Middle shutterstock 635453606

INDEX

簡単に小顔になる方法とは?

小顔の基準とは?

なやみ

女性にとって美の追求は年齢を重ねてもその熱意は衰えることはありません。そんな世の女性にとって今、注目を集めている美に対する関心ごとの1つと言えば「小顔」です。テレビに登場するモデル、女優の方々は皆揃って小顔ですよね。

小顔になると体全体のバランスから見ても「より可愛く」「よりキュート」に見える効果があります。そんな小顔ブームが巻き起こっている日本の美容業界において、そもそも「小顔と呼ばれる基準サイズ」はあるのでしょうか。

 

小顔の定義とは?

顔

小顔になるために必要なことは、「何センチの範囲に該当すれば人から小顔だね」と言われるのかを知る必要があります。この小顔の定義で最も重要なことは身長と顔の長さのバランスが小顔を決めるポイントとなります。

身長が大きくなるとその分、顔の面積が大きくなるのは自然なこと。しかし、小顔と呼ばれている人たちは、身長の割に顔が小さいという特徴を持つことから世間で「小顔」と呼ばれているのです。

顔の大きさを測定してみましょう

顔

自分が小顔かどうかをまず知るためには、「身長」と「顔のサイズを測定」する必要があります。特に顔のサイズを測る場合「全頭高、顔の長さ、顔幅、頭囲」のすべてを測っていきます。

「全頭高」と「身長」の比率によって小顔であるかを確認することができます。世間では「○頭身」という言葉を耳にすることがあると思います。これは「全頭高」を1つと数えて身長全体で何個分に相当するかということを意味しています。

日本人の平均的なサイズとは?

顔

日本人の場合、平均して「6.75頭身」と言われており、基準としては、7頭身以上から小顔と分類することができる考えられます。よく耳にする「8頭身」というのは平均サイズから見てもかなり全頭高の比率が身長に対して小さいことを意味しているということがよく分かりますね。

また小顔の中には、小顔になる方法を実践し努力の上で理想の顔を手にしている人もたくさん見受けられます。つまり、小顔になる方法を実践することで誰でも小顔になれる可能性があるということなのです。

デカ目&小顔ダイエット方法

簡単に小顔になる方法とは?

はてな

誰でも簡単に小顔になる方法があれば、今すぐにでも実践したいという女性の方も多いのではないでしょうか。雑誌やテレビなどでも複数取り上げられてる小顔になる方法の中でも特に効果の高い方法をまとめてご紹介したいと思います。

小顔になる方法を実践することで、お顔のダイエットにもつながる他、余分な脂肪を燃焼することができることにより目の周りのたるみや脂肪が引き締められることで「デカ目」を手にすることができたという声もあります。

小顔になる方法その1.「小顔ローラー」

服

小顔になる為のアイテムとしてやっぱりおすすめしたいのは「小顔ローラー」です。小顔ローラーにはマイクロカレントという微弱な電流に似たものがあり、肌のハリをもたらしたり、表情筋に刺激をもたらすことでむくみやたるみをスッキリする効果が期待できます。

小顔ローラーを使用する目安は一週間です。一週間毎にお肌の状態を確認することで、次第に表情筋の引き締まりを実感することができるようになるので、モチベーションアップにも効果的。焦って効果を急ぎすぎる人は一週間という区切り方が有効ですよ。

「小顔ローラー」のメリット

顔

小顔ローラーは、簡単にお肌に刺激を与えてたるみを引き締めてくれる効果がありますが、実は他にもメリットがあります。顔をマッサージする場合、どうしても気になるのがシワを作ってしまうことです。

顔を触るとどうしても皮膚を引っ張る動作があるので、皮膚を伸ばしてしまうことで皮膚のたるみや新たなシワを生み出す恐れがあります。

しかし、小顔ローラーは顔の表面を適度な力加減でコロコロと転がすだけなので、シワができたり皮膚がたるむような心配もなく安心です。簡単に小顔になれるだけでなく引き締まった顔の効果で、目の周りの脂肪も引き締まり「デカ目」効果も期待できますよ。

小顔になる方法その2.「顔ヨガ」

顔ヨガ

小顔になる方法に欠かせないトレーニング法として、「顔ヨガ」が人気を集めています。顔ヨガとは、表情筋を鍛えるトレーニング法を重点的に行うことで、お顔の筋肉を引き締めて小顔にするというものです。

顔ヨガには特別な道具は必要なく、表情筋を的確に鍛えるだけで誰でも簡単に一週間ほど継続することで小顔効果につなげることができると言われています。

やり方は、「目をパッチリと大きく開くこと」だけ。その時におでこにシワが寄らないように注意をしながら、目元だけに集中してできる限り大きく広げるように心がけましょう。

「顔ヨガ」の後は?

顔ヨガ

しっかりと目元を開いた次にすることは「まぶたをギュッと閉じる」という簡単な動作です。こうすることで目の奥の筋肉を刺激することができ、目元のたるみを解消する効果が期待できます。

この時の注意事項は、目元をギュッと閉じる際に、目尻にシワがよってしまわないように注意することです。深い力を入れすぎることで、目尻にくっきりとシワの筋が残ってしまう場合があるので、力加減には注意しましょう。

小顔になる方法その3.「舌を伸ばす」

アイス

小顔になる方法を実践する上で欠かすことができないのが、お顔のむくみです。表情筋を鍛えるのと同じくらい、表情に蓄積した水分や老廃物を排出することも同時に取り組みましょう。

そこで、小顔になる方法としておすすめなのが「舌を伸ばす」方法です。口を開いて、舌をあごの方向に向かって思い切っり伸ばしましょう。すると根元が刺激されているのを感じることができます。

舌を出すと同時に息を吐ききるようにします。すると、内臓が刺激されてむくむが解消されるようになります。必ず舌の根元から伸ばす必要がある為、恥ずかしい人は鏡の前でこっそりトレーニングをしてください。

一週間で小顔になる方法のポイント

食事制限の必要なし!

はn

顔ヨガの良いところは、特別な食事制限によるダイエット法を取り入れなくても良いということ。顔ヨガによりトレーニングを毎日続けることで、表情筋が身につき皮膚のリフトアップにつながっていきます。

トレーニングを辞めてしまうと、表情筋が衰えてしまい皮膚のたるみや小顔効果も落ちてしまう為、継続して表情筋を動かすようにしましょう。また、食事制限は気にする必要がありませんので、顔ヨガだけに集中して取り組みましょう。

ただし、小顔ローラーを行う際にはお顔の表面を刺激しますので、前日には脂っこい食事などを控えるようにしましょう。脂質や油分の多いお肌であればいくら小顔ローラーといえども肌への刺激が原因で、ニキビなどの肌荒れになる恐れもあります。

デカ目運動の継続!

デカ目運動

デカ目運動をすることで、目元がスッキリして表情が冴えているような印象を人に与えることができるようになります。体重を落とす目的でダイエットをしている人の中には、「腫れぼったいまぶた」にコンプレックスを抱えている人もいます。

その原因は、食事制限による解決が正しい方法ではなく表情筋をうまく活用できていないことが考えられますので、しっかりと何か原因で今の表情になっているのか?を自覚することを意識しましょう。

小顔になる方法を実践してみましょう

小顔になる方法とダイエットを両立

両立

小顔になる方法を実践していくと顔のサイズが小さくなっていく変化に気づくことができます。一方で、顔のサイズが小さくなったことで、体全体のラインが乱れて見えるようになりダイエットの必要性に駆り立てられる場合も。

そんな後手に回らないでもいいようにする為、多くの女性は小顔になる方法を実践すると同時にダイエットにも取り組んでいるのです。運動やサプリメントによるダイエットでも十分ですのでバランスよく理想の体や小顔に近づけてる努力に励みましょう。

顔の大きさは、身長と全顔高の比率と申しましたが、人によって体系が異なるように、顔と肩幅の比率によっても印象が大きく異なっていきます。それだけ、人間の目に移る顔の大きさに対する印象が繊細だということですね。

理想の小顔を手にした自分を想像しよう

想像

誰でも一度はモデルさんのような小顔になりたいと憧れを持ったことがあると思います。自分がもしモデルさんのように小顔になれたら、もっと自信を持っておしゃれを楽しめるようになれるかも!と想像した自分の姿にモチベーションも高まりますよね。

女性が小顔になる方法を実践する上で最も重要なことは、「継続性」を持つということです。効果がなかなか実感できないことで、ダイエットを途中でやめてしまったり、小顔になる方法を放棄してしまう人をたくさん見てきました。

これまで一生懸命トレーニングをしてきたにもかかわらず、自分でゴールを決めてしまい後少しのところで手にすることができた理想の小顔を諦めてしまう人も後を絶ちません。ぜひ、そんな時は理想の小顔をイメージし続けるようにしましょう。

困った時は動画を見ながらトレーニング

動画

自分一人では時々サボってしまうという方も中にはおられます。そんな人は、顔ヨガの動画を見ながら一緒にトレーニングをするのがオススメです。動画を見ることで、終了時間も事前に確認ができるほか、動画の終了時間までは頑張る!とモチベーションにもつながります。

誰かがそばで監督しているわけではない、小顔になる方法ですのでついつい一人で行うと甘えてしまうところは否めません。でも、継続して表情筋を鍛えるようにしなければ1日サボると取り戻すまでにその倍以上の日数がかかってしまいます。

顔ヨガでたるみを引き上げ、目の周りの老廃物や余分な水分を排出できるようなるまで、表情の体質改善が済むまでは毎日決めた時間をやり続けるように心がけましょう。頑張ったぶんだけ確実に成果として現れてきますよ。

小顔の夢を叶えましょう

夢

女性であれば誰しも一度は「もっと顔が小さかったら」と考えたことがありますよね。そんな憧れを叶えるために誰でもできる顔ヨガに取り組むことがいちばん!

憧れているだけでは決して叶うことはありません。しかし、実践することで小さな変化に気付き、それが次のモチベーションにも繋がるのは言うまでもありませんよね。ぜひ小顔になりたいと夢をお持ちの方は、とにかく実践して悩みとお別れできればと思います。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。