INDEX

シミの原因でよく聞くメラニンとは?

メラニンは細胞を守る傘だった!

メラニンとは表皮最下部にあるメラノサイトと呼ばれる層が生成する色素のことで、紫外線によって細胞の核が破壊され変異を起こし癌などの病気を引きをこすことが無いようにしています。メラニン色素が傘のように覆う役割を果たし、紫外線による細胞破壊を防ぐ働きをしています。この働きがあることで、身体は健康なのです。

メラニンにも種類がある

メラニン

しかし、メラニンにもいくつか種類があり、よくない働きをする者もいます。そのメラニンとさまざまな原因が影響してシミとなり、場合によっては病気を引き起こします。

あなたを悩ますシミの種類はどれ?

シミの種類によって予防法・対処法が異なる

人間、特に女性ならば誰もが悩むシミ問題、しかしそのシミにも数多くの種類があり、種類別によって予防法や対処法も異なってきます。種類別の正しい方法でケアをしないと、場合によってはマイナスの方向へ進むこともあるかも。

自己での対処は場合によってはリスクを伴います。ここでシミの種類別予防法・対処法を知っていただき、しっかり対処してほしいと思います。

まずはシミの種類と症状を知る・・・これ大事!

これからご紹介するシミの種類はごく一部ですが、悩みが多いものをピックアップしていますので、当てはまるものが無いか、参考にしてみてください。今回紹介するシミの種類をリストにまとめました。ご参考ください。

ご紹介するシミの種類はこちら!
  • 老人性色素斑(ロウジンセイシキソハン)
  • 肝斑(カンパン)
  • 雀卵斑(ソバカス)
  • 炎症性色素沈着(エンショウセイシキソチンチャク)
  • 脂漏性角化症(シロウセイカッカショウ)

ご自分のシミについて予防をしたり対処したりする場合、まずはご自分のシミは何なのかを知って、そのシミができる原因を理解する必要があります。それを知らずに予防・対処を自分なりにしてしまうと、場合によっては治るどころか酷くなってしまう場合があります。そうならないために、ここで勉強をしてください。

それでは、各シミの種類別にその症状と予防法・対処法についての勉強を始めます。シミの悩みはとても悩ましくストレスになることもあります。これを機に悩みを解決・和らげて、自分に自信を取り戻しましょう!

悩めるシミその①老人性色素斑

シミの特徴と原因

シミの種類①これがよく聞く、もっとも一般的といわれているシミです。その原因は「紫外線」と言われています。「日焼けジミ」なんて言われることもあります。老人性と言う名前が付いていますが、人によっては20代の若い時期から現れる事もあるようです。これは恐ろしいですね…。

紫外線により体内ではメラニンが作られ肌が黒くなりますが、肌のターンオーバーによってキレイな肌を維持しています。しかし、大量に紫外線を浴び続けると対処しきれなくなり、体内にメラニンが溜まってシミとして現れるんです。顔の主に「ほお骨」や「こめかみ」周辺にできやすく、紫外線が当たりやすい場所は注意です。

このシミの予防・対処法

勉強1

このシミの種類を予防するには紫外線対策が必要です。これを若いうちから早めにしていれば、結果としてできにくくなります。また、美白化粧品を使うことによって、できかけのシミに対処することもできます。紫外線対策と肌のターンオーバーを意識して、紫外線を必要以上に浴びない、メラニンを排出する事を心掛けましょう。

Amazonで詳細を見る

紫外線A波とB波をしっかり防ぎ、肌へのダメージを防いでくれます。シミやソバカスを防ぎつつ、肌のキメを整えてくれる、使う側に嬉しいUVケアクリームです。

悩めるシミその②肝斑

シミの特徴と原因

シミの種類②ほお骨から頬・鼻周辺にできるシミで、最大の特長は左右対称濃淡も均一な所です。30代から50代の女性に多く、その原因は「女性ホルモン」が関係しているようです。その他にも「妊娠中」や「ピルの服用」によっても起こると言われています。当てはまる人は注意が必要でしょう。

しかし、閉経するとシミが消えていくことが多いようで、60代以上の女性ではごく少数のようです。肝斑ができてしまうと、紫外線や摩擦などによってシミが濃くなりヒドくなっていきます。できてしまった場合、早めに対処することが重要です。

このシミの予防・対処法

勉強2

このシミの種類の対処法は、紫外線を防ぐ紫外線対策です。しかし、ホルモンの影響が大きいので、それでもできてしまうことがあります。そんな時には効果的なのは「トラネキサム酸」です。この成分は美白化粧品に含まれていたり、内服薬は薬局での購入やクリニックの処方も。お困りなら試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

トラネキサム酸が配合された美白美容液です。しつこいシミに効果を発揮し、またメラニンの生成を抑制しシミを作らせない美白美容液となっています。使い方も簡単で、洗顔後につけるだけ。シミの予防・対処をするには、使いやすさも大事になりますね。

悩めるシミその③雀卵斑(ソバカス)

シミの特徴と原因

シミの種類③顔全体に茶色い小さな斑点が点々とできる、これが俗に言うソバカスです。このソバカスの原因は、主に遺伝性といわれています。しかし、大人になってからも急に現れ流場合があり、その原因は紫外線とされています。特に色白の人にできやすい傾向があるので、当てはまる人は気をつけましょう。

このシミの予防・対処法

勉強3

主に急に現われたこの種類の対処法は、紫外線対策と摩擦による刺激からの対策です。紫外線を浴びないよう日焼け止めを活用するなどして注意し、肌に刺激を与えないよう心掛けましょう。美白化粧品を使ってケアすることも効果的なので、是非取り入れてみてください。

しかし、遺伝からくるソバカスは対処することが難しく、レーザー治療をしても年を追うごとに再発し、また現れる確立が高いとされています。お悩みの人は経験のある医師を探していただき、対処してもらうのが最善だと思います。まずは相談してみましょう。

Amazonで詳細を見る

この1本でUVケアから美白まで行うことができる頼もしいエッセンスです。紫外線A波もしっかり防ぎ、肌のハリや弾力を守ってくれます。効果は高いながら、つけた感じも重くならず白くなることもないので、使いやすい美白UVエッセンスではないでしょうか。

悩めるシミその④炎症性色素沈着

シミの特徴と原因

シミの種類④肌にできたニキビや炎症が原因で起こるのが、この炎症性色素沈着と言われるシミです。ニキビ跡が茶色く変化してシミになってしまうことがあり、悩んでいる人も多いといわれています。顔全体に現れやすく、ニキビ症の人や何らかの原因で肌が炎症を起こしている人は注意が必要です。

赤くなている時は痛みを感じますが、じょじょに茶色く変化していき、痛みもなくなります。ニキビや肌の炎症もそうですが、ベースの原因として肌のターンオーバー異常が挙げられます。加齢にもよりますが、年をとるごとに異常が起き炎症が起きて消えにくいシミとして残ります。

このシミの予防・対処法

勉強4

この種類の予防法は、とにかく肌の炎症を抑える・起こさないことです。顔を拭くときに使うタオルの摩擦でも炎症を起こしてしまうことがあるのです、顔を拭く時は優しく拭き取るようにしましょう。また、ニキビができた時は早めにクリニックへ行くことをオススメします。自分で対処すると逆効果になる事も。注意しましょう。

悩めるシミその⑤脂漏性角化症

シミの特徴と原因

シミの種類⑤肌表面にできるイボ状のシミで、別名「老人イボ」とも言われるものです。イボ状なのにシミって言うのも不思議ですね。因みに筆者の私もあります。その原因はさまざまで、紫外線による影響や遺伝によるもの、老化現象として現われるようです。できやすい場所は顔・手の甲が挙げられます。

通常のシミとは少し異なるので、気になる人も多いと思います。また、紫外線を浴び続けることで大きくなることがあるので、注意しましょう。このシミは自然になくなることはなく、美白化粧品などを使ってもその効果は期待できません。

このシミの予防・対処法

勉強5

この種類は紫外線を浴びることによってできることもあるので、紫外線対策と美白化粧品(できる前として)によるケアが大事です。しかし、遺伝が原因となる場合が多く、もしできてしまったならクリニックで炭酸ガスレーザーや色素レーザーの治療を受けると良いのではないでしょうか。気になったらまずは相談。

Amazonで詳細を見る

肌のターンオーバーを正常化させ、シミやソバカスなどの肌異常をケア&予防する働きがあります。美白・美容に力を入れて作られた美白美容液なので、その効果は信用に値するかと。プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲンもしっかり配合され、肌を美しくきめ細やかに保ってくれます。

シミの種類別ケアを理解し必要ならばクリニックへ

シミは顔にできやすく、相手に与える印象に影響を与えます。毎日の肌ケアは大変で努力が必要ですが、ケアをした分、肌は応えてくれます。シミの種類によって紫外線対策には日焼け止めを利用したり、美白化粧品を上手に利用して、日々のケアを大事にし肌トラブルを起こさないように心がけましょう。

もしできてしまったのなら、1人で悩まずクリニックに行くことを第一にオススメします。経験と知識がある医師があなたの悩みを聞き、解決にむけて対処してくれます。また、どのようなケアをした方が良いかなどの話もできるので、メンドくさがらず怖がらずに足を運んでみてください。悩みのない楽しい毎日を送れますように!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。