Middle shutterstock 524513014

目次

デジャブとは?その意味は?

デジャブ=既視感

見覚え

「このお店・・・初来店のはずなのになんか来たことあるかもしれない」「あれ?この景色見覚えがあるような気がする・・・」なんて感覚に陥ったことはありませんか?それがいわゆるデジャブというものの意味、既視感と言い換えることもあできます。

今まで見たこともない・足を運んだことがないはずなのに、以前に見たり体験したことがあるかのように感じる現象をデジャブというのです。デジャブに直面した人は、「確かにこの状況を経験したはずだ!」という強い感覚を得ます。

しかしよく考えてみても<いつどこで経験したか>をなかなか思い出すことができません。このようなことから、デジャブは超常現象の一種であるように語られることもしばしば・・・。ちなみにテキサス大学生がのリサーチによると、成人男女のおよそ7割がデジャブを体験したことがあるようです。

デジャブの語源とは?

フランス語

そもそもデジャブという言葉はフランス語です。「すでに見たことがある」という意味の「déjà-vu(デジャヴュ)」が大元になっていて、景色などの視覚だけでなく聴覚・嗅覚・触覚に関する体験も含んだ言葉になります。

デジャブという言葉ですが、1917年にフランスの超心理学者エミール・ブワラックが書いた「超心理学の将来」の中で初めて登場したと言われています。それ以降の小説や映画作品の題材になり、どんどん世界中に広まっていったようです。

デジャブは脳の勘違い?

既視感

デジャブというのは私たちの脳が勘違いを起こすことで、既視感を発症させているという説もあります。例えば食事をしようと思ってお店に入るとします。私たちは店内あるテーブルの形・店員さんの顔・内装に使われているアイテム・食事の見た目や香りなどを記憶して・・・

脳内に一つの具体的な画像や絵としてその記憶をとどめていきます。そして数ヶ月後、似たような内装・店員さん・食事メニューがあるお店を見て「ここ来たことがある!」と感じるのです。これは明らかに脳が起こしている勘違いですよね。

このように私たちの脳はエラーを引き起こし、その結果デジャブなるものが「生まれたように思える」というのが一説として存在します。実際のところ、決定的なデジャブのメカニズムが解明されていませんが・・・勘違いも有力な説なのです。

デジャブが起こる原因

考えられる原因①脳が錯覚を起こしてしまう

メカニズム

前述したようにデジャブが起こる詳しくメカニズムは未だに解明されていません。なので原因というものも「これだ!」という決定的なものがないような状況にあります。今回ご紹介する3つはあくまで可能性としてあり得る程度の原因・・・ということは念頭に置いておきましょう。

まず有力な原因の一つとして挙げられるのが、記憶による「類似性認知メカニズムの働き」というものになります。難しい言葉で表現してしまいましたが、要約すると「人間の脳が勝手に起こしてしまっている錯覚」ということです。

私たちは日々膨大な情報を処理していますし、脳というものは時として精密かつ複雑なコンピューターシステムのように例えられることもあります。しかしときには脳は誤作動を起こして、記憶をすり替えてしまうのです。

短期記憶

人間の脳には「短期記憶」のための神経と、「長期記憶」のための神経が存在しています。この二つがそれぞれが重なり合う部分でとくに脳の誤作動が増えていき、結果「デジャブ」が発生する・・・と言われているようです。

つまり最近経験したばかりの「短期記憶に」のはずなのにどこかで処理を間違えて、大昔に経験した「長期記憶」として処理してしまう・・・これがデジャブの原因なのではないかと言われています。これは年齢問わず起こりうることなのです。

考えられる原因②予知夢である

予知夢

原因①はなんだか科学的な理論に基づいたものでしたが、考えられる原因の二つ目はもっとファンタジーなものです!なんとデジャブは「予知夢である」という説もあるんですね。どこかワクワクしてしまうような原因です。

心理学の権威でもあるジークムント・フロイトが、1901年に発表した著書「Psychopathologie de la vie quotidienne(日常生活の精神病理学)」の中でこう言っています。「デジャヴというのは既に見た夢なのだ」と・・・。

つまり夢で見たことが現実世界でも遅れてやってくる・未来で起こることを先に夢で経験することができる、とジークムント・フロイトは話しているのです。また同じ本の中で彼は、「無意識のうちに見た夢であるから、意識的に思い出すことができないものなのだ」とも言っています。

誤認

この説は超能力研究の分野でもよく議論されていることだといいます。ただまったく科学的な根拠がないため否定的な意見も多く、「夢で見たという記憶を作り上げているだけ」「夢をデジャブと誤認しているだけ」という批判もよく聴かれます。

残念ながら実証や検証されるには至っていないのですが、予知夢を見たことが現実世界でのデジャブにつながっているのだとしたら・・・なんだか不思議な気持ちになりますよね。スピリチュアルな力をを感じることができます。

考えられる原因③左右の目の認識

両目

また科学的根拠がありそうな原因になってしまいますが、デジャブが起こる原因として、「人間の左右の目により認識」というものも挙げられています。人間の両目のメカニズムを知ると、この理由も腑に落ちていくでしょう。

人間の両目における認識について、一般的に「片方の目はもう片方よりも早いスピードで物事を捉えて記憶している」というものがあるそうです。つまり右目は左目よりも早く物事を捉え、左目は右目より早く物事を捉えようとしているということ。

このような動作が起こると、右と左の両目が映像を記憶するほんのわずかな認識スピードの差が生まれることになります。すると脳が「これは以前にも見た記憶だ!情報だ!」という認識をしてしまうのです。

視覚

ただこの説を追求していくと、視覚に関することだけしか網羅できないことになります。デジャブは嗅覚や聴覚を伴うケースもあるので、その場合はこの理論が及ばなくなってしまうことも・・・。なので原因としてはハッキリ立証できていないのです。

デジャブを感じる人の特徴

年齢は15~25歳くらい

15~25歳

デジャブを感じる人には若い人が多いようです。デジャブや既視感といった現象は、年齢を重ねれば重ねるほど少なくなっていく・・・というのが研究によってわかっています。デジャブは若い人たちの特権なのです。

デジャブが起こる原因を脳だと主張している人は、「脳が活発になる15~25歳くらいがいちばんデジャブを起こしやすい!ゆえにデジャブの原因は脳にある!」というもっともらしい理論を並べています。

確かにデジャブの原因が脳にあるのだとしたら、デジャブを起こす年齢が脳の働きが活発なこのゾーンというのも納得できるかもしれません。若すぎてもデジャブは起こらないと言われていますからね!

強いストレスを受けている人

ストレス

実はデジャブによく陥る人は、日頃から強いストレスを受けている傾向にあります。逃れられないストレスによって精神的に大きな負担がかかってしまうと、デジャブが起こる可能性も高くなっていくのです。

他にも感受性が強い人・旅行によく行く人、などもデジャブを感じることが多いと言われています。ハッキリとしたデジャブの原因はわかりませんが、「デジャブになりやすい人」というのは特徴があるみたいですね!

デジャブになる予知夢とは?

明け方に見た夢がデジャブになりやすい

予知夢

もしもデジャブを感じることが予知夢を見れていることにつながるなら、やはりしっかり見た夢を活用していきたいですよね。ただ見た夢すべてが予知夢になるというわけではありません・・・。どれを予知夢として認識したらいいのでしょうか!?

よく言われているのが「明け方ごろに見た夢は予知夢になりやすい」ということです。見た夢の時間なんて覚えてないよ!という方もいるかもしれませんが、だいたい明け方に見る夢は眠りが浅いときです。

夢から覚めたあとに空が明るくなり始めていた・夢から覚めたら体がスッキリしていた、ということがあればその夢があなたの予知夢である可能性が高いです!予知夢を利用すれば、未来予想ができるかもしれません!?

正夢=デジャブ

正夢になる可能性が高い夢

デジャブ体験

正夢になりやすい夢の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。よくデジャブ体験をするという方は、正夢を見ている可能性が高いです。見た夢をしっかり覚えておくと、正夢体験がぐっと増えていくでしょう!

  • 正夢になりやすい夢
  • 起床時間の2~3時間前くらいに見た夢
  • ハッキリと内容を覚えている夢
  • ファンタジー要素よりもリアリティのある夢
  • 目が覚めても妙に気になる夢

このいずれかに該当するような夢を見た場合は・・・それが正夢になる可能性が高いといいます。デジャブ体験をよくする方は、ぜひこの正夢の特徴を覚えておいてくださいね!ちなみに夢日記をつけるのも、正夢を増やす上でおすすめになります♪

こういった正夢のことや予知夢のことを考えると、デジャブを引き起こすのには意味がある!と思えてきますよね。若いときにしか経験できないと思って、夢にもっとアプローチしていきましょう。

まとめ

デジャブの意味や原因など、さまざまな面をご紹介しました。デジャブをよく感じる人はもしかしたら予知夢を見れている証拠なのかも・・・?もしそうなら何かに生かしていきたいですよね。単純な脳のご処理、だとしたらちょっぴり残念です。

未来予知ができるようになるかは分かりませんが、予知夢が見れているという自分のスピリチュアルな部分が垣間見れたら人生も華やかさを増していきます。正夢や予知夢を見ることで、もっと生活を楽しくしていけるといいですね♪

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。