INDEX

ある日靴を脱ぐと臭かった!どうする?

靴の臭いの原因を知って臭いを絶つ

靴のいやな臭い。自分の足が臭いのか、靴が臭いから足が臭うのか。特に汗で蒸れたブーツは最悪。このいやな臭いの原因は靴の中の水分と汚れに繁殖している菌やバクテリアです。

雑菌たちは湿った所が大好き。帰宅後、湿った靴の中で雑菌たちが繁殖し、翌朝乾ききらないうちにその靴を履いて出かけるとまた靴の中の湿度が上がり、殺菌も増え・・・。この繰り返しが靴のいやな臭いの原因なのです。

靴の中が乾いていると雑菌も繁殖しにくく、結果靴は臭いません。履いた靴の中をできるだけ乾燥させて、臭いのもとを絶ちましょう。

靴の臭いを取る方法その1~消臭グッズ

靴の消臭と言われて一番に思い浮かぶのは消臭スプレーではないでしょうか。ただし消臭スプレーは、色々な用途の物が販売されています。必ず靴に使える事を確認してからお使いください。また、スプレーをかけ過ぎるとかえって靴の中を湿らせてしまうので、かけ過ぎすぎには気をつけてください。

スプレー以外に靴の中に入れるタイプの消臭剤もあります。これは靴の中に入れるだけで、乾燥も同時に行ってくれるタイプが多く手軽に使えます。ただ、ある程度時間がたつと効果が薄れてくる場合が多いので、取扱説明書をよく読んでお使いください。

その2~新聞紙

脱いだ靴の中に新聞紙を詰めると、新聞紙が中の湿気を吸い取ってくれます。また、新聞の黒インクにはカーボンつまり墨が含まれています。炭の消臭効果は有名ですね。つまり古新聞を使う事で乾燥と消臭が一度に出来るのです。

新聞紙は出来るだけ表面積が多くなるように、くしゃくしゃっと丸めてから靴の中に入れてください。お金もかからず手軽にできる臭い対策です。

その3~重曹

お掃除などでよく使われる重曹には吸湿と消臭効果があります。台所の生ごみ入れにぱらっとかけて使っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、靴の中に直接重曹をかけると、後が大変です。いらなくなった靴下に重曹を100gほど入れて口を縛り、靴の中に入れましょう。いやな臭いを重曹が吸い取ってくれます。靴に合わせて可愛い布の袋を手作りしても良いですね。

重曹の中にお好みの香りのアロマオイルを一滴垂らして混ぜて使うのも、良い香りに加えてアロマオイルの殺菌効果が期待できるのでおすすめです。

その4~水洗い

いやな臭いが染み付いてしまって、上記の方法では取れない場合、靴全体を水洗いしてみましょう。正しい洗い方をすれば革靴でも大丈夫です。中の汚れを落とすことで、汚れや臭いのもとの雑菌ヤバクテリアを取りのぞくことができます。

洗い終わったら必ず形を整えてから、きちんと乾かしてください。生乾きは新たな臭いの原因になります。ただし、早く乾かそうとしてドライヤーや乾燥器を使うのは、布靴はともかく革靴には厳禁です。革のひび割れや型崩れの原因になります。ご注意ください。

革靴の正しい洗い方は?

革靴だって正しい洗い方をすれば大丈夫

ズック靴や上履きなど布の靴はゴシゴシ洗うけれど、革靴って洗えないんじゃないの?と思っていませんか。実は革靴も水洗いできるのです。ただし、洗い方にはコツがあります。

ズック靴のように、どぶんと水につけて、ブラシで力いっぱいごしごし、などという洗い方をすると傷だらけで大変なことになってしまいます。革靴には革靴の洗い方があるのです。革靴水洗い方法チェックポイント布靴と革靴では洗い方が違うので、正しい洗い方を知ろう

水洗いを避けた方が良い革靴は?

家庭では全ての革靴を水洗いできるわけではありません。鮮やかな色合いの革靴は染料が溶け出したり、パステルカラーなど薄い色のものはしみが目立つ可能性があります。またスエードなど起毛の靴は、どんなに洗い方に気をつけても、水洗い後、風合いを元に戻すのにかなり手間がかかります。

エナメル靴は元々水に弱く、エナメルコーティングの中に水が入ってしまったら取り返しがつきませんので、水洗いどころか普段から絶対に濡らさないような注意が必要です。

上記の革靴の場合は家庭での水洗いはあきらめて、潔く専門店にお任せしましょう。最初の革靴水洗いは普段使いのちょっとくたびれた黒い革靴でます試してみましょう。

洗い方に自信がついたらブーツなどの大物にも挑戦してみてくださいね。革靴水洗い方法チェックポイント起毛の靴やエナメル靴は家庭では水洗いせず、専門店にまかせる

革靴の水洗いは難しい?

革靴の水洗い方法はけして難しくありません。下準備から水洗い本番、そして乾燥と仕上げ。それぞれの段階で布の靴の水洗いとの違いはありますが、格段難しい洗い方をするわけではありませんから安心してください。

では、次から革靴の水洗い方法を説明していきます。知ってみると意外と簡単な洗い方だと思うはずです。革靴の洗い方をマスターして心地良い履き心地をキープしてくださいね。革靴水洗い方法チェックポイント革靴水洗いの洗い方は意外と簡単

革靴の洗い方~水洗い前の準備

革靴水洗いには専用洗剤が必要?

革靴の水洗いには、普通のボディソープを使うことが出来ます(合成皮革の場合は、中性洗剤も使えますが、この記事では本革の靴の洗い方を念頭に説明を進めます)。

革専用洗剤サドルソープと言う物も市販されています。本来サドルソープを使うのが理想的なのですが、買いに行く手間と費用を考えるとボディソープ利用で充分だと思われます。

ハンドソープは洗浄力が強すぎ、洗濯洗剤は漂白作用が付加されている場合が多く、洗い方に工夫しても色落ちの危険性が高いので、避けてください。

靴専用洗剤は、使用方法をよく読んで、革靴に使えるかどうかを確認してください。革靴水洗い方法チェックポイント革用専用洗剤サドルソープがなくても、ボディソープで洗える

革靴水洗いの道具は家にあるもので充分

以下の物を準備しましょう
  • 歯ブラシ、靴ブラシ(ほこり取り用)
  • 洗剤(ボディソープ、サドルソープ等)
  • スポンジ(なるべく柔らかい物)
  • 古タオル(なくても可)
  • 新聞紙(乾燥用)
  • シューキーパー(あれば)
  • 靴洗い用バケツ(洗面台を使うなら不要)
  • 靴クリーム(仕上げ用)
  • 古布、ストッキング等(仕上げ用)

シューキーパー(あれば)靴洗い用バケツ(洗面台を使うなら不要)靴クリーム(仕上げ用)古布、ストッキング等(仕上げ用)革靴水洗い方法チェックポイント新たに道具を揃えなくても、家にある物の利用で充分

いきなり水をかけちゃダメ

まず最初に乾いた状態で、布やブラシを使って革靴の内外に付いた汚れを丁寧に取り除きます。特につま先にはほこりがたまっていることが多いので、中敷きもはずして歯ブラシなどで隅々までしっかり掻き出しましょう。靴の裏の泥や砂もお忘れなく。

この工程を省いていきなり水洗いすると、丁寧な洗い方をしても汚れがしみになって残る可能性があります。水洗いを始める前に手を抜かずに靴の中も外もしっかり汚れを取りましょう。これが革靴の上手な洗い方の第一歩です。革靴水洗い方法チェックポイントまず靴を濡らす前に靴の中のほこりや裏の泥汚れなどをしっかり落とす

靴ひもは外して別に洗う

靴ひもをつけたまま水洗いをすると、靴ひもの色が靴に移ったり、乾燥の時にひもの所だけ乾きにくかったりします。また靴ひも自身もきれいに洗いきれません。

ひも付き靴の場合は、必ず上の汚れ落としの時に靴ひもを外し、ひもだけ別に洗って乾かしましょう。ほとんどの靴ひもは布製ですが、まれに革製のものがあります、革製の場合は靴本体に準じた洗い方で革の保湿に気をつけてください。革靴水洗いチェックポイント靴ひもは外して別洗いする

革靴の洗い方~水洗いから乾燥、仕上げまで

革靴にごしごし洗いはNG

ほこりが取れたら、革靴全体を水で濡らします。ここからはのろのろした洗い方ではいけません。ドボンと思い切って水につけましょう。全体が濡れたら、後はスポンジを使って手早くかつ丁寧に洗っていきます。

洗い方は、5%に薄めたボディソープをスポンジに含ませて泡立て、スポンジの柔らかい面で、優しくくるくる。間違ってもスポンジの固い面を使わないように。革が傷だらけになって後で泣く羽目になります。自分の顔を洗うように丁寧な洗い方で、優しく優しく。

靴の内外隅々まで洗ったら、真水で洗剤をしっかり流してください(サドルソープの場合は保湿成分が含まれているので、あまりしっかり落とし過ぎない方が良いようです)。革靴水洗い方法チェックポイントスポンジの柔らかい面で顔を洗うように優しい洗い方を心がける

きれいな仕上がりのコツはきっちり乾燥

正しい洗い方で汚れがきちんと落ちていても、乾燥が不充分だとカビが生えてくる危険性があります。しっかり中まで乾かしましょう。

洗い終わったら、古タオルか古新聞紙を使って水けをざっと取ります。その後、古新聞紙を丸めて革靴の中にしっかり詰め、形を整えます。木製のシューキーパーがある方は新聞紙の代わりにここで使います。新聞紙でもシューキーパーでもどちらの場合でも靴の形をしっかり整えることが大切です。

形が整ったら、風通しの良い日陰で自然乾燥します。靴の中の新聞紙を時々取り替えると早く乾きます。面倒でなければ、針金ハンガーで靴ハンガーを作ってぶら下げるとより早く乾くでしょう。

ただし早く乾かそうと直射日光に当てたり、ドライヤーの使用は革のひび割れの原因になるので、絶対に行わないでください。革靴水洗い方法チェックポイント生乾きはカビの元。型崩れにも注意して風通しの良い日陰で自然乾燥

最後に靴クリームで艶を取り戻す

革靴が完全に乾いたら靴クリーム等で油分を与え、保湿をします。クリームを適量靴に塗って、古布で磨いていきます。塗りすぎは靴にとって栄養過多になるので、一度にたくさん塗るのではなく、薄目に何回か塗って磨くを繰り返すと良いでしょう。

古ストッキングがあれば最後の磨き上げに使うときれいな艶が出ます。革靴水洗い方法チェックポイント靴クリームは薄塗り、複数回でしっかり保湿

革靴を長持ちさせるには~日常のお手入れ方法

帰宅時の習慣で靴の臭いに差がつく

「ただいま」と帰ってきて、すぐに脱いだ靴を靴箱にしまっていませんか。玄関は綺麗に片付きますが、靴には最悪の習慣です。履いた直後の靴の中には、足の汚れや汗、雑菌がついています。閉めきった靴箱の中では蒸れるばかりです。

履いた直後の靴は玄関の隅の風通しの良い所で一晩乾かしましょう。翌朝、布や靴ブラシで表面の汚れをさっと落としてから靴箱に片づけます。できれば日常使いの靴は二足以上用意して交代に履くと臭いもつきにくく、靴も長持ちします。

また靴用の消臭スプレーや乾燥消臭グッズを使うのも、いやな臭い防止に効果的です。日常のお手入れ方法チェックポイント外出から蹴ったら、脱いだ靴はすぐに靴箱に入れず、一晩乾かす

雨に濡れた時のお手入れ方法

雨に濡れてしまった革靴は、水洗い時の乾燥と同じように古新聞を使ってできるだけ早く乾かしましょう。濡れたまま放置すると、型崩れしやすく、またカビが生えたり、泥はねがしみになったり、ろくなことがありません。

雨の日は、帰宅したらできるだけ早く、古新聞を敷いた上に古新聞を詰めた靴を置いて乾かしましょうね。日常のお手入れチェックポイント雨に濡れた靴は古新聞を使ってすぐに水分除去

どのくらいの頻度で水洗いする?

目安としては半年~一年に一回程度で充分です。洗い過ぎは、どんなに丁寧な洗い方をしても、いえ洗い方が丁寧であればあるほど革靴を傷める原因になります。日々のこまめなお手入れで水洗い回数を減らしましょう。

出かける前には、さっと一撫で汚れやほこりを払い、帰ってきたら靴を乾かす。履いていない時はできるだけ湿気をのぞき、たまに靴クリーナーをクリームで表面のお手入れをする。ただそれでも靴の中の汚れは溜まってきます。

臭いや汚れが気になってきたらこれまで説明してきた洗い方で水洗いをしましょう。日常のお手入れチェックポイントこまめに手入れをすると、水洗いは半年に一回で充分

まとめ~革靴の洗い方

いかがでしたか?革靴の洗い方、意外と簡単だったのではないでしょうか。以下に洗い方の手順をまとめておきます。正しい洗い方と日々のお手入れであなたの革靴が幸せな靴ライフを送れますように。

革靴の水洗い<洗い方手順>
  • 乾いた状態で革靴の汚れを取り除く
  • 革靴全体を水で濡らす
  • 洗剤で優しく革靴全体を洗う
  • 真水で洗剤を落とす
  • 古タオルか古新聞紙で水分をとる
  • 靴の中に古新聞を詰め、風通しの良い日陰で自然乾燥
  • 靴クリームで保湿、仕上げ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。