INDEX

はじめに

レジ袋水着って一体何?

レジ袋水着を着ている女性



「インパクト絶大」な画像とはまさにこのことでしょう。2015年に台湾発祥となったこのレジ袋水着。時を経て2017年の今なぜ注目を集めるようになったのかは不明ですが各メディアを賑わせているようです。

インスタグラムでセクシーな写真を掲載する女性ユーザーは非常に多いのですが、画像のインパクトに加えて、なんともいえない安っぽさとスケスケ感が男にとってはたまらない!なんて声が。

セクシーな写真を売りにしている女性ユーザーは男性からの注目を集めるにはうってつけ・・・かも?ここではレジ袋を水着代わりにしちゃう方法や注意点なんかをまとめてみました!

とっても簡単「レジ袋水着」の作り方は?

足を通す部分をカットするだけ!

下着姿で男性に跨る女性

レジ袋水着は作り方を説明する必要もないくらい簡単です。何せ足を通す部分をカットするだけですから。クロッチ部分を残して袋の底を左右2箇所、斜めにカットすれば出来上がりです。

このカットする角度を変えればハイレグやローレグになっちゃったりはしますが、この情報必要でしょうか?ただ後ろはやや角度を緩めにしないと食い込んでしまうので、露出度がアップしてしまいますので危険です。やりすぎるとTバックみたいになってしまいますよ。

レジ袋の持ち手がショルダー部分になっちゃう

ビキニを着た女性の上半身

先ほどカットした部分に足を通したら、レジ袋の持ち手がそのままショルダー部分になってしまいます。形状としてはスクール水着に近いワンピースタイプの水着ですね。こういったタイプの水着は露出度は低めなのですが・・・

ビニール素材なのでショルダー部分もぴったりというわけにはいかず、ゆるゆるですぐにズリ落ちてしまいます。さすがに普通の水着のような伸縮性を求めるのは無理があるようです。

レジ袋のサイズはたくさんあるから大丈夫

二人の女性が並んでいるスナップ

レジ袋は色んなサイズがありますので、身長が高くても低くても大丈夫。自分の体に合うレジ袋をチョイスするだけですからね。またちょっと引っ張ってあげれば若干伸びますので、その方法で微調整することもできそうです。

レジ袋の縦横比率はまちまちのようですが、一般的なサイズのものならば体系も関係なく使えるはずです。細身の方もぽっちゃり体型の方もある程度カバーできると言えますね。

むしろあまり細身方は胸やお腹周りがダブついて”ひらひら”感がアップ、逆にぽっちゃり体型の方は密着間がアップしてこれまた危険なことに・・・

レジ袋水着ってどんな場面で使えばいいの?

正直これでビーチやプールにいたら逮捕です・・・

女性がSTOPの仕草をしている

レジ袋水着を着て、ビーチやプールへ!・・・行けません。間違いなく通報されるか、監視員のお兄さんから退場を命じられることでしょう。だってスケスケすぎる上に、ショルダーもしっかりしていません。

これで泳いでしまえばすぐに胸をポロリ、ビニールが破れてデリケートゾーンまで見えてしまいますからね。「泳ぐ」という実用に耐えられる素材ではありません。

さらにはこれを着て外に出て行くという猛者はなかなかいないと思いますが、家族連れがくるような場所ではおそらく一発アウト。プライベートビーチやヌーディストビーチがギリギリのラインでしょう。ですが日本じゃなかなかそんな場所はありませんしね。

そのぶっちぎりのインパクトでSNSに投稿しちゃえ!

スマートホンを操作する女性

公共の場所や、実用に耐えられないのならばもう使用方法はここしかありません!そう、SNSへの投稿専用。近頃流行している電球ソーダや、海のアイテムならラフィアハットなんてものもありますよね。どちらかと言えばオシャレなアイテムが多い気がしますが・・・

オシャレとはお世辞にも言えないチープなビニールのレジ袋。これを水着にしちゃうんですから、オシャレでなくてもインパクトは絶大です。インスタグラムに投稿するハッシュタグは「#セクシー」にするより「#体張ってみた」の方がしっくりきちゃいます。

電球ソーダ、ラフィアハットとは?

【電球ソーダ】

電球を逆さにして、ソーダが入っている飲み物のことで、韓国発祥のかわいいソーダ。おしゃれに色がついたソーダや可愛らしいストローがとってもキュートで現在大人気のドリンク。

【ラフィアハット】

ラフィアヤシという植物を使って作られる大型のハット。特大のツバが特徴的で南国イメージを出すのに最適なアイテムです。青い海、水着との相性が抜群のアイテム。

話題の”インスタ映え”の波に乗れるか!?

ラフィアハット

電球ソーダやラフィアハットなどのおしゃれで可愛いアイテムは「インスタ映えする!」といって大人気を集めています。おしゃれというカテゴリとは少し違いますが、ぶっちぎりのインパクトで「インスタ映え」の波に乗れるかどうか。

チープなビニール袋という素材なのですが、2015年に台湾で流行した際には”セブンイレブン”のレジ袋のロゴがおしゃれとされていました。今後どんなスーパーやお店のレジ袋が出てくるのか注目ですね。

スケスケ注意報!?レジ袋水着の注意点は?

着てみると分かる、スケスケすぎて隠れてない

ガラス玉を透かしてみる女性の手

レジ袋ですからもちろんスケスケです。厚めのしっかりしたビニール袋でも正直不安になるのは間違いありません。例えレジ袋水着を着て外に出ることがなくても、角度や体制を考えて撮影するようにしたいですね。

ニップルは素材が薄すぎて隠し切れませんし、デリケートゾーンや後ろからのショットも危険度満点。正直なところ着ているのに隠しきれていない、というある意味下着姿や全裸よりも”エロい”雰囲気になってしまいます。

胸元もひらひらすぎて油断するとめくれちゃう

胸元を強調する女性

レジ袋水着の注意点はスケるだけではありません。胸元だって油断できません。だって胸のホールド感なんて皆無で、少し動いただけでヒラヒラめくれてしまいますし、サイズオーバーならすぐに胸が露わになります。

がんばって撮影を続けていても、実際写真チェックのときにはニップルが出てしまって「投稿に使えない・・・」なんてショックですからね。レジ袋水着を着ながら投稿する写真をチェックする、なんて姿もなかなかシュールな光景です。

アンダーヘアも丸分かり、小物で隠して

下着姿の男女

レジ袋水着はアンダーヘアも丸分かりなので、そのまま投稿しないように注意しましょう。オシャレな小物やバッグなんかで隠して投稿するようにしましょう。それが難しければ体制を考えて写真に写りこまないようにするしかありません。

投稿前にしっかりチェック!ネット社会の現代は拡散も早い

顔を伏せてふさぎこむ女性

SNSへの投稿の際は細心の注意を払うようにしましょう。公開NGな部分が移りこんでしまったり、部屋の様子から個人情報がバレてしまうことも考えられます。また直接移りこんでいなくても、鏡や窓などに反射して意図せず全世界に発信してしまうこともあるんです。

これほどまでにSNSが普及している現在だからこそ、レジ袋水着はインパクト抜群で多くの人に見てもらえる可能性も高いのですが、いざ身バレしてしまったりするともう大変。画像の回収や自主的な削除なんて期待はできません。個人情報まで調べられる危険も。 

写真投稿前のチェックポイント

・掲載NGな部分の写りこみはないか?

・個人情報や地域が特定されてしまうようなモノはないか?

・鏡や窓に意図していないものが反射していないか?

レジ袋水着についてのまとめ

とっても安くてSNSで注目を集めるならばものすごく手っ取り早い気がする「レジ袋水着」。けれどもどうしてもセクシー寄りの写真になってしまう感は否めないようです。

どちらかと言えば”身バレ”の心配がない匿名性の高いSNSや、裏アカと呼ばれる素性を隠して投稿するようなアカウントでレジ袋水着にチャレンジしたほうがリスクはありませんね。けれどもいくら身バレしないからと言って規約や法に触れる写真をアップしてはいけませんよ、一応念のため・・・

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。