Big shutterstock 118395199

目次

彼氏とエッチしたくても、彼から誘ってくれない、言い出せないともやもやしますよね。

しかし彼氏が動いてくれないなら、自分から誘うしか方法はありません。察してとアピールしても彼氏が動かないのであれば、言葉でいったり大胆に誘ってみましょう!

どうしてもエッチしたい…でも彼氏が誘ってくれない

待っているだけじゃ始まらない!

手を合わせて待つ女性

どうしてもエッチしたい…。誘いたくても恥ずかしい…。といつまでも彼氏から誘ってもらえるのを待っていませんか?

待っているだけで与えられるのであれば、それはさぞかし恵まれていることです。待っているだけでは何も始まりませんよ!エッチがしたいなら自分から思い切って伝えてみませんか?

いつも彼氏の方から誘うなんて、彼としても何だか物足りなさを感じている可能性もあります。またアナタから誘われるのを待っているかもしれません。今日はいつもよりも大胆な気持ちになって彼氏をエッチに誘ってみましょう!

恥ずかしいなんて無し!そのままだとマグロ女子認定されるかも

ベンチに座った落ち込んでいる女性

女から誘うなんて恥ずかしい…。その気持ちも当然わかります。

しかしそのままではいつまで経っても先に進みませんよ!また誘いもしない、受け身を続けているなんてひょっとしたら「マグロ女子」認定されてしまうかもしれません!

彼氏からマグロ女子認定なんてされたらさらに恥ずかしいことです。誰だってエッチしたくなるんです。清楚そうに見える子だって、大人しい子だって、みんなエッチがしたいときがあるんです。

恥ずかしいなんて無し!彼氏を自分から誘えるように頑張ってみましょう!

女子必見!セックス中に男がエッチ下手な「マグロ女子」と思う瞬間5つ

マグロ女子なんて不名誉な名称、まさか付けられていませんよね?エッチ下手…

言うのが恥ずかしいなら行動で示せ!

手を引く女性

エッチしたいというのが恥ずかしい?なら行動で示してみましょう!

言葉にできないなら行動に移すしかありません。何もしないで待っているなんて時間がもったいないですよ!ちょっとのアピールで気づいてもらえる可能性があるなら、試してみましょう!

そういった雰囲気づくりをすれば彼氏の方から求めてきますよ♡

自分の口でいえないなら、雰囲気を作って行動あるのみ!

彼氏をエッチに誘う方法10選!

①過剰なボディTOUCH♡で誘惑

男性と抱き合う女性

彼氏をエッチに誘いたいならまずは過剰なボディTOUCH♡

身体に触れる回数が多いほど男性はこう思うはず…。

  • やけに身体へのタッチが多い…。どうかしたのかな?
  • エッチしたいのかな?
  • 構ってほしいのかな?

特にきわどい部分を過剰にボディタッチすることで相手をその気にさせることができます。そんなところを触るのは恥ずかしい?エッチはそもそも恥ずかしい行為ではないのですか?

触るのが恥ずかしいなんて問答無用!そのままじゃいつになっても彼氏とエッチできませんよ!自分の殻を脱ぎ去ってこそより彼との絆も深まりますよ♡

②耳元でSWEET♡に囁いてみる

布団に寝転がるカップル

過剰なボディタッチでもダメなら耳元でSWEET♡に囁いてみましょう。

どんなことを囁けばいいのか分からないなら以下の言葉を自分なりに言ってみましょう!

  • 好き♡
  • エッチしよ♡
  • なんだかしたくなってきちゃった
  • もっと触ってほしいな

彼氏が鈍感でなければこのような言葉で伝わります!エッチをしたいと大声でいえないなら、耳元で囁いてみましょう。また弱弱しく、恥ずかしそうにいうのも相手の心をくすぐります。

ちょっともじもじしながら言ってみたり、ストレートに耳元で囁いたり自分の言いやすいようにアレンジして伝えてみましょう!

③キスをねだって雰囲気を作る!

キスするカップル

どうしてもエッチしたいと言葉にできないなら、キスをねだって雰囲気を作るのもアリ!

エッチしたいときには雰囲気作りも大切です。例えばお笑い番組を見ながらエッチしたいといわれても、彼氏としてはそんな気分には慣れませんよね?当然自分もですが…。

エッチをしたいなら、相手をムラムラとさせる雰囲気作りが必要です。彼氏が自分とエッチしたくなる空気を作る。そのためには手っ取り早くキスをねだってみましょう。

それも1回ではダメです。何度も何度もキスをねだって、そういう雰囲気を作るようにしましょう!

④膝に頭を乗せてCUTE♡におねだり

ハートマークを作っている女性

彼氏をエッチに誘いたいなら膝に頭を乗せてCUTE♡におねだりするのも効果的!

膝に頭を乗せて、上目遣いで甘えた声を出してみましょう。エッチしたいと言葉にできないなら、触って欲しいといってみたり、彼氏の手を自分の胸に持っていたりしてみましょう。

エッチしたいと伝える方法は一つではありません!さまざまな方法を組み合わせてエッチしたいアピールをしてみましょう。もしこの方法でダメならストレートにアタックするしかない?!

⑤ストレートにATTACK!

向き合う男女

どんなに甘い声を出して雰囲気作りをしても、どんなに行動をしてエッチをしたいアピールをしても彼氏が気づかないこともあるでしょう。

この鈍感!といいたくなりますが、ここはもうストレートにエッチしたいとアタックするしかありません。態度で気がつかないならもうう言葉で伝えるしかありませんね…。

ここまでくると恥ずかしい気持ちもだいぶ薄れてくるのではないでしょうか?

なんとか彼氏とエッチしたい気持ちがこみあげてきて、いつの間にか恥ずかしい気持ちもどっかに行ってしまいます。そうなったらこちらも大胆にエッチがしたいと誘ってみましょう!

⑥もう知らない!と小悪魔にじらしてみる

言い争う男女

どんなに言っても行動しても気がつかないなら、もう知らないと少し怒ったふりをするのもアリ!

相手の反応を見ながら次の行動を考えてみましょう。また相手がその気でないなら、また日を改める必要もあります。彼氏が嫌がっているのにエッチに誘っても愛あるエッチはできません。

互いに満たされるエッチをするためにも、相手がどう出るかを冷静に見極めてみましょう。また小悪魔にじらす作戦は相手の反応によっては逆効果になるので要注意です!

もう知らない!とこっちが拗ねると、相手ももう知らない!と怒ってしまう恐れがあります。そのため小悪魔的にじらすときは彼氏の性格をよく理解したうえで行動にでるようにしましょう!

くれぐれも彼氏を怒らせてはいけませんよ!エッチに誘うどころか喧嘩に発展して面倒くさいことになってしまいますからね!

⑦お酒の力を借りて惑わす!

ワインボトル

大胆にエッチに誘いにいけないならお酒の力を借りてみるのも良いでしょう。

お酒を飲んだ方が酔った勢いで大胆なことも言いやすくなります。彼氏といっしょに家で呑むのも良し、お店で飲んでから家でゆっくりと甘えて言うのも良しです。

お酒が飲めない人や未成年は絶対にお酒の力を借りてはいけませんが、20歳以上でお酒が飲めるのであればお酒の力を借りてみましょう。酔った勢いでいつもとは違った、情熱的なエッチが楽しめることもありますよ。

しかし酔えないからと何杯もお酒を呑むのは止めましょう。アルコールの飲み過ぎは体に毒となるので、飲み過ぎに気をつけ、未成年は絶対に呑まない・呑ませないようにしましょう!

⑧SEXYな服で誘惑してみる!

自転車と女性

エッチに誘うのに、厚着をしてガードしていたら彼氏も手を出しにくいです。

彼氏がその気になるためにも、セクシーな服を着てみましょう。エッチな下着でも良いですし、胸元が大胆に開いた服、太ももが露わになるホットパンツやミニスカートなど、思わず手が出たくなるような服装が良いですね。

また彼氏の趣味を研究するのも忘れずに!人によっては興奮するシチュエーションが違います。そういえばこんな服が好きだったな、こんな色が好みだったなと彼を思い浮かべながら考えてみましょう。

恥ずかしくてそんな服着れない、というならエッチに誘えるようになるのはまだまだ先のことでしょう。いつまでも恥ずかしがっていたら、彼氏の心まで手放すことになるかもしれないので、たまには大胆に誘ってあげましょうね。

⑨ボディTOUCH♡を促してあげる

顔を近づける男女

自分からのボディタッチで失敗したときは彼氏にボディタッチしてもらいましょう。

  • 彼の手を取って胸に持っていく
  • 彼の手を自分の太ももに持っていく
  • 身体を密着させて近くにいることを自覚させる

などなど…。また甘い香りをまとって手を出したくなるようにしてもOK!

またお腹なども触らせてあげるのも良いでしょう。ベッドに向きあうようにして寝っ転がって、太ももやお尻に手を持って行ってあげるのも良いでしょう。

彼氏がどうしたの?と聞いてきたら、すかさずくっついて耳元で「エッチしよ」と囁いてみましょう。ボディタッチからエッチが始まるのはよくあることです。

当たり前すぎて見落としてしまいがちですが、この「当たり前」をもう一度見直すのも大切ですよ。

寂しい?ただのエロ?彼氏が触ってくる深層心理つ6&対処法6つ

ベタベタと触ってくる彼氏、一つの愛情表現でもあるのであくまで愛情からの…

⑩膝の上に馬乗りになって胸元をちらりと見せびらかす

抱きしめ合うカップル

彼氏の膝の上に馬乗りになるのもgoodな方法です!

特に向き合うように馬乗りになることで彼氏の顔が胸付近にくると、胸元をちらりと見せびらかすだけでも相手をその気にさせることができます。彼が恥ずかしがり屋だと目を背けてくるので、そこは見て欲しいと伝えてみましょう。

この方法は雰囲気を作るときにも有効です。なかなか雰囲気作りができないと感じているなら、より体を密着させるべく膝の上に馬乗りになってみましょう。

少し暑いといって胸元のボタンを一つずつ外したり、彼の身体をボディタッチしながら馬乗りになることでさらに雰囲気を演出できますよ!

こんな誘い方は絶対にダメ!

応じてくれないからと怒らない!

怒っている女性

せっかく勇気を出してエッチに誘ったのに応じてくれないこともあるでしょう。

そんなときは絶対に怒ってはいけません。彼にも自分の都合があり、どうしても気が乗らないときもあります。もしかすると疲れが溜まっていたり、体調が悪いのかもしれません。

応じてくれないと寂しいし、虚しい気持ちが湧きますが、チャンスは1回ではありません。最初はぎこちなく誘っていても、回数を重ねていけば自分にも自信がついてエッチに誘いやすくなります。

相手の気持ちも考え、お互いを大事にしながらエッチに誘うようにしましょう。

察してアピールだけでは伝わらない

流し目の女性

人によって察しが良い人と悪い人がいます。

全ての男性が察しが良いとは限らないため、察してアピールしかしていないのは考え物です。察して欲しいとアピールしても相手が気づかないようならば、思い切って言葉に表すことも必要です。

察してちゃんは男女ともに嫌われやすいので、自分の気持ちはきちんと伝えていけるようにしましょう。

なんでも察してもらって当たり前という考えは、カップルは当然のこと社会で通用しません。自分が苦労することになるので、考えを改めてチャレンジしていきましょう。

自分だけが誘って相手の誘いは断っているパターンはNG!

男性に謝っている女性

一番いけないパターンが自分だけ誘ったときにエッチがしたくて、相手から誘われたら断っているのはNG!

そんなわがままさんは彼氏からしたら少し面倒くさいかも…。自分だけしたいときにしたいといってきて、こっちがしたいときは断るなんてナンセンスです。

自分の要望だけ聞いてもらおうなんていささか自己中心的ではないでしょうか?

自分がエッチしたいときがあれば、彼氏にだってその時があるんです。いつも彼氏の誘いを断っていないか思い返してみましょう。何度も断っているなら、ちょっと危機感を持った方が良いですよ!

普段から愛され女子を目指しておこう

普段の行いも大切

ゲームをするカップル

彼氏をエッチに誘うには、普段の行いも大切です。

彼氏を蔑ろにしていたり、喧嘩ばかりしていませんか?それでは彼氏をエッチに誘っても、相手としてはその気になるのは難しいってものです。女の子なんだから大切にされて当たり前と思うのも勝手ですが、彼氏も同様に大切にしてあげなければ気持ちが離れてしまいます。

エッチしたいときだけ調子よく甘えたりしても普段の行いが問題ばかりでは愛想を尽かされます。エッチに誘ってほしい、誘ったら応じて欲しいと思うなら、普段から彼氏を大切にすることを忘れてはいけませんよ。

エッチしたいと思わせる身体作りも大切

ニヒルに笑う女性

エッチしたいと誘うのも大切ですが、その前にエッチしたいと思わせるような身体作りをしていますか?

なにもせずにぶよぶよと贅肉ばかりついていたり、体重を削りすぎてがりがりな身体では人によっては幻滅されてしまうだけです。女の子はほどよくお肉がついていた方が魅力的です。

また身体はいつも清潔に保っておくこと。汚いままでは触りたくもなくなります。エッチに誘う前には汗を流して身体をきれいに保っておく。当たり前のことでも相手にとってこれが礼儀となります。

最近贅肉だらけ、痩せこけてお肉がついていないなどの場合には少し彼の好みになるような努力が必要ですよ。

セックスで男に「体の相性抜群!」と思わせる女のエッチの小技って?

体の相性がしっくりこない...そんな悩みを持っているあなた!体の相性は…

互いの信頼関係もきちんと築いておこう

パソコンを見るカップル

エッチに誘う、誘ってほしいなら互いの信頼関係もきちんと築いておきましょう。

互いに信頼していないとそもそもこの人とエッチしたいとは思いませんよね?互いに信頼し、リラックスした状態でエッチするためにも普段からお互いのことをよく知って、理解を深め信頼関係を築きましょう。

相手のことをよく知ることで好みが分かり、よりエッチに誘いやすくなりますよ。

まとめ

女からエッチに誘うのはちょっと勇気がいりますよね。

その気持ちすごく分かります。こちらとしては雰囲気や態度で察してもらいたいものですが、男性としては言わせたい気持ちもあるんですよね。エッチをしたいと思うのは恥ずかしいことではありません。

誰だってそう思うときがあるので、自分に恥ずかしいことではないと言い聞かせてアタックしてみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。