Middle shutterstock 673152142

INDEX

カラーワックスってどんなもの?

簡単に髪に色つけができるアイテム!

カラーワックスとは近年、若い方を中心に人気が出てきているアイテムで、カラーワックスという名前の通り、ワックスのように髪に揉み込むだけで髪に色つけができるアイテムです。

職場や学校などの規則でどうしても髪を染めることはできない方や、明るい色にするためにブリーチをするのに抵抗がある方や、頭皮が弱いのでカラーを入れられない方もカラーワックスであれば使いやすいという特長があります。

 

カラーワックスを使うとできること

ヘアカラーワックスは、髪をセットするときに使うワックスのように、ヘアスタイルを整えながら、髪の表面に色をつけることができるものです。

ヘアカラーワックスをつかうヘアカラーは髪の表面にカラー料を付着させることで髪の色つけをするので、染色する場合のカラー剤とは異なり、髪にダメージを与えることなく色をつけられます。

そしてヘアカラーワックスによる髪色チェンジの場合は、シャンプーなどで簡単に洗い落とすことができるので、1日だけ色を変えたい場合に簡単に使用することが出来ます。

イベントなどでも活躍!

カラーワックスは1日だけ色つけをして楽しむものなので、普段のお洒落は勿論ですがパーティーなどでいつもと違った髪色にしたい場合にも使えます。

またハロウィンなどの特別な時にもカラーワックスであれば奇抜なカラーを乗せて楽しむことが出来るほか、一般的な染色とは違い毎日違うカラーにすることも出来るのが嬉しいポイントです。

ヘアカラーとカラーワックスとの違いとは?

ヘアカラーとは?

一般的なヘアカラーは、1剤と2剤という2種類で構成されています。1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤、2剤の成分は酸化剤です。この1剤と2剤を混ぜることで酸化染料が発色するのです。

まず1剤中のアルカリ剤が髪のキューティクルを開き混合液が髪の内部へ浸透し、アルカリ剤によって2剤の過酸化水素水が分解され、酸素を発生させ、メラニン色素を脱色し同時に発生した酸素によって染料を発色させます。

そして発色した酸化染料の分子はくっつき合って元より大きくなり、そのことによってキューティクルのすき間から分子が出られなくなり髪の内部に色が閉じ込められて定着するという仕組みになっています。

ヘアカラーのメリットとは

ヘアカラーは一度染めると、メンテナンスは必要になりますが髪の毛の色を変えたままにすることが出来るので、この色が好き!という方であれば好きな色をずっと楽しむことが出来ます。

またどうしても色落ちをしてしまうものなので、色落ちをしたところへ別のカラーを入れて暖色系から寒色系、寒色系から暖色系などと季節や気分に合わせて髪色が変えられます。

ヘアカラーのデメリットとは

自宅で行うホームヘアカラーは、髪質や髪色がが違っても誰でも同じように染められるようになっているので、サロンで行って貰うものと比較すると薬剤が強いものが使われています。

サロンであればなるべくダメージがないように配合してくれるので傷みが小さくて済むのですが、ヘアカラーはキューティクルを広げて閉じるということをしているので、髪が傷まないということはありません。

ヘアカラーが禁止されていることも

職場や学校などで明るい髪色にするのを禁止されている方も多いので、髪の色を変えて気分を変えたいなと思っていても、なかなかヘアカラーをすることが出来ない方も居ます。

またヘアカラーをしても新しく伸びてきた髪の部分はどうしても地毛の黒髪になってしまうので、メンテナンスを怠るとプリン頭という状態になってしまい、美しさも損なわれてしまいます。

髪染めによる頭皮トラブルも

ヘアカラーは薬剤を使うので、どうしても頭皮へのダメージを与えてしまいます。しかしプリン頭になるのも…とリタッチを繰り返していると、頭皮へのダメージはどんどん蓄積してしまいます。

その結果、髪染めによるかぶれが起きてしまい、頭皮や髪の生え際、額など髪染めの薬液が、皮膚に直接接したところに、かゆみや赤み、腫れ、ブツブツなどの皮膚の炎症が起きてしまう方も居るのです。

他の髪の色つけアイテムとの違いとは?

ヘアーチョークとの違い

ヘアチョークもカラーワックスと同様に1日だけ色を付けることが出来る商品ですが、ヘアチョークは名前の通りチョークを髪に塗っていってカラーを変えるものです。

メリットとしては、少しずつ髪に塗れば細かい色味の違いやグラデーションが楽しめますが、まとまった部分に色を付けたい場合には、チョークの量も沢山必要になりますし、カラーワックスよりも水に弱いのがデメリットです。

ヘアーマスカラとの違い

ヘアーマスカラもカラーワックスと同じく手軽に髪に色つけをすることが出来ますが、ヘアーマスカラはリキッド状のものを髪につけていく使い方になります。

コンパクトで持ち運びがし易いため、旅行先やライブなどで使うには便利なのですが、髪全体を塗りたい場合にはかなりの量が必要になり、色も限定されるというデメリットもあります。

ヘアーカラースプレーとの違い

ヘアーカラースプレーも髪に振って色を変えることが出来るアイテムで、色の入ったスプレーを髪に塗っていく方法で髪色を変える方法になります。

しかしヘアーカラースプレーはスタイリングをするためのヘアースプレーと同じで、色味を強く出そうとしてかけ過ぎてしまうと、髪がカチカチになってしまうだけではなく、髪が痛んで見えてしまうというデメリットもあります。

カラーワックスの使い方は?

1:カラーワックスを手に取る

ヘアカラーワックスは、まず少量を手に取ってまんべんなくのばします。手で揉み込んで使うので、手の表面だけではなく指の間まで塗っておくことで、まだらにならずに髪に乗せることが出来ます。

ヘアカラーワックスの1回の量は、カラーワックスのメーカーや髪の長さ、ヘアスタイルによって異なってくるので、それぞれのメーカーの使用説明書をしっかり読んでから使うようにしましょう。

2:髪の毛にカラーワックスをなじませる

手にのばしたカラーワックスを髪に塗っていきます。カラーワックスを使う時に大事なのは、カラーを付けたい部分に塗ることです。

全体に塗りたい場合には全体につけていくようになりますが、一部分を染めたい場合などには、全体にカラーワックスをつけてしまうと全体が染まってしまうので、つけたい部分が限定されているときにはブロッキングをしておきましょう。

3:少しずつカラーワックスを付けていく

一度に沢山の量のカラーワックスを付けてしまうと色つきは良くても髪がべトッとした状態になってしまうので、少しずつ好みの色になるまで塗っていきます。

一気に色を付けようとしすぎて大量にカラーワックスをつけてしまうと、あくまでもワックスなので求めて居たヘアースタイリングの状態と子となってしまうことがあるので、「少量ずつ」を守ってください。

4:ヘアースプレーなどを利用する

好みの色まで色つけができ、ヘアセットが完了したら、ヘアースプレーなど振ってヘアスタイルのキープとカラーワックスの色を定着させます。

カラーワックスはあくまでも髪の上に色が載っている状態なので、ヘアースプレーなどで色落ちを防いでおく方がカラーも綺麗に維持できますし、ヘアスタイルも維持できます。とは言ってもスプレーをしすぎると髪がカチカチになってしまうので、通常のヘアースプレーを利用する程度にササッと振る程度で大丈夫です。

5:好きなお洋服と合わせてお出かけ!

ヘアセット、メイクが完了したら好きなお洋服を着てお出かけするだけです。髪色が異なると、それだけでいつもとは違う自分になれるので、お出かけも一気に楽しくなります。

友達同士でお揃いの髪型にしたり、好きな芸能人のようなカラーにしたりとカラーワックスは気軽に髪色を変えられるアイテムなのでしっかり活用していきましょう!

カラーワックスの落とし方は?

1:お風呂でまずトリートメント!

カラーワックスは髪の上に色の付いたワックスが乗っている状態なので、普段通りにシャンプーをしても良いのですが、簡単に色を落とすためにはトリートメントやコンディショナーなどを使います。

トリートメントなどを使うことによって、トリートメントの油分がワックスが髪から離れやすくするので、その後にシャンプーをした時により楽に色を落とすことが出来るようになります。

2:しっかり水で洗う

通常髪を洗う時には水で濡らしてからシャンプーを泡立て、髪につけて洗っていきますが、カラーワックスを使っているときにはいつもよりも長く髪に水を含ませるようにしましょう。

先にトリートメントを付けて居る場合であれば頭皮のマッサージも含めてしっかりと頭皮や髪の隅々にまでお水がかかって濡れている状態にします。

3:シャンプーをする

シャンプーをする際にはいつもよりもしっかりと泡立て、特にカラーワックスを使っている部分には泡を揉み込むようにして洗ってください。

全体にカラーワックスで色を付けて居る場合などは、1度のシャンプーでしっかり落ちているか不安だという方も居るので、シャンプーを流した時に乗せた色が流れなくなるまでしっかり洗いましょう。

4:髪を乾かす

シャンプーでカラーワックスを落としたら、あとは通常通りトリートメントやコンディショナーなどを使って髪を保湿し、そして髪を乾かしたら元通りの髪色に戻ります。

カラーワックスで色を使う時の注意点は?

1:アイロンを使う時には

アイロンなどでヘアセットをする場合には、カラーワックスを付けた後でアイロンをするのではなく、カラーワックスを付ける前にヘアセットを行ってください。

カラーワックスは名前の通りワックス(油分)が含まれているので、カラーワックスを付けた状態でヘアアイロンをすると温度が一気に高くなり、髪にもダメージを与えてしまいます。

2:色落ちをすることがある

カラーワックスはあくまでも髪の上にワックスで色が載せられている状態なので、とても水に弱いという性質があります。そのため、雨の日などはカラーワックスをした部分の色落ちをしてしまうこともあります。

また髪の長い方や服につく部分にカラーワックスをしていると、カラーワックスの色が服についてしまう場合もあるので注意しましょう。

とくに白い色の服や大事な服でお出かけするときには服には当たらない部分にカラーワックスをするか、カラーワックスをつけずにお出かけをすることをお勧めします。

3:まずはお試しをしてみましょう

大事なパーティーやデートの時に初めてカラーワックスを使うと、思ったように色を付けられなかったり失敗してしまって必要以上に時間を取られてしまう結果になってしまいます。

またカラーワックスによって髪に上手く色が乗らないことや、思ったような発色が得られないことがあるので、まずは時間のある時にどの程度付ければ良いのかということを試してみて下さい。

おすすめのカラーワックスとは

EMAJINY(エマジニー)

  • 販売会社:エマジニー
  • カラー展開:レッド・ブルー・ゴールド・シルバー・ブラウン
  • 値段:2,500円+税(定価)

フォードヘアカラーワックス

  • 販売会社:フォードヘアカラー化粧品
  • カラー展開:レッド・ライトブラウン・ゴールド・シルバー・ブルー
  • 値段:1,800円+税(定価)

スタイリングカラーワックス

  • 販売会社:株式会社ビナ薬粧
  • カラー展開:メイプルレッド・アッシュブルー・プラチナシルバー・モカブラウン・ゴールデンイエロー
  • 価格:2,800円+税

ヘアカラーワックスモテワックス

  • 販売会社:株式会社サンスマイル
  • カラー展開:スカイブルー・グリーン・ピンク・シルバー・ゴールド・ブラック
  • 価格:1,200円+税(定価)

まとめ

カラーワックスは髪へのダメージが少なく、シャンプーで落とすことができ、派手な色にも挑戦することが出来るという楽しみが詰まったアイテムです。

またカラーリングでは頭皮へのダメージも気になるので、出来るだけ地毛のままで居たいという方であっても、たまには色味を楽しみたいという時に使えます。

手軽で簡単に楽しめるのがカラーワックスのいいところなので、カラーワックスで髪の色をかえて、お洒落を楽しみ、気分も楽しく変えてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。