Middle shutterstock 222711091

INDEX

デコパージュとは?

デコパージュとはフランス語で「切り抜く」という意味になります。ペーパーナプキンや専用シートなどを使い、絵柄や物の形に切り抜き専用のノリで貼り付ける手芸方法の一種です。材料は雑貨店や100均でも揃えられ、作り方もとても簡単です。

自分で何かをデザインするということもありません。切って貼るだけの簡単な作り方にも関わらず表面はツヤツヤ、プリントされたような仕上がりになります。誰にでも簡単にオリジナルの小物が作れるのでお子さんから大人まで幅広い年齢の方に人気です。

デコパージュが話題になったのが上履きのデコパージュですが、デコパージュできる素材は布、プラスチック、皮、ガラスと素材を選ばないのも魅力の1つです。今ではデコパージュ専用のコーナーもあるほどです。

デコパージュに必要な材料

ペーパーナプキン

デコパージュはどんな紙でも作ることができますが、初心者の方におすすめなのがペーパーナプキンです。ペーパーナプキンは薄いのでどんな素材にも貼りやすく、普通の紙に比べるとシワになりにくいので初心者の方でもキレイにできますよ。

ペーパーナプキンは雑貨店などに様々な柄や模様の物が売られています。お気に入りの柄を見つけて準備してみて下さいね。デコパージュをキレイに仕上げるためのペーパーナプキンの選び方は後ほど詳しくご紹介します。

 

デコパージュ専用液

デコパージュには専用液=糊が必要になります。デコパージュ専用液を使うことによりペーパーナプキンなどの柄や模様を色々な素材に貼り付けることができます。糊ですので塗っている時にはベタベタしますが、乾くと光沢感が出てきます。

水を弾くという特長もあり、接着するだけではなくコーティング、防水という効果もあるのです。どの専用液を使ってもこれらの効果はありますが、様々な種類の専用液が販売されていますので、こちらも後ほど詳しくご紹介します。

筆&筆を洗うカップ

筆

筆は素材に糊を塗る時に使います。デコパージュ専用筆もありますが、普通の筆を使ってもできます。その時には糊が塗りやすいように平筆を使うとムラなくキレイに糊を塗ることができます。

余分な糊を落とすために筆を洗うカップを一緒に準備しておくと便利です。カップは筆を洗うだけの物ですので、紙コップ、シリコンカップなど何でも構いません。

カッター&カッターマット

ペーパーナプキンを切り抜く時に使いいます。大きな柄や模様でしたらはさみでも切ることができますが、細かい所を切り貼りするにはカッターの方が便利なこともあります。カッターマットも一緒に準備しておきましょう。

初心者の方におすすめ!デコパージュキット

考える親子

デコパージュをこれから始めるという方は何をどう選べばいいのかわからないということもあると思います。そこで初心者の方におすすめなのはスターターキットです。デコパージュに必要な最低限の材料が入っていますので1つ1つを選ぶ必要がありません。

買ったらすぐに始めることができますので便利ですよ。スターターキット、トートバックをデコパージュできるキットなど様々な種類の物がありますので作ってみたい物で選んでも良いでしょう。

スターターキットはネットや100均などでも購入することができますが雑貨店などで購入すると、デコパージュの作り方やコツを教えてくれる講習を受けられるという特典があることもあります。初心者の方でしたら、やり方を教わることができるのは嬉しいですね。

デコパージュを長持ちさせるには防水材

先ほどご紹介しましたが、デコパージュ専用液には撥水効果がありますので、専用液を使うことで防水効果がありますので専用液だけで十分ですが、スプーンやフォーク、皿、靴など水に濡れることが多いものでしたら防水材を使うと、デコパージュがより長持ちします。

防水材にはツヤあり、ツヤなしなど種類がありますので仕上がりのイメージに合わせて選ぶことができます。一般的にはツヤありの物が多く選ばれています。

ペーパーナプキンの選び方

ペーパーナプキンで誰でも簡単にデコパージュをすることができますが、ペーパーナプキンの柄などによってはシワが目立ってしまったりします。そこで、初心者の方でもキレイに仕上げられるペーパーナプキンの選び方のポイントをご紹介します。

大きさは主に2種類

  • ペーパーナプキンの大きさ
  • 大:33cm×33cm
  • 小:25cm×25cm

ペーパーナプキンの大きさは主に2種類になります。トートバックなどの大きめの素材にデコパージュする時には大きいナプキンを選ぶと良いでしょう。

素材が小さい物は小さいペーパーナプキンでも良いですが、小さい物ですとペーパーナプキンが足りなくなってしまうということもあります。素材の大きさに合わせてペーパーナプキンを選ぶようにしましょう。

柄の背景は白の物から

ペーパーナプキンは色鮮やかな物が多いですが、その中で初心者の方は背景が白い物がおすすめです。背景が白であれば、多少シワができてしまった時にも目立つことがありません。

特に上履きや石鹸などの白い物に貼る時にはシワがほとんど見えません。その他の素材でも白はシワが目立ちにくいという特長がありますので、まず白い物から始めてみて下さい。

線や模様が多い物から

色鮮やかなペーパーナプキンでも柄や模様が多く描かれているものであれば初心者の方でもキレイに仕上げることができます。模様などが多いデザインであれば、多少シワになった時にも元々の模様の線に同化しやすいためシワが目立ちません。

大きい柄よりも小さい柄から

ペーパーナプキンの柄や模様の中には単体で大きな花や動物などが描かれている物も多くあります。しかし、デコパージュに慣れていない方ですと大きな柄をシワなくキレイに貼るのが難しいかもしれません。

できるだけ小さな柄の物を選ぶようにしましょう。少しだけデコパージュに慣れてきたら、大きめの柄の物にも挑戦してみましょう。

デコパージュ専用液の種類や特長

ケマージュ

デコパージュ専用液として一番人気があるのがケマージュです。ケマージュを使ってデコパージュすると、まるでプリントしてあるかのような鮮やかな発色とツヤでキレイに仕上がります。

量も多めで値段は少し高くなりますが、その仕上がりの美しさには定評があり一番選ばれている専用液です。雑貨店やネットで購入することができ、価格は1,500円前後となります。色々なデコパージュに挑戦したいという方にはおすすめです。

モトポジ

モトポジは使い方はケマージュと同様ですが、ケマージュよりも少しサラサラとした質感の専用液になります。モトポジの魅力は種類の多さです。デコパージュの仕上がりのイメージに合わせて専用液を選ぶことができます。

  • モトポジ
  • つや消しマット
  • 光る仕上がりのグロス
  • ラメ入り
  • ホログラム入り
  • 布用ファブリックタイプ
  • 黄ばみを防ぐペーパータイプ
  • アウトドアタイプ

使う素材や、使うシーンに合わせて専用液を選ぶことができますので、よりデコパージュを長持ちさせることができます。また、ラメ入りやホログラム入りの物を選べばペーパーナプキンのデザインをより可愛く仕上げることもできます。

100均デコパージュ専用液

以前は雑貨店などにしか置いていなかった専用液ですが、今ではセリアやダイソーなどでも専用液を買うことができます。これからデコパージュを始めるという方には価格も安価ですし、100均の専用液はおすすめです。

ダイソーでは3種類のデコパージュ専用液があり、プラスチックやガラス用、布用、トップコートになります。セリアの専用液はオールマイティで1つで専用液とトップコートを兼ねたものになります。

100均の専用液は上記の物に比べると容量は少なくなりますが、お試しには丁度良いサイズになっています。まず本格的にデコパージュを始める前にお試しで使ってみるのもおすすめですよ。

トランスファコート

トランスファコートは少しデコパージュに慣れてきた方が使うアイテムです。ペーパーナプキンからステップアップして、厚紙やポストカード、雑誌、写真などを使ってデコパージュする時におすすめなのがトランスファコートです。

デコパージュの基本的なやり方

  • デコパージュのやり方
  • 1.何枚か重なっているナプキンの一番上の部分を剥がし薄くする
  • 2.ナプキンを貼りたいものに合わせてカットする
  • 3.貼りたいものにデコパージュ専用液を塗る
  • 4.カットしたナプキンを貼り付ける
  • 5.トップコートや防水材を使用する時は貼ったナプキンの上から塗る
  • 6.乾燥させたら完成

まずはペーパーナプキンは数枚重なっているものがほとんどですので、剥がして1番薄い状態にしてから、貼りたいものに合わせてカットします。

カットが終わったら、デコパージュ専用液を貼りたいものに塗っていきます。この時、ペーパーナプキンとの間に気泡が入らないように、ムラなく丁寧に塗っていきます。

気泡が入ってしまったり、ムラがあるとシワができやすくなってしまいます。専用液を塗り終えたら、カットしたペーパーナプキンを貼ります。専用液を重ねて塗る時は必ず乾いてから、塗るようにして下さい。

乾く前ですと、これもシワの原因となります。トップコートや防水材も同じです。全て貼り終えたら乾燥させて完成です。全て貼り終えたら乾燥させて完成です。ドライヤーを使うと早く乾き、時短につながります。

  • ポイント
  • ポイント1:専用液を塗る時にはムラにならないように塗る
  • ポイント2:重ね塗りする時には乾いてから
  • ポイント3:ドライヤーを使うと時短に

失敗したらどうする?

布以外にはエタノールが便利

デコパージュをしている時にうっかり失敗してシワが寄ってしまったなんていうことも多くあります。失敗してしまった場合には、原始的ではありますが、まずはペーパーナプキンを貼った部分を爪でカリカリするとペーパーナプキンが剥がれることがありますので、まずは爪でカリカリしてみましょう。

それでも剥がれない場合の強い味方なのがエタノールです。デコパージュした部分にエタノールをふりかけて、キッチンペーパーや柔らかい布やスポンジで何度か擦るとキレイに剥がれます。

ただ、布の場合は再利用はおすすめできません。布でもつけ置きをしてたわしで擦ることデコパージュした部分は剥がれますが、生地に色移りしてしまうのと生地が傷んでしまう可能性があります。

初心者でも簡単!デコパージュアイデア集

プレゼントにも!石鹸をデコパージュ

石鹸のデコパージュは初心者の方でもキレイに作れるのでおすすめです。ペーパーナプキンを切ったら、石鹸に専用液をムラなく塗りペーパーを貼るだけです。とても簡単なのにこれだけキレイな仕上がりです。プリントされたような仕上がりですよね。

石鹸は表面に凸凹もなく平面ですし、大きさも大きくなく小さくなく初心者の方にはちょうど良い大きさになっています。こんなに可愛い石鹸ならお友達へのプレゼントとしても喜ばれますし、最近では結婚式のプチギフトとしても人気です。

オリジナルバック!トートバックをデコパージュ

トートバックも簡単にデコパージュできます。白い無地のトートバックもあっという間にこんなに可愛いオリジナルのトートバックに変身します。初心者の方でしたら、シワも目立ちにくい小さめのサイズのバックから始めることをおすすめします。

デコパージュに少し慣れてきたら大きいサイズのトートバックのデコパージュに挑戦してみて下さい。布のバックは雨に濡れたり、汚れやすかったりしますがデコパージュすることで防水効果もありますので汚れにくくなります。

バックは底や底に近い部分が汚れやすい箇所になりますので、底にデコパージュするのもおすすめです。作り方も簡単でデコパージュですのでお子さんと一緒にデコパージュを楽しむというのもおすすめです。

お子さんの好きなキャラクターなどを使えば、お子さんも楽しんで作ることができますよね。また、お気に入りのバックでお子さんが自分で荷物を持ってくれるかもしれませんね!

持ち歩くのが楽しみ!ポーチをデコパージュ

化粧ポーチなどももちろんデコパージュすることができます。トートバックなどに比べると曲線部分やファスナー部分など細かな部分もありますが、簡単にできますよ。お気に入りの柄でデコパージュすれば持ち歩くのも楽しくなりますね。

また、化粧ポーチは表だけではなく裏側もデコパージュするのもおすすめです。ファンデーションやチーク、ビューラーなどで意外に汚れやすい化粧ポーチ。汚れにくいデコパージュの特長を生かし、裏側にもデコパージュすると汚れにくくなりますよ。

その日の気分に合わせて替えられる!プラスチックスマホケースをデコパージュ

デコパージュならプラスチックのスマホケースもあっという間にオリジナルのケースができちゃいます。プラスチックケースの場合は2種類のデコパージュのやり方が楽しめます。

まずはプラスチックケースに直接デコパージュする方法です。プラスチックケースに専用液を塗り、ペーパーナプキンを貼り付けて仕上げます。デコパージュは平面だけではなく画像のように立体的な物も作ることができます。可愛いですよね。

プラスチックのケースの場合はもう一つ楽しみ方があります。透明のプラスチックケースを準備します。スマホケースの大きさに合わせた紙をデコパージュして、透明のスマホケースの間に挟んで使うという楽しみ方です。

紙にデコパージュするやり方なら、複数枚デコパージュしたものを作っておけば気分によってすぐ取り替えることができますので、日によって違うデザインを楽しむことができます。スマホケースをいくつも買うのはお金もかかりますがデコパージュなら安く色々なデザインが楽しめちゃいます。

汚れも気にならない!手帳型スマホケースをデコパージュ

皮製品にもデコパージュすることができますので、手帳型のスマホケースもオリジナルのケースを作ることができます。ペーパーを細かく切って使えば、ケースを閉じるベルトの部分にも可愛くデコパージュすることができます。

スマホは毎日持ち歩くもので意外に汚れる物ですよね。特に白のケースの場合には使っている内に汚れが目立ってしまうので避けてしまいがちですよね。しかし、デコパージュすれば汚れにくくなりますので、白のケースだって汚れを気にせず持ち歩けちゃいます。

防水効果もありますので、雨の日でも気にせずスマホを使うことができますね!手帳型のスマホケースは外側は柄があるものが多いですが、ケースの内側に柄や模様があるものは少ないと思いませんか。しかし、この内側部分はカードなどを入れて置き、それを出し入れしたりすると意外に汚れるんですよね。

外側はもちろん内側にもデコパージュすることはできますので、内側にデコパージュするのもおすすめです。開けた時に可愛いですし、汚れにくくなります。

毎日の掃除が楽しくなる!カーペットクリーナーをデコパージュ

毎日の掃除やちょっとしたゴミを取る時に便利なコロコロですが、掃除用品ですし無機質な物が多いですよね。コロコロだってこんなに可愛い掃除アイテムに大変身するんです。カバーの部分だけでも十分可愛いですよ。柄の部分までデコパージュしたら、うっかりしまい忘れてしまってもインテリアの一部に見えるもしれませんね。

毎日の家事も楽しくなる!ボトルをデコパージュ

食器用洗剤、洗濯用洗剤など市販の物ですと決してオシャレではないので詰め替えるという方も多いのではないでしょうか。既製品だとシンプルな物が多く、何か物足りないという方もいるのでは。

お気に入りのデザインのボトルなら毎日の家事も楽しくなりますね!防水効果もありますので、水を気にせず使えますよ。食器用洗剤には防水材を重ねるとより安心して使えます。

ウェットティッシュは1つあると便利ですよね。ウェットティッシュはいつでも使えるようにテーブルの上などに出ていることがほとんどではないかと思います。デコパージュすればお客様が来た時でも出しておいても可愛いですよ。

またオフィスなどで使っているという方もいると思いますが、お気に入りの柄のウェットティッシュなら仕事の合間に少し癒されるかもしれませんね。

まさに自分だけのボトル!マイボトルをデコパージュ

最近ではマイボトルを持ち歩いているという方も多いのではないでしょうか。既製品のマイボトルも様々な種類の物がありますが、デコパージュすればまさに自分だけのオリジナルのマイボトルになります。

暑い夏にも寒い冬にも持ち歩けるマイボトル、デコパージュはすぐにデザインを替えることもできますので季節によって柄や模様を替えるなんていう楽しみ方もできますよ。

通勤だって楽しくなる!カードケースをデコパージュ

カードケースだってデコパージュできます。これから満員電車、そんな憂鬱な朝でもお気に入りのカードケースを見れば、少し気持ちが明るくなるかもしれませんね。社員証を首から下げたりすることもあると思いますが、パッと鮮やかなケースだと注目を集めるかもしれませんよ。

インテリアにもなる!植木鉢をデコパージュ

植木鉢をデコパージュするというのも最近流行っています。植木鉢をデコパージュしたら、植木が華やかに見えますし、インテリアの1つとしても使えちゃいます。画像のように植木用のスプレーボトルなどもお揃いでデコパージュすれば一緒に出しておいてもオシャレですよね。

陶器にもデコパージュできますので、お家にある植木鉢をデコパージュして並べておけば、それだけでお部屋がグッと華やかになります。花柄のデコパージュをすれば花が咲いていなくても明るい雰囲気になりますよ。

今話題!上履きをデコパージュ

デコパージュを世に広めた上履きのデコパージュです。上履きは少し難しいのでは?と思われる方も多いと思いますが、上履きの表面は白いので、シワも目立たず意外と初心者の方にもおすすめです。

好きな模様を切り抜きポイントで貼っていくだけで十分に可愛い上履きになります。お子さんの好きな柄やキャラクターを切り抜き、お子さんと一緒にデコパージュするのもおすすめです。

上履きは全面にデコパージュすると、まるで靴のように可愛くなります。デコパージュすると汚れにくくなりますので、汚れやすい上履きにデコパージュすれば洗うのも楽になります。

また、デコパージュは布部分だけではなくゴムにもできます。上履きの底の部分は汚れやすいですので、ゴムの部分にもデコパージュすると汚れにくくなります。

家族でリンクコーデも楽しめる!スニーカーをデコパージュ

デコパージュなら今流行りのリンクコーデを靴で楽しむこともできます。お子さんとお揃いの靴を探すのはとても大変ですが、デコパージュなら白い無地の靴に好きな柄を貼ることができます。白い靴ならすぐに見つかりますよね。

また、お子さんは履きやすいスリッポン、ママはオシャレなスニーカーとそれぞれに合った靴でお揃いにすることもできます。見た目は違う靴なのに、実はお揃いなんていう履き方もオシャレですよね。

パパとママ、お子さんとみんなでお揃いの靴を見つけるというのはなかなか難しいですよね。デコパージュなら家族みんなでリンクコーデが楽しめちゃいます。白のスニーカーで同じ靴を作るのも楽しいですね。

それぞれお気に入りの色の靴にデコパージュして色違いで楽しむなんていうこともできます。リンクコーデなら家族でのお出かけがもっと楽しくなりますよね!

こだわりは眼鏡だけではない!眼鏡ケースをデコパージュ

眼鏡を愛用されている方は眼鏡にはこだわりがあると思います。眼鏡をいくつも持っていて、使うシーンによって取り替えるなんていうこともあると思います。でも眼鏡ケースは眼鏡に付いている物を使っているという方も多いのではないでしょうか。

眼鏡にこだわるのであれば、ぜひ眼鏡ケースにもこだわってみませんか?眼鏡ケースも表面はツルっとしていますし、初心者の方でもキレイにデコパージュすることができますよ。

料理も楽しく美味しく見える!お皿やトレーをデコパージュ

陶器にもデコパージュすることができますので、お皿も自分のお気に入りの柄にすぐに替えることができます。お皿で料理が美味しそうに見えたり、実際に美味しく感じたりするものですよね。ぜひ、お皿にもこだわってみて下さい。

プラスチックのトレーなどもデコパージュできます。トレーは平面でペーパーナプキンを切らずにそのまま貼り付けることもできたりします。

お子さんのお気に入りのキャラクターでトレーをデコパージュしてご飯を出してあげると喜ばれるかもしれませんね。またお客さんが来た時などもトレーがあると便利ですよね。可愛いトレーでおもてなししませんか?

キッチンや子ども部屋がオシャレに!ビンやガラスをデコパージュ

ガラスにもデコパージュできますので、なんでもない無機質なビンなども可愛くデコパージュすることができます。お子さんの細々したおもちゃを片付けるのに便利ですよ。お子さんの好きなキャラクターでビンを作ってあげればお片付けも上手になるかもしれませんね。

カップなどはお客様におもてなしをする時にセットで揃っているとオシャレに見えますよね。白い無地のカップにお気に入りの柄でデコパージュすればあっという間に来客用のカップが1セット揃っちゃいます。

デコパージュ応用編

ペットなどの写真を使ってデコパージュ

デコパージュに慣れてきたらペーパーナプキンだけではなく、写真などを使ってデコパージュすることもできます。大切なペットの写真などを使ってお散歩用のバックを作ったりすると、お散歩もますます楽しくなります。

好きなアーティストの写真や雑誌を使ってデコパージュ

好きなアーティストの写真や雑誌などを使ってオリジナルグッズを作ることもできます。例えば送られてくる会報誌などは少し紙が厚くなりますが、トランスファコートを使えば簡単にデコパージュすることができます。自分だけのオリジナルグッズを持ってライブなどに参加すれば注目を集めるかもしれませんね。

雑誌なども簡単にキレイにデコパージュすることができます。同じアーティストが好きなお友達などにプレゼントしたら喜ばれること間違いなしです!

まとめ

いかがでしたか?デコパージュはやり方はとても簡単なのにキレイにオリジナルの小物が作れると注目を集めています。切って貼るだけですので、難しい技術も必要ありませんし、

お子さんと一緒に楽しむこともできます。また、木や布、プラスチック、ガラスなど貼れる素材はたくさんありますので、ぜひ色々な物をデコパージュしてみて下さい。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。