Middle shutterstock 539325937

INDEX

ヘアオイルとは?

オイルと美しい髪

年齢を重ねても若い時のようなツヤのある美しい髪をキープしたいですよね。ヘアケア商品はいくつかの種類がありますが、ヘアオイルは様々なダメージから髪の毛を守ってくれます。

ヘアオイルはその名の通り原料はオイルで、合成油脂または天然のオイルが使用されています。どのような種類のオイルが配合されているかは商品によって違います。

ヘアオイルの特長としては、保湿力がとても高く紫外線や熱に強いということです。髪にもなじみやすいので、とても使いやすいのがメリットです。ただ、オイルですのでつけすぎてしまうとべたっとしてしまいます。

なぜ美髪にはヘアオイルがいいの?

疑問を持つ女性

ヘアダメージの原因

・パーマ、ヘアカラー

キューティクルを開き、髪に薬剤を浸透させるため、髪内部のたんぱく質や油脂成分が外に流れ出すことで髪がダメージを受けます。

・紫外線

紫外線はキューティクルを弱め、浮き上がらせます。

・ドライヤーなどの熱

過度に熱を与えると髪の毛がやけどした状態になります。キューティクルが剥がれてしまう原因となります。

ヘアダメージを受ける主な原因はこの3つになります。髪に必要な栄養分が不足したり、キューティクルが剥がれることで髪がパサついたり、枝毛になったりします。

ヘアダメージは3段階

1段階目

髪の表面のキューティクルが剥がれるのがダメージの1段階目です。キューティクルには髪の毛の内側を守る役割がありますが、キューティクルが剥がれることで髪のツヤなどは減り、水分が蒸発し髪がパサつくのです。

2段階目

キューティクルが剥がれることで、髪の内部の2層目のコルテックスやメデュラから髪の毛に必要な栄養分のたんぱく質などが流れ出します。そのため、髪の毛がもろくなってしまいます。

3段階目

髪がもろくなると、髪にツヤがなくなりハリも失われます。髪も細くなってしまいますので、髪の毛のボリュームがなくなります。

ヘアオイルのダメージへの効果

ヘアオイルには水分の蒸発を抑えるという効果がありますので、髪の潤いを保つことができます。また、キューティクルをオイルで覆うことで外部の刺激でキューティクルが剥がれるのを抑え、栄養分が流れ出すのを防ぎます。

ヘアオイルの種類

数種類のオイル

オイルの種類は2タイプ

・ミネラルオイルに天然由来成分が配合されたオイル

ミネラルオイルは即効性があり、髪の毛がサラサラになります。ドラッグストアなどで手軽に買うことができます。価格もお手頃ですので、続けやすいのがメリットです。

しかし、顔についたりしてしまうと吹き出物の原因になってしまったりしますので、頭皮マッサージには向きません。

・植物由来の天然成分のみのオイル

植物由来のオイルは頭皮マッサージにも使うことができます。植物性オイルには様々な種類があり、それぞれ頭皮や髪の毛に対する効果が違います。どのオイルが配合されているかにより効果が変わってきます。

ココナッツオイル

・髪の毛、頭皮の乾燥が気になる方

・抜け毛が多くなったと感じている方

・髪の毛が細くもろくなったと感じている方

これらの悩みがある方におすすめなのがココナッツオイルです。健康食品として注目を集めるココナッツオイルですが、実はヘアケアにも効果があるのです。

ココナッツオイルにはタンパク質を保護するという働きがあります。タンパク質は健康な髪の毛には欠かせない栄養分です。また、髪の毛や地肌に浸透し保湿をする働きもあります。

さらに細菌を抑えたり、免疫力を高めるラウリン酸も配合されていますので、頭皮を健康に保つことができます。頭皮の環境を改善し、抜け毛などを防ぐという効果もあります。

ホホバオイル

・くせ毛に悩んでいる方

・頭皮や髪の毛の乾燥が気になる方

・紫外線によるダメージが気になる方

これらの悩みがある方におすすめなのはホホバオイルです。

頭皮が硬くなったり、毛穴が歪んでいることがくせ毛の原因となっていますが、ホホバオイルでマッサージをすることで頭皮が柔らかくなり、まっすぐに髪の毛が生えてきます。

また、ホホバオイルでマッサージをするとオイルが皮脂と混じり毛穴に詰まった汚れを取り除いてくれます。そのため、頭皮が柔らかくなり、肌の表面には潤いの膜ができるため紫外線からも髪の毛を守ってくれます。

プチプラヘアオイルおすすめ5選

1.無印良品ホホバオイル

無印良品商品写真

無印良品から発売されているオイルはすべて無香料、無着色の天然オイル100%ですので、肌が弱い方でも安心して使うことができます。ホホバの種子から抽出したオイルを精製しています。

こちらはボディ用のオイルとして発売されましたが、現在ではヘアオイル、頭皮のマッサージオイルとして人気が高まっています。

サラッとした使用感で少量で良く伸びるためコスパも良いオイルです。無香料ですので香りもありませんので、子どもから大人まで幅広く使用することができます。シャンプー前にマッサージするだけで頭皮の嫌な臭いもなくなります。

2.ルシードエルオイルトリートメント#EXヘアオイルリッチモイスチャー

ルシードエル商品写真

羽のように軽やかなツヤ髪へ導いてくれるサラサラタイプのヘアオイルです。髪をしなやかにまとめ、潤いを与えながらダメージを補修してくれます。

ルシードエルには美容成分のアルガンオイルが配合されており、保湿力が高くなっています。さらに、このアルガンオイルが特殊な処理がされており、通常のオイルより髪への広がりが早くなじみやすくなっています。

髪の毛を束ではなく1本1本潤いコーティングするため、軽い仕上がりとサラサラな指通り、オイル特有のギラギラ感のなり上質な美髪へと導いてくれるヘアオイルです。

3.アハロバターリッチモイストリペアオイル

アハロバター商品写真

シアバターなどの5種類の植物バター、ココナッツオイル、アルガンオイルなどの21種類もの植物オイルを贅沢に配合したリッチなヘアオイルになります。口コミなどで人気も上昇中です。

保湿成分がたっぷりと配合されているので最高の潤いで毛先までしっとりまとまる美髪に導いてくれます。傷んだ髪や乾燥でパサつく髪を集中的にケアするためツヤ、ハリのある髪を育ててくれます。

4.ボタニストボタニカルヘアオイルモイスト

ボタニスト商品写真

植物天然由来成分が80%以上配合されており、傷んだ髪に優しく働きかけ潤いを与え補修してくれます。ヒートアクティブ成分は、髪のダメージの原因となる熱を利用しキューティクルを生成し髪内部の水分を保ってくれます。

パーマやカラー、ブラッシング、紫外線など日常生活でもダメージを受ける要因が多くありますが、この要因を取り除くアミノ酸やセラミドをバランス良く配合しています。

特にカラーによるダメージにおすすめのヘアオイルです。

5.大島椿ツバキ油

大島椿商品写真

昔からあるツバキ油は今でも人気のあるヘアオイルです。ツバキ油に含まれるオレイン酸は人間の皮脂の40%を占めているものでもあります。皮脂に近い成分だからこそ浸透力が高く、保湿力も発揮されます。

ドライヤー、紫外線など特に熱によるダメージから髪を守ってくれます。髪1本1本を光沢のあるツヤのある美髪へと導いてくれます。また髪表面を保護してくれるため、強くしなやかな髪になります。

効果的なヘアケア方法

美しい髪の女性

1.ドライヤーで髪を乾かす時

ドライヤーの熱、自然乾燥は髪にダメージを与える原因となります。髪を乾かす時にはヘアオイルをつけた後で、ドライヤーを使用すると髪をダメージから守ってくれます。

しっかりとタオルドライしたら、数滴のヘアオイルを手にとり、手のひら全体にのばします。髪の外側だけではなく内側からもオイルをなじませます。特に傷みやすい毛先には丁寧にもみこみます。

ドライヤーを使う時には吹き出し口を10cm以上離し、温風と冷風を交互にあてるようにしましょう。つけすぎてしまうとべたっとしてしまいますので、まずは少ない量で試してみて下さい。

2.コテやアイロンを使う時

髪をカールした女性

コテやアイロンを使う場合には、必ずスタイリング後にヘアオイルをつけるようにしましょう。コテやアイロンなどは高温になるため、使う前につけると髪を油で揚げたような状態になってしまいます。

これでは髪を傷めてしまう原因となってしまいますので、スタイリングの最後に仕上げとして使うようにしましょう。サラサラ、ツヤツヤとした仕上がりになります。

3.ワックスを使う時

ワックスなどの整髪料を使ってスタイリングする時にはワックスの前にヘアオイルを数滴髪になじませるようにしましょう。髪が硬い、広がりやすいという方は髪に油分を含ませることで髪がまとまりやすくなります。

ワックスだけでもスタイリングはできますが、よりセットしやすくツヤ感のある仕上がりになります。

まとめ

紫外線に負けない美しい髪の女性

いかがでしたか?ショートヘア、ロングヘアなど髪の長さに関係なく、ツヤ感のあるサラサラな髪をいつまでもキープしたいですよね。

髪の毛は紫外線や熱、カラーなどでダメージを受けやすいため、ヘアオイルでケアすることをおすすめします。朝、夜ヘアケアすることでダメージを予防したり、ダメージを補修したりしてくれます。

プチプラのヘアオイルも贅沢な成分が配合されているものも多く発売されていますので、ぜひ試してみて下さいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。