Middle shutterstock 639863410

INDEX

セックスを楽しむ性交体位

48手とは

48手

48手とは「四十八手」と書き、男女のセックスの方法が数多くある様を意味する表現のことです。江戸時代から続く伝統の性交体位のことを表し、「江戸四十八手」、「大江戸四十八手」などと呼ばれることもあります。

元々は、相撲の決まり手に関する言葉が、後に性交体位の種類などに転用されたことが始まりとされています。大好きな人ともっと深く触れ合いたいという一途な想いから愛し合うカップルの間で、歴史的に行われてきた体位が48手ということです。

 

いろいろな体位を楽しもう

48手

セックスの体位には48手と呼ばれる48種類の性交体位があるわけですが、全部経験したことがあるという人はどれくらいいるでしょうか。自分たちの好きな体位、苦手な体位、楽しめる体位など、様々な感覚があるでしょうが、まずはいろいろな体位を楽しんでみることが大切です。

実際に行ってみて、自分たちに合う合わないを判断すれば良いので、食わず嫌いにならないように、まずはチャレンジしてみましょう。そういった中からお気に入りの体位を見つけて、セックスを楽しんでいきましょう。

『イラスト付き』48手の方法一覧

1.テコがかり

テコがかり

ここからは、具体的に性交体位の48手の方法を一覧でご紹介していきます。イラスト付きのものもあるので、そちらのイラストも参考にしながら、一つ一つの性交体位を確認していきましょう。

最初は、「テコがかり」と呼ばれる性交体位についてご紹介します。テコがかりは、男性上位のシックスナイン(69)から、女性のつま先方向に移動して挿入する難易度の高い体位となっています。深度が深いので、人によって快感度が大きく変わってくる体位と言えます。

2.立ち花菱(たちはなびし)

立ち花菱

「立ち花菱」とは、クンニの時に、女性の腰の下などに枕やクッションなどを入れたものです。腰を持ち上げることで、より刺激を受けやすくなり、快感度も上がります。

3.つり橋

つり橋

続いては、「つり橋」と呼ばれる性交体位についてご紹介します。この体位は、男性がひざ立ちになって、胴を空中に浮かせた女性の腰を支える形で楽しむ体位です。男性のひざ立ちの姿が、つり橋であるかのように見えることから、このネーミングがつけられました。イラストで見るとわかりやすいでしょう。

4.時雨茶臼(しぐれちゃうす)

時雨茶臼

「時雨茶臼 」とは、一般的な女性上位の騎乗位の体勢のことを指す性交体位となります。男性が下から突き上げても良いでしょうし、女性が前後左右に動いても良いでしょう。

疲れやすい体位なので、男女で動きを交互にするというのも長く楽しむためのポイントになってきます。「時雨茶臼 」と聞くと、違和感があるかもしれませんが、一般的な騎乗位で楽しめる体位です。

性交体位48手その2

5.うしろやぐら

立ちバック

ここからは、「性交体位48手その2」と題して、続けて性交体位を一覧でご紹介していきます。まずは、「うしろやぐら」と呼ばれる体位です。うしろやぐらとは、アウトドア時のエッチにも代表されるような立ちバックのことです。

アウトドアでの開放感と共に、お互いの身体が密着し合って、感度も抜群の気軽にできる体位です。比較的取り組みやすい体位なので、積極的にチャレンジしてみましょう。

6.寄り添い

寄り添い

「寄り添い」とはシンプルな48手の中でも性交体位で、男女が寄り添い合ってスキンシップをとり合う体位です。性交というよりも、愛撫であるといった方が正しいでしょう。前戯や後戯として行うことで、肌と肌の触れあいを感じることができて、お互いの親密度もアップする体位です。

7.撞木ぞり(しゅもくぞり)

撞木ぞり

「撞木ぞり」とは、後背位の女性上位の成功体位です。女性が足を大きく開いて、鏡を向かいにセックスをすることで、繋がり合っている部分がバッチリと見えるので、お互いの興奮度は頂点に達するでしょう。機会があれば、チャレンジすることをおすすめできる体位の一つです。

8.獅子舞(ししまい)

獅子舞

「獅子舞」とは、対面座位の一種で、女性は男性の肩に足を乗せて支えてもらう性交体位です。女性の柔軟性が必要で、苦しい姿勢になる彼女を支えるために、男性の腕力が必要になってきます。また、勃起力も大きなポイントとなり、体勢を維持し続けるだけでも大変な体位です。

9.菊一文字(きくいちもんじ)

「菊一文字」とは、バレリーナのように広げられた女性の足を前にして、男性は横向けに「一」の字になって攻める性交体位です。男性から女性のデリケートゾーンが、奥までバッチリと見える体位となっています。その恥ずかしさを気持ちよさにつなげることができれば、お互いに気持ちよくなれるおすすめの体位です。

10.こたつがかり

性交体位

「こたつがかり」とは、女性が座った男性の上にまたがって、天板についた手を軸に腰を動かして行う性交体位です。座位の後背位とも呼ばれ、内側からも外側からも身体がぽかぽかになりやすい体勢であることから、このネーミングとなりました。

11.岩清水

岩清水

「岩清水」とは、いわゆる顔面騎乗によるクンニのことを指す48手の方法です。流れ出る清水を、男性の舌でどう舐めてもらえるかが、気持ちよさの分かれ目のポイントとなります。

女性の気持ち良さがクローズアップされる体位ですので、岩清水をしてもらった後は、男性を気持ちよくさせてあげることも意識すると良いでしょう。

性交体位48手その3

12.理非知らず(りひしらず)

理非知らず

ここからは、「性交体位48手その3」と題して、さらに奥深い48手の体位についてご紹介していきます。まずは、「理非知らず」と呼ばれる体位についてです。女性の両手と両ももを縛るのが、理非知らずという体位の肝となってきます。

主導権はすべて男性にあるため、2人の愛と信頼関係が大切になってくる性交体位です。難しい体位の一つなので、行う前はしっかりとその方法などについて確認しておくことが大切です。

13.茶臼のばし(ちゃうすのばし)

茶臼のばし

「茶臼のばし」とは、女性上位で女性が男性の上半身に抱きつくようになり、足をやや伸ばし気味にして行う性交体位です。48手の中でも比較的取り組みやすい体位でありますが、動きにくさがあるのもこの体位の特徴です。テクニックがなくても取り組めるので、まずはチャレンジしてみると良いでしょう。

14.こたつ隠れ

こたつ隠れ

「こたつ隠れ」とは、こたつを囲んで向かい合わせに座ったまま、天板の下でつながり合うという体位です。体位というより、ちょっとした男女のお遊びみたいなものでしょう。

お互いに見つめ合って行うことで、恥ずかしさやドキドキ気分を味わうこともできるでしょう。普段のセックスがマンネリ化してきた時などに行うと、新鮮な気分で楽しめる48手の1つです。

15.乱れ牡丹(みだれぼたん)

乱れ牡丹

「乱れ牡丹」とは、座った男性の上に、足を大きく広げた女性が後ろ向きで座る体位のことです。男性に後ろから首筋を愛撫してもらい、甘い言葉をささやいてもらえば、女性の興奮度は一気に高まります。2人の愛情を確かめ合うという意味でも、おすすめの体位です。

16.帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)

帆かけ茶臼

「帆かけ茶臼 」とは、対面座位のアレンジバージョンの体位です。男性が女性の両足を両腕で支えながら挿入します。女性はできるだけ足を大きく開いてあげることで、男性に協力してあげましょう。

17.本駒駆け(ほんこまがけ)

本駒駆け

本駒駆け(ほんこまがけ)とは、体育座りをした男性の上に、女性が後ろ向きでまたがって挿入する体位です。男性は舌から突き上げ、女性は男性のひざに置いた手を軸にしてリズムをとります。早いリズムでテンポ良く動いていくことで、お互いに気持ちよさを感じられる48手の1つです。

18.百閉(ひゃくへい)

百閉

「百閉」とは、女性が上位となるノーマルな体位です。女性自身で自らの気持ち良い場所を見つけながら動くことで、より感度の高いセックスを楽しむことができます。女性の動きに合わせて、男性も下から突き上げてあげることで、一体感を味わうこともできます。

19.雁が首(かりがくび)

雁が首

「雁が首」とは、フェラチオのことです。雁が首という名称以外にも、「尺八」、「ハーモニカ」、「千鳥の曲」などといった呼び名があり、いわゆるオーラルセックスのことです。味が苦手な女性は、ラブローションを使って香りをつけるのもおすすめです。

20.しがらみ

体位

「しがらみ」とは、男性が挿入した後に、女性が足を閉じてまっすぐに伸ばした体位のことを言います。足先を絡ませることで、女性の中がギュッと閉まって、男性にはこの上ない快楽となります。挿入は浅めで構いませんが、全身の密着感で愛情をたっぷりと味わえる体位です。

性交体位48手その4

21.二つ巴(ふたつどもえ)

二つ巴

「二つ巴」とは、簡単に言うと、69(シックスナイン)のことです。女性が上でも、横になったスタイルでも構いません。単純なクンニやフェラチオに比べると快楽には集中しにくい面もありますが、お互いの一体感を味わえるのが、この体位も醍醐味と言えるでしょう。

22.御所車(ごしょぐるま)

性交体位

「御所車」とは、女性が上位になって、男性器を中心軸として、女性がクルクルと動き回るスタイルの体位です。別名では、「ナイアガラの滝落とし」、「花時計」の他、関西方面では、「タケコプター」と呼ぶこともあるようです。48手の中でも難しい体位の方法なので、事前にやり方を確認しておくと良いでしょう。

23.松葉くずし

松葉崩し

「松葉くずし」とは、松葉の枝が交差するようにお互いの足を絡め合わせながら挿入する体位です。48手一覧の中でも有名な体位ですが、女性の片足を男性が持ち、角度や深さを調節しながら気持ちの良いツボを探すのが、松葉くずしのポイントとなります。

24.碁盤攻め(ごばんぜめ)

碁盤攻め

「碁盤攻め」とは、女性が碁盤に手をついて、男性が後ろから立位で挿入するスタイルです。碁盤を持っていない場合には、なにか持ち合わせている適当な台があれば、そういったもので楽しむのも良いでしょう。ちょっと刺激的でもあるので、強い刺激を求めたいカップルにはおすすめの体位です。

25.首引き恋慕(くびひきれんぼ)

48手

「首引き恋慕」とは、女性が男性にまたがるような形で対面座位になり、女性と男性が交互あるいは同時に、首に縄をかけながら挿入するスタイルです。本当にやろうとするとリスクもあるので、注意が必要です。

26.絞り芙蓉(しぼりふよう)

座位

「絞り芙蓉」とは、座った男性の上に女性が後ろ向きでまたがるスタイルの座位です。男性が後ろから首筋や耳を舐めたり、乳首やクリトリスをいじりやすい体位です。

27.仏壇返し(ぶつだんがえし)

仏壇返し

「仏壇返し」とは女性が上半身を折り曲げて床に手をついたところに、男性が後ろから挿入するスタイルです。女性がお相撲さんの「はっけよい」をするように足を肩幅程度に開くことで、安定感を保つことができます。

28.手懸け(てがけ)

手懸け

「手懸け」とは、こたつがかりにも似たスタイルの座位です。男性が椅子などに腰掛けて、女性が男性の上に腰掛けて行うことで、お互いの密着感も出て気持ちよくなります。

29.椋鳥(むくどり)

体位

「椋鳥」とは、シックスナインで男性が上になるバージョンのスタイルのことです。側位や女性上位でのシックスナインに比べて、男性の征服感がややアップするスタイルとなっています。

性交体位48手その5

30.窓の月(まどのつき)

性交体位

「窓の月」とは、バックの形で女性の足の間に男性が片足をぐっと差し込むスタイルです。2人が同じ方向を向くため、窓から月を一緒に眺められるということで、このネーミングがついたそうです。

31.鳴門(なると)

鳴門

「鳴門」とは、バックから挿入するスタイルの座位です。ポイントとしては、上からまたがった女性が大開脚をしながら、腰を円を描くように動かすことです。

32.締め小股(しめこまた)

締め小股

「締め小股」とは、正常位の形で女性が太ももと太ももをギュットくっつけるように足を絡ませるスタイルの体位です。ギュット締め付けてあげることで、男性により一層の快感を与えることができます。

33.千鳥(ちどり)

性交体位

「千鳥」とは、膝を折って仰向けになった女性に正常位の形で挿入するスタイルです。柔軟性が必要となってくるスタイルであり、腰痛持ちの女性や体の固い女性は無理をしないことがポイントです。

34.抱き上げ(だきあげ)

抱き上げ

「抱き上げ」とは、後背位のスタイルで、男性がそのまま女性の両足をぐいっと持ち上げた形で楽しむ体位です。女性が床にひじをつき、男性は膝をついているのが、押し車との違いになります。いずれにしても、男性の腕力が必要となるスタイルです。

35.流鏑馬(やぶさめ)

騎乗位

「流鏑馬」とは、馬にまたがる騎乗位を想定した女性上位のスタイルです。男性を服従させる気分で腰とヒモを使ってみるのが、このスタイルの楽しみ方のコツです。

36.立ち鼎(たちかなえ)

立ちかなえ

「立ち鼎」とは、向かいあったタイプの立位となります。男性が一本足で立つ女性の腰をしっかりと支えて、転ばないように安定感を持って立つことがポイントです。密着度が高いので、女性のバストを押し付けることで、男性は上半身も下半身も快感を得ることができます。

37.鵯越え(ひよどりごえ)

バック

「鵯越え」とは、いわゆるバックのことです。お尻から背中まで男性に見られることになるので、男性をその眺めを楽しみながら挿入すうことができます。お互いに顔が見えないことで、より快楽に集中しながら楽しむことができるスタイルです。

38.達磨返し(だるまがえし)

だるま返し

「達磨返し」とは、足を組んだまま女性の太ももなどを縛って、男性が抱え込むように交わるスタイルです。ちょっとしたドキドキ感を味わえるスタイルなので、ちょっと刺激が足りない時などにチャレンジしてみると良いでしょう。

性交体位48手その6

39.千鳥の曲(ちどりのきょく)

千鳥の曲

「千鳥の曲」とは、フェラチオをメインとした女性側からの愛撫のことを言います。仰向けになった男性の横で、正座をした女性が、音を立ててかわいがりながら男性のあそこをいじってあげながら、手で乳首などを弄んであげるスタイルです。

40.抱き地蔵(だきじぞう)

抱き地蔵

「抱き地蔵」とは、お互いにギュット抱きあいながら行う座位のことです。男性は体育座りか椅子に腰掛けて行うと良いでしょう。深い挿入を楽しめるだけでなく、お互いに腰を動かしたり、抱きしめあえたりするのもポイントの体位です。

41.浮き橋(うきはし)

バック

「浮き橋」とは、バックの形から女性は横向けに寝転び、男性が支える手を軸に、お互いに腰を前後に動かすスタイルのことです。角度の違った腰が動く様子がゆらゆらとして、まるで浮き橋のように見えることから、その名がついたそうです。

42.立ち松葉(たちまつば)

立ち松葉

「立ち松葉」とは、松葉くずしの立位バージョンです。女性は自転車こぎのエクササイズ状態となり、かなりハードな体位となります。男性も女性の足を支えつつ、腰を動かしていくので、バランスを崩して転ばないように注意が必要です。

43.鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)

立位

「鵯越えの逆落とし」とは、断崖絶壁の「鵯越え」を果敢に突破した源義経の戦法に由来する名前です。断崖絶壁のような女性の身体を持ち上げて、下で攻めるのが特徴のスタイルです。

44.燕返し(つばめがえし)

「燕返し」とは、うつぶせになった女性の片方の足を、男性の補助を借りながらグイッと上に持ち上げるスタイルです。まるで燕の尾羽のように、ぴんと反らす体勢からその名がつけられました。刺激的なすたいるで、快感を得ることができます。

45.宝船(たからぶね)

宝船

「宝船」とは、松葉くずしを女性上位にしたものと考えるとわかりやすい体位です。別名で「クロスボンバー」とも呼ばれており、仰向けになった男性の片足を抱き上げて、帆のように立ててそれを支柱にしながら女性は腰を動かすことで快感を得られます。

46.押し車(おしぐるま)

押し車

「押し車」とは、手押し車の体勢で、男性が女性に挿入するスタイルです。そのまま前方向に移動したりしても楽しむことができます。かなりの運動量が必要なので、元気な時に行うと良いでしょう。

47.深山(みやま)

深山

「深山」とは、女性の足をV字に開き、高く持ち上げたまま、男性が奥深くまで挿入するスタイルです。男性からは女性とつながっている部分が丸見えなので、興奮度も高まるスタイルです。

48.鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)

鶯の谷渡り

「鶯の谷渡り」とは、口と唇のみを使った愛撫のことです。愛撫する側は、うぐいすになったつもりで、いろいろな箇所を愛撫してあげると良いでしょう。

まとめ

48手について一覧でご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。イラスト付きでわかりやすい体位もあるので、これまで経験したことがない体位があれば、チャレンジしてみても面白いでしょう。カップルでの貴重な時間をいろいろな体位で楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。