INDEX

コーヒーミルとは?

コーヒーミルはおいしいコーヒーに欠かせないアイテム

コーヒーミルを使っている人はどのくらいいるでしょうか。コーヒー愛好家という人にとってコーヒーミルは欠かせないアイテムでしょう。

コーヒーの味わいは豆の種類、焙煎方法、お湯、カップなど様々な条件がありますが、豆の挽き方も重要です。コーヒーミルは豆を挽くための道具なので、ぜひともこだわりたいところです。

ミルとグラインダーの違いは?

基本的には同じものです!

コーヒーミルについて調べていると、グラインダーという言葉に出会います。ミルとグラインダー、見た目は同じなのに何が違うのだろう?と思っている人も多いでしょう。

結論から先に行ってしまうと、ミルとグラインダーは基本的には同じものです。どちらもコーヒー豆を砕いて粉にするものですから、どちらを選んでも問題はありません。

違いは2つ!

強いて区別するのであれば、家庭で使うコンパクトなサイズのものをミル、業務用の大きいサイズのものをグラインダーと呼んでいます。業務用のものはエスプレッソレベルの細かさまで挽くことができるので、その点も違いとして挙げられます。

ゆっくり派におすすめ!手動のコーヒーミルの選び方

手動コーヒーミルのポイント

手動コーヒーミルは、自分の手でハンドルを回して豆を挽くことができます。ハンドルを回しているとゴリゴリとコーヒー豆を挽く感触を感じることができます。

手動コーヒーメーカーはコーヒー愛好家にとってなくてはならないものです。ゆっくりとコーヒー豆を挽きながらその香りを楽しむ、その時間はまさに至福のひとときです。

手動コーヒーミルのメリット

手動コーヒーミルのメリットはおしゃれ感があるということでしょう。レトロな雰囲気のものやスタイリッシュですっきりしているものなど、デザイン性があってみているだけでも楽しいです。

コンパクトで電源がいらないので持ち運びにも便利です。自宅で使うのはもちろんのこと、野外で自然の新鮮な空気を楽しみながら挽きたての豆を使ったコーヒーを飲むという贅沢な時間も楽しめます。

手動なので価格も電動のものに比べると安価です。安いものだと3000円台から購入することができます。もちろんこだわりの詰まった高いものもありますが、極端に高いものではなくてもおいしくコーヒー豆を挽くことができます。

手動コーヒーミルのデメリット

ゆっくりコーヒー豆を挽くことができるのが手動コーヒーミルの最大のメリットなので、飲みたいと思った時にすぐコーヒーを入れたいという人には電動コーヒーミルの方がおすすめです。

また、手動コーヒーミルは1杯分のコーヒー豆を挽くことができるものがほとんどなので、一度にまとまった量を挽いておきたいという人にもおすすめできません。

手軽派におすすめ!電動のコーヒーミルの選び方

電動コーヒーミルのポイント

電動コーヒーミルはその名の通りスイッチを入れれば電動でコーヒー豆を挽いてくれる機械です。コンパクトで家庭で手軽に使うことができ、持ち運びの簡単なプロペラ式と呼ばれるものと、喫茶店やコーヒー専門店で使われるような大きいサイズの臼式・コニカル刃と呼ばれるものがあります。

電動コーヒーミルのメリット

電動コーヒーミルの最大のメリットは短時間でコーヒー豆を挽くことができるということです。スイッチを入れればお好みの挽き方であっという間に粉にしてくれます。だいたい10秒から30秒ほどで粉になるので手動のものとはずいぶん違います。

手動と違い、一定のスピードと強さでコーヒー豆を挽くので、均一の大きさにコーヒー豆を挽いてくれるのもうれしいポイントです。

電動コーヒーミルのデメリット

電動コーヒーミルのデメリットはコーヒー豆を挽くときの音がうるさいということでしょう。電動なので、それなりの音がします。機械的な音なので、コーヒー豆を挽く音も楽しみたいという人にはおすすめできません。

また、金額も手動のものと比べると値がはります。安いものもありますが、それらは機能が少ないのでコーヒー豆の挽き方にもこだわりたいという人には向きません。機能性を求めると、やはり手動のコーヒーミルよりも高くなるのは仕方ありません。

本格的なものを求めるとなると、やはり据え置きの大きなサイズのコーヒーミルがよいでしょう。そうなると、場所を取るので置く場所も考える必要があります。電源も必要になるので、手動のもののように持ち運びするというのは難しいです。

ゆっくり香りを楽しんで。おすすめ手動コーヒーミル15選

①CITUS手挽きコーヒーミルセラミックカッター 1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る

スタイリッシュなシルバーのデザインが美しいコーヒーミルです。コーヒー豆を挽きながら下の方にある細長い楕円の窓でその様子を確認できるので、お好みの挽き方に調整しやすいのも魅力です。お手入れも簡単なので、清潔に使うことができます。

コーヒー豆の挽き方は、ねじで自由に調節できます。エスプレッソから粗挽きまで楽しめるので、その日の気分やお好みで調節しましょう。

価格が安いので初めてコーヒーミルに挑戦するという人におすすめです。300gという軽量タイプなので、持ち運びに便利です。職場や旅行先、野外などお出かけ先でもおいしい挽きたてのコーヒーを楽しむことができます。

②手挽きコーヒーミルKitclanセラミックカッター小窓付き 1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

CITUS 手挽きコーヒーミル セラミックカッターと同じく、スタイリッシュなステンレスタイプで小窓から挽いたコーヒー豆の様子を確認できるタイプの便利なコーヒーミルです。お手入れ用のブラシもついてくるので常に清潔な状態を保つことができます。

コーヒー豆を最大40gまで挽くことができます。他の手動コーヒーミルと比べると、10gほど多く挽くことができるので、人数が多いときにおすすめです。40gなら4人ほどが目安になります。

衛生的なセラミックカッターを使用しているので、コーヒー豆を挽いている時にも摩擦熱がおこりにくくなっています。そのため、コーヒー豆の挽きたての香りを保つことができます。いれたてのコーヒーからは豊かな香りが漂って、挽きたての味と香りを存分に堪能することができます。

③E-PRANCE手挽きコーヒーミル1,588円(税込)

Amazonで詳細を見る

こちらもステンレスタイプのスタイリッシュなデザインです。小窓から挽いた豆の様子が確認できるので、目でもコーヒーを楽しむことができます。

部品を分解して細かい部分までお手入れすることができます。そのためいつも清潔な状態でコーヒー豆を挽くことができ、その時の挽きたての味を堪能することができます。

1年間の保証期間があるのもうれしいです。いつまでも安全においしい挽きたてコーヒーを飲めるという安心感をこのコーヒーミルからは感じることができます。

④multifun手挽きコーヒーミル 1,860円(税込)

Amazonで詳細を見る

挽きたてのコーヒーをガラスの受け容器で確認できます。透明なので、どのくらいの量を挽いたのかということが一目でわかります。

セラミック製の臼なので摩擦熱が発生しにくく、コーヒーに優しい作りになっています。調整ネジで挽き方を調整できるので、微妙な調整も可能です。お好みの挽き方でコーヒーを楽しめます。

50gのコーヒー豆を一度に挽くことができます。時間はかかりますが、その分挽きたてのコーヒーを飲めるという思いが募ります。50gは5人分ほどのコーヒーが入れられる量なので、人が集まったときにみんなでコーヒー豆を挽くところから楽しむというのもおすすめです。

⑤カスカータ 超レトロクラシックコーヒーミル2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

アンティークな雰囲気がたまらなく素敵なコーヒーミルです。そこにあるだけでインテリアにもなる素敵なデザインです。日頃の忙しさをしばし忘れて、ゆっくりとハンドルを回してみましょう。ほっこりとした優雅な時が流れます。

重さが1㎏と少々重量感があるので、持ち運びするというよりはご自宅で楽しむのにピッタリです。挽き方は一番上にあるつまみを回すことで調整することができます。

⑥ハリオ手挽きコーヒーミルセラミックスリムMSS-1TB3,240円(税込)

挽いた豆は下の引き出しにたまります。引き出しを開ける楽しみと、カタンと木の音がするのもレトロな雰囲気をプラスしてくれます。コーヒー豆を挽きながら、心を穏やかにしたいという人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

こちらのコーヒーミルも受け容器が透明のガラスになっているので、どのくらい豆を挽いたかがすぐにわかります。そして、さらにすごいのが受け容器に目盛りがついていて、何倍分のコーヒー豆を挽いたかがすぐにわかるようになっているのです。

とても便利なこのコーヒーミルは、臼の部分がセラミックでできているので摩擦熱が起こりにくいのが特徴です。そのため、コーヒーの香りを損なうことなく味わうことができます。

⑦NatureParkセラミックコーヒーミル3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

すべてが透明でコーヒー豆を挽く様子をすべて見ることができます。コーヒー豆を挽く音や香りを楽しみながらコーヒー豆を挽くひとときをゆっくりと楽しみたいときにおすすめです。

とても特徴的なデザインですが、セラミックの刃を使っていて挽いたコーヒー粉の大きさにばらつきが少ないという優れものです。コーヒーにこだわりたいという人はぜひ一度手にしてみてはいかがでしょうか。

⑧Ksizenショップ手動式コーヒーミル便携一体式3780円(税込)

Amazonで詳細を見る

コーヒーミルにカップとドリッパーがセットされていて、コーヒー豆を挽いてから飲むまでの工程がこのセットひとつで楽しめます。野外などでもお湯さえあればすぐに挽きたてコーヒーを堪能することができます。

コーヒー豆を入れる部分(ホッパー)にふたがないので、挽きながらコーヒー豆の香りを感じることができます。いれたてのコーヒーの香りもいいですが、コーヒー豆自体の香りもまた格別です。

⑨キャプテンスタッグコーヒーミルハンディータイプ 4,154円(税込)

Amazonで詳細を見る

見た目はシルバーのステンレス製でとてもスタイリッシュですが、中はセラミックの刃を使っていて金属特有のにおいを感じることはありません。中のねじでコーヒー豆の挽き方を調整することができ、とても繊細なコーヒーミルです。

圧力鍋などで有名なパール金属のアウトドア部門であるキャプテンスタッグが作ったコーヒーミルなので、細かいところまできちんとつくられているのが魅力です。

⑩カリタコーヒーミルKH-34,104円(税込)

Amazonで詳細を見る

木のハンドルと受け容器がとてもクラシックでおしゃれなコーヒーミルです。コーヒー豆を挽いている間、豆の香りを楽しむことができるので、のんびりとコーヒーブレイクを過ごしたいという時におすすめです。

コーヒー豆を入れる部分がとても広いので、簡単に入れることができます。挽く部分は硬質鋳鉄製臼歯を使用しているので、とても丈夫で長持ちします。

⑪ポーレックスセラミックコーヒーミル6,264円(税込)

Amazonで詳細を見る

とてもスタイリッシュで他のコーヒーミルと比べるとスリムなデザインになっているのが特徴です。持ち運びがとても簡単なので、お出かけするときにもカバンにさっと入れることができます。

スリムですがコーヒー豆を挽くときにはとても万能で、エスプレッソから粗挽きまでねじで調整することが可能です。コーヒーにこだわりを持っているという人でも納得して使えるコーヒーミルです。

⑫カリタコーヒーミルKH-56,264円(税込)

Amazonで詳細を見る

デザインが特徴的なコーヒーミルです。レトロ感もあり、斬新でもあり、お部屋のインテリアグッズとしても活躍することまちがいなしです。

受け容器が円柱型になっていて、でっぱり部分があるので、持ちやすい形になっています。豆を挽いている間はしっかりと受け容器を支えていないとずれてしまうのですが、このコーヒーミルならその心配はありません。

⑬カリタ銅板ミルAC-17,344円(税込)

Amazonで詳細を見る

豆を挽く部分が銅でできていて、とてもおしゃれなコーヒーミルです。他のコーヒーミルと比べるとスタイリッシュ感や持ち運びの手軽さはありませんが、その分コーヒー豆を挽く雰囲気を楽しむことができます。

木の引き出しを開けると、よい香りとともに挽きたてのコーヒーの粉があらわれます。その瞬間は格別です。ゆったりとしたひと時にぜひおすすめのコーヒーミルです。

⑭京セラCM-45CF 17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

手動のコーヒーミルでエスプレッソの細かさまでコーヒー豆を挽けるものは正直なところあまり多くありません。その中でも、電動に負けないくらい細かく挽くことができるのはこのコーヒーミルくらいでしょう。

手で挽いたとは思えないくらい細かく挽くことができるので、一番細かい設定で挽くとコーヒーを抽出することができないのではないかと心配になるくらいの高い精度を持っています。

手動のコーヒーミルに高い性能を求める人にはこのコーヒーミルはとても満足できるものとなるでしょう。挽き方はネジで調整することができるので、お好みの挽き方でコーヒーを楽しめます。

⑮PEUGEOTノスタルジー841-119,440円(税込)

Amazonで詳細を見る

昔ながらのデザインがどこか懐かしいコーヒーミルです。コーヒー豆を入れる部分がドーム型になっていて少々入れにくい面もあるのですが、このコーヒーミルを使っているときはのどかで豊かな気持ちになれますから、コーヒー豆の入れにくさもまた楽しみましょう。

挽き方はてっぺんの部分にある固定ピンを持ち上げ、ダイヤルを回してピンをセットすれば極細引きから粗引きまで自由に選ぶことができます。

手動コーヒーミルを使ったおすすめのコーヒー豆の挽き方

極細挽き(ごくぼそびき)

コーヒー豆の挽き方でもっとも細かいパウダー状なのが極細挽きです。エスプレッソコーヒーを入れる時には専用のエスプレッソマシンや直火式メーカーを使います。圧力をかけて一気に抽出するので、コーヒーの粉には細かさが必要になってくるのです。

細挽き

一般的なドリップコーヒーを淹れる時のコーヒー粉と比べると細かい状態の粉が細引きです。水出しコーヒー(ダッチコーヒー)のようにじっくりと時間をかけてコーヒーを入れる時におすすめの挽き方です。

中細挽き

私たちが粉の状態になったコーヒーを買った時はたいてい中細挽きの状態です。濃くもなく薄くもなく、ちょうどいい濃さのコーヒーが入れられます。なじみのある挽き方ですので、コーヒーミルを初めて使うという人は中細挽きがおすすめです。

中挽き

中挽きも中細挽きと同じく、家庭で一般的にコーヒーを入れるのにおすすめの挽き方です。ネルドリップやサイフォンを使った時におすすめしたい挽き方です。

粗挽き

コーヒー豆の挽き方で一番粗い挽き方が粗挽きです。バーコレーターを使ってコーヒーを入れる時におすすめの挽き方です。バーコレーターとは簡単に言えばやかんの中にサイフォンが入ったものです。バーコレーターに細かい粉を入れてしまうと詰まってしまうので、粗挽きの粉が向いているのです。

挽きたてをすぐに飲むのがおすすめ!コーヒーのおいしい入れ方

コーヒー豆を選びましょう!

コーヒー豆の選び方で一番大切なのは自分の好みを大切にすることです。産地が1か所の「ストレート」と呼ばれるものや、いろいろな豆をミックスした「ブレンド」など選び方はさまざまです。自分の好みに合ったものがどれかわからない時には店員さんに相談するといいでしょう。

コーヒー豆を挽きましょう!

手動のコーヒーミルは電動のものと比べると挽くのに時間がかかりますが、その分コーヒー豆を挽く音や香りをゆっくりと堪能することができます。コーヒーミルによって挽き具合を調整する方法は違いますが、だいたい調整ネジを回して挽き方を選ぶというのが主流です。

おいしいコーヒーにするためにはコーヒー豆の挽き方が重要なポイントです。粉になったとき、粒子が均一の大きさになればなるほどおいしいコーヒーになります。手動のコーヒーミルを使う時には一定のリズムで挽くようにしましょう。

いよいよコーヒーを抽出します!

家庭ではハンドドリップで入れる人が多いのでその方法をご紹介します。ドリッパーにフィルターをセットしたら挽いたコーヒーを入れます。ひとり分は約10gです。その間にお湯を沸かしておきます。コーヒーに適した温度は約95℃です。沸騰してしばらく置いたくらいがちょうどよいでしょう。

すべてが整ったらお湯を注ぎます。最初に少しお湯を回し入れ、コーヒー粉を蒸らします。これによってコーヒーとお湯がなじみやすくなります。蒸らしが終わったらゆっくりと3回に分けてお湯を入れます。お湯の量は最初は多めにだんだん少なくするのがポイントです。真ん中に「の」の字を描くように入れましょう。

カップに入れていただきましょう!

コーヒーを抽出したら、冷めないうちにカップに入れていただきましょう。カップはあらかじめ温めておくと、コーヒーが覚めにくくなりおいしくいただけます。自分で挽いたコーヒー豆で入れたコーヒーは格別の味です。

おすすめの手動コーヒーミルで充実したコーヒーライフを!

いかがでしたか。手動コーヒーミルの選び方は好みによって変わりますが、電動のものにはない味わいがあります。手動のコーヒーミルで素敵なコーヒー生活を送りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。