INDEX

スローライフの意味からひも解く真意とは?

スローライフの意味

スローライフ疑問

スローライフとは和製英語で大量生産・高速型のライフスタイルに対して、ゆっくりした暮らしを提案するという意味があります。日本では2001年頃からスローライフという言葉が使われるようになりました。

2001年ごろから使われるようになったということは、そのころからスピードが重視され大量消費される現代の生活に疑問を持ち、生活の質や人間の心の豊かさに注目する人が増えたともいえます。

スローライフの真意

スローライフ真意

スローライフというと「ゆっくり生活する」「田舎で暮らす」「断捨離してミニマムに生きる」「場所を選ばず自由に暮らすノマド」などのイメージがあります。

スローライフは日本語に訳せば「ゆっくり生活する」という意味ですが、ただのんびりゆっくり生活するということではありません。スローライフの意味を追及していくと、自然を破壊しすぎない生活をしながら人間が生かされている素晴らしさに感謝するという真意に辿りつくのではないでしょうか。

\ POINT /

心にゆとりをもつ

心にゆとりをもつと心が豊かになるので、幸せを感じやすくなります。そうすると、環境やエコなどにも興味が湧いてきます。

スローライフは都会でも田舎でもできる?

都会でもスローライフは可能

買い物

スローライフな生き方をするには都会では無理なのでしょうか。田舎に移住しないとゆっくり生活するなんて不可能だと考えている方も多いと思いますが、都会でもスローライフは可能です。

都会のいいところといえば、便利・おしゃれが楽しめる・刺激が多い・仕事の選択肢が多い・娯楽や飲食店などのサービスが多いなどがあります。その反面、物欲が刺激される・情報が多すぎて選びきれない・疲れるなど心が荒んでなにかと消耗しがちです。そんな都会だからこそスローライフがおすすめです。

都会でのスローライフとは自分のペースを保つ生活

スローライフ都会

都会でのスローライフとは自分の心のあり方がとても重要になってきます。通学・通勤・仕事・街並み全てが慌ただしく動いている都会では刺激や娯楽サービスなどの誘惑に惑わされず周りに流されることなく自分のペースをしっかりと保つ必要があります。

プライベートな時間はバタバタと忙しい日常から離れ、なるべく自分を自然体に戻す方法を意識的に実践し心に余裕が持てるようにリラックスすることが大切です。

例えば、必要のないものは買わない・家に観葉植物や花などを置く・積極的に太陽の光に当たる・天然アロマの香りを使う・スマホなどの情報から距離をとるなど時間の使い方を見直して自分にとって落ち着く環境をつくり、心の豊かさをたくさん持つことが生活を充実させることにもなります。

Small thub shutterstock 529505785
関連記事 リラックス効果のあるハーブティー8選!!種類や紅茶との違いとは?

モデルの蛯原友里さんが毎日飲んでいると紹介している『ハーブティー』。女

田舎でのスローライフとは自然に癒される生活

スローライフ田舎

田舎のいいところといえば、自然が多い・のんびりしている・新鮮な食材が手に入りやすいなどがあります。その反面、不便・刺激が少ない・仕事が少ないなど苦労することがあります。

田舎でのスローライフとは仕事やお金の面さえクリアできれば実践しやすいです。そこが一番難しかもしれませんが、都会に比べると刺激や娯楽サービスなどは少ないので誘惑に惑わされることがなく、自然の多い環境で暮らし新鮮な食材を使った料理を食べていると自然に心がのんびりしてきて心の豊かさを感じやすくなります。

スローライフが実践できる仕事とは?

都会での選択肢

都会仕事

都会でスローライフをしたい場合は仕事が忙しくてもプライベートの時間はしっかり確保できるような働き方がベストです。お金に余裕があるのなら、週末は田舎で過ごすという二拠点生活というのもありです。

田舎での選択肢

田舎仕事

田舎でのスローライフをしたい場合は一番のネックは仕事を見つけることです。都会に比べると仕事が少なく選択肢も少ないのが現実です。賃金もよく安定収入の終身雇用はなかなか見つからないです。

田舎でスローライフが実践できる仕事とは?

農業、漁業、林業の仕事

野菜

田舎でも人手不足なのが農業、漁業、林業です。季節によって仕事がない時期もあり不安定ですが、特に過疎化や高齢化が進んでいる田舎だと若い働き手は喜ばれます。自給自足で農業をやりたいという人であれば、農業次世代人材投資資金という国の補助制度もあるので新規就農するという方法もあります。

リモートワークの仕事

パソコン

インターネットを使ってできる仕事なら場所を選びません。場合によっては日本にこだわることなく海外でもスローライフは可能です。例えば、在宅勤務できる会社に就職する・クラウドソージングを利用する・ライター・デザイナー・プログラマー・システムエンジニアなどIT関連の仕事があります。

自営業・起業の仕事

カフェ

田舎の困っていることをヒントに自分で仕事をつくりだす働き方もあります。カフェや食堂など自分の店を作ったり、ゲストハウス運営をしたり、田舎の資源を活かして起業したりして結果的に地域の活性化につながることもあります。

スローライフを求めて移住するときの仕事と注意点とは?

収入が不安定になりがち

悩む女性

雇用される働き方をするとしても都会よりは低賃金な場合が多いし、自営業や起業などは収入が不安定になります。なので、毎月決まったお金がしっかり確保できていなければ不安でしょうがない人には向いていないといえます。

どこで生活をしていてもいえることかもしれませんが、仕事は選り好みしなければあります。ただ、電気設備・土建・看護・福祉など田舎でもできるようなスキルや資格をもっている人は有利ですし、自分で考えて積極的に行動し仕事をつくりだせる人には田舎でのスローライフは始めやすいといえます。

今後、田舎に移住者がもっと増えて、それに伴い仕事も増えてくれば消極的な人でも田舎でスローライフがしやすくなるのではないでしょか。

田舎でスローライフする人は増えている

ジョギング

田舎や地方移住というと、以前は定年後の暮らしを考える人が多かったのですが、近年では特に30代~40代の移住願望が増えています。

田舎や地方でのスローライフに憧れるとメリットばかりに目がいきがちですが、スムーズに快適に移住するには現実をしっかり見極めてデメリットも把握しておくことが大切です。

田舎や地方に移住してスローライフをしたい人がこんなはずじゃなかったとならないためにもお金のこと以外で把握すべき注意点について見ていきましょう。

注意点1:車がないと不便

車

電車に乗ることはほとんどないので車がなければ移動するのに不便さを感じます。自動車運転免許が必要なのはもちろんのことですが、車を所有するうえでいくつか注意点があります。それはガソリン代、車検代、保険などの維持費がかかるということ、事故をおこす可能性もあるということです。

注意点2:刺激が少ない

さみしい女性

娯楽や飲食店などのサービスが少ないので選択肢も少ないです。また、田舎や地方だと会う人が固定され新しい出会いも少ないです。人との出会いは新たなアイディアや仕事を生みだす可能性も秘めているので、そういう意味では刺激が少なくチャンスが少なくなりがちなのは知っておくべき注意点です。

注意点3:人付き合いが面倒

辛い女性

都会では隣に誰が住んでいるのかも分からないということがあります。良くいえばプライバシーが守られていて、悪く言えば知らない人に対して無関心すぎるのかもしれません。逆に田舎では噂を立てられたりプライバシーにずかずか入り込んでくる人もいて、近所付き合い、人付き合いが面倒なこともあります。

人付き合いは一番やっかいな注意点かもしれません。新しいものを受け入れたがらない人もいるので、最低限のあいさつや地域の行事に参加するなどして適度な距離を保つ努力も必要です。

スローライフを実践して心を豊かにしよう!

スローライフはゆっくり生活するという意味ですが、スローライフがもたらしてくれるものは心の豊かさです。自分がどんなことで心に余裕を持ち幸せを感じられるのかが大切であり、都会でも田舎でもスローライフを実践することはできます。

田舎や地方に移住してスローライフを送りたい方は注意点もしっかり理解しておく必要があります。いきなり移住するのはハードルが高いと感じる方も多いはずです。

移住する先で快適にスローライフを送るには人とのご縁も大切です。まずは気になる場所に足を運んでみたり、移住体験ツアー・里山体験・交流イベントなどがあれば参加することから始めてみるのがいいのではないでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。