Middle shutterstock 384450757

INDEX

あしからず(悪しからず)はどういう意味?

あしからずの表記の仕方

画像
  • あしからず=悪しからず=不悪

「あしからず」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?なんだか古そうな言葉のイメージですか?実は、私たちの暮らしの中で、割と目にしたり耳にすることの多い言葉です。そして【あしからず】は、漢字で書きかえると【悪しからず】や【不悪】と表記してあるところもありますので、「あしからず」と読んでくださいね。

【不悪】と表記されていたら、なんだか良い印象を与えづらいのですが、実はあなたもご存じのあの書物にも【不悪】と書き著されている作品があるので、知識のひとつとして、蓄えておかれるといいかもしれませんね。

 

あしからずの意味

画像

【あしからず】はどのような意味をもつのか?を見ていきましょう。【あしからず】の意味は、相手の意向に沿うことができないときに、済まないという気持ちを表現するために用いる言葉です。“ごめんなさい、悪く思わないでほしいです”という気持ちも、そこには含まれています。

Q web

相手の希望に添えないで済まないという気持ちを表す語。悪く思わないで(ください)。

引用元:明治書院 国語辞典

あしからずの成立ち

画像

では、成立ちを見ていきます。【あしからず】は、古語の形容詞「悪し」の未然形「悪しから」に、打ち消しの助動詞「ず」が付いたものです。古語とは、古文を構成するのに用いられる言葉で、上代から近世に至るまで使われています。そして古文は、文語文法に従い、漢字や仮名の歴史的仮名遣いで書かれた文章のことです。

形容詞とは、事物の性質や状態を表わす言葉です。古語の形容詞「悪し」の未然形(=「悪しから」)+打ち消しの助動詞「ず」。この「ず」という助動詞は【不悪】から想像できるように、漢文のㇾ点を入れてみると“悪からず”と否定や禁止を表わすことができます。文語文法で助詞や助動詞にあたる漢字が「不(ず)」です。

  • 歳月人を待たず=歳月不(ず)ㇾ待(タ)ㇾ人(ヲ)。

漢文のㇾ点は雁点(かりがねてん)とも呼ばれ、下の一字からすぐ上の一字に返って読む符号のことです。なんだか、受験生に戻ったような気分ですが、日本では古くから使われ、親しまれた言葉なのですね。

あしからずの使い方は?

適切な使い方

画像

現在の使い方としての「あしからず」は、【悪気はありません】【悪く思わないでほしい】という気持ちを丁寧に表す言葉として用いられています。そのほとんどは、文書やメールなどの文面ですが、「あしからず」と【悪】の字を使わず、ひらがなで表記された方が、受け取る方へも親切だと思いますし、印象がいいでしょう。

あしからずを知り、適切な相手に使いましょう

画像

「あしからず」は、既決された事柄や覆すことが難しい案件などに対して、【悪気はなく、期待に沿うことができない】場合に使用されます。目上の方や上司などにも口頭で用いることもできます。但し、「あしからず」の一言だけでは、ぶっきらぼうな印象をあたえますので、気を付けてください。いくつか例文を挙げておきます。

  1. 例文①
  2. 1

    「先日のお約束の件ですが、延期となります。あしからず、ご承知おきくださいますと幸いです」

  1. 例文②
  2. 1

    「先着〇〇名様限りとなります。売り切れの場合もございますので、あしからずご了承ください」

  1. 例文③
  2. 1

    「せっかくのお誘いありがとうございます。当日は、先約がございますので、あしからずご容赦ください」

あしからずと同類語にはどんなものがある?

あしからずと同類語①:「お気になさらずに」

画像

「あしからず」と同類語としては、「お気になさらずに...」が挙げられます。受け取り側にやわらかい印象を与えたいときには、「あしからず」ではなく、こちらを用いるといいですし、伝えたい相手がいろいろな事柄について気にするタイプの方であれば、安心感を与えることも可能です。具体例を挙げておきましょう。

  • 具体例
  • 「せっかくのお誘いですが、欠席させていただきます。どうぞ、お気になさらずに、皆さんで楽しい時間をお過ごしくださいませ」

あしからずと同類語②:「他意はございません」

画像

また、どうしても...という意味も含まれる「あしからず」には、際立った意味がないという事も含みます。筆者は先日、料理をしていて、電話に気づかずに、2回キャッチし損ねたことがありました。そのお相手は、かなり年上の女性ですが、冗談や真剣な相談事もし合う中です。

しかし、年上に対しての言葉づかいには厳しい方ですので、気づいた際にメッセージを送る文面には「あしからず」は用いずに、同類語である「他意はございません」を使用しました。その文面は「夕食の支度をしていて、電話に気づきませんでした。他意はございません。どうされましたか?」と、こんな具合です。

あしからずを悪しき場面で使ってませんか?

あしからずを活用する場面・1

これまでも記述しましたように、【どうしても...】【際立った意味はない】【下心はない】【悪気はない】【期待に応えることができずに申し訳ない】などの意味を含みます。「申し訳ございませんが...」と言うような場面に用いてもいいですし、「特に意味はないよ」というようなラフな気持ちで使用してもいいでしょう。

  • 「陽だまりはあったかくて、気持ちがいいにゃん。眠くなってしまうのであしからず...むにゃ、むにゃ...ん...」

あしからずを活用する場面・2

但し、気をつけていただきたいのは、使用する側に非があり、謝罪しなければならない時「あしからず」は適切な言葉ではありません。前もって想定出来うる事柄に対して用いるのは適切ですが、明らかに迷惑を掛けてしまった際には、丁寧に態度と言葉でその謝罪の気持ちを示しましょう。

  • 前もって想定出来うる事柄に対して「あしからず」を活用した例文
  • 「出張の折には、ご迷惑をお掛けすることかと存じます。あしからず、ご容赦くださいますと幸いです」

また、数量が定まっているものがあって、その旨を相手に伝えておいた方が良い場合、たとえば、定員のある会場や数量限定販売の品などには「あしからず」+「ご了承ください」を活用されるといいでしょう。飛行機やデパートなどのアナウンスでも、よく耳にしているのではないでしょうか?

  • 数量に定数があるものに対して、納得を促す際の例文
  • 「数に限りがございます。あしからず、ご了承くださいませ」

あしからずを使いこなして小粋なオトナに

使い方次第によって、スマートなコミュニケーション方法の「あしからず」

画像

「あしからず」は本来、大変、丁寧な言葉です。目上の方や上司などにも使えるような相手を気遣うと同時に、受け取り側に対し【失礼な意味は含んでいません】という気持ちを表している丁寧な言葉なのです。また、【申し訳ございませんが...】などの前置きをするような場面でも多く活用されています。

現在に至るまで、数々の不祥事における謝罪の際、あまりにもその数が多かったために、窓口や文書などで告知文として「あしからず」と記載されていました。クレームを言いたい側にとって、門前払いされたような、或いは【悪くない】→【悪くないから、文句は言わないで】というような歪曲されたものとして捉えられたのです。

伝える側と受け取る側のピントが合っていて、気持ちに寄り添い、耳を傾けることが出来うるなら、そのような誤差は生まれないのですが、そこが言葉の使い方の難しいところでもあり、また、面白いところでもあります。日本古来からある言葉を振り返ってその意味をキチンと学ぶと、そこに楽しみも発見できるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。