INDEX

パウダーファンデーションの基礎知識

パウダーファンデーションとは?

ファンデーションはお肌をきれいに見せる役目をします。毛穴や小じわを隠してくれるので、お肌がきれいなるだけでもずいぶん雰囲気がかわります。

ベースメイクで使うファンデーションには、リキッドファンデーション、クリームファンデーション、ルースファンデーションなど、さまざまなタイプがあります。リキッドファンデーションはカバー力がある反面、ムラになりやすいという欠点があります。

クリームファンーデションはリキッドファンデーションよりもさらにコッテリとしていて、カバー力もリキッドファンデーションよりも上です。保湿力が高いので乾燥肌の人には向いています。

ルースファンーデションはサラサラの粉状になっていて、ブラシでつけていきます。軽いのでカバー力は期待できませんが、お肌への負担は一番少ないタイプです。

そしてパウダーファンデーションはこれらのファンデーションの良いところをたくさん持っていて、もっともよく使われるのがパウダーファンデーションです。コンパクトで手軽に化粧直しがしやすく、皮脂を吸収してくれるのでテカリにくいという長所もあります。

また、カバー力も適度にあり、お肌への負担も少ないので、毎日のメイクに適しています。このようにパウダーファンデーションは他の種類のファンデーションと比べて良いところが多く、手軽に使えるため、初心者の方に適しているといわれています。今回はこちらのパウダーファンデーションに焦点を当てて解説していきます。

パウダーファンデーションを使うメリット

一般的にファンデーションといったら、おもにパウダーファンデーションを指します。鏡がついたコンパクトでお化粧直しをする女性を見たことがあると思いますが、外出先でお化粧直しをするとき、スポンジでササッと直せるパウダーファンデーションはとても便利なものです。

適度に化粧直しがしやすく、かつ、気になる毛穴や小じわなどをカバーしてくれるのでほとんどの女性がこのパウダーファンデーションを愛用しています。初めてのファンデーションはパウダーファンデーションだった、という方も多いのではないでしょうか。

また、保湿効果があったり紫外線からお肌を守ってくれたりと、最近のファンデーションは機能が豊富です。もちろん、プチプラでも優秀なファンデーションは多くあります。

パウダーファンデーションのトレンド

最近では、ツヤ肌がトレンドです。そのため、ベースメイクもツヤ感を重視しており、ナチュラルで素肌感がありつつもツヤツヤなお肌に仕上げるファンデーションがたくさん出ています。これからパウダーファンデーションを買う方は、このツヤを重視した光沢のあるものを選んでみてもいいでしょう。

パウダーファンデーションを選ぶときのポイント

肌質を見極めよう!

パウダーファンデーションは、肌の色むらやくすみ、赤み、小鼻の黒ずみや毛穴をカバーしてくれます。自分の素肌を観察して、これらがカバーできるかどうかがひとつの大きなパウダーファンデーション選びのポイントです。

また、お肌は人それぞれに、乾燥肌、オイリー肌、普通肌とタイプがあり、乾燥肌なら保湿重視、オイリー肌ならテカリ防止に強いもの、とお肌のタイプに合ったものを選ぶようにしましょう。

やっぱり値段は大事!

パウダーファンデーションは、ほぼ1日お肌につけているものです。長時間密着するものなので、できるだけお肌に優しいものを選びましょう。配合成分が少なかったり、天然由来成分が配合されているものはお肌に優しいといえます。お肌にダメージを与えないことも美肌づくりに大切なことです。

では、高ければ良いファンデーションかというと、そうとは限りません。人には肌質がそれぞれあり、含まれている成分に過敏なこともあります。高いものが良く、安いものが悪い、ということはないので、自分の肌質に合ったもので、かつ、プチプラなものを探していきましょう。

パウダーファンデーションでメイクするときのコツ

ベースメイクは洗顔から始まる!

朝のメイクはファンデーションを塗るところから始まるのではなく、その前の洗顔から始まります。寝る前にどんなにきれいに洗顔してあっても、一晩に間に皮脂は酸化しています。この余分な皮脂はテカリの原因にもなるので、朝の洗顔は丁寧に行いましょう。

次に保湿も重要です。いくらファンデーションでカバーしてくれるといっても、素肌がきれいに越したことはありません。化粧水をたっぷりとつけてしっかり保湿してください。最近はやりのツヤ肌は乾燥しているとできません。お肌にはとにかく保湿が大事、と覚えておきましょう。

下地でくすみや毛穴をカバー!

下地は省略することもできますが、お肌のくすみや毛穴が気になる方は、まず、下地でお肌を整えましょう。下地はくすみやシワを隠して、ファンデーションをきれいに乗せてくれます。塗るときは顔の中心から外側へ、そして目元周りは薄く塗るのがコツです。

筆者の経験から、この下地は塗り方がいいかげんだと、毛穴がかえって開いて見えてしまうことがあります。下地は丁寧に塗っていきましょう。

ファンデーションは中央から外側に向かって塗る!

パウダーファンデーションを塗るときは、頬から塗っていきます。最初は目の下から耳の上に向かって、次は小鼻から耳の中央に向かって、そして顎から耳の下へと、パフにつけたファンデを内側から外側へと伸ばしていきます。

おでこは新たにパウダーファンデーションをパフにつけずに、パフに残ったファンデを薄く伸ばします。最後は小鼻や目元など、細かいところをパフでしっかりなじませて、最後にパフで顔全体を軽くなでてムラがないように仕上げます。

基本は中央から外側へと覚えておきましょう。この手順さえ覚えてしまえば、パウダーファンデーションはとっても簡単に塗ることができます!

プチプラファンデーション人気ランキングTOP12

【第8位】インテグレートグレイシィホワイトパクト

Amazonで詳細を見る

パッ! と明るい透明肌に仕上げる、美白パウダーファンデーション。 シミ・ソバカスをきれいにカバーし、肌年齢を感じさせません。

【第7位】It'sskinイッツスキンプリズマダイアモンドパクト

ダイヤモンドのパウダーが滑らかでボリューム感のある肌に演出してくれます。SPF25,PA++ 紫外線遮断機能性のパウダーパクトです。

【第6位】カバコン

Amazonで詳細を見る

毛穴・色ムラ・シミ、全部隠れる! ファンデを超えたカバー力のプレストパウダー。SPF50+、PA++++の最強UVカット効果。

【第5位】モイストラボBBミネラルファンデーション

安心の日本メーカー明色化粧品のファンデです。下地要らずでUVカットはSPF50 PA++++)。高いUVカット機能と使い心地の良さを両立したパウダーです。

【第4位】セザンヌウルトラカバーUVファンデーションII

こちらもセザンヌです。1位に輝いた EXプラス EX1との違いは、ウルトラカバーとうたっているとおり、より高いカバー力です。また、UVカットもワンランク上のSPF35 PA++で、カバー力を求める方や紫外線が気になる方はこちらの方がいいかもしれません。

【第3位】ミシャМクッションファンデーション(モイスチャー)

Amazonで詳細を見る

こちらのキャッチフレーズは「1タッチで水光肌」。スポンジでできた“クッション"にみずみずしいファンデーションを染み込ませた新感覚のファンデーションです。化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容成分が一つになったオールインワンタイプなので、下地が面倒、という方にもおすすめ!

空気を含んだ3層構造のエアーインパフでお肌に優しくパッティングするだけで、プロの仕上がりが実現します。3種類のお花から採れたフラワーウォーターがお肌に瑞々しい潤いを与え、同じく3種類のお花から採れた美容オイルが潤いベールを作って優しく守ってくれるモイスチャータイプです。

【第2位】キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー

Amazonで詳細を見る

こちらもプチプラとして人気のキャンメイクのファンデです。パウダーが細かく、毛穴もしっかりカバー。ふわっふわのマシュマロ美肌に仕上がります。天然ミネラルパウダー配合で素肌感のある軽い仕上がりが実現します。

テカリや汗によるメイク崩れを防いでくれるので皮脂が活発な若い方のお肌にも大丈夫。界面活性剤、タール系色素、アルコール、香料を使用していないのでお肌に優しいファンデです。また、UVカット効果もあります。メイク落としにクレンジング不要という、初心者さんにもおすすめのパウダーファンデーションです。

【第1位】セザンヌUVファンデーションEXプラスEX1

Amazonで詳細を見る

プチプラコスメとして有名なセザンヌのパウダーファンデーションです。こちらはプチプラにもかかわらず圧倒的な人気のパウダーファンデーションで、素肌のような透明感と潤いが続くと評判です。

光を乱反射して、くすみを自然にカバーすることで透明感を出し、皮脂固定化パウダーを配合することで崩れにくくなっています。余分な皮脂を吸着してくれるのでテカリ防止にもなります。

また、スーパーヒアルロン酸が配合されているので、なめらかな感触ですぅっとのび、乾燥しにくい状態が続きます。購入した方からは「この値段でこの仕上がりは最高」「クマ、赤み、くすみは余裕でカバーできた」「敏感肌でも使えた」と大絶賛!SPF23 PA++なので、紫外線が気になる季節でも安心です。

ランキングで紹介した商品の比較

1位のセザンヌ UVファンデーション EXプラス EX1は、実は筆者も5年ほど愛用しているパウダーファンデーションです。小さなシミや毛穴はわりとカバーしてくれます。付属のコンパクトがやや安っぽいのと、やや崩れやすいのが難点ですが、プチプラなので許容範囲内でしょう。

2位のキャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーはなんといってもクレンジング不要というところが嬉しいファンデです。第3位のМクッションファンデーション(モイスチャー)はみずみずしさが売りです。やはりオールインワンは便利です。

まとめ

ファンデーションのなかでももっとも使いやすくポピュラーなパウダーファンデーションの使い方と人気商品をご紹介してみました。メイク初心者さんはファンデーションをきれいに塗るのは難しく感じるかもしれませんが、コツはとにかく薄くつけることです。

シミや毛穴を隠そうとして厚く塗ってしまうと、かえってムラになってしまうので、気になるところがある方は下地でしっかりカバーしてからパウダーファンデーションを薄くつけましょう。

とくに気になるシミやアザにはこれ!

ニキビ跡やアザ、シミなどがどうしても気になって上手く隠れないとお悩みの方は、資生堂 スポッツカバー ファウンデイションを試してみてはいかがでしょうか。

あざ、シミ(肝斑)などの色や、傷あとの状態などに合わせて幅広く使える、部分用コンシーラーの位置づけです。カバー力が高いと評判で、多くの方が愛用している商品です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。