INDEX

気温13度の服装:ポイントは?

気温13度ではセーターやニットなどの服装が必要

季節の変わり目の服装って何を着ればいいのか迷いますよね。そんな時、気温を元に最適な服装が数値でわかる「服装指数」というものがあります!気温13度の服装指数は40〜50に値し、セーターや厚手の長袖が最適とされています。天気や最高・最低気温もチェックし最適な服装を心がけましょう!

Small thub shutterstock 589377596
関連記事 服装指数とは?気温に合わせた服装するための3つのポイント!

「服装指数」をご存知でしょうか。毎日毎日なにを着るか決めるのって面倒だ

気温13度では寒暖差に注意!

気温13度の日は、季節の変わり目で風が冷たく寒暖差が激しいです。厚着して出かけても、お昼あたりから急激に暑くなり、体が急激な温度変化についていけなくなります。急体感温度が下がる事を考慮して服装を調節しましょう!

お出かけの際はアウターを持って、風邪を引かないようにしましょう。とくに春先や秋の終わりは、13度よりも気温はぐんぐんと下がります。気温の変化が激しいので、気温13度からの変化を天気予報でチェックしましょう。

気温13度では重ね着が重要

最高気温13度の環境は、季節に合わせて薄手の服装と厚手の服装を重ね着する必要があります。例えば、中に厚手のものを着たり、重ね着をしてこまめに服装を変えられる方が良いです。薄手のコートや丈が短めの羽織物も役立ちます。主なアウターは、オーバーコートやニット、ジャケットなどの服装が最適です。

気温13度の服装:晴れの日のおすすめコーデ

気温13度の服装:赤トップス×デニム×チェックワイドパンツの春コーデ

気温13度の晴れの日は、赤のトップスにデニムを合わせたコーデがおすすめです!ブラウスで春らしくしつつ防寒もできるので、まだ風が冷たくて体が冷える日も安心ですね。目を引く赤トップスには白黒のチェックワイドパンツを合わせることで、派手すぎない春コーデになります!

短い丈のトップスにすることで、脚長効果もあります!足元は暖かい日ならサンダルでもいいですが、最高気温が13度のような日は革靴を履いてハンサムにまとめましょう。小物やアクセサリーをシンプルなものにし、大人女子コーデに仕上げましょう!

気温13度の服装:オフショルニット×タイトロングスカートの大人春コーデ

気温13度の晴れの日は、オフショルニットもおすすめです!落ち着いたくすみカラーのオフショルニットは、大人女子もお洒落に使えるアイテムなんですよ。ボトムスを落ち着いたカラーのロングタイトスカートにすることで、控えめに露出した大人女子コーデにまとまります!

足元はシンプルな靴下に革靴を合わせ、シックにしましょう!小物やアクセサリーをシルバー系でまとめると、より洗練された大人女子コーデになりますよ。

気温13度の服装:シャツ×スウェット×ストレートパンツのラフ春コーデ

スウェットは子供っぽくて抵抗があるという方にもおすすめの、スウェットの中にシャツを合わせたコーデです!ボトムスをストレートパンツにすることで、子供っぽくならず大人女子のカジュアルコーデになります。

派手めな靴下にスニーカーを合わせることで一枚上手のラフコーデに仕上がります。また、時計をスウェットの上からすることで、コーデの上級者お洒落ポイントになりますよ!

気温13度の服装:スウェット×黒スキニーのカジュアル春コーデ

気温13度の晴れの日におすすめの、スウェットに黒スキニーを合わせたカジュアルコーデです!動きやすくてラフなコーデのポイントは、イエローの靴下です。ラフなコーデには派手めの靴下を合わせ、コーデのポイントにしましょう!

気温13度の服装:白ニット×デニムロングスカートの初春コーデ

まだ少し風が冷たい春の日におすすめの、白ニット×デニムスカートコーデです!厚めの白ニットに爽やかなブルーのロングデニムスカートで、風を防ぎ防寒しながら春コーデを楽しめます。足元はハイカットスニーカーを合わせ、カジュアルで春らしいコーデにまとめましょう!

気温13度の服装:ニットセットアップの大人秋コーデ

ニットセットアップは、肌寒くなってきた秋におすすめのアイテムです!落ち着いた濃いめのグレーを選ぶことで、着膨れせず大人女子っぽくなります。インナーのレースタンクトップをチラ見せすることで、程よいセクシーさのあるコーデにまとまりますよ!

靴や鞄は黒の革物に統一し、シックで落ち着いたコーデにしましょう。髪をアップスタイルにすることでセクシーに、ダウンスタイルにすることで大人女子に仕上がる万能コーデです!

気温13度の服装:ワイドパンツ×グレージャケットの綺麗め秋コーデ

濃いめのブルーのハイウエストワイドパンツにグレーのジャケットを合わせた綺麗め秋コーデです!カジュアルなTシャツや派手色のボトムスも、グレーのジャケットを合わせることで大人っぽく綺麗にまとまりますよ。フルレングスのボトムスの足元はヒールのある靴にすることで、脚長効果が期待できます!

気温13度の服装:ニット×ワイドパンツ×ジャケットの上級者秋コーデ

ニット×ワイドパンツコーデには、同系色のジャケットを合わせて上級者コーデにしましょう!だらしなくなりがちのニット×ワイドパンツですが、ニット以外をモノトーンに統一することでコーデがまとまり、だらしなくない一枚上手のお洒落になります。

コーデのポイントは、少し短めの丈のライダースジャケットを選ぶことです。ショート丈アウターとニットのタックインによって脚長効果があり、Aラインが出せるので、きれいめコーデが出来上がります!

気温13度の服装:シャツ×ニットワンピースのカジュアル秋コーデ

まだ暖かい秋口の晴れの日には、シャツにニットワンピースを合わせたカジュアルコーデがおすすめです!シャツをオーバーサイズにすることで、真面目すぎずカジュアルに仕上がります。ニットワンピースのスリットは少し深めの物にし、靴下と靴を統一することで、脚が細く長く見えますよ!

気温13度の服装:チェックパンツ×ロングコートのハンサム秋コーデ

緩めのシルエットのチェックパンツには、ロング丈のトレンチコートを合わせてハンサム秋コーデにしましょう!チェックパンツにカーキのロングトレンチコートとブラウンのベルトを合わせることで、秋っぽい色合いのコーデにまとめることができます。

トップスや足元はシンプルな黒にし、コーデの締め色にしましょう!小物やアクセサリーは小さく控えめなものにし、チェックパンツとロングトレンチコートを十分に活かしましょう!

気温13度の服装:くもりの日のおすすめコーデ

気温13度の服装:チェックシャツ×ロングニットカーディガンコーデ

気温13度のくもりの日には、チェックシャツ×ロングニットカーディガンがおすすめです!ロングニットカーディガンはお尻の下まで隠れるので、腰の冷え防止だけでなく体型カバーにもなります。室内はチェックシャツ×デニムで過ごしやすく、外出時はロングニットカーディガンでしっかり防寒しましょう!

気温13度の服装:スウェット×デニムコートコーデ

体感温度が低く冷えやすいくもりの日には、スウェット×デニムコートコーデもおすすめです!スウェットの中のインナーはTシャツにし、暖かくしましょう。デニムコートは、風を通さずきちんと防寒できる上にカジュアルにまとまるので、春秋に活躍する優秀アイテムです!

気温13度の服装:ハイネックニットワンビース×ベルトコーデ

一枚で暖かくフェミニンに仕上がるニットワンピースも、ハイネックのドロップショルダーを選ぶことで、大人女子コーデに使えるアイテムになります!さらにウエストに黒のベルトでウエストを強調することで、寸胴になりがちなニットワンピースでも色気のあるメリハリコーデになりますよ。

Small thub shutterstock 316576226
関連記事 サッシュベルトでワンピースコーデとは?おすすめの色や付け方35選

今シーズン流行しているサッシュベルトをよりおしゃれに見せる使い方やコー

気温13度の服装:雨の日のおすすめコーデ

気温13度の服装:トレーナー×ファーコートコーデ

気温13度の雨の日は、晴れの日に比べて体感温度がグッと下がります。晴れている日には必要のないファーコートも、雨の日の防寒には役立ちます!ファーコートはショート丈にすることで、暑苦しくなく春秋の雨の日にも使えるアイテムになりますよ。

気温13度の服装:タートルネック×Gジャンコーデ

冷たい風が入り込む首元は、タートルネックで温めましょう!タートルネックの中のインナーはシャツにし、少し裾を出すとカジュアルにまとまりますよ。Gジャンは風を防ぎしっかり防寒するだけでなく、春秋コーデ全般に活躍する万能アイテム!少し薄めの色のものは、どんなコーデにも合わせやすくておすすめですよ。

気温13度の服装:ボーダーTシャツ×ダウンコーデ

気温13度の雨の日で特に冷え込みが激しい日には、ダウンコートを活用しましょう!中をシンプルなボーダーT書けるハイウエストデニムにすることで、お洒落になりにくいダウンコートもカジュアルに着こなせますよ。足元の靴下の色がコーデのアクセントになるよう、派手めなものを選びましょう!

シチュエーション別:気温13度の日のおすすめコーデ

ショッピングの場合:白ニット×コーディガンコーデ

気温13度のショッピングには、春色コーディガンでお出かけしましょう!春色のコーディガンの中を白ニット×タイトスカートにすることで、落ち着いた大人女子コーデに仕上がりますよ。小物やアクセサリーはシンプルなものだと綺麗めに、やや大ぶりのものだとコーデのアクセントになります。

スポーツをする場合:パーカー×スウェットパンツコーデ

気温13度にスポーツするときには、パーカーにスウェットパンツを合わせましょう!運動前は肌寒くても運動後には暑いくらいになりますので、パーカーの中にTシャツを着ておきましょう!運動後に暑くなってもインナーのTシャツを脱ぐことで簡単に体温調節できますよ。

花見の場合:ボーダーTシャツ×ニットカーディガンコーデ

花見には、ボーダーTシャツ×ニットワイドパンツにニットカーディガンを羽織って出かけましょう!ボーダーTシャツはゆったりサイズにし、同系色のニットワイドパンツを合わせることで春らしいコーデになります。また晴れた日の日中は暖かくなりますので、ニットカーディガンで体温調節しましょう!

美術館巡りの場合:ニット×トレンチスカートコーデ

秋の美術館巡りには、黒Vネックニットにトレンチスカートを合わせましょう!ハイウエストでスタイル良く見えるトレンチスカートには、黒のVネックニットを合わせることで程よい肌見せコーデになります。靴や鞄を黒の革物で統一することで、シックで落ち着いた大人女子な服装に仕上げましょう!

紅葉の場合:白ハイネックニット×ニットスカートコーデ

少し肌寒い紅葉シーズンには、白ハイネックニットにニットスカートを合わせましょう!ニットの中に長袖Tシャツを着れば、アウターがなくても暖かくなりますよ。ブラウンのニットスカートには黒のショートブーツを合わせ、秋らしく暖かい足元にしましょう。

最高気温13度&最低気温13度の日のおすすめコーデ

最高気温13度の服装:スウェット×トレンチコートコーデ

最高気温が13度の場合、平均気温はおよそ7度となり、最低気温は2〜3度となることもあります。日中はアウターなしでも問題ないですが、朝夜の気温が一桁の日はトレンチコートを羽織ることをおすすめします!

ワイドデニム×スウェットのコーデにトレンチコートを羽織ることによって、お洒落に着崩したコーデになります!画像のようなリバーシブルで楽しめるトレンチコートだと、コーデの幅も広がりますね!最高気温13度の日は、気温7度の服装も参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 496348018
関連記事 『気温7度』のレディースコーデは?おすすめの服装&アイテム30選

気温7度のレディースコーデを考える時に大切なのは、服装にも本格的な防寒

最高気温13度の服装:ワイドデニム×レザージャケットコーデ

冷え込みの激しい最高気温13度の日には、レザージャケットもおすすめです!しっかり風を防ぎ防寒になるだけでなく、甘くなりがちな春秋の服装を大人女子っぽくまとめてくれます。トレンチコートやジャケットの中にも着れるので、春秋に大活躍するアイテムですね。

レザージャケットの中にニットとワイドデニムを合わると、バッチリ防寒しながらも春秋らしい服装になります!足元はメタル系を合わせると、かっこいい大人女子コーデになりますよ。

最低気温13度の服装:薄手ニット×ロングタイトスカートコーデ

最低気温が13度の日は、平均気温はおよそ17度となり、最高気温は20度近くまで上がります。アウターは必要なく、ニットやセーターのみで快適に過ごせます!最高気温が高いので、インナーはタンクトップや半袖にし、暑くなったら袖が捲れるようにしましょう。

薄手のニットにタイトスカートを合わせたコーデは、爽やかで春秋らしいコーデです。足元のメタル系のパンプスとウエストポーチがコーデのアクセントとなり、ふんわりしすぎずきちんとまとまった服装になります!

最低気温13度の服装:薄手ハイネックセーター×ハイウエストデニムコーデ

最低気温13度の日には、薄手のハイネックセーターもおすすめです!中のインナーをタンクトップや半袖にすることで、アウターいらずのラフコーデになります。首元が冷えないので、風が冷たい日も冷える心配がありませんね!

ボトムスにはハイウエストのデニムを合わせ大きめのベルトをすることで、着膨れすることなくすっきりとまとまります。デニムの色は濃い目を選ぶことで、優しいコーデになりがちなセーターをかっこよく締めてくれますよ!気温17度の服装は以下の記事もチェックしてみましょう。

Small thub shutterstock 579971776
関連記事 気温17度の服装23選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温17度は5月、10月と季節が変わる時期に多いです。寒いような暑いよ

気温13度の服装:おすすめアイテムは?

気温13度の服装:おすすめのトップスはニット

気温13度の日のトップスは、ニットがおすすめです!編み方や厚さの種類が豊富にあるので、厚手でオーバーサイズのものはアウターとしても活躍します。天気や最低気温・最高気温によって中に着るものを工夫すれば、どんな天気や気温でも使えるのもニットの魅力ですね!

気温13度の服装:おすすめのボトムスはデニム

気温13度の日のボトムスは、デニムがおすすめです!日差しが暖かいといってもまだまだ風が冷たい春秋。足元の冷えを防ぎながら春秋コーデを楽しめる万能アイテムです!色の薄いデニムは爽やかで春秋らしさが、色の濃いデニムはきちんと感が出るので、幅広い服装に使えますね。

Small thub shutterstock 268659425
関連記事 【2018年】夏のデニムレディースコーデ27選!トレンド・人気ブランドは?

デニムパンツ・ジーンズの夏のおすすめコーデや、スニーカーとの組み合わせ

気温13度の服装:おすすめのアウターは薄手コート・ダウン・ジャケット

気温13度の日のアウターは、薄手のコートやダウン、ジャケットがおすすめです!日中はアウターがなくても過ごせる気温ですが、天気や最高気温によってはかなり冷え込みます。冬物のコートではなく、軽く羽織れる薄手のコートやダウン、コートの中にも着れるジャケットは気温13度で重宝するアイテムですね。

気温13度の服装:おすすめのインナーは長袖ブラウス・シャツ

気温13度の日のインナーは、長袖のブラウスやシャツがおすすめです!ブラウスやシャツは、襟元や袖のレースや柄が多いものが重宝します。襟元や袖をニットやスウェットから少し見せると、一気に春秋らしい服装になりますよ。

少し寒い日にはニットやスウェットのインナーとして、日差しが暖かい日にはジャケットやニットカーディガンの中のトップスとして使える万能アイテムです!

気温13度の服装:おすすめの靴・足元は革靴・靴下

気温13度の日は、風が冷たく感じ足元が冷えがちです。そんな時には靴下と革靴がおすすめです!足元の防寒はもちろん、スカートコーデに合わせてもパンツコーデに合わせても春秋っぽくなるので、どんな服装にも使えます。

特に足元が冷える日には、ショートブーツもおすすめです。足首まで寒さを防げるため、冷え込む日にはぜひ使いたいですね。シンプルなショートブーツには、派手めな靴下を合わせるとコーデのポイントになりますよ!

気温13度の服装:NGアイテムはミニスカート・ショートパンツ

気温13度の日のNGアイテムは、ショートパンツやミニスカートです。いくら過ごしやすい春秋とはいえ、寒暖差が激しく足元はかなり冷え込みます。ボトムスはロング丈パンツや長めのスカートにし、防寒を心がけましょう。

どうしてもショートパンツやミニスカートを取り入れたい時には、厚手のタイツやロングブーツで足元を温めると良いでしょう!また、ロング丈のアウターを合わせると、足に風が直接当たるのを防ぎ防寒になりますよ。

気温13度の服装を知ってお出かけを楽しもう!

気温13度の環境で過ごしやすく温かみのある服装についてご紹介しましが、いかがでしたか?どれもそのまま取り入れられるコーデやアイテムがたくさんありますね。

ワンポイントアドバイスは、露出を控えて季節に合ったアイテムや色味をプラスする事です。上手に色味を取り入れて春秋らしい服装でお出かけを楽しんでくださいね!

Small thub shutterstock 249095608
関連記事 気温12度の服装21選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

東京の3〜4月、11〜12月に増える12度の日。そんな季節にデートがあ

Small thub shutterstock 329901242
関連記事 気温14度の服装24選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温14度くらいになると、いよいよ服装も春服がメインになってきます。若

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。