Middle shutterstock 365582387

INDEX

しょうゆ顔だけじゃない!調味料顔の分類

しょうゆ顔?ソース顔?そもそも調味料顔って?

ちょうみりょう

「肉食系男子」や「草食系男子」など、女性は男性のタイプを良く「○○系男子」と言った分類分けで表現しますよね。今では一般的な「肉食系・草食系」とは、男性の性格や恋愛に対する姿勢、ファッションの好み等の特徴によるカテゴリーですが、最近では新たに、調味料系男子と言う分類が流行っているのはご存知でしょうか?

調味料系男子とは、ずばり、男性の「顔立ち」を色んな調味料に例えた分類の仕方です。一昔前に「しょうゆ顔」と「ソース顔」の2つの分類でイケメンの顔の系統をを分類するのが流行り、「しょうゆ顔」と言う言葉は流行語大賞にもなりましたが、その分類が現在ではさらに細かくなって、今また話題になっているんです。

 

こんなに細かくなった!しょうゆ顔・ソース顔以外の調味料系男子たち

女性

1880年代後半に「しょうゆ顔」という言葉が誕生した時には元々、「しょうゆ顔」と「ソース顔」の2種類だった調味料系男子。現在は一体どんな進化を遂げてたのでしょう。調味料系男子が再び注目を浴びるようになったのは、しょうゆ顔でもソース顔でもない、「塩顔」男子という新たなイケメン顔の台頭がきっかけです。

塩顔男子が女性の間で人気になると、そこから新たに味噌顔や砂糖顔など種類がどんどん増え、今では酢顔男子まで現れるほどに。調味料名を聞いただけだと、どんな顔立ちのことか「?」かもしれませんが、それぞれの調味料の特徴を聞けばどれも納得のいく表現ばかりです。それでは早速、各調味料顔の特徴を見ていきましょう!

しょうゆ顔編|まずは基本の調味料顔をおさらい①

しょうゆ顔ってこんな顔

調味料を使った「○○顔」という表現の中でも、最もポピュラーな存在なのが、しょうゆ顔ですね。調味料系男子の元祖とも言うべきしょうゆ顔ですが、その言葉で表されるイケメンの特徴は、スッとした切れ長の涼しげな目元と通った鼻筋と、全体的にあっさりとした顔立ちで、まさしく純和風なしょう油の持つ特徴そのものです。

しょうゆ顔のパーツは全体的に控えめで、決して派手な顔立ちではありませんが、切れ長や一重などの日本人らしいキリッとした目元は、見慣れた安心感があって親近感が湧くのではないでしょうか。決してインパクトのある顔ではありませんが、逆にその地味でクセのない印象が、飽きがこず、万人受けする顔であるとも言えます。

クールで爽やかなのに、どこか優しい面持ちは、まさしく調味料のしょう油のようですね。しょう油が日本の食卓には欠かせない存在であるように、しょうゆ顔もまた、日本のイケメンを語るには、欠かすことのできない存在なのではないでしょうか。

しょうゆ顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • しょうゆ顔の芸能人
  • 向井理
  • 東山紀之
  • 二宮和也

日本人らしい顔立ちなだけあって、皆さん、袴が似合いそう!どなたも涼しげな目元が印象的なイケメンですね。ちなみに、東山紀之さんは、1880年代後半に「しょうゆ顔」という言葉が流行って流行語大賞を獲得した際に、しょうゆ顔の代表として選ばれ授賞式で賞を受け取った、元祖しょうゆ顔なんですよ。

ソース顔編|まずは基本の調味料顔をおさらい②

ソース顔ってこんな顔

しょうゆ顔の対極的な存在として位置付けられるソース顔。あっさりとしたしょうゆ顔とは対照的に、こってりとした、一言で表現するなら「濃い」顔のソース顔は、パッチリとした大きな目と彫りの深い顔が特徴です。しょうゆ顔が純和風の顔立ちなら、ソース顔は、日本人離れした西洋風の顔立ちと表現することができます。

分かりやすく例えるのであれば、美術の彫刻のように均衡のとれた端整な顔立ちは、まさしく美形そのもの。また、彫りの深さに加えて、ソース顔の男性は、眉毛や髭が濃かったり、まつ毛が長くて多いような印象があるのも特徴です。

ワイルドで男臭い印象のソース顔は、一度見たら忘れることのできないようなインパクトの強さがあり、女性の好みも、ソース顔が好きな人と苦手な人にハッキリと分かれるかもしれません。しかし、西洋人のように彫りが深く整った顔立ちは、歳を重ねれば重ねる程、より一層渋みを増し、味のある表情がとても魅力的です。

ソース顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • ソース顔の芸能人
  • 阿部寛
  • 北村一輝
  • 平井賢

思わず「本当に日本人ですか?」と聞きたくなってしまうような顔立ちの面々です!阿部寛さんや北村一輝さんは、邦画の中で西洋人の役を、特殊なメイクを施すことなくナチュラルに演じても違和感がなかったのも、記憶に新しいところではないでしょうか。どなたも、海外でも十分通用する、ワールドワイドなイケメンですね。

塩顔編|しょうゆ顔だけじゃない調味料顔の特徴

塩顔ってこんな顔

調味料系男子の中でも一際人気のある塩顔。「私、塩顔が好き~!」という女性も多いのではないでしょうか。塩顔のブームは、1980年代後半に流行した時には「しょうゆ顔」「ソース顔」の2分類しかなかった調味料系男子が、様々な種類にバージョンアップを遂げながら再び脚光を浴びるきっかけとなったイケメン顔です。

塩顔は、しょうゆ顔と同じく一重や奥二重のシャープな目元と、通った鼻筋のシンプルな面持ちが特徴です。「それって、しょうゆ顔と一体どこが違うの?」と思った方は多いでしょうし、実際、しょうゆ顔と塩顔は良く似ています。敢えて違いを一言で表すのなら、塩顔の方がよりシンプルでシャープなイメージかもしれません。

例えば、同じ切れ長の目元ですが、しょうゆ顔の方が塩顔に比べてやや目元が大きくどこか愛らしい印象があります。対して塩顔は、目のパーツ自体が小さく、しょうゆ顔よりも淡泊な雰囲気です。しょうゆ顔よりもより中性的でありながら、どこか骨っぽく無造作なセクシーさがある。塩顔には、そんな不思議が魅力があります。

塩顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • 塩顔の芸能人
  • 坂口健太郎
  • 星野源
  • 羽生結弦

確かに、しょうゆ顔の芸能人の皆さんに比べて、より目元がシャープになった印象ですね。パッと見た感じは中性的なのに、なぜだか醸し出される色気に、目が釘付けになってしまいそう…!坂口健太郎さんは元祖塩顔男子として、塩顔ブームのきっかけになったと言われています。

味噌顔編|しょうゆ顔だけじゃない調味料顔の特徴

味噌顔ってこんな顔

日本が世界に誇る、伝統的な調味料の一つでもある味噌。味噌と言うと皆さんはどんな味を想像しますか?濃いか薄いかで分類するなら濃い味で、むしろしっかりとした独特の風味と旨味があり、それでいてまろやかで優しい味…。そんなイメージではないでしょうか。そして味噌顔も、まさにそんな味噌そのものの顔なんです。

味噌顔の特徴は、大きくクリッとした目とはっきりとした二重瞼で、濃くてインパクトのある顔立ちです。濃くてインパクトがあるという表現はソース顔にも当てはまりますが、味噌顔は、ソース顔に比べると濃さはやや控えめで、ソース顔よりも甘いマスクと言えるかもしれません。

ソース顔との最大の違いは、味噌が日本の調味料であるように味噌顔もまた、ソース顔のように日本人離れした顔ではなく、濃くて彫りが深いとしても日本人の顔だというところ。また、味噌顔の男性は、短髪や坊主頭などのヘアスタイルが異様に似合うという特徴もあります。

味噌顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • 味噌顔の芸能人
  • 渡辺謙
  • 伊勢谷友介
  • 池内博之

とにかく目力が強い!!!そして濃い!でも、確かに、ソース顔のように「日本人ですか?」とまではいかない顔というのも納得ができる気がします。ハリウッドで活躍されている渡辺謙さんも、役柄はほとんどが日本人役ですもんね。

酢顔編|しょうゆ顔だけじゃない調味料顔の特徴

酢顔ってこんな顔

塩顔ブームが進化し、最近新たに話題なのが酢顔男子。酢系の顔と言われても皆目見当がつかない方も多いかもしれませんが、酢顔は塩顔の進化系と言われていて、しょうゆ顔をあっさりさせた顔が塩顔なら、その塩顔をさらにあっさりさせた顔が酢顔ということになります。酢顔は究極のあっさり顔と言えるかもしれませんね。

シャープというよりは、思わず「鋭い」と表現したくなるような目元が印象的な、シンプルな顔立ちの酢顔男子。甘さはほとんどなく、むしろ最初の印象は「なんだか機嫌悪い?」「ちょっと怖そう?」と思うこともあるかもしれませんが、どこか寂しげにも感じる涼やかな目元や表情が逆に、女性を虜にする要因かもしれませんね。

しょう油顔・塩顔共に日本人らしいと表現される顔でしたが、酢顔は日本人顔と言うよりは、アジア人顔や韓国人顔と言われることが多く、極限までシンプルなのになんだかエキゾチックな魅力を感じる不思議な顔です。

酢顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • 酢顔の芸能人
  • 綾野剛
  • 松田龍平
  • 藤原基央(BUMP OF CHICKEN)

皆さん共通して、どことなくミステリアスでセクシーな魅力があります。寡黙そうな外見なので、気軽に喋りかけづらいようなとっつきにくさがありますが、なんとなく心の内に熱い思いを秘めていそう!なんて、勝手なイメージを持ってしまいます。酢顔は、そういったギャップも魅力の一つかもしれませんね。

砂糖顔編|しょうゆ顔だけじゃない調味料顔の特徴

砂糖顔ってこんな顔

調味料系男子の中でも、どんな顔立ちかがなんとなく想像しやすい砂糖顔男子。砂糖顔は予想通り、砂糖菓子のような甘いフェイスで、垂れ目がちでくりくりとした大きな目と、透明感のある白い肌、ちょっと頼りなさそうなあどけなさの残る表情が特徴的です。

少年ぽい、弟っぽい、女の子っぽい、子犬っぽい…等の言葉で表現される砂糖系男子の顔は、カッコイイというよりは、ついつい可愛いと言ってしまいたくなります。実際、ベビーフェイスで中性的な顔立ちですから、そこらの女性よりも可愛いなんてこともあるかもしれませんし、女装させても違和感がなさそうです。

幼さが残りなんだか母性本能がくすぐられる砂糖顔男子は、同年代よりも年上の女性や姉御肌の面倒見が良い女性から人気がある傾向も。疲れた時に砂糖顔男子から甘えられたり「頑張って」と声を掛けられれば、頑張れそうな気になってきます。現代女性にとって砂糖顔男子は、癒しを与える顔なのかもしれませんね。

砂糖顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • 砂糖顔の芸能人
  • 瀬戸康史
  • 小池徹平
  • 千葉雄大

か、か、かわいい~!おとぎ話の王子様が現代に現れたような、なんともメルヘンな顔ぶれです。女の子よりも女の子っぽいとも言われる砂糖系男子ですが、実際、テレビドラマで女装男子役を演じておられた瀬戸康史さんの可愛さを見た女性から、ネットで「女やめたくなる」なんて声も上がっていました。

ケチャップ顔編|しょうゆ顔だけじゃない調味料顔の特徴

ケチャップ顔ってこんな顔

しょう油顔のように薄くはなく、どちらかと言えば薄いよりも濃い寄りの顔…でも、ソース顔や味噌顔のようにこってりはしてない。丁度、味噌顔としょうゆ顔の中間のような顔のことを、ケチャップ顔と言います。

ケチャップがほんのり甘くて子どもにも人気がある調味料なだけあって、ケチャップ顔もちょっと甘めの親しみやすい顔が特徴。目鼻立ちがはっきりしていて、濃くもなく薄くもない、丁度良いと思えるようなコクやまろみのある、万人受けしそうなケチャップ顔は、まさに男前と言うに相応しい顔立ちかもしれません。

ケチャップ顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • ケチャップ顔の芸能人
  • 斎藤工
  • 竹野内豊
  • 三浦春馬

確かに皆さんイケメンとしか表現のしようがない位の美形揃いです。しかも、どなたも幅広い世代から人気のある方ばかりですね!薄い顔でもなく、かと言って濃くもない、ほんのり甘いマスクという表現もピッタリです。

マヨネーズ顔編|しょうゆ顔だけじゃない調味料顔の特徴

マヨネーズ顔ってこんな顔

ケチャップがあるなら、マヨネーズも!ということで、調味料系男子にももちろんあります、マヨネーズ顔。ケチャップ顔とマヨネーズ顔はどちらもコッテリしたソースなので、一見違いが分かりにくいかもしれませんが、マヨネーズ顔の方がケチャップ顔に比べてより一層濃い顔つきで、また、少年っぽい愛らしさがあります。

マヨネーズ顔は味噌顔や砂糖顔と同じく、垂れ目でクリッとした可愛らしい目元が特徴。そう言った意味では、味噌顔からワイルドさを引いて、砂糖顔にこってりさを足したような顔と表現することができます。確かにマヨネーズ顔は、味噌顔のように坊主頭や髭は似合わなそうですし、砂糖顔ほど子供っぽくもありません。

また、マヨネーズ顔は、親しみやすくなんだか優しそうな顔つきなのも魅力の一つかもしれません。実際、マヨネーズも味付けに加えれば、マイルドで優しい味になりますね。

マヨネーズ顔で思い浮かぶ芸能人は?

  • マヨネーズ顔の芸能人
  • 岡田将生
  • 国分太一
  • 渋谷すばる

なるほど、皆さんクリッとした目元が優しそうで、ケチャップ顔よりも可愛さが感じられます。それに、確かに味噌顔のように坊主頭や髭は似合わなそうですし、かといって、砂糖男子ほど可愛いすぎず、適度に男性らしさも感じられますね。

お気に入りの調味料男子を探してみよう!

ざっと調味料系男子をご紹介しましたが、お好みのタイプの調味料は見つかりましたか?男性の顔をそんなにたくさんの調味料に分類できるのか最初は疑問だった方も多いと思いますが、それぞれの調味料男子を見ていると、なんだか妙に納得してしまうから不思議です。

顔の特徴に限定したカテゴリーだからこそ、ついつい周りの男性のことも分類したくなってしまいますね。ご紹介した以外にも、これからもまだまだ増えそうな予感の調味料系男子たち。味覚とはまた違ったお好みの調味料を、あなたも是非探してみて下さいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。