Middle shutterstock 710814895

目次

結婚について両親の反対を受けたらどうする?

両親を説得してから結婚する

彼からの念願のプロポーズ。結婚にあと一息、というところで両親の反対にあってしまったらショックですよね。「どうして二人の結婚を認めてくれないの?」「どうして彼のことを理解してくれないの?」と現実を受け入れられず、困惑でいっぱいなことでしょう。

両親の反対にあったとき多くのカップルが、両親を説得してから結婚したいと考えるようです。もちろん両親の許可がなくても法律的には結婚することはできますが、「一番近い家族に祝福されて結婚したい」「今後も両親と良好な関係を築いていきたい」という思いから、両親を説得し、祝福されてからの結婚を選ぶのです。

両親の反対にあっても、説得し納得してもらってから結婚することができるので、今後の人間関係がスムーズになります。また、両親が心配するポイントも事前に解消することができるので、これからの結婚生活のいいスタートをきることができるのです。これからの長い結婚生活、どうせなら両親に祝福されて送りたいですよね。

両親の反対を押し切って結婚する

両親の反対に屈せず、強硬に結婚するカップルもいます。どうせなら両親に納得してもらってから結婚したいものですが、説得しても聞き入れてくれない、反対の理由が理不尽、などいつまで待っても結婚の見込みがないため、両親の反対にもかかわらず結婚を選択するケースです。

大好きな彼と結婚することはできますが、両親の反対を押し切っての結婚のため、結婚を祝福してもらえなかったりと、これからの両親との関係がぎくしゃくしてしまう可能性もあります。

結婚せずに別れる

両親の反対によって、カップルが別れてしまうケースもあります。「両親に祝福されない結婚はやめよう」と自主的に別れを選択する場合や、話し合いをする中でお互いの関係がぎくしゃくしてしまい、結果的に別れを選択する場合もあります。別れの理由が理由なので、失恋の傷をいつまでも引きずることになりそうです。

このように両親の反対にあった場合、説得して結婚する、反対を押し切って結婚する、別れを選択するというケースがあるでしょう。結婚する場合でも、両親に祝福してほしいという思いから、両親が納得しないまま結婚するケースは少ないようです。

結婚について両親の反対を受ける理由とは?

お金や仕事が不安定

両親は理由もなく結婚に反対しているわけではありません。親は子どもの幸せを一番に願っています。両親が結婚に反対するのは、あなたが結婚によって苦労をするのではないか、幸せになれないのではないか、と心配するからなのです。相手の男性の仕事が不安定だったり、お金関係のトラブルは結婚を反対する一因になります。

相手の男性に借金があったり、ギャンブルの趣味がある、または定職についておらず収入が安定しない、もしくは年収が低いといった条件にあてはまるようなら、あなたにお金で苦労してほしくないと考える両親の反対の材料になるでしょう。

今は彼のことが大好きで、「愛さえあればお金はなんとかなる」と考えているかもしれません。しかし、お金の問題を軽く見ていると、二人の愛情さえ壊しかねません。両親の反対を機に、お金について真剣に話し合ってみましょう。二人で事前に問題点を考えておけば今後も安心ですし、両親を説得させる方法にもなります。

年齢が若い、年齢に差がある

あなたと彼のどちらかの年齢が若かったり、二人の年齢差が大きい場合、両親の反対にあう場合が多くなります。若かったりスピード婚の場合は、二人の気持ちが盛り上がって、冷静な判断が鈍った状態で結婚に踏み切って、後から後悔するのではないか、また金銭的にも二人で生活していけるのか、両親は心配してしまいます。

二人の年齢差が大きい場合、今はラブラブで問題ないけれど、今後二人の価値観が合わなくなるのではないかと不安になります。介護もすぐに考えなくてはいけませんし、どちらかが早く他界して一人で残される可能性もあります。女性の年齢が高いと跡継ぎができないかもしれないと不安に思う両親もいることでしょう。

両親の反対をきっかけに、自分が冷静に結婚を考えているか、彼とは今後とも年齢差を感じず一緒にいられるか見つめ直してみましょう。現在のお金で生活していけるのか、介護の問題などについても彼と真剣に話し合っておくことで、両親を説得させる方法になりますよ。

マナー、学歴、家柄、離婚歴

あいさつやマナーがなっていなかったり、見た目がちゃらちゃらしすぎていると、こんな男性に大切な娘を任せて大丈夫か心配になってしまいます。今後社会生活を送る上でも大切なポイントなので、変えられる部分は改善すれば両親に誠意を伝えることができます。

両親の反対が、彼の学歴や家柄、離婚歴があったり、子どもがいることなど、彼の過去に関することによる場合もあります。今は気にならなくても、何かのきっかけで気になる可能性のあるポイントです。特に子どもがいる場合は養育費や、子どもや前の奥さんとの接し方についてしっかりと考え、彼と話し合う必要があります。

本人の努力によって変えることができる、あいさつやマナーとは違い、学歴や家柄、離婚歴などは変えることができません。だからその不安は取り除くことが大切です。

両親を説得させる方法

両親の反対するポイントが具体的にどこの部分なのか、反対する理由は何なのかを確認し、根気強く不安を取り除いていくべき

両親の反対を押し切り結婚したら後悔しそうなことは?

両親に結婚を喜んでもらえないのは悲しい

両親の反対にあい、何とか納得してもらおうと努力をしたものの、結局説得させる方法が見つからない。仕方なく強引に結婚したものの、両親が祝福してくれずに悲しい思いをしたというカップルもいます。結婚式であからさまに嫌な態度をとられてしまったり、最悪の場合、結婚式に参加してもらえないということも。

せっかく愛する彼と結婚できても、大好きな両親に祝福してもらえなかったり、あこがれの結婚式が悲しいものになってしまったりと、思い描いていた幸せいっぱいの結婚とは違うものになってしまいそうです。

結婚後両親との関係にひびが入ってしまう

これからの長い結婚生活の中では、きっと失業、子育て、介護、浮気など思いもよらない問題が待ち受けていることでしょう。そんなとき人生の先輩である両親の助けを得たいもの。でも両親の反対を押し切って結婚した手前、困ったときに助けてもらうのは難しいかもしれません。

両親も「反対を押し切って勝手に結婚したのだから、自分で何とかしなさい」と助けを断る可能性もありますし、あなた自身が「親には絶対に弱音をはきたくない」と意地になってしまい、助けを求めることができないかもしれません。このように、結婚後は両親との関係がぎくしゃくしてしまうことも覚悟しておく必要があります。

離婚したときに親の言うとおりだったと後悔する

両親の反対した理由どおり、彼との結婚生活がうまくいかなかった場合、「あのとき両親の忠告を聞いておけばよかった」と後悔してしまうかもしれません。生まれたときから自分を一番に見ていてくれた、人生の先輩である両親の言った通りだったと思い知らされることになりそうです。

両親の反対で結婚しなかったら後悔しそうなこととは?

相手に対する未練が残ってしまう

それでは逆に、両親の反対によって結婚をあきらめてしまったら、どうなるのでしょうか?別れた理由が性格の不一致など自分たちに由来するものではなく、外的要因によるものなので「彼は本当に素晴らしい人だった」と相手を美化してしまい、いつまでも相手に対する思いを引きずってしまいそうです。

新しい恋が始められない

「あんなに愛し合っていたのに、無理矢理に引き裂かれてしまった」と彼との楽しかった思い出に浸り、なかなか次の恋に踏み出すのが難しくなってしまいそうです。失恋後は誰でも落ち込みますが、引き裂かれたという思いが強くなってしまうので、普通の失恋のときよりも新しい恋愛に踏み出すのに勇気がいるかもしれません。

別れたことを後悔してしまう

「両親の反対のせいで別れることになった」と別れた理由を両親のせいにして恨んでしまうかもしれません。また、自分で別れを決断したわけではないので、「どうして別れてしまったんだろう」「両親の反対を押し切って結婚していればよかった」と別れたことをいつまでも後悔してしまいそうです。

両親の反対!結婚を説得させる方法とは?

説得しやすい状況を作ろう

このように両親の反対を押し切って結婚しても、両親の反対どおり別れても後味の悪いものになってしまいそうです。大好きな両親に彼との結婚を認めてもらえるよう、丸め込むのではなく、きちんと説得することが大切になってきます。反対されているからといって意地にならず、まずは相手が納得しやすい形で伝えましょう。

納得しやすい状況を作るのも重要になってきます。そのためには兄弟など自分の味方になってくれる人を増やしておく、両親を説得するのではなく、仲のいい親を先に説得するなど、少しずつ自分の味方を増やし、味方から説得してもらうのも有効な方法です。すぐに決着をつけようと焦らず、時間をかけて説得を繰り返しましょう。

誠実に説得、人間性をアピール

人の印象は、第一印象でほぼ決まると言われています。彼が緊張していた、人見知りでうまく自分の思いを伝えられなかったなどの場合、両親の印象が悪くなっている可能性があります。そんなときは相手が誠実であることを伝えられると納得してもらいやすくなります。時間をかけて、彼の人間性をアピールしていきましょう。

単に「彼はいい人なの」と言っても彼の人間性を伝えることはできません。「どうしてその人を選んだのか」「彼にしてもらってうれしかったこと」「彼のこんなところが好き」など具体的なエピソードを織り込みながら、彼の人間性や誠実さを伝えるようにしましょう。

一度与えた印象を覆すのは難しいことです。でも時間をかけて伝えれば、両親にもきっと彼の人間性が伝わるはず。焦らず何度も足を運ぶことで、少しずつ距離を縮めていきましょう。

親の立場で考えて、具体的に提案

両親が結婚に反対しているのは、自身の経験上気になる点があるからです。親の立場になって、反対理由を考え、どうすればその問題が解決されるのか具体的な解決策を提示できれば、納得しやすくなります。年収や仕事、借金がネックになっているなら、きちんと生活できるという貯蓄計画や返済計画を示すのがいいでしょう。

交際期間の短さや若さを理由に反対されているなら、一時的な感情ではなく冷静なことや、立派な社会人であることを伝えましょう。結婚により社会的信用を得られることや、早い段階から貯蓄をスタートできるということもアピールポイント。年の差の場合はデメリットを理解している点や対処の方法を説明しましょう。

あいさつやマナーを指摘された場合は、改善しようという誠意を見せるのが大切になります。離婚歴については、離婚理由や前回の結婚から学んだ改善点、養育費や子ども及び前妻との接し方などを具体的に説明し、不安を解消していきましょう。

まとめ.両親の反対から結婚するには

両親に結婚を反対されたら、つらいですよね。でも両親が結婚を反対するのは、大切なあなたに幸せになってもらいたいから。両親の反対を押し切って結婚したり、別れてしまうのではなく、両親を説得し、祝福されて結婚したいですよね。

そのためには説得しやすい環境を作り、彼の誠実さをアピール。そして、何が両親を不安にさせているのか考え、その不安を解消するために具体的な解決策を示してあげましょう。あなたの真剣な思いが伝わって、幸せな結婚に結びつきますように。

Small thub shutterstock 485161798

彼氏の実家に挨拶に行く時のベストな手土産は?彼ママをに好印象を!

彼氏の実家に挨拶に行く時の手土産って、何を持って行ったら良いか迷ってし

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。