瓶などに入れて

出来あがったドライフラワーを最も手軽に飾る方法は、そのまま花瓶などに入れてインテリアにすることです。この時、一つのドライフラワーではなく、複数のドライフラワーを一つにまとめると、ボリュームが出ておしゃれになります。

大ぶりの花や葉で作ったドライフラワーは、大きめの花瓶に飾るとこれだけで豪華なインテリアになります。小ぶりで可愛らしいドライフラワーは、テーブルの上にちょこんと飾ると、さり気なくおしゃれに!

ブーケにすれば生花とは違った魅力に

ブーケと言えば生花を使うイメージですが、ドライフラワーで作れば一味違った印象になります。作り方は、それぞれに乾燥させたドライフラワーを一つにまとめて、リボンなどで結ぶだけ!

色合いや花の種類など、バランスを考えて作るといいでしょう。花や葉だけでなく、実を使ってもアクセントになり、ボリュームのあるブーケになりますよ。

ドライフラワーの定番リース

ミモザで作るリースを紹介しましたが、もちろんミモザ以外の花を使っても綺麗なリースができます。好みの花を使ってリースを作っていませんか?

この時、やはりドライフラワーにしてからリースを作るのではなく、生花のままリースにして乾燥させる方法がおすすめです。また、吊るさずに平置きした方が花が下がらず、形を保ったまま乾燥出来ます。

壁際にはおしゃれなスワッグを

スワッグとは、壁飾りの意味です。ヨーロッパではリースと並び、魔除けや幸福を呼ぶアイテムとして玄関や室内に飾る習慣があります。

作り方は簡単で、ブーケを作るように好きなドライフラワーを束ねて、リボンや麻紐で結ぶだけ!壁に飾るだけでちょっとおしゃれなインテリアになりますよね。

ポイントは、後ろの方を背の高い植物にして、手前の方を背の低い植物にする事。段差を作ることで、立体感のあるスワッグに仕上がります。

本物の花で出来たヘッドアクセサリーに

好みのドライフラワーをまとめてリボンなどで飾れば、こんなに手の込んだヘッドアクセサリーの完成です。結婚式など特別な日に、ドレスやブーケに合わせてみても素敵ですね。

話題のドライフラワーネイルも!

細かいドライフラワーをネイルにすれば、ナチュラルでアンティーク調の魅力があるおしゃれなネイルに仕上がります!自然な花びらの色や形を活かす為にも、ネイルの色はあえてシンプルにするといいですね。

オリジナルのアクセサリーも

ドライフラワーをパーツに入れれば、世界に一つだけのオリジナルアクセサリーが完成します。こちらはピアスのパーツで、中に色とりどりのドライフラワーが入っています。

ピアス以外にも、ネックレスにしたりヘアアクセサリーにしたり、ドライフラワーを使った色々なアクセサリー作りが楽しめそうですね!

電球パーツを使えば一味違った魅力が

100円ショップなどで売っている電球パーツ。これを使えば出来上がったドライフラワーを一風変わったインテリアに仕上げることができます。

電球パーツに入れる時は、茎や枝が付いた丸ごとのドライフラワーではなく、花の部分だけ切り取った小ぶりなものを入れると綺麗に見えます。

おわりに

ドライフラワーの作り方は特別な道具も必要ない為、初心者でも簡単にできます。しかし、吊るし方などちょっとしたコツやポイントをおさえると、より綺麗に仕上がるので是非正しい作り方でドライフラワーにチャレンジしてみてくださいね。

出来あがったドライフラワーはそのまま飾ってもいいですし、色々なインテリアやアクセサリーに使うなど、アレンジの幅も広く楽しめます。下の記事でもドライフラワーの作り方ご紹介しています!

好みの花をドライフラワーに仕上げたら、今度はそれを使って色々なアレンジを楽しんでみてもいいですね!簡単にできるドライフラワーの作り方についてのまとめでした。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。