Middle shutterstock 695790301

目次

チャイとは

チャイとはインドで飲まれる甘いミルクティー

皆様はチャイというお茶をご存知ですか?最近はカフェなどのお店でも出されるなど、日本でも認識が広まっていますよね。チャイとは元々、ヒンディー語でお茶を指す言葉で、ロシア語、ペルシア語、トルコ語でも同様に、お茶のことをチャイと呼びます。

しかし、一般的にチャイは、茶葉にスパイスを加えて甘く煮だした、インド式のミルクティーという認識が強いでしょう。このインド式のチャイはマサーラー・チャイと呼ばれ、日本のお店などで出されるチャイは、主にこのマサーラー・チャイのことです。

チャイはインドの北方で好まれる

ザックリと分けると、チャイはインドの北方でよく飲まれており、南方ではインディアンコーヒーがよく飲まれています。インドの鉄道ではよく車内販売でチャイが売られており、旅人達からも好まれています。

その他にもチャイは、家庭やお店でも売られています。沢山のスパイスを入れた作り方は体が温まるものですから、インド北方地域でよく飲まれているのかもしれませんね。

チャイはインドの家庭的なお茶

日本では過程で飲むものという認識は薄めのチャイですが、インドではどの家庭でも飲まれる、非常に庶民的な飲み物です。煮だした紅茶に大量のミルクとスパイスを加えた作り方は、植民地時代のインドに由来します。

かつてインドで作られた紅茶の茶葉は、良質なものは全てイギリスに送られていました。インドの庶民には売り物にならない細かい茶葉、ダストティーと呼ばれる茶葉だけが残されました。

そんなダストティーを美味しく飲む方法として提案されたのが、チャイです。その為、チャイは良質な茶葉よりも細かく質の低い茶葉を使った作り方の方が美味しく出来ると言われています。

チャイはお菓子のような感覚で飲まれている

本場インド式のチャイは、大量の砂糖を使う為非常に甘く、濃厚な味です。その為インドでは、チャイを水分補給として飲むというより、お菓子を食べるような感覚で摂取しています。

チャイを飲む際に使用するティーカップも通常のものより小さく、半分から3分の1程度の小さなもので飲まれています。インド人は一杯のチャイに対してティースプーン3杯の砂糖を入れるということで、いかに甘い味付けかが伺えますね。

簡単でも本格派!チャイの作り方

お鍋で作る本格的チャイのレシピ

  • チャイを作る材料
  • 紅茶の茶葉…大さじ山盛り1杯(約10g)
  • 水…250ml
  • 牛乳…250ml
  • シナモンスティック…1/2本
  • カルダモン…2粒
  • クローブ…2粒
  • 黒こしょう…2粒
  • しょうがスライス…2〜3片
  • きび砂糖…大さじ1.5〜2(約20g)

①カルダモンはさやに切り込みを入れて裂き、シナモンスティックとクローブは手で軽く砕いておきます。しょうがは適当な厚さでスライスし、2~3片ほど使用します。

②鍋に水を入れ、茶葉、スパイス類の全て、しょうがを入れ、中火で煮だしていきます。ふつふつと沸いてきたら火を弱め、更に1〜2分時間をかけてしっかりと煮だしていきます。

③スパイスの香りが立ってきたら、牛乳ときび砂糖を加えて時々混ぜながら4分ほど火にかけます。かけてゆっくりと温め、沸騰寸前になったら火を止め、完成です。

更に簡単に!インスタントを使ったチャイの作り方

インスタントチャイでますます簡単に

本格的なチャイの作り方をご紹介しましたが、スパイス類を揃えて作るのは面倒…。そう思っている人もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、インスタントチャイを使った作り方です。

インスタントを使えばますます簡単に作れるうえ、スパイス類はしっかり入っていますから本格的な味は変わらないままです。もっと簡単にチャイを楽しみたい人は、インスタントで美味しく作ってみてくださいね。

インスタントチャイを美味しく飲むレシピ

  • インスタントチャイを作る材料
  • インスタントチャイ…1~2袋
  • お湯…180ml
  • 牛乳…180ml
  • はちみつ…お好みで

①しっかりと沸騰させた熱いお湯にインスタントチャイを入れ、蓋をして3分程蒸らします。普通味がお好みなら1袋、濃い味がお好みなら2袋使用します。

②インスタントチャイが出来上がったらはちみつを加えます。チャイは甘めなので、多めの量でいいでしょう。そこに温めた牛乳を加え、よく混ぜたら完成です。

インスタントを使えば簡単で本格的に

市販のインスタントチャイを使う事で、スパイスを揃えてに出すよりもっと簡単に美味しいチャイが作れます。インスタントのティーバッグにはすでにスパイスが入っているので、お湯に入れて蒸らすだけという簡単な作り方でも、充分本格的なチャイに仕上がります。

スパイスが苦手な方におすすめの作り方

チャイは飲みたいけどスパイスの風味が苦手という方に

チャイには複数のスパイスを使用する為、スパイス独特の風味や香りが強く出ます。このようなスパイスの味が好きな方も居れば、苦手な方も居ますよね。

チャイは飲みたいけどスパイス独特の味が苦手という方におすすめなのが、スパイスを使わないチャイの作り方です。スパイスを使わなければ、普通のミルクティーと同じじゃないの?と思うかもしれませんが、しょうがを使う事でスパイスなしでもチャイの味に仕上がりますよ!

スパイスを使わないチャイのレシピ

  • スパイスを使わないチャイの材料
  • 紅茶の茶葉…大さじ山盛り杯
  • 水…100ml
  • 牛乳…200ml
  • しょうが…適量
  • 砂糖…適量

①鍋に水と茶葉を入れて、沸騰させます。沸騰してからもすぐに火を留めず、しばらくブクブクと煮立った状態をキープしておきます。

②鍋の火を弱めたら、しょうが、牛乳、砂糖を加えます。全体的に色が茶色く濃くなってきたら火を止め、茶こしでこして完成です。

スパイスを使わなくてもチャイの味に

スパイス類を一切使用していない簡単なチャイの作り方ですが、しょうが特有の香りや辛みが、スパイスを入れたような味わいに仕上がります。スパイスが苦手な方は、こちらのレシピをおすすめします。

ミルク・砂糖を使わないブラックチャイの作り方

甘さが苦手な方はブラックで

チャイと言えばとにかく大量のミルクと砂糖を使用する、甘~いお茶という印象が強いですよね。本場インドでもお茶というよりお菓子感覚で飲まれている為、普通のミルクティーより濃厚な甘さが際立ちます。

しかし、甘さが苦手な方にとって砂糖たっぷりのチャイは厳しい味ですよね。そんな甘さが苦手という方におすすめしたいのが、ミルクと砂糖を一切使わない作り方のブラックチャイです。

紅茶の香りとスパイス類の味や風味だけをシンプルに楽しめる、少し大人向けのチャイレシピです。甘さが苦手な方以外に、ダイエット中の方にも!

ブラックチャイのレシピ

  • ブラックチャイの材料
  • 紅茶の茶葉…大さじ山盛り1杯
  • クローブ…小さじ1/2
  • スターアニス…2個
  • シナモンスティック…1/2本
  • しょうがスライス…3~4枚

①鍋に水、クローブ、スターアニス、シナモン、しょうがを加えて火にかけます。沸騰したら火を止め、蓋をして10分間蒸らします。

②10分蒸らしたら再び火にかけ、沸騰したら茶葉を加えます。火を止めたら蓋をして、1分間蒸らしたら茶こしでこして完成です。

ミルクと砂糖抜きでヘルシーに

甘いミルクティーのチャイからミルクと砂糖を抜いたことで、スパイスの味や風味が楽しめる温かい紅茶として楽しめます。カロリーもぐっと低くなるので、ダイエット中の方にもおすすめのレシピです。

本格的チャイを作るレシピのポイント

スパイスはホールで使う

チャイに欠かせない存在のスパイス。スーパーでも多くのスパイスを取り扱っているので手軽に購入できますが、簡単に使える粉末のものよりホールのものを使うと、より本格的なチャイに仕上がります。

粉末のスパイスは手軽に買えますが、ホールのスパイスを使えばより香りが良く、柔らかい風味が楽しめます。ホールのスパイスを使う場合、手で軽く砕きながら鍋に入れると香りがますますよくなりますよ!

チャイに合った茶葉を使う

チャイにはおすすめの紅茶があるので、より本格的な味に仕上げるなら、チャイに合った紅茶を使うといいでしょう。おすすめの茶葉は、アッサム、ウバ、ケニア紅茶などの、ミルクティーに向いている紅茶です。

紅茶は便利なティーバッグのものも売られていますが、より本格的な味わいに仕上げるには、ティーバッグよりも茶葉を使った方が美味しくできます。レシピも茶葉を使った作り方がメインなので、是非美味しい茶葉を手に入れてみてくださいね。

牛乳の脂肪分は仕上がりの好みに合わせて

牛乳と乳製品

牛乳は脂肪分が高いほど味が濃厚になり、脂肪分が低いとさっぱりとした味になります。仕上がりをどのような味にしたいかによって、使う牛乳も使い分けましょう。

濃厚でコクのあるチャイに仕上げたい場合は、脂肪分の高い牛乳を、あっさりとして後味の爽やかなチャイに仕上げたい場合は、脂肪分の低い牛乳をおすすめします。同じ作り方でも脂肪分によって大分味が変わってきますよ。

チャイに使用するスパイスとは?

チャイには複数のスパイスを使用する

チャイと言えばスパイスの香りと味が特徴ですよね。複数のスパイスを使用するほど、その味は濃厚になり、本格的なチャイの味に近くなります。

チャイに使われるのは一般的にシナモン、クローブ、カルダモンというスパイスですが、必ずしもこれらを使わなければいけないという決まりはありません。

どれかが足りなかったり苦手だったりすれば入れなくてもいいですし、好みのスパイス一種類だけでも充分美味しく作れます。もちろん、これ以外のスパイスを入れても美味しいチャイになります。同じ作り方でもスパイスによって味が変わるので、色々と試してみましょう!

チャイにおすすめのスパイス①シナモン

チャイに使われるスパイスと言えば、シナモンですよね。シナモンとは熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹、またその樹皮から作られる香辛料で、ニッキ、桂皮とも呼ばれます。

『スパイスの王様』と呼ばれるほど香り高いスパイスで、紀元前4000年ごろからエジプトで使用されていたことから、世界最古のスパイスとしても認識されています。

その独特な香りはチャイの他にカプチーノ、またアップルパイ、シナモンロールなどのスイーツにも使用されます。日本では八つ橋にも使用されるスパイスとして有名ですね。

チャイにおすすめのスパイス②カルダモン

シナモンがスパイスの王様なら、カルダモンは『スパイスの女王』と呼ばれています。ユーカリ油、樟脳、レモン油の香りが入り混じったような香りは、爽やかでどこか上品に感じられます。

シナモンと並び古くから使用されているスパイスで、ガラムマサラなどの混合香味料やカレー料理に使われるほか、匂い消しや香り付けとしても使用されます。

甘くエキゾチックな香りがするので、シナモンだけのシンプルなチャイに加えると、より本格的な香りが楽しめます。香りは強いので少量でOKです。

チャイにおすすめのスパイス③クローブ

スパイス、カルダモンと並ぶ、チャイに欠かせないスパイスです。この3つさえ使っておけば、本格的なチャイに仕上がるでしょう。

香辛料として肉料理やカレー料理に使われることの多いスパイスです。甘く濃厚な香りがあり、噛むとピリッと刺激を感じる辛さがあります。

チャイにおすすめのスパイス④しょうが

スパイス類と並んで欠かせないのが、しょうが(ジンジャー)です。しょうがはどのご家庭にも常備してある食材なので、わざわざ買い揃える必要がないのも嬉しいですよね。

チャイに使用する場合、薄切りのスライスにして好みの量を使います。独特の清涼感ある香りとピリッとした辛みがあるので、苦手な方は1枚、刺激が好きな方は3~4枚と、好みで量を調節してみてくださいね。

しょうがスライスの作り方は皮を剥いて訪朝できる方法の他、スライサーを使った簡単な作り方もあるので、ご家庭でも簡単に作れます。

チャイにおすすめのスパイス⑤スターアニス

スターアニスとはトウシキミと呼ばれる常緑高木の果実を乾燥させたスパイスです。八角(はっかく)とも呼ばれ、その名の通り8つの角をもった星のような形をしています。

主に中華料理によく使われるスパイスで、四川料理の他豚の角煮などの煮込み料理、デザートにも使われます。甘い香りが特徴的です。

チャイにおすすめのスパイス⑥ローリエ

ローリエは月桂樹の葉を乾燥させたスパイスです。ギリシャ神話にも登場する月桂樹は、古くからスパイスとしても親しまれていました。

その清涼感のある独特の香りは、カレー料理に使われるほか肉料理や魚料理の臭み消しとしても活用されます。香りが強いので、チャイに使用する際は1枚で十分です。

チャイにおすすめのスパイス⑦ブラックペッパー

いわゆる黒胡椒です。胡椒の実を乾燥させたもので、香りと辛みが特徴的です。こちらもご家庭にあるスパイスなので、手軽に利用できますね。

チャイに使用する際は、粉末のものより粒のものを砕いて使った方が、より香りが立つのでおすすめです。辛みの強いスパイシーなチャイがお好みの方に!

チャイのレシピをより美味しくするには?

なんだか物足りない。そんな時は味を調節して

レシピ通りに作ったけど、なんだか味が物足りない…。そんな時は、自分の好みに合うように味付けのバランスを調節してみましょう。チャイの作り方を説明しましたが、作り方通りにやるのが正しいわけではありません。

レシピは基本的なチャイの作り方ですが、好みによってもっと甘い方がいい、もっとスパイシーな方がいいなど違いがあります。もし出来上がったチャイの味が好みと違った場合、味を調節してより美味しくなるようにしてみてくださいね。

コクが足りない時は牛乳

全体的にあと一歩味が足りない、コクが少ないと感じた場合は、牛乳の量が少ないと考えられます。水の量を減らし牛乳の量を増やしてみましょう。

また、牛乳の脂肪分が少なくてもコクのあるチャイには仕上がりません。脂肪分の高い牛乳を使えばコクのあるチャイに仕上がる他、ほんの少し、生クリームを加えるとかなり濃厚な仕上がりに!

生クリームを加えた作り方の場合、牛乳と同じように煮出す必要はないので、完成したチャイに最後の仕上げとして少量の生クリームを加えましょう。

甘すぎる場合は他の材料で調節を

チャイは大量の砂糖を使うレシピなので、慣れない方にはちょっと甘すぎるかもしれません。もし甘すぎると感じた場合は、水、牛乳、スパイスを足して、甘さを調節しましょう。

スパイスを足せばピリッとした刺激が強まり甘さを感じにくくなりますが、辛みや香りが苦手な方は温めた牛乳か水を足して調節するといいでしょう。

砂糖と一緒に煮出す作り方が一般的ですが、もし飲みながら甘さを調節したい場合は、最後に砂糖を加えながら味を調える作り方でも構いません。

色や紅茶の味が薄い場合

紅茶

しっかりに出したのに紅茶の色や味が薄い場合、茶葉が足りなかったと考えられます。茶葉の量を増やして煮だすか、煮だす時間を長くするといいでしょう。

また、煮出す際に使用する水の量を増やすと、その分紅茶の量も増えますから、やや多めの水でしっかりと煮出す方法もおすすめです。水の量を増やした作り方で行った場合、砂糖、牛乳、スパイス類もそれぞれ増やして調節してみてくださいね。

スパイス分が足りない場合

スパイシーな味と香りが特徴のチャイですが、もしスパイス成分が足りないと感じた場合は、スパイスの量を増やしてみるといいでしょう。

ただし、スパイスは量が多すぎると辛みや香りが強く出過ぎる場合があります。量を増やさずにスパイシーさを上げる場合は、スパイスを更に細かく砕いたり、蒸す時間を長くしたりするといいでしょう。

また、牛乳の脂肪分はスパイスの辛みを和らげる効果があります。よりスパイシーなチャイに仕上げたい場合、牛乳の量を控えめにした作り方がおすすめです。

チャイにおすすめの砂糖はきび砂糖

チャイの濃厚な甘みは砂糖で味付けされていますが、中でもおすすめなのはきび砂糖です。きび砂糖はサトウキビから作られており、苦みやアクを取り除いたまろやかな甘みが特徴です。

精製途中の砂糖液を煮詰めて作っているので、色は茶色く、上白糖に比べてコクのある甘味です。上白糖でも美味しく作れますが、きび砂糖を使った作り方の場合、よりコクのある甘味に仕上がります。

砂糖が苦手ならはちみつで甘さをプラス

甘さは欲しいけど砂糖は使いたくないという方には、はちみつがおすすめです。自然な甘みが感じられるはちみつを使うと、砂糖とは一味違った甘さに仕上がりますよ。

はちみつは種類によって味や風味が異なります。是非好みの種類のはちみつを見つけて、あなた好みのチャイに仕上げてみてくださいね。

豆乳を使えばヘルシーで健康的に

チャイのミルク成分は牛乳が使われていますが、この牛乳を豆乳に変えると、よりヘルシーで健康にも優しいチャイに仕上がります。

豆乳は女性の体に嬉しいイソフラボンを多く含むほか、便秘解消や美肌効果も期待出来る為、より体にいいチャイになりそうですね!牛乳を飲むとお腹を下しやすい方にもおすすめです。

豆乳を使った作り方は基本的なチャイの作り方と同じです。牛乳の部分を豆乳に変えて作るだけで、ヘルシーな豆乳チャイのできあがりです。

ほうじ茶を使えば和風のチャイに

茶葉の種類を変えたアレンジレシピです。紅茶の代わりにほうじ茶の茶葉を使えば、紅茶味とは一味違った和風味のチャイが完成です!

ほうじ茶の優しい味わいは癖がなく、スパイス類とも相性が抜群です。また、紅茶に比べてカフェインも少なめですから、寝る前に飲めば体が温まってよく眠れそうですね。妊娠中などカフェインが気になる方にも!

ほうじ茶を使ったチャイの作り方は、紅茶を使ったものと煮出す時間などが異なる場合があります。正しい作り方で、しっかり味や香りを煮出しましょう。

アイスの際は味を濃い目に

スパイスたっぷりのアツアツチャイは、体の中から温まるので寒い季節におすすめの飲み物です。しかし、氷を入れてアイスチャイにすれば、夏場でも飲めるコールドドリンクに大変身!

アイスでチャイを飲む際は、氷が入る分味が薄くなるので、やや濃い目の味付けでの作り方をおすすめします。煮出し時間を少し長くし、砂糖の量も増やすなどして調節してみてくださいね。

金属のティーカップでよりインド式に!?

インドでは陶器よりも金属器のほうが清浄なものと考えられています。その為インドでチャイを飲む際は、ティーカップと皿の代わりに金属製の器が使用されます。

ご家庭でチャイを飲む際も、金属製のティーカップを使えばより本格的な味わいになるかも!?もちろん実際に効果があるわけではありませんが、同じ作り方のチャイでも、ティーカップ次第で本場インドの雰囲気を味わえるかも!

おわりに

チャイは甘いミルクティーにスパイスの風味を足した、インド特有のお茶です。いつものミルクティーがちょっと物足りないな、と感じた方は、スパイスを足してチャイを楽しんでみてはいかがでしょうか?

本格的に作るには茶葉の種類にこだわったりスパイスを揃えたりなどの手間がかかりますが、材料は必ずしも全部使わなければいけないという訳ではなく、家にあるものだけでも充分美味しいチャイが作れます。

今回こちらで紹介したレシピ通りに作らなくても、牛乳や砂糖、スパイスの量などはお好みで調節していただいて構いません。是非あなただけの美味しいチャイのレシピを見つけてみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。