INDEX

手作りのカレンダーで毎日の生活をもっと楽しく!

カレンダーの本来の目的はスケジュール管理にあります。自分のスケジュールはもちろんこと、家族のスケジュールなどを書き込むことで、お互いの予定を把握したり、自分の予定を確認したりすることができます。

本来の目的であるスケジュール管理だけでカレンダーを使うのであれば、いただき物などで十分です。しかし、家の壁に掛けたりすることも多いカレンダーはインテリアとしての機能もあります。

部屋の雰囲気にそぐわないカレンダーはいくら機能性が充実していたとしても使いたくありません。かといって、有料のカレンダーで100%満足できるものに出会えるかどうかもわかりません。

デザインも機能性も充実した、100%満足できるカレンダーがあったらいいのにと思ったら、カレンダーを自分ごのみに作ってしまいましょう。

手作りのカレンダーとは?メリットは?

カレンダーを手作りすることのメリットはズバリ「自分好みのカレンダーを作ることができる」ということでしょう。 色や形、大きさや素材などすべてがあなたのお好みで作れるのです。毎日見るものだからこそ、自分好みの素敵なカレンダーにしたいですね。

実際にカレンダーを手作りしている人の作品をご紹介します。 定番のものから意外なもので作ったカレンダーまで目からウロコですよ。

素敵なイラストでほっこりできる手作りカレンダー♡

イラストが得意な人は、腕をふるって素敵なイラスト入りのカレンダーを作ってみましょう。部屋の雰囲気に合わせたイラストで、インテリアに華を添えましょう。

イラストがなくても素敵な手書きカレンダー♡

絵が苦手という人は文字や数字を手書きにしてみましょう。イラストがなくたってこんなにかわいいカレンダーになります。

切り絵で斬新な手作りカレンダー!

紙を重ねて切れば同じ形の用紙を作ることができます。先にカレンダーを書いてから切ってもよし、切ってからカレンダーを書き込んでもよいですね。できたカレンダーはフォトフレームに入れれば見やすくおしゃれになります。

シーグラスできれいなカレンダー

海に流れ着くガラスの破片、それがシーグラスです。海にもまれ、あちこちで角が削れてたどり着いたシーグラスには何とも言えない味があります。数字を書き込んで、毎月並べ替えれば1年を通して素敵なカレンダーを見ることができます。

手作りのあたたかみが出ているカレンダー!

マグネットをフェルトでくるんだカレンダーです。ほのぼのとした感じが素敵です。台紙になる部分のデザインを変えれば雰囲気ががらりと変わります。

コルクをカットしたおしゃれな手作りカレンダー!

コルクシートをカットして裏にマグネットをつければホワイトボードに自由自在に貼ることができます。シンプルですがおしゃれでお部屋のインテリアグッズとしても自然と溶け込みます。

ナチュラル感がおしゃれ♡手作りカレンダー

押し葉を使ったカレンダーです。夏の暑さを忘れさせてくれますね。手書きでカレンダーを添えてナチュラル感がアップしています。このカレンダーなら毎日日にちを確認するのが楽しくなりそうです。

パソコンでお気に入りの写真を取り入れた手作りカレンダー

パソコンでカレンダーを作ると、お気に入りの写真を入れられるのがうれしいです。WordやExcelなどのソフトで手軽に作ることができますし、カレンダーを作れるサイトを利用してもいいですね。

カレンダーを作るのに必要なもの

カレンダーはさまざまな素材で作れます。パソコンで作るかハンドメイドで作るかによっても変わってきます。ここではあったらいいなと思う材料をご紹介します。

自分で作ってみたいと思うカレンダーに必要そうな材料が見つかりますように。アレンジは自由なので、いろいろチャレンジしてみましょう!

用紙

Amazonで詳細を見る

お好みの用紙を用意しましょう。色画用紙や折り紙、パソコン用紙など、自分が作りたいカレンダーに合った紙を探しましょう。和紙などを使うと大人かわいい印象になりそうですね。

・写真の商品について 「オキナ 色画用紙50色 」 918円(税込)

マスキングテープ

Amazonで詳細を見る

今や手作りをするのに欠かせないのがマスキングテープです。もちろん手作りカレンダーにも取り入れたいグッズです。デザインに合わせたマスキングテープを何種類か用意しておくといいですね。

・写真の商品について 「MBIGM マスキングテープ15mm幅×5m巻 」1,180円(税込)※20巻セット

マグネット

Amazonで詳細を見る

日にちを1つずつマグネットでつけるときに使います。フェルトや布なででくるむときには強力なものの方がよいでしょう。

・写真の商品について 「薄型 丸形 マグネット10個 」276 円(税込)

コルクボード

Amazonで詳細を見る

コルクボードを土台にして作ると、メモなども貼れて便利です。マグネットがくっつくタイプのものにすれば画びょうを使わずに済むので、小さいお子さんがいるおうちでも安心して使えます。

・写真の商品について 「マグピンコルクボード(強力マグネットが付く)」1,944円(税込)

カレンダーを作る手順

手作りカレンダーと一言で言ってもその種類はたくさんあります。そこで、ここでは普段使いにも仕事の時にもお出かけの時にも活躍できるパソコンで作る書き込みができるカレンダーの作り方をご紹介します。

パソコンで作るカレンダー

今回はWordで作る写真入りのカレンダーをご紹介します。

①Wordの「ファイル」から「新規作成」をクリックしカレンダーを選びます!                                

Wordの「ファイル」から「新規作成」を選ぶとさまざまなテンプレートが出てきますので、その中から「カレンダー」を選びます。写真を入れるタイプのテンプレートは何種類もあるので、お好みのものを選びましょう。

②日付を直します!

日付を直します。そのまま打ち込むことができるので面倒ですがのんびりと頑張りましょう!

③年の部分を直します!

ダウンロードしたときに2007年になっている場合、直さなければいけません。例えば2007年の部分を2017年に統一したいときには、「ホーム」のタブにある「置換」をクリックします!

そして「検索する文字列」の空欄に「2007」を、「置換後の文字列」に「2017」を入れ、最後に「すべて置換」をクリックすれば完成です。1月から2月まで、すべてのカレンダーの2007年の部分が2017年に変わります。

④写真を入れたら出来上がり! 

見本で入っている写真をお気に入りの写真に入れ替えます。写真部分を選択し、「挿入」のタブにある「図」をクリックして好きな写真を選びましょう。選んだ写真をクリックすれば、写真がさし変わります。最後に写真の大きさを調整して出来上がりです。

パソコンでカレンダーにアレンジをするコツ

いざパソコンで作ったカレンダーにアレンジをしようと思った時に、コツがわかっていれば安心ですね。

自由な発想でステキ度アップ!

パソコンで作ったカレンダーをそのまま使うのもオリジナリティーがあってステキですが、そこにアレンジを加えるとよりステキ度がアップします。

プリントアウトした後にマスキングテープやイラストなどを手書きで加えたり、コルクボードに貼ったりしてアレンジを加えると、オリジナリティーが増してより素敵なカレンダーになります。

好きな材料で!

手作りカレンダーに決まりはありません。使用目的や好みに応じて自由に作りましょう。

まとめ

いかがでしたか?毎日使うカレンダーです。これからは使いやすいお気に入りのカレンダーを作ってみようと思った人もこの記事が参考になれば幸いです。あなた好みのとっておきのカレンダーができたら、もっともっとカレンダーを活用したくなりますよ。

関連商品「エーワン手作りカレンダー卓上タイプ」618円(税込)

Amazonで詳細を見る

卓上用のカレンダーを作れるキットです。光沢紙が13枚入っています。印刷をして組み立てたら、世界にひとつだけの素敵な卓上カレンダーの出来上がりです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。