INDEX

気温12度の服装のポイントは?

気温12度ではコートの服装が必要

皆さんは服装指数という言葉をご存知ですか?気象庁が毎日発表している、気温に合わせた服装の目安のことをいいます。気温12度の日の場合、服装指数は20~40くらいです。服装指数30は「コートを着ないと結構寒いなあ」という指数です。詳しくは下記関連記事で紹介があります。

外にいる時間が長いという場合には、アウターを脱いでもよいように、薄手のアウター+ちょっと厚めのニットにするのがおすすめ。反対に室内にいる時間が長いという場合には、防寒効果の高い厚手のアウター+薄めのトップスを合わせたコーデで、室内が暖かくても脱ぎ着ができるコーデがおすすめです!

Small thub shutterstock 589377596
関連記事 服装指数とは?気温に合わせた服装するための3つのポイント!

「服装指数」をご存知でしょうか。毎日毎日なにを着るか決めるのって面倒だ

気温12度の服装:晴れの日のおすすめコーデ

気温12度の服装:モッズコートコーデ

日中が暖かくなる予報なら、こんなコーデもおすすめです!モッズコートの中は、シンプルな定番白Tシャツに、きれいなシルエットのデニムを合わせて。足元は白のコンバースを。大人カジュアルの定番コーデですが、合わせるサイズ感や小物、そしてデニムのダメージ感で他の人と差をつけましょう。

モッズコートの着こなしがわからない、どうしても野暮ったくなってしまうというあなたも大丈夫です!下記の記事で、コーデ術から人気ブランドまでご紹介してありますので、ぜひご参考くださいね。

Small thub shutterstock 368228036
関連記事 レディース「モッズコート」コーデ術&人気ブランド大公開

人気のアウターとして「モッズコート」が今季トレンドの兆し。レディース「

気温12度の服装:新色モッズコートコーデ

モッズコートはグリーンだけではありません。こちらはネイビーカラーに、ボーダー×デニム、そして差し色の赤で、気分はパリジェンヌ。シンプルカラーに差し色を一色入れるだけで、オシャレ感はUPするので真似してみて!

気温12度の服装:ロング丈カーディガンコーデ

まるでコートのようなニットカーディガンは、秋から春の初めまで大活躍する優秀アイテム!主役を決めたら、他のアイテムはシンプルなものを揃えるのがおすすめです。写真のようにニット帽とスニーカーでカジュアルダウンしても、ヒールとワンピースを合わせて華やかにまとめても良いでしょう。

気温12度の服装:オフィスで清楚コーデ

なかなか難易度の高めなホワイトコーデ。アイテムの素材感を変えることで、のっぺり&膨張を防ぐことができるんです。腰のフレアが素敵なコートの中には、ニットを合わせて。暗くなりがちな秋冬におすすめのホワイトコーデ、男性の多い職場やちょっと華やかにしたいオフィスでもチャレンジしてみてはいかがですか?

気温12度の服装:クールなブラックコーデ

スタンスミスにブラックパンツ、ブラックコートとかっこいいアイテムには、明るめベージュのニットが◎白よりもなじみがよく、肌と似たカラーの面積を増やすことで足首とのバランスが取れて抜け感が生まれます。

こういった、自分に似合うシンプルな組み合わせを一つ決めておけば、忙しい朝や急なおでかけにも困ることなしですね。楽だけどおしゃれなコーデの完成です。

気温12度の服装:タートルニット×スカートコーデ

淡いピンク色のとってもキュートなスカートに合わせて、甘めのコーディネートの日があっても良いですよね!グレーのタートルニットは、一枚あれば着こなしの幅が広がる便利なアイテム。プチプラでもたくさん販売されているから、ぜひシルエットにこだわって選んでみて。

気温12度の服装:リブウールトップス×プリーツスカートコーデ

手触りが気持ち良さそうなリブウールのトップスに、素材感が特徴的なプリーツスカートを合わせて。アースカラーで色合いを揃えると、いろんな素材を組み合わせてもうるさくなりません。

気温12度の服装:くもりの日のおすすめコーデ

気温12度の服装:レザージャケットコーデ

レザージャケットは風を通さないものが多いので、風の強い日におすすめのアウターです。綺麗なシルエットのパンプスとストールのグレーで色を合わせて。あえて辛口のアイテムを合わせて、気分を上げる日があるというのも良いものです。

気温12度の服装:レッドオレンジニット×デニムコーデ

コートのインナーに鮮やかなレッドオレンジのニットを合わせて。その他の小物はシンプルにすることで、ニットの素材感もより引き立っていますね。デニムはスキニーデニムを合わせがちな中で、あえてフレアタイプのゆるめのシルエットをチョイス。大人の遊び心も感じられる、カジュアルコーデです。

気温12度の服装:ボーダー×デニム×赤パンプスコーデ

ボーダー×デニム×赤パンプスと、それだけでサマになるアイテムを揃えておけば、あとは季節やTPOに合わせてアウターや小物を着せ替えればOK。コーデの時間も短縮できて、何より毎日おしゃれに仕上がります。そして、秋冬にあえてカゴバッグを合わせるのがかわいいですね!

定番のボーダーは一年中ヘビロテで着倒せるので優秀アイテムですよね。ただ、マンネリが心配なのもボーダーでありがちなこと。そんなボーダーコーデのアイディアを34選ご紹介した下記の記事を読めば、もっとボーダーを楽しめますよ!

Small thub shutterstock 323956496
関連記事 秋冬のナチュラル系ボーダーコーデ徹底ガイド【34選】

1年通して定番&万能な柄といえば「ボーダー」。今回は秋冬のコーディネー

気温12度の服装:雨の日のおすすめコーデ

気温12度の服装:ワントーンに傘で差し色するコーデ

重くなりがちな秋冬には、こんなワントーンコーデはいかがですか?女っぷりをあげる、たっぷりとしたニットワンピースにロングブーツを合わせて。差し色の赤い傘がとっても素敵!ビニール傘には感じられない、大人の余裕まで演出できちゃいます。

ワントーンコーデ(モノトーンコーデ)は、ホワイト・グレー・ブラックといったカラーの、着回し力が高いシンプルアイテムを使った人気コーデです。今一度、どんな着回しがあるのか、下記の記事でチェックしてみませんか?

Small thub shutterstock 761331367
関連記事 皆んな大好き、モノトーンコーデ!シンプルだけど超優秀!

冬に大活躍するモノトーンコーデ。シンプルな白や黒・グレーを組み合わせる

気温12度の服装:雨の日のダウンコートコーデ

お尻が隠れるほどのダウンコートは、やっぱりあったかい。けれど使う期間は限られるもの。しかし短めダウンコートなら、真冬以外にも大活躍してくれるので便利ですね!足元をブーツインすれば、防寒対策もバッチリです!

アウターを購入するとき、ネイビーかブラックかで迷ったら、自分のワードローブを一度整理してみましょう。また、ヘアカラーに合わせて選ぶのも◎ですね。

気温12度の服装:カラーコートコーデ

フランシュリッペの赤いコートは、目立つおしゃれなコートです!冬は黒やネイビーなどの暗い色が多くなりがち。そんな中真っ赤なダウンコートでお出かけしたら、きっと街でも大注目間違いなしです!足首を見せることで抜け感も演出。お気に入りのコートを秋から使いたいという方におすすめのコーデです!

シチュエーション別:気温12度の日のおすすめコーデ

ショッピングの場合:ニット帽&マスタードカラーコーデ

秋冬コーデに合わせやすい差し色として赤に並んでおすすめなのが「マスタードカラー」。ブラックやグレー、ネイビーなど秋冬カラーとの相性がいいので、マスタードカラーの小物を揃えておくととっても便利なんです。

スポーツの場合:マウンテンジャケットコーデ

一口にスポーツのコーディネートといってもランニングから登山まで様々ありますが、今回はマウンテンジャケットをご紹介いたします。気温12度は、薄手のパーカーでは寒い場合があります。登山用品なら薄手でも暖かいものが多いですので活用してみましょう!

デートの場合:ムートンコートコーデ

女の子なら一度は着たくなるムートンコート。主役がコートだから下半身はブラックで統一するのがおすすめ。厚着する時には袖をひとまくりして、インナーのニット&手首の細さをちらっと見せると華奢に見えるのでぜひ真似してみて。

休日にカフェでまったりする場合:甘辛ミックスコーデ

大判のストールはコンパクトなジャケットに合わせるとバランスが取りやすくなりますよ!また、首元につける小物は、自分のパーソナルカラーにあったカラーを選ぶのがおすすめ。似合うカラーをつければ、顔が明るく華やかになりますよ!かっこいいライダースジャケットに合わせたのは、花柄のワンピース。

カフェでゆっくりコーヒーを飲んだり、読書する時間もこれなら楽しく過ごせます。普段、一人では入りづらいようなおしゃれなカフェにも挑戦してみたくなりますよね。

最高気温12度&最低気温12度の日のおすすめコーデ

最高気温12度の服装:すっきりダウンコートコーデ

最高気温12度の日は、ダウンコートを選んでもいいですね。ブラックカラーでシルエットもスッキリし、軽量なものを選べば、着ぶくれもせず快適に過ごせます。ダウンコートにはファーがついていて高級感があります。最高気温12度の日の日中の平均気温は7度くらいです。気温7度の日のおすすめコーデは下記です。

Small thub shutterstock 496348018
関連記事 『気温7度』のレディースコーデは?おすすめの服装&アイテム30選

気温7度のレディースコーデを考える時に大切なのは、服装にも本格的な防寒

最高気温12度の服装:ニットコートコーデ

最高気温12度のときは、暖かなニットコートを選ぶと防寒性が上がります。最低気温が10度以下になっても、ニットコートのもふもふとした暖かい肌触りに癒されることでしょう。

コーディネートの主役になれる、たっぷりとしたニットコートに合わせるのは、シンプルなアイテム。着る時期が限られているものだからこそ、ちょっといいものを何年も大切に着るというのもおしゃれ心がくすぐられます!バッグはニットに合わせて。カーキのパンツとスニーカーで楽チンコーデに!

最低気温12度の服装:トレンチコートでパリジェンヌコーデ

最低気温12度の日は、最高気温が20度近くまで上昇する日もあります。「日中は暖かくなるよ」という日には、ちょっぴり軽めのトレンチコーデもおすすめです。デニム&足元に赤い靴を合わせれば、パリジェンヌの気分に!

トレンチコートの中にタートルネックを合わせれば、風の冷たい日中にも安心です!トレンチコートを着る時には、腕をちょっと捲り上げて手首を見せるのがコツ。足首&手首を見せれば抜け感のあるおしゃれさんに。

最低気温が12度の日の平均気温は16度くらいです。これぐらいの気温だと、コートが必要か悩みますよね。気温16度の時の服装についても記事がございますので、下記の関連記事をご参考くださいね!

Small thub shutterstock 420284560
関連記事 気温16度の服装24選!レディース春服・コートは?最高気温のコーデも

今日の気温は16度と言われると、服装に困りませんか?16度というと、服

最低気温12度の服装:丈の短いコート・ジャケットコーデ

最低気温12度の日に、丈の短いコートやジャケットを選ぶというのも動きやすいのでおすすめですよ。丈が短いコートはワイドパンツに合わせやすいので、大人スタイルが簡単に作れます。

また12度の日にはさっと温度を調節しやすい小物を使うのもおすすめ!特に11月〜12月の冬の始まりの時期なら、マフラーや帽子、手袋などの『かわいいあったか小物』も取り入れ始めたいという季節ですよね。新しいお気に入り小物を手に入れられたら、毎日のおしゃれももっと楽しくなるはず。

Small thub shutterstock 520636546
関連記事 マフラーのかわいい巻き方とおすすめマフラーランキングトップ10!制服にも!

秋冬のマストアイテムマフラー。巻き方ひとつで、全然印象が変わります。お

気温12度の服装:おすすめアイテムは?

気温12度の服装:おすすめのトップスはニット

室内で過ごす時間が長いなら薄手のニット、屋外で過ごす時間が長いなら厚手のニットがおすすめです。1枚だけではなく複数枚持っていると便利ですね。セーターだけではなくニットのカーディガンもいいですね。

トップスは、アウターを脱いだ時に1枚でもコーデの主役になれるようなニットがおすすめです。シンプルイズベストで1色のニットを選ぶ場合は、ディティールやシルエットにこだわりましょう。ニットを求めてウィンドウショッピングをするときには、袖や襟元をチェックしてみて。少しだぼっとした大きめサイズもおしゃれ。

個性的なニットを求めるなら、ヴィンテージショップやセレクトショップを回ってみるのもいいですよね。お嬢様風のニットでカチューシャと一緒にコーディネートすれば、コンサートやデートに行くのがますます楽しみになります。

気温12度の服装:おすすめのボトムスはスキニーデニムとベロアスカート

パンツを選択するならワイドパンツよりもスキニーパンツをおすすめします。トップスがボリュームのあるニットを選ぶなら、ボトムスまでボリュームのあるワイドパンツを選んでしまうとコーデがまとまらないためです。

ただし、おしゃれ上級者の方はワイドパンツでもニットを上手に着こなしていて、薄手のニットを着るのがコツのようです。薄手のニットはワイドパンツにINすることでバランスよく着ています。ベルトでウエストマークするのもポイント。あるいは、丈の短いニットを選んでも。

気温12度のときにスカートをはきたいという場合は、素材を選ばないと寒く感じてしまいそうです。そこで、おすすめしたいのはベロア素材のスカート。写真のようなプリーツ入りのロングスカートはおしゃれですね。こちらもトップスをスカートにINしてバランスよく着こなしています。

気温12度の服装:おすすめのアウターはノーカラーコート

12度の日の場合には、体温調節のしやすいコーデがおすすめです!まずはアウターがある方が良いでしょう。アウターといっても、防寒対策のばっちり出来るダウンからカーディガンタイプまで様々。 お気に入りのアウターを一通り揃えておけば、急に気温が下がってしまったという場合にも慌てずにすみますね。

ただし流行のアウターは、一年後には時代遅れになってしまうことも。定番の形を一着持っておくか、プチプラで毎年新しいものを揃えるのも良いでしょう! 急に寒くなってしまったというときに「着るものがない!!」と焦らないように、事前に準備しておきましょうね。

気温12度の服装でおすすめなのがノーカラーコートです。ダッフルコートのようにフードや襟(カラー)がついているのも良いのですが、最低気温12度の日は暑く感じられるかもしれません。ノーカラーコートは首回りがすっきりしているため、寒いと感じたらマフラーで防寒できます。

気温12度の服装:おすすめのインナーは綿素材のTシャツ

気温10度を上回る気温12度であれば、ニットの下にヒートテックなどの発熱インナーは必要ないでしょう。通常の綿や化繊素材のインナーで十分です。ただし、寒がりの自覚がある方や冷え性の方は、ヒートテックを検討してもいいでしょう。

肌触りの良い綿Tシャツを選び、セーターの下に着ると快適にすごせます。カーディガンの下に着るなら、植物の絵の入った、さりげなくおしゃれでナチュラルなTシャツを選ぶのもいいですね。

気温12度の服装:おすすめの靴・足元はパンプス・スニーカー・ブーティ

パンプスやスニーカーも気候に応じておすすめですが、寒い日はブーティーやショートブーツを選ぶという手もあります。ショートブーツまでいくと、日によっては暑いかもしれませんので、パンプスとショートブーツの中間であるブーティーくらいがよいでしょう。ブーティーなら靴下もはけます。

足元が冷えると、全身が冷え切ってしまいます。 そのため、12度近くの日には厚めの靴下やタイツを履いたりして足元を温めるコーディネートがおすすめです。 また室内と外をいったりきたりする用事がある場合には、脱ぎ履きしやすい靴にしたり、靴を脱いでもバランスが悪くないかを事前に確認しておくのも良いですね。

気温12度の服装:NGアイテムはサンダル・タンクトップ

サンダル

真夏の服装であるサンダルやタンクトップといった極端な服装は、気温12度のときに適しません。暑くなく、コートを着るほど寒いのが気温12度です。コートに合わないものは避けましょう。

気温12度の服装を知っておしゃれを楽しもう!

いかがでしたか?12度の気温の日は、秋から冬にかけてのほっこりコーデがお似合いです!お気に入りのニットアイテムを組み合わせて、ハッピーなおでかけにしてくださいね!

Small thub shutterstock 395796454
関連記事 気温11度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

暖かくなったと思ったら、急に冬に逆戻りする三寒四温の日々ですね。気温1

Small thub shutterstock 178878332
関連記事 気温13度の服装25選!天気別レディース春服は?最高・最低気温のコーデも

気温13度の環境では、服装選びが大変だと思います。一日中寒かったり、急

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。