INDEX

おかゆの作り方と雑炊の作り方

おかゆと、雑炊の違いは作り方にあった!

おかゆと雑炊、同じもののようでなぜ名前が違うの?という疑問を持っている方は多いはず。おかゆと雑炊の違いは作り方にあったのです。おかゆは水で煮立てていきます。味付けは出来上がる前に塩もしく醤油で味をつけることが多いです。

雑炊は出汁から煮立てていきます。出汁で煮立てながら味付けをし、様々な具材なお好みの具材と煮込むためレシピも豊富にあるようです。鍋の締めでご飯を投入しますが、この場合は雑炊になります。お鍋を提供するお店でも締めの雑炊のレシピにこだわるところも多いです。

おかゆの基本的な作り方

おかゆと言っても、作り方は様々。まず、大きく分けて「ご飯からおかゆを作る方」、「米からおかゆを作る方」がいらっしゃると思います。作り方がご飯から作る「入れ粥」作り方がお米から作る「炊き粥」と言います。また、炊き粥の場合、米と水の割合で以下のように分けます。

米と水の割合
  • 【全粥】米1に対し水5の割合で作るおかゆ
  • 【七分粥】米1に対し水7の割合で作るおかゆ
  • 【五分粥】米1に対し水10の割合で作るおかゆ
  • 【三分粥】米1に対し水20の割合で作るおかゆ

作り方がご飯からなる入れ粥は、出来上がりには時間はかかりません。火にかけてお好みの硬さになるまで、炊き込めば良いでしょう。しかし、作り方が米から作る炊き粥は、35分~45分ほど炊き込まなければならないので、少し時間がかかります。

雑炊の基本的な作り方

次、雑炊の作り方はというと、雑炊はご飯を出汁で煮込んだ作り方になります。例えば、和風だし、鶏がらスープなどで、ご飯を煮込み、お好みの具材を投入すればそれは雑炊になります。作り方や味付けの自由度も高いです。

おかゆと雑炊は体に悪い

おかゆと雑炊は消化に悪い

おかゆと雑炊は実は消化の悪い食べ物だと知っていましたか?おかゆと雑炊と言えば病気で食欲が無かったり、胃腸が弱っている時に食べる体に優しい食べ物の代表格のようなもの。その体に優しい食べ物おかゆと雑炊がなぜ、消化に悪いのでしょうか。

柔らかく煮込んである、噛まずとも食べれられるおかゆと雑炊。体に優しいと思ったら、その噛まないことがいけなかったのです。なぜ、噛まない行為が体に悪いのかというと、噛まずに飲み込むという行為は、唾液の分泌が上手に行われないからです。

唾液には消化を助ける効果があり、その唾液が分泌されないことが、消化が悪くなる理由となっています。雑炊には具が入っているのでとも思いますが、煮込んでしまうと具材も柔らかくなりあまり噛まずとも良いですよね。噛まずとも体に優しく入っていく雑炊とおかゆ。その優しさに甘え手ばかりではダメなようですね。

おかゆは体に良い

おかゆは朝食べると効果的

おかゆは朝食に特に向いています。まず、おかゆは水分が多いですよね。寝ている間に人間は汗をかきます。水分が失われています。そこで、水分の豊富なおかゆを食べることで水分を補うことができるのです。さらに、おかゆは炭水化物なので、脳や体へのエネルギー源、活力となるのです。

また、おかゆは温かいので、特に冬などは冷えた体をすぐに温めてくれて体を動きやすくしてくれます。食欲がない朝でもおかゆならば体に入っていきやすい所も朝食に向いています。

さらに、朝食のおかゆを効果的にするには

朝食のおかゆは体に浸透しやすいです。だからこそ体調に合わせた具材を選ぶことができれば、もっと体に良いものとなります。特に朝食でおかゆが食べたくなるのは二日酔いの時ではないでしょうか。二日酔いの時にはまず、緑茶のおかゆはどうでしょうか。

緑茶に含まれるカフェインが、利尿作用を促し、体に残っているアルコールを早めに体外への排出を助けてくれます。さらにしじみのおかゆを作ればしじみが持つタウリンの解毒作用によりアルコールの分解を助けてくれます。

次に、貧血などに効用があるほうれんそうとあさりを加えることも良いです。朝から貧血に効くミネラル分を取り入れることで朝からの体の活動が変わってきます。このように、おかゆで取り入れることの出来る成分は変わってきます。

おかゆは宿便予防になります。

おかゆは便秘に効果があると言われています。その理由に、宿便予防という理由があります。宿便がおなかに溜まって一緒に老廃物などの毒素を蓄えてしまい、腸の働きを悪くして、便秘の原因になったりします。また、栄養の吸収を悪くしたりもします。

おかゆは、水分がたくさん含んでいる上に、柔らかい為、腸の中をスムーズに進んでいきます。スムーズに進みながら、宿便の元となる老廃物などを押し流してくれるので、便秘の予防になるのです。どのおかげで腸内環境も良くなるので便秘も治り、さらには栄養の吸収も良くなるので、体調が良くなるといえます。

さらに、便秘が治り、腸内環境が良くなることはダイエットにつながると言えます。そして、老廃物や毒素がなくなることは、美肌効果にもつながります。おかゆを食べてば、綺麗になれるということです。

雑炊も体に良い

雑炊は様々な食物が同時に取れる

雑炊の作り方は、出汁などに、ご飯と様々な食物を入れて煮込みます。その作り方より栄養バランスも取れて体に良いです。一時期は「雑炊ダイエット」もブームとなりました。一食を雑炊に変えることでダイエットになるというものです。

レシピも豊富にあるので飽きずに一食に取り入れることができるのもメリットです。ダイエットの理由はおかゆとあまり変わりません。しかし、雑炊の作り方はご飯から煮込むので炊き粥より時間が早いところがメリットでしょう。

おかゆより手軽にできる

雑炊の作り方はご飯から煮込みます。おかゆにもご飯から作る入れ粥という作り方もありますが、やはりお米から作った方が、おかゆらしいですよね。お米からおかゆを作るとなると35分~45分ほどかかってしまいます。朝ごはんの時間となると少しでも時間を節約したいものです。朝は化粧などで時間を取ってしまいますので。

雑炊の作り方は、ご飯から作りますので、ご飯は昨日の残りで構いません。一緒に入れる具材も火の通りにくいものは別として、比較的火の通りやすい食材ならば、何かをしながらでもコンロで弱火でコトコトしておけば完成しているはずです。雑炊の作り方ならば、忙しい朝に持ってこいですよね!

体に優しい卵おかゆの作り方と味付けレシピ

御餅が入ったおかゆ

御餅が入ったおかゆの材料
  • ご飯
  • もち
  • 出汁(お好み)
  • 麺つゆ
  • 菜の花
御餅が入ったおかゆの作り方
  1. 鍋に水とご飯を入れて火にかけます
  2. この間に餅を一口サイズに切り分け、電子レンジで柔らかくしておきます。より、トロトロ感を求める方は電子レンジで柔らかめにしておいた方が良いでしょう。菜の花も茹でて刻んでおく。
  3. 鍋がグツグツと煮込んできたら餅を投入。
  4. 御餅とご飯がお好みの固さになってきたら、出汁と麺つゆを入れて味を調えます。
  5. 溶き卵を入れて、刻んでおいた菜の花も入れて完成!

\ POINT /

御餅が入ったおかゆの作り方

御餅が入っているために腹持ちが良く、体も温まりやすいです。さらに疲れている時や食欲がない時にも食べやすく、御餅のおかげでボリュームもあります。

風邪を引いた時に効果あり!青ネギ入りたまごおかゆ

青ネギ入りたまごおかゆの材料
  • ご飯300g
  • 水400g
  • たまご
  • 青ネギ
  • 塩(小さじ3分の1)
  • 出汁(小さじ3分の2)
  • 醤油(小さじ1)
青ネギ入りたまごおかゆの作り方
  1. 鍋に水とご飯を入れて、コンロにかけます。
  2. その間に青ネギをお好みの長さに切っておく。歯ごたえを求めれば長めに
  3. グツグツしてきたら、弱火にし塩・出汁・醤油を入れてじっくり煮ていきます。
  4. 水気が出ていき、少し粘り気が出てきたら、たまごろを溶いて入れます。
  5. さっとかき混ぜて、コンロから鍋を離し、そのまま1分~2分ほど蒸らした後に主役の青ネギを入れてさらにさっとかき混ぜて出来上がり!

\ POINT /

青ネギ入りたまごおかゆ

ネギには風邪の引き初めに効果があると昔から言われています。ネギには血管の老化の予防や、体を温めることに効果的と言われてきました。その理由は「アリシン」という物質が良いと言われています。このアリシンがのどや口の中の風邪のウイルスを抑えるとともに疲労回復にも効果的である為に、風邪の原因となる要素を取り除いてくれます。

味噌風味が食欲をそそる!味噌風味たまごおかゆ

味噌風味たまごおかゆの材料
  • ご飯(お茶碗一杯)
  • 水(200ml)
  • 味噌(大匙一杯)
  • 出汁
  • たまご
味噌風味たまごおかゆの作り方
  1. 鍋に水とご飯を入れてコンロにかけます。この時に冷ご飯を使った場合はご飯が固まりやすいので、ほぐすことをお勧めします。
  2. グツグツと煮えてきたら焦げ防止のため弱火にし、しばらく煮ます。
  3. しばらく弱火で煮ることでご飯が柔らかくなってきたら出汁と味噌で味付けします
  4. 味噌と出汁がなじんだら溶き卵を流し込み出来上がり!

\ POINT /

味噌風味たまごおかゆ

食欲不振の時に求められるおかゆ。そんな食欲不振の時にさらに食欲を掻き立てるのが味噌の風味になります。体に優しいおかゆに味噌の風味を足して、おいしくおかゆを頂きましょう。

出汁の香りが良い!和風たまごおかゆ

和風たまごおかゆの材料
  • ご飯(茶碗半分)
  • 水300ml
  • 出汁
  • たまご

サンプル

和風たまごおかゆの作り方
  1. ここは土鍋を使い、土鍋に水とご飯を投入し火にかけます。同時にたまごを溶いて準備をしておきましょう。
  2. 土鍋が沸騰したら、火力を調整し、吹きこぼれない程度で煮込んでいきましょう。
  3. 水気が減り、煮込みが十分になったら出汁を投入して溶きたまごを加えてたまごがまんべんなく混ぜ合わるようにかき混ぜたら出来上がり!

\ POINT /

和風たまごおかゆたまご雑炊ちょい辛たまご雑炊ふわっふわ雑炊シーチキンたまご雑炊

和風な出汁の香る和風たまごおかゆ。そのシンプルさがさらにこのおかゆの人気を高める理由になっています。シンプルだからこそ良い!調味料が入っているので温度が上がり焦げないように注意しまよう。作り方も簡単ですので、夜食やちょっと小腹がすいた時にもぴったりです。ごま油の香りが食欲をそそり、コチジャンの辛みで食が進みます。体も温まるのでGOOD!たまご雑炊との相性が抜群の豆腐。こんなに合うのかと驚いてしまいますよ。ふわふわ感がたまりません!お試しあれ!子どもが大好きなシーチキンをたまご雑炊に投入すれば、子どもウケすること間違いなし。ただ、かなりの熱々なので子どもが食べるときには火傷に注意するようにしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。