INDEX

くせ毛のせいで前髪が決まらない!

前髪のくせ毛は厄介

前髪くせ毛

前髪は髪の毛の中でも目立つ部分、くせ毛のせいで前髪が決まらないと1日中気分は沈んだままなんてこともありますよね。前髪のくせ毛を直したい、前髪をまっすぐセットする方法を知りたいという方も多いのではないでしょうか。

厄介な前髪のくせ毛は慣れればたった5分でまっすぐなストレート前髪に仕上げることができるんです。前髪のくせ毛の原因やたった5分でできるセットの方法をご紹介します。また逆にくせ毛を活かす方法をご紹介します。

前髪のくせ毛7つの原因

1.遺伝

親子

遺伝には優性遺伝と劣性遺伝があり、くせ毛は優性遺伝となります。例えば父親がくせ毛で母親がストレートヘアとなりますと、約7割以上の確率でくせ毛となり、父親母親ともにくせ毛となると約9割以上の確率でお子さんはくせ毛になります。

くせ毛にはいくつか種類があり、天然パーマのようなわかりやすいくせ毛もあれば、天然パーマとまではいかないうねり程度のくせ毛まで様々です。軽いくせ毛だと遺伝しても気が付かないという場合もあります。

2.毛穴、毛根のゆがみ

毛根

髪の毛を輪切りにしてみると円形の方と楕円形の方がいます。円形の方は直毛であることが多く、毛穴がゆがんで楕円形になっているとくせ毛になることが多くあります。

また、毛根がゆがんでいると髪の毛が生えてきた時にうねりが生じることがあります。毛根のゆがみの度合いで、髪の毛のうねりの強さも変わってきます。毛穴や毛根がゆがんでいるということになるとくせ毛を直すのも難しくなります。

3.添加物、汚れによるうねり

シャンプーリンス

頭皮に皮脂や汚れが詰まってしまうと髪の毛にうねりが出てしまう場合があります。毎日髪の毛は洗っているという方でもシャンプーやリンスなどに含まれる添加物が頭皮に残っているということもあるかもしれません。

洗浄力が強い石油系、石鹸系のシャンプーを長く使用していると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流し、皮脂が足りなくなったと頭皮からは過剰に皮脂が分泌されてしまいます。無添加のヘアケア製品を使用するなどして頭皮を清潔に保つようにしましょう。

4.過剰なダイエット

フレッシュな野菜

太ってきたなとダイエットをすること自体は悪いことではありませんが、過剰なダイエットをしてしまうと栄養が偏ってしまうことがあります。栄養が不足するとまず体の中で栄養分が行き届かなくなるのが髪の毛や爪になります。

頭皮への栄養が不足し、血行不良になると髪の毛はデコボコになり、髪の毛も細くなります。そして、髪の毛への栄養供給が不規則になることでくせ毛の1つである連球毛になってしまいます。

5.頭皮のアルカリ性化

アルカリ性のシャンプーやリンスを使い続けていると頭皮がアルカリ性に近づき、老廃物などが出にくくなり髪の毛を圧迫することでくせ毛になることがあります。

人は体内は弱アルカリ、皮膚は弱酸性となることで老廃物を外へ出しています。それがアルカリ性に傾いてしまうために老廃物が出にくくなるのです。石鹸や石油からできているシャンプーやリンスはアルカリ性のものが多くなっています。

6.コルテックスが乱れている

髪の毛は表面からキューティクル、コルテックス、メジュラの3つの層から作られています。この2番目の層のコルテックスは水分を吸収しやすいタンパク質からできているAコルテックス、水分を吸収しにくいタンパク質からできているBコルテックスの2種類からできています。

2種類のコルテックスの割合が50:50で直毛になります。このコルテックスのバランスが乱れてしまうとくせ毛になったり、水に濡れた時にくせが出たりします。

7.成長による髪質の変化

よく小さな頃は直毛だったのに、突然くせ毛になったというのを聞いたことがありませんか?これは思春期の頃に起こることが多く、髪の毛が軟毛から硬毛に変化したことによりくせ毛になったと感じます。

強いくせがあったとしても小さい頃は髪の毛が柔らかいためくせがあまり目立ちません。成長とともに髪の毛も大人の髪の毛になり、くせが出やすくなったのです。

前髪のくせ毛をまっすぐにセット!ブローの方法

1.まずは水で濡らす

水でぬらす

前髪のくせ毛をそのままドライヤーだけで直そうとしてもなかなかまっすぐにはなりません。前髪のくせを直すには、髪の毛に水分を与えるということが有効になります。髪の毛の内部にまで水分が浸透しうねりが取れやすくなります。

水分を与えることで髪の毛にハリやコシも出ます。乾いた状態で髪の毛を伸ばすには時間がかかりますが、濡れた髪の毛をドライヤーで乾かしながら伸ばす方が時間短縮にもつながります。

髪の毛を濡らす時に水道水を使ってしまうと塩素で髪の毛を傷めてしまう原因となります。寝ぐせ直しスプレーやトリートメントシャワー、精製水などで濡らすのをおすすめします。濡らすのは前髪ですのでべたべたしない種類のものがおすすめです。

\ POINT /

前髪を水で濡らす時のポイント

前髪の根元からしっかりと水分を与えるようにしましょう。前髪をかきあげながら、シャンプーをした後のタオルドライした髪の毛をイメージしながら濡らしていきましょう。

2.手ぐしでひっぱりながらブローする

前髪を濡らしたらすぐにブローするようにしましょう。濡れたまま放置してしまうとくせを悪化させてしまいますし、自然乾燥させることは髪の毛にダメージを与える原因となりますので、即ブローするようにしましょう。

手ぐしでのブローの方法
  1. 1.前髪をつかみ、根元からドライヤーを当てる
  2. 2.しっかり髪の毛の芯からのびるように引っ張りながら乾かす
  3. 3.髪の毛を左右それぞれにひっぱり、ドライヤーを左右から当てる
  4. 4.普段流す方向とは逆の方向に再度引っ張りながら乾かす

髪の毛を引っ張る時には痛くなるほど引っ張る必要はありませんが、しっかりと髪の毛の芯から伸ばすことが大切です。前方向だけではなく、左右にも髪の毛を引っ張ることでくせ毛矯正につながります。

最後に流す方向と逆方向に髪の毛を引っ張ることでくせが取れるだけではなく、ぺったりしないハリのある前髪を作ることができます。最後のひと手間を忘れないようにしましょう。

3.ロールブラシを使って乾かす

手ぐしで前髪を乾かしある程度まっすぐにセットすることができればそこで完了してもかまいません。しかし、さらにロールブラシを使って乾かすことでツヤのある前髪に仕上げることができます。

ロールブラシの選び方のポイント
  • 直径3㎝~5㎝の小さめのものがおすすめ
  • 天然毛のブラシ(豚毛なら比較的安価)
  • プラスチックのブラシはNG

ロールブラシは大きめのものを選ぶと短めの毛がブラシに絡まらず伸ばすのが難しくなってしまいます。ブラシの材質は天然毛がおすすめです。毛に含まれる油分でツヤを出しながらブローすることができます。プラスチック素材は静電気が起きやすく切れ毛を作りやすくなります。

ロールブラシにしっかりと髪の毛を絡め、上からドライヤーを当てて引っ張りましょう。ドライヤーを当てる時には、毛先に向かうようドライヤーを斜めに傾けると良いでしょう。

4.冷風をかける

前髪が十分に伸びたら、最後の仕上げにドライヤーの冷風を当て冷ましましょう。冷風を当てることで髪の毛が伸びた状態で固まり、長時間キープすることができます。

湿気が多かったり、汗をかきやすい時には朝ブローしても元通りに、ということがありますので必要に応じてスタイリング剤で仕上げましょう。ヘアワックスやオイルを薄く付けたり、スプレーで少し固めるなど程よく自然に仕上げましょう。

前髪のくせ毛を活かしたヘアアレンジ

湿気が多い日はヘアアレンジでくせ毛をカバー

雨の日や猛暑で汗をかきやすい時など、朝しっかりブローしても湿気で元に戻ってしまうということがあると思います。今日は1日雨なんていう日はくせ毛を活かしたヘアアレンジもおすすめです。

全体的にルーズにラフに仕上げたアップスタイルなら前髪をワックスやオイルなどでクシュクシュと仕上げれば、くせ毛も全体の雰囲気とあった前髪アレンジになりますよ。

前髪アレンジの定番編み込みアレンジは前髪のくせ毛も気にならない前髪アレンジになります。長い場合には後ろの髪の毛と一緒に編み込んだり、前髪が短い場合には前髪だけを編み込みにしたりアレンジの仕方は様々です。

不器用なので編み込みは難しいという方におすすめなのがポンパドール。ポンパドールは前髪を持ち上げてねじって留めるだけの簡単アレンジですので不器用な方にもおすすめですよ。

大きめにポンパドールを作ればゴージャスなイメージになりますし、横向きポンパドールなら上品なイメージに仕上がります。顔がパッと明るくなりますので憂鬱な雨の日などにもおすすめのアレンジです。

前髪のくせ毛を直すために毎日意識したいこと

食事はバランス良く

新鮮な野菜

前髪のくせ毛は髪の毛に栄養が行き届いていないことが原因となっていることがあります。髪の毛の健康を保つにはバランスの良い食事をすることを心がけましょう。タンパク質やビタミンをバランスよく摂ることでくせ毛を直すだけでなく健康な髪の毛もキープできます。

ヘアケア製品の見直し

前髪のくせ毛の原因として頭皮の皮脂や汚れが詰まってしまうということがあります。シャンプーは無添加のものを使うとくせ毛の改善につながります。また、頭皮がアルカリ性になるのも防がなければなりません。

そのため、シャンプーやリンスなどのヘアケア製品は弱酸性アミノ酸のものを使うよう心がけましょう。すぐにくせ毛が直るという即効性はありませんが、少しずつ改善することができます。

まとめ

笑顔の女性

いかがでしたか?前髪のくせ毛は頑固でうまくセットができないとお悩みの女性も多いと思います。でも前髪のくせは慣れてしまえばたった5分で直すこともできてしまいます。水分を与えしっかりと髪の毛を伸ばすようにして乾かすことがポイントです。

雨の日など湿気の多い日は、それでもセットがうまくいかないということもあるかもしれません。そんな時は逆にくせ毛を活かしたヘアアレンジをするというのもおすすめですよ。

くせ毛にはいくつか原因があります。くせ毛を直す方法として、毎日の生活の中でできることもあります。ちょっと意識することで前髪のくせ毛を改善することができますのでぜひやってみて下さいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。