Middle shutterstock 96702394

INDEX

洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違い

トリートメントには洗い流さないタイプと洗い流すタイプの2種類がありますが、どう違うのでしょうか?また、どちらを使えばいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントは、お風呂の外で濡れた髪の毛をタオルドライした後に使用するものです。髪の保護に重点をおいたもので、髪の毛を一本一本コーティングしドライヤーの熱や紫外線から髪の毛を守ってくれます。

また寝る前につけることで、一晩かけてじっくりと浸透していき、翌日の朝、髪の毛がしっとりとなっています。美しさを一日中キープさせてくれるのです。

 

洗い流すトリートメント

洗い流すトリートメントは、お風呂の中で使用し、髪の毛のダメージ補修に重点をおいています。シャンプーをした後のキューティクルが開いた状態で使用することによって、髪の内部へしっかりと栄養が行き届きます。

ただし、すすぐときは時間をかけてすすがないとよく浸透しません。                             

どっちがいいの?

髪の毛のダメージが気になる方は洗い流すトリートメントをおすすめします。両方を使うようにすると、髪の毛に栄養を与え同時にその栄養を逃がさないようにしてくれるのでより効果的です。

トリートメントよりも髪の毛を補修してくれるのがヘアマスクです。2種類のトリートメントを組み合わせたり、ヘアマスクと組み合わせたりしてご自分の髪の毛の状態によって組み合わせるとより高い効果が期待できます。

洗い流さないトリートメントの種類

洗い流さないトリートメントにはいくつかの種類があります。用途に応じてトリートメントを使い分けた方が、より効果を得られます。どれを使ったらいいか迷ったら参考にしてくださいね。

オイル系

オイル系の洗い流さないトリートメントは、コーティング力が高いのが特徴的です。毎日ヘアアイロンやコテを使う方におすすめです。熱ダメージや紫外線から髪の毛を守ることを得意としています。

乳液系

乳液系の洗い流さないトリートメントは、しっとりとした質感になります。朝のスタイリング剤としても使うことができ、まとまりのある髪になります。ただし、熱ダメージからの保護力は弱いです。

ミスト系

水分量が多めで、浸透力が高く髪の毛の補修に使えるのがミスト系の洗い流さないトリートメントです。朝の寝癖直しとしてもおすすめです。熱に反応して髪の毛に成分が浸透していくので、ドライヤーとあわせて使う必要があります。

スプレー系

UV対策や潤い成分が入っているのがスプレー系の洗い流さないトリートメントです。スタイリング後やお出掛け前に使ったり、パーマの巻きが弱くなったときにも活躍します。

洗い流さないトリートメントの正しい使い方

洗い流さないトリートメントの正しい使い方をマスターしましょう。                              

洗い流さないトリートメントの正しい使い方
1 まずは、シャンプーとトリートメントした髪の毛をタオルで優しく包み込むようにしてタオルドライをします。水滴がつかなくなるまでしてください。
2 トリートメントをだし、手のひらで伸ばしてください。ショートの方は1プッシュ、ミディアムの方は2プッシュ、ロングの方は3プッシュが目安です。
3 髪の毛の真ん中から毛先に向かって優しくトリートメントをつけてください。毛先のダメージは、毛先をもみこむようにしてください。
4 ドライヤーでしっかりと乾かしたら完成です。

使い方のコツ

使い方のコツ

洗い流さないトリートメントをより効果的にするためには、タオルドライをしっかりと行うことです。体を拭いた後のバスタオルでは水分をとることができないので、乾いたタオルで髪の毛を拭くようにしましょう。

また、頭皮や髪の根元への使用は避けましょう。毛穴を塞いでしまい臭いの元になってしまいます。               

プチプラの洗い流さないトリートメントランキングTOP10

第10位TSUBAKIリペアミルク

ドライヤーの熱から守る

浸透ナノ補修オイルが配合されており、傷みがひどい毛先までを補修してくれる洗い流さないトリートメントです。ドライヤーの熱から守るヒートプロテクト効果と紫外線ダメージから髪の毛を守るUVプロテクト効果があるので美しい髪の毛を維持することができます。

第9位ヘアレシピグレープシードブースターオイルレシピモイスチャー

自然の恵み

配合されているグレープシードオイルは、角質を柔らかくし整えてくれる効果があります。自然の恵みがたっぷりつまっているトリートメントですので髪の毛に優しく、なりたい髪の毛に仕上げてくれます。

第8位エルセーヴリスインテンスオイルエッセンス

髪の毛の広がり

くせ毛やパサつきで悩んでいる髪の毛におすすめの洗い流さないトリートメントです。べたつかないので扱いやすく、髪の毛の広がりもおさえてくれまとまりのある髪の毛へと導いてくれます。

第7位ダブモイスチャーケアトリートメントクリーム

フレッシュ

潤い成分が配合されており、パサついた髪の毛も毛先まで潤ったなめらかな髪へと導いてくれる洗い流さないトリートメントです。洗練されたフレッシュな香りが癒しを与えてくれます。

第6位マシェリアクアデュウエナジーアウトバストリートメント

パサついた髪

濃密パールハニージュレが髪の毛にツヤを与え、補修してくれる洗い流さないトリートメントです。パサついた髪の毛も扱いやすいしっとりとした髪の毛になります。静電気やドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれる効果もあります。

第5位LUXスーパーリッチシャインダメージリペアリッチ補修ミスト

紫外線から守る

ゴールドアルガンオイルなどの潤いのための贅沢な成分が配合されている洗い流さないトリートメントです。補修はもちろん、アイロンなどの熱や紫外線などのダメージからも守ってくれます。

第4位ハーバルエッセンス洗い流さないトリートメント集中スムース美容液

バラの香り

甘く優しいバラの香りが癒しを与えてくれる洗い流さないトリートメントです。天然由来成分が配合されており、まとまりにくい髪の毛をつるんとした髪の毛へと導いてくれます。

第3位水分ヘアパック毛先ナイトエッセンス

翌朝

寝ている間にしっかりと浸透し、毛先まで潤いを与えてくれる夜用のヘアエッセンスです。伸ばした瞬間に液状化し、寝る前につけることで翌朝スタイリングしやすい髪の毛になっています。

第2位いち髪潤濃和草エッセンス

サラサラの髪

和草プレミアムエキが配合され、濃密な美容液が髪の毛を補修しサラサラの髪の毛へと導いてくれます。べたつかず、UVカット処方なので、夜のケアはもちろん朝のケアにもおすすめです。

第1位パンテーンインテンシブヴィタミルク

傷んだ毛先を補修

お風呂上がりにトリートメントすることで翌朝も寝癖知らずの髪の毛になります。分子レベルまで瞬間的に浸透していき、傷んだ毛先を補修してくれます。芯まで浸透し、有効性分を内側に閉じ込めて逃がしません。

まとめ

洗い流さないトリートメントの特徴と正しい使い方、プチプラの洗い流さないトリートメントの人気ランキングを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?洗い流さないトリートメントもプチプラのものから高価なものまで様々なものがあります。

プチプラだからあまり効果がないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、プチプラでも十分なんです。リーズナブルなものであれば、使い続けることもできますよ。髪の毛の状態をよく観察して、自分に合った洗い流さないトリートメントを探してくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。