Middle shutterstock 280860185

INDEX

ラブローションって何?

なかなか手にしづらいローションですが、卑猥なイメージがつきまといますよね。男性はアダルトビデオで見て「ローションはプレイに使うもの」と考えている人もちらほらいるようです。本来はどんな目的で使用するものなのでしょうか。

性交痛を改善するもの

ぬるぬるプレイを楽しむのも一興ですが、もともt性交痛を緩和するために作られたものです。歴史は古く安土桃山時代にまでさかのぼります。

男性同士の性交、つまりアナルセックスをするときに潤滑剤が使われていたことが分かっているんです。その時代は「通和散」という名前で売り出されていました。

アナルに使用するだけでなく、性交痛を感じやすい処女とのセックスにも使用していたと考えられています。ローションは古い時代から「性交痛を緩和させピストン運動をスムーズにさせる」用途で存在していたんです。

それは現代でも一緒。体質によって愛液が出にくい女性はセックス時痛みを感じてしまうことがあります。特にポリウレタン製のコンドームを使ったとき摩擦を感じやすくなってしまいますので、状況に応じて使うと大切な人とのセックスが充実するでしょう。

性交痛に悩む人へ

ラブコスメ

彼と気持ちいいセックスをしたいけど性交痛が酷くてそれどころじゃない...なんて悩みを一度でも抱えたことがある人は全体75%にもおよびます。乾きやすいのは自分のせい...潤い不足って彼に言い出せない...好きだけど彼とエッチしたくない...なんて思っている人には朗報です!

この「ラブコスメ・リュイールホット」は痛みや潤い不足を解消してくれるアイテムです。あそこに塗ってマッサージするだけの自然派ラブコスメでデリーケートな部分に塗るだけあって、自然由来の成分のみを使用している安心アイテムになります。性交痛を克服して彼と気持ちいいエッチをしたい方は是非おすすめです!

 

すべての女性の味方

性交痛があると、いくら好きな人とのセックスでも苦痛になってしまいます。彼とのセックスが痛すぎて婚約破棄した!!なんていう実話もあるほどですから、とても大事なことなんです。

なんと、約8割の女性が性交痛を経験したという調査結果もあるほど身近な問題。(ラブリサーチ調べ)              

普段濡れやすい人でもホルモンバランスや体調のせいで「今日は出ない…感じてないわけではないのに」となってしまうことだってあります。それでも我慢してセックスしている…という女性も多いんです。

もともと体質的に濡れにくい人にも、日によって濡れる濡れないの差がある人にも使ってほしいアイテムなんですよ。         

ローションに対する男の本音

多くの女性が悩むセックス中の痛みですが、それを改善するためにローションを使うのはどう思われているんでしょうか。           

使いたい派と否定派に別れる

アダルトビデオを見ている男性は卑猥なプレイのイメージが強く「彼女にはそんなことしてほしくない」と考えてしまうようです。潤滑剤として使う、というよりもプレイのための道具としてとらえてしまっている傾向があります。

一方、あまり過激な映像を好まずローションを使うことに対して抵抗がない男性もいます。ローションはすべりを良くするもの、と正しく知っていて女性を気持ちよくさせてあげたい優しい心の持ち主は賛成派が多いようです。

アダルトビデオでローションプレイを見て「やってみたい!!」と感じる男性もいますので、人によって使いたい派か否定派に分かれるのが現実ですね。

冬場の乾燥時期には使いたいかも

寒い時期にセックスをするとき暖房をつけないと寒いですよね。エアコンを使うと空気が乾燥してしまいますので「ああ、乾くなあ」と感じる男性が多いようです。

せっかく女性が塗れていても、ピストンしていくうちに乾いてしまうと「ローションあってもいいのかな?」と思う男そうですよ。乾燥した空気のなかセックスをすると女性側も違和感を感じるので、乾燥対策にラブローションを使うのはアリでしょう。

無理してピストンすると摩擦が強すぎて陰部から出血してしまいますので要注意です。                     

性交痛=女がどうにかするべき!?

女性経験が少ない人は、性交痛は女性のせいだと考えてしまう場合もあるそうです。膣の濡れが悪いから痛い、男はどうしようもできないと考えがちなんです。

痛いなら女性がローションなどを用意して対策してほしい…というのが未熟な男性の考え方。経験豊富な人だと前戯を大切にしてくれたり、挿入のとき女性が痛くないか気遣いながらピストンしてくれますよ。

一度使うとハマっちゃう

卑猥なイメージがあるローションを避ける男性は多いのですが、何かきっかけがあり使うとあまりの気持ちよさにハマってしまうんです。特に女性の手でしごかれる時にローションを使うとものすごく感じてしまうんだとか。

普段挿入でなかなかイケない遅めの彼でも、ローションありでしごかれると果てちゃう…ということだってあります。        

コンドームを使用していると「膣のあたたかさが感じられない」と不満を持ってしまいますが、ホットタイプのローションを使うと避妊具ありでも「あったかくて興奮する」と男性器に強い快感を与えることができるんですよ。

一度使うとやみつきになってしまう男性が多いようです。                                  

ローションの種類別!!おすすめ商品6つと使い方

メリットがわかったら、使ってみるに越したことはありません。しかしいざローションを用意しようと思っても、種類が多くチョイスに迷ってしまいます。

実はローションには多くのタイプがあるので目的別に選ぶのが大切なんですよ。種類別のおすすめと使い方をピックアップしていきましょう。

オーソドックスなノーマルタイプ

(商品名:アイディルーブ アイディフルトピア 100ml ポンプ ストロベリー)                        

まずはローションを使ってみたい…という方には普通のタイプがおすすめ。こちらはフルーツの香りがついていて甘い時間を演出してくれます。

日本産のローションは「いかにも!!」というデザインが多く部屋に置いておくのが恥ずかしい…と感じてしまう女性が多いもの。まずエントリーモデルとしておしゃれな海外製のローションを使ってみるのもいいかもしれません。

彼のモノを手でマッサージするときにも使えますし、挿入のときにお互いに塗って使うオーソドックスなタイプです。        

あったかくて気持ちいい…ホットタイプ

(商品名:ホットな ヒアルロン酸 潤滑ゼリー 温感タイプ ワンプッシュですぐに使えるポンプ式 50g)          

もうちょっとセックスに刺激がほしい…それならホットタイプがおすすめ。彼がもしコンドームの着用を「気持ちよくないからつけなくたい」としぶるならホットローションを使うといいですよ。

コンドームをつけると膣内の温度が男性側に伝わりません。「挿入した瞬間の温度でセックスの幸福度は変わる!」と思っている男子諸君が多いので、コンドームが嫌いなんです。

それならローションでホットな挿入を演出してみましょう。入れた瞬間にあたたかさが分かるように女性の膣の中にたっぷり塗って彼を迎え入れてあげてください。入れた瞬間に思わず「はあぁ…」ともだえてしまうはずです。

刺激的!!スースークールタイプ

(商品名:ハニードロップスクールミント150mL)                                   

こちらは上級者向け。クールな刺激がくせになるタイプです。ローションを使うセックスになれてきたらクールタイプを使ってみてもいいかもしれません。

アソコがスースーするって未知の領域ですが、好きな人は好きなようです。敏感な人だとスースーしすぎて痛く感じてしまうので注意が必要なローション。

冷たくてジンジンしてくる刺激がたまらない!!とはまってしまう人も多いんですよ。膣の奥まで塗りこんでしまうと痛みを感じやすいので、膣の入り口にほんのちょこっと塗るくらいでOK。

今まで味わったことのない快感に酔いしれてしまうかもしれません。                               

オーラルセックスにぴったりなシロップタイプ

(商品名:ラブローションの『ラブシロップ』2個セット(食べられるラブローション) [ラブコスメ公式])           

彼がフェラチオを要求してくるけど、結構においがキツイ…そんな経験ありませんか?包茎を手術する人口が少ない日本では、陰部のにおいがきつい男性が多く存在します。

ひどいと古い駅の公衆便所のような異臭を漂わせるペニスの持ち主もいます。「におうけど、なんとかフェラしてあげたい」と思うならこの味つきラブローションをペニスに塗ってフェラしてあげましょう。

いい香りもするのでにおいを気にせずフェラに集中できます。オーラル専用のローションなのでぬるぬる感は控えめ、口に含んでも不快感がありません。

一生懸命フェラしてあげれば、「今度はおれが口でやってあげる…」と仕返しされてしまうかもしれませんよ!!            

興奮度MAXお風呂で使うタイプ

(商品名:トロケアウ [ラブコスメ公式])                                        

もし彼がローション好きなら、思い切って全身ローションに浸かってみるのもおすすめ!!こちらは浴槽にためたお湯にいれてかき混ぜるだけでお風呂がローションに変化するというすぐれもの。

一緒にお風呂に入れば興奮度マックス!!彼の全身を思いっきり愛撫してあげてください。ただし、彼が興奮しすぎてお風呂セックスを要求してくるかもしれません。妊娠をのぞまないならちゃんと避妊対策も考えてローション風呂を楽しんでくださいね。

おしゃれなオーガニックタイプ

(商品名:ビオグライド 40ml)                                             

ボトルがおしゃれで女性の部屋にあっても恥ずかしくないのがオーガニック系のいいところ。さらに低刺激にこだわったこちらのビオグライドは挿入時の摩擦軽減にこだわった商品です。

自慰に使うとべたべたしてしまいますが、長めの挿入をするならこれで決まりです。粘度が高くもったりしている分、挿入中にローションを付け足すことをせずにロングプレイを楽しめます。

さらさらしているローションは塗るときに快適なのですが、ピストンを繰り返していると乾いてしまうことがあります。そんな悩みがあるならこちらの重めのローションがいいですよ。

女性器の中と外にまんべんなく塗っておくといいでしょう。たれにくいテクスチャーなので、セックス前に膣に塗りこんでおいても大丈夫。挿入時に塗らなくてもスムーズにセックスできます。

ゆるいテクスチャーのローションは膣に塗っておくと愛液と一緒にながれてしまいますが、こちらは愛液と混ざっていい感じになじみます。「痛み防止のためにローションを使いたいけど、彼にはばれたくない」ならこちらを試してみてください。

まとめ

ローションを使ったことの無い方は「そんなアイテム、使ったら変に思われるかな」と心配になってしまいます。でも、痛いセックスを我慢し続けるくらいなら思い切って使ってみたほうが絶対に楽になりますよ。

性交痛がなくてもセックスに刺激がほしいカップルならローションを使ってみましょう。今までにない快感に酔いしれることができるはずです。

思いっきりセックスを楽しんで、パートナーとの愛を深めましょう!!                              

性交痛に悩む人へ

ラブコスメ

彼と気持ちいいセックスをしたいけど性交痛が酷くてそれどころじゃない...なんて悩みを一度でも抱えたことがある人は全体75%にもおよびます。乾きやすいのは自分のせい...潤い不足って彼に言い出せない...好きだけど彼とエッチしたくない...なんて思っている人には朗報です!

この「ラブコスメ・リュイールホット」は痛みや潤い不足を解消してくれるアイテムです。あそこに塗ってマッサージするだけの自然派ラブコスメでデリーケートな部分に塗るだけあって、自然由来の成分のみを使用している安心アイテムになります。性交痛を克服して彼と気持ちいいエッチをしたい方は是非おすすめです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。