INDEX

そもそも是非とは?

是非の成り立ち

成り立ちを考える

「是非わが社に」や「ぜひやってほしい」など<是非>という言葉をよく使うことはあると思いますが、それらにはどのような意味があるのでしょうか?また、<ぜひ>と書くべきなのか、<是非>と書くべきなのかと気になったりしたことはありませんか?

そもそも<是非>とは漢語由来の言葉です。つまり<是非>という漢字それぞれに意味があり、もともとは漢字を使って表す表現方法を使われていました。それぞれの漢字の意味やひらがなと漢字でどう違うのかを後述していますが、そもそも<是非>とは物事の善悪を見極めるという意味の言葉なんです。

是非を使うシーン

お願いをする

日常にありあふれており、当たり前の様に使っている言葉の1つがこの<是非>ですが、その使うシーンは実に様々で、相手にお願いする時はもちろんのこと、命令を下す時にも使われていることがわかります。ここで気になるのが、では<是非>という言葉は敬語なのかというところです。次はそのことについて見てみましょう。

\ POINT /

意外と多い<是非>を使うシーン

<是非>という言葉を使うシーンって意外と多いと改めて気づかされます。例えば、何かをやってほしい時には「是非よろしくお願いします。」と使いますし、「是非を問う」といった使い方もしますよね?日常にありあふれている言葉が<是非>なのです。

是非は敬語なのか

是非を使った敬語

是非お願いします

<是非>という言葉を使った敬語にはどのようなものがあるのでしょうか?例えば、ぜひ〇〇をお願いします。といった使い方などが挙げられます。

\ POINT /

お願いをする時には<是非>を使う

相手に何かをお願いする場合には<是非>という言葉をつけることで、より丁寧に聞こえますよね?

敬語じゃないシーンでの是非の使い方

是非を問う

それでは逆に<是非>という言葉の敬語ではない場合にはどのように使うのでしょうか?例えば、物事の良しあしを判断する時に使う言葉として、「これらの是非を問う」なんて使われ方をしますが、これは敬語ではありませんよね?

\ POINT /

強調した言い方に聞こえる

<是非>という言葉を付け加えることで強調したように聞こえてしまうことがあるようです。

是と非の意味と成り立ちは?

是は正しいの意味

正しい

<是非>の<是>は肯定の意味で捉えられます。正しいとかそのような意味で使われることが多いのが<是>です。その成り立ちですが、立ち止まる足の象形文字から来ており、真っ直ぐに伸びた柄のあるさじを意味しており、そこから正しいに通じるようになりました。

非は悪いの意味

悪い

<是非>の<非>は否定の意味で捉えられます。悪いとか正しくないという意味で使われるのが<非>ですね。そんな非の成り立ちは、互いに背を向けあって背くという象形文字から来ています。そこから否定の意味につながっていったわけです。

\ POINT /

そもそも<是非>は物事の良しあしを議論し判断する時に使われる言葉

<是非>とは、正しいか正しくないか、もしくはそれらの物事の良しあしを議論して判断するために使われる言葉です。「是非を問う」などのような使われ方が本来の使われ方です。

是非もなくの意味と使い方

是非もなくの意味は?

意味を考える

<是非>という言葉を使った別の言葉に<是非もなく>という言葉があります。その言葉の意味とはどんな意味なのでしょうか?調べてみましょう。

先ほど述べたように、是非という漢字にはいいという意味と悪いという意味の2つの意味があります。<是非もなく>という言葉の意味はいいも悪いも言っていられないという意味で使われます。つまり、仕方がないというような表現で使われるのです。

是非もなくの使い方は?

使い方は?

仕方がないややむを得ないといった意味で使われるのが是非もなくなので、「是非もなく〇〇をした」や「是非もなく〇〇を選んだ」などといった使い方をするのが通常です。また、たわいもないの意味で使われることも稀にあります。その場合には、話しを聞いた時は是非もないと思いましたがなどといった使い方をします。

\ POINT /

是非もなくは仕方がない、やむを得ずと同義語

仕方がなくや、やむを得ずと同じように使えるのが是非もなくです。また、たいした悩むほどのことでもないですがとったニュアンスを含んだたわいもないの意味で使われることも稀にあるということです。

是が非でもの意味と使い方

是が非でもの意味は?

意味を考える

<是非>という言葉を使った別の言葉に<是が非でも>という言葉があります。その言葉の意味とはどんな意味なのでしょうか?調べてみましょう。

是が非でもという言葉には、善悪に関わらずという言いが込められています。つまり、直訳するとなにがなんでもという意味につながるのです。是が非でもという言葉を使われたら強い強制の意味が込められていると思って間違いありません。

是が非でもの使い方は?

是が非でも

是が非でもの使い方としては、「この仕事は是が非でもやりとげたい」などのように、強い願望や要望を示す時に使います。是が非でもは必ずや絶対と同じ意味だと思っていいので、強制力のある言葉だと覚えておくといいかもしれませんね。

まだまだある『是非』を使った言葉

是非ともの意味と使い方

是非とも

是非ともという言葉の意味にはどうしてもや必ずという意味が込められています。是が非でもよりも少し弱めの強制の言葉といったニュアンスがしっくりくる表現です。

その使い方も是が非でもと同じような使い方ができます。「君には是非ともパーティーに来てほしいんだ」なんていう使いかがぴったりです。できるだけ絶対に来てほしいという願いが伝わりますよね?

是非もないの意味と使い方

是非もない

是非もないは是非もなくと同じ意味です。よって使われ方も是非もなくと同じように、仕方ないというニュアンスで使われます。同様の意味で、是非に及ばずという言葉があります。この言葉は織田信長が明智光秀の謀反を知った時に発せられた言葉として有名です。

是非を問うの意味と使い方

是非を問う

是非を問うとは、是非の本来の意味である、善と悪、物事の良しあしを議論するという意味そのものの言葉です。<是非>という言葉の本来の使われ方が是非を問うという使われ方なんです。

\ POINT /

つまり

是非を問うとは、いいか悪いか、適切か不適切かを議論するという意味なのです。是なのか非なのかを問うわけですね。

<是非>のまとめ

いかがでしたか?<是非>という言葉についてまとめてみました。以下に補足点などを追加していきますので、そちらも参考にしてみてください。

さて是非は、漢語由来ということもあり、物事の良しあしを議論するという意味で使われることが主で、現在でもひらがなで表記されることは珍しいです。ただし、会話などにおける文章においてはぜひとひらがな表記されることが多いです。これは是非ともといった意味からくる言葉の意味の場合にひらがな表記するようです。

\ POINT /

是非とぜひ

是非は、善悪を問う場合に使い、ぜひは必ずなど是非ともと同じ意味で使う場合に表記します。

ところで是非という言葉には強調の意味が込められています。是非〇〇してくださいなどの使い方をする場合には強調の意味で使われます。おそらく、一般的には是非を問うなどの使い方よりもこちらの方が多く使われているのではないでしょうか?

しかし本来の意味からするとこの強調の意味で使われるのは間違いのようにも思えます。しかしながら、この是非〇〇をしてくださいという言葉には、是非(善悪は問わず)〇〇してくださいという意味にも捉えることができるため、あながち間違った使い方というわけでもないのです。

\ POINT /

強調しても善悪を問うの意味になる是非

是非という言葉の意味を考えた時、物事の良しあしを問う意味と強調の意味があると述べてきましたが、そのどちらでも、善悪を問わずの意味が込められているのです。

このようにして、普段何気なく使っている是非には実はとても深い意味が込められているのです。また、是非という言葉は敬語のようで敬語に聞こえないこともあるので、その使い方には注意が必要そうですね。以上のことに注意しながら、今後もこの<是非>という言葉を使っていけたらいいと思いますね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。