INDEX

「お気になさらず」は敬語なの?

「気にしないで」の敬語にあたる

お気になさらずと相手に見せる

「お気になさらず」は『気にしないで』の敬語にあたります。「心配しないで」「大丈夫だよ」「なんともないよ」という思いと意味を込めて、丁寧な表現をしたものが、「お気になさらず」という敬語になります。どのようなシチュエーションで使うかによって、意味合いの違いが出るため、使い方が難しい言葉です。

「気にしないで」の意味

相手を気にしないでクールに仕事

「お気になさらず」という言葉。『気にしないで』と、言葉を丁寧に使いたい時の表現方法になります。「お気になさらず」という言葉は、相手によって冷たい印象と受け取られる場合もあるので、使い方には注意が必要です。「ご配慮」「気配り」「お心づかい」なども意味も含みます。

英語では何と言う?

大丈夫だよと本棚へ戻してあげる

気にしないで=Never mind!がもっともポピュラーな英語使い方です。大丈夫だから「気にしないで」「心配しないで」というカジュアルな表現方法になります。大丈夫だよ、お気になさらず=Don't bother. 気にしないでいいよ=Don't worry about it. などがあります。

ビジネスシーンで使っても平気?

気にしないでと握手をするビジネスシーン

取引先などから仕事のミスを謝罪された場合、「お気になさらず」と答えたほうが、印象を柔らかくすることができます。「心配しないで」「気にしないで」という相手への配慮につながります。「問題ないです」「大丈夫です」と答えると、ビジネスシーンでは、多少の不快感や不安を与える可能性があるので注意しましょう。

「心配しないで」と同じ意味?

不安げな花

『心配しない』とは、何か起きはしないかと気にかけたり、不安がること。また、気がかりという意味を持ちます。『気にしない』とは、気にとめて不安に思ったり、心配することです。同じ意味を持ちながら、微妙にニュアンスが違いますが、「心配しないで」と「気にしないで」の敬語は『お気になさらず』となります。

「お気になさらず」を伝える表現と種類

「気にしないで」を伝える敬語表現

心のこもったプレゼント

「どうぞお気になさらずに」「どうぞお気遣いなく」「お気に留められませんようお願い申し上げます」「いろいろご配慮をいただき恐縮でございます」「どうぞお気遣いのないようにとお伝えください」「お心遣い下さいましてありがとうございます」などとありますが、どれも『お心づかい』に感謝する気持ちが含まれています。

「気にしないで」の種類

一緒に見えても中身は違う

「気にしないで」という同じ言葉でも色々な意味合いでニュアンスが変わります。相手を許すための、評価を気にする人へのための、不安を感じている人へのための、失礼を詫びるための、励ましのための「気にしないで」は、相手がどんな気持ちにあるかを考えることが大切です。

『お気になさらず』はメールで使っても平気?

メールでの例文を紹介

どれを使って伝える?

「気になさらないでください」をより丁寧に、「お気に留められませんようお願い申し上げます」と伝えます。会話では丁寧な印象を与えていた『お気になさらず』をメールで使用すると、印象が変わります。「放っておいてください」「話しかけないでください」というニュアンスも含めてしまいます。

ビジネス敬語の場合は?

会社での雑談

「お気に留められませんようお願い申し上げます」と伝えましょう。目上の方のメールを受けた場合、「お気になさらず」「お気になさらないでください」と返信すると、ビジネスシーンでは、「大丈夫です」「問題ないです」「放っておいてください」などという意味合いにも取られてしまう可能性があります。

英語の場合は?

気にしなくていいよと振り返る女性

「そんなこと気になさらないでください」という意味で、気にしないでください=Please don’t worry.他には、「この位、大したことないからお礼に足らないですよ」という意味で、大したことじゃありませんよ=Please don’t mention it.というニュアンスの英語表現があります。

『心配しないで』の敬語は?

ビジネスシーンでの使い方

落ち込んだ女性

「お気になさらず」と伝えるのがいいでしょう。「不安に思わないで」「心配しないで」と同じ意味を持つ「お気になさらず」をスマートに使いこなせると、ビジネスシーンでの仕事における会話もスムーズに進みます。ただ、電話であれば、冷たい印象を与えないように、声のトーンなどに気を付けましょう

英語では何と言う?

ハートを包み込む手

心配なさらないでください=please don’t worry (about it). 相手に気遣いを頂いた時に返す、「自分は大丈夫なので心配無用」という英語です。心配いらないよ=No worries.問題ないよ=No problem.困ったことはないよ=No sweat.という表現もあります。

『お気になさらず』と同じ意味?

心配そうに手を握る

「全然気にしていないよ、心配しないで」という気持ちを含め、相手を気遣う言葉で同じ意味を持ちます。ただ、シチュエーションに応じて使い分けが必要です。目上の方であれば、『お気になさらずに』と表現した方がいいでしょう。知り合い程度であれば、『心配しないで』と伝える相手が誰なのかを考えて表現しましょう。

「気にしないで」の英語とビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでの「気にしないで」

ハートの小物

謝罪された時の返し方は、「気になさらないでください」が一般的です。相手が自分にかけている心配を取り除く表現になります。「心配なさらないでください」はニュアンスが異なるので注意が必要です。相手側が、自分自身のことを心配するかしないかは相手次第になりますから、こちらが謝罪を受けた時には使用しません。

英語での「気にしないで」

チームワーク

どうぞお気になさらずに=Don’t mention it.お礼を言われた時に返すフレーズです。ご心配なさらないでください=Please don’t worry about it.相手に気遣いを頂いた時に返す表現で心配無用という意味です。ビジネス英語では相手に気を遣って言葉を選ぶシーンが多くなります。

訪問先での「お気になさらず」

珈琲とクロワッサン

訪問先でお茶を出された時に、「そこまでしなくて大丈夫ですよ」という敬語表現はどういうものでしょうか。「どうぞお構いなく」「どうぞお気遣いのないよう」というように相手を気遣う言葉を選びます。「大丈夫ですよ、ありがとうございます」という気持ちを込めて伝えましょう。

「お気遣いなく」の使い方

お気遣いの小筒み

相手が自分に対して心遣いを示してくださった時に「お気遣いなく」「お気遣いなさらないで下さい」と表現します。こちらの気持が心地よくなればと配慮した、相手の心ある申し出に対して、「そのようなご心配はなさらないで下さい」という意味を込めて使用するのがこの言葉です。

「お気になさらず」と「お気遣いなく」の使い分け

男性に感謝する女性

『お気になさらず』は「気にしないで」の敬語表現です。相手のミスや、自分のことを心配してくれる人に、「大丈夫だよ」「心配ないよ」「問題ないよ」という意味合いが大きいです。『お気遣いなく』は相手が自分へしてくれた行為に感謝するときに、「ありがとうございます」と一緒に使用したい言葉遣いになります。

『お気になさらず』のまとめ

「心配しないで」「気にしないで」が敬語になると、「お気になさらず」と変化します。相手を励ます場合だったり、相手が誰で相手の表情やトーンに合わせる表現方法が必要となります。英語やビジネスシーンになると、『お気になさらず』の中でももたくさんの表現方法があることが分かりました。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。