INDEX

「差し支えなければ」の意味は?

お願いするときのクッション言葉

お願い

「差し支えなければ」とは、「相手に対してお願いごとをする時に使う」表現のひとつです。特徴的なのはただお願いするのではなく、「不都合が無かったら」「支障がなければ」という条件を前提としており、相手の意思を尊重したうえでお願いする意味を持っています。

また、「差し支えなければ」は敬語の中でも「クッション言葉」に分類される言葉です。クッション言葉とは、「ストレートで物事を伝えると悪い印象を与えてしまうため、不快な感情を避けようとして相手の立場を重んじた」表現です。この様な特徴があることから使い過ぎには注意が必要です。

正しく使うためには、「頼みごとをしたいけれどストレートには言いにくい」「相手の意思を尊重したい」といった時に用いるようにしましょう。

「差し」と「支え」のより詳しい意味

詳しい

「差し」は「物の姿や様子」を表したり、意味を強める際に用いる言葉です。対して「支え」は、「都合が悪かったり、支障があるような事情」や「物事が滞ってしまっていること」を意味します。この様なことから、「差し支え」は、「都合の悪いかったり、支障が起きている状態」の意味になります。

「恐れ入りますが」との違い

違い

「差し支えなければ」と「恐れ入りますが」に見える共通点は、「どちらもへりくだった言い方をしている」点です。しかし、「恐れ入りますが」は相手に対して注意するときに使うパターンが多い言葉となっています。そのため、優しい物言いでありながら自分の意向に沿ってほしい際に使うと良いでしょう。

対して「差し支えなければ」は、クッション言葉であることから、柔らかい表現となっています。「不都合がなければ」、「支障がなければ」といった条件があらかじめ設定されているので、相手に対して断る余地を与える要素を持っています。こういった特徴から、使い方は「断る余地があるか否か」で大きく異なります。

「差し支えなければ」の上手な使い方

「差し支えなければ」のよく使われる例文

例文

先にも触れたとおり、「差し支えなければ」は相手に不都合や支障がなければお願いする場面で使用する言葉です。そのような要素から、使う時は「なにかしらお願いしている」文章が基本の形となります。

例文
  • 差し支えなければ、このあとお時間を頂戴しても宜しいでしょうか
  • 差し支えなければ、ご住所をお教え下さいますでしょうか
  • 差し支えなければ、こちらにご氏名を記入して頂けますでしょうか

幾つか挙げた例文から見ても分かる通り、あくまで相手の都合を尊重していることがわかります。また、断っても大丈夫な言い回しとなっているのがポイントです。

「お差支えなければ」はあり?

ありかいなか

結論から言うと、「お差し支えなければ」という言い回しは、文法的にはマナー違反ではありません。しかし受け手の気持ちになって考えてみると、どうしてもくどい印象を受ける人が多い傾向にあります。そのため、使い方にはある程度テクニックが必要と言えるでしょう。

具体例として、「お差し支えなければ」を使ったあとは敬語表現を多少砕けさせてみましょう。丁寧さを表すためには、文章全体のバランスを考えることも大切です。

使い過ぎに注意!

注意

「差し支えなければ」はクッション言葉なので、組み合わせる言葉の表現にも注意しなければいけません。敬語と言うのは、基本的に相手を敬っていることを伝えるために言葉を用います。しかし、組み合わせた言葉を全て敬語にしてしまうと「二重敬語」と同じ扱いとなってしまうので注意しましょう。

マナー違反にならないようにするためには、できるだけ内容を簡潔にすることです。「差し支えなければ」という言葉を使っている時点で、しっかり敬語の表現ができていますから、組み合わせる言葉はシンプルなものを選ぶようにしましょう。

「差し支えなければ」とあわせて使いたい敬語表現

「お・ご」+「名詞」

「お」+「名詞」

「差し支えなければ」を使用するとき、名前や住所といった名詞を用いる必要がある場合は、その前に「お」を付けるようにしましょう。ご家族、お名刺、ご住所といった、相手の所有物などに用いることでより丁寧な表現をすることができます。

ただし、この表現を用いる場合は「お差し支えなければ」を使ってしまうとくどい印象になってしまいます。使い方としては間違っていませんが、二重敬語となりマナー違反となってしまうので避けるようにしましょう。

です・ます調

ですます

「です・ます」は、丁寧な言葉遣いや表現をする時に最も用いられる言葉といっても過言ではありません。また、目上の人にも目下の人にも使えることから、とても万能な敬語となっています。「差し支えなければ」と組み合わせることで、より丁寧な表現になるでしょう。

よろしいでしょうか

よろしいでしょうか

「差し支えなければ」は、「相手に対してお伺いをたてる言葉」ですから、基本的に疑問形で文章が締めくくられます。また、相手にとって「はい・いいえ」で答えやすくするという点においても、「よろしいでしょうか」という表現は必要不可欠な表現と言えるでしょう。

先に触れた例文でもわかるとおり、「差し支えなければ~~よろしいでしょうか?」は多用される表現です。使い方に迷ったときは、この形を定型文として用いるようにすると良いでしょう。

「不都合でなければ」他、類義の敬語

不都合でなければ

不都合

「不都合でなければ」は「差し支えなければ」と同様に、「相手が都合が悪かったり支障がなければお願いしたい」ときに用いる表現です。意味合いとしても似通っていることから、大きく異なっている点はないと言えます。しかし、「差し支えなければ」よりも表現が砕けているので、用いる際には注意が必要です。

可能であれば

可能であれば

「可能であれば」も「差し支えなければ」と同じく敬語表現に分類される言葉です。意味合いとしては似ているように感じますが、受け手によっては「能力を低く見られている」と不快に感じてしまうケースもあります。「差し支えなければ」よりもフランクな言い方なので、使う相手を選ぶ必要がある言葉です。

支障なければ

支障

支障なければとは、「相手にとって不都合がなければお願いしたい」ときに用いる言葉です。「差し支えなければ」と同様に敬語表現に分類されますが、比較すると砕けた表現となっているのが特徴です。相手を配慮しているニュアンスはありますが、より丁寧な表現にしたいときは「差し支えなければ」の方が優れています。

できれば

できれば

「できれば」は「可能ならば、できるのであれば」といった意味を持つ言葉です。「差し支えなければ」と似た意味合いを持っていますが、相手の都合に配慮しているニュアンスがかなり薄まっているのが大きな違いです。親しい人に使うならば問題ありませんが、目上の人や上司には使わないほうが無難です。

「差し支えなければ」を正しく理解して使おう!

今回は「差し支えなければ」の意味や使い方について解説しました。普段使う言葉の中でも馴染みのあるものの一つですが、正しく使うにはちょっとした工夫が必要であることが分かります。特に、敬語の二重表現はマナー違反になってしまうので注意しましょう。

そして使う時には、最大限「相手の事情を慮っている」気持ちであるこ忘れないようにしてください。「差し支えなければ」の意味や使い方を正しく理解することができれば、会話もスムーズに進めることができるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。