INDEX

口コミで人気!コンシーラーの効果を最大限にを引き出す方法とは?

目指せ!陶器のような透明肌♡コンシーラーの役目とは

お化粧品道具の必須アイテム コンシーラー

ニキビやクマ、シミシワを上手く隠してくれて健康的に綺麗な肌に見せてくれるコンシーラーは、お化粧道具の必須アイテムとなっていると思いますが、ヨレやすい、すぐ落ちてしまう、上手く隠せない…といった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

筆者も、20代まではコンシーラーは使わなかったのですが30代になってから薄かったシミとソバカスが濃くなり始め、更に毛穴も気になるようになりコンシーラーを使い始めました。

厚塗りして厚化粧のおばさんになってしまったり、数時間後に鏡を見てみたら既にすっぴんと変わらないような状態になっていたりと、コンシーラー選びはかなり試行錯誤しました。

しばらくは闇雲に、「パッケージが可愛い」「口コミがいいから」と手あたり次第手を出して試していましたが、ある日「コンシーラーの使い方」をネットで見かけて読んでみたところ目から鱗でした。そもそも使い方や用途自体が間違っていたのです。

そして使い方を変えてみたら、悩んでいた厚塗りやヨレ、そしてすぐに落ちてしまうという悩みがあっという間に解決したのです!コンシーラーで悩んでいる方はまずはコンシーラーの性質やその用途について学んでみて下さい、使い方が変われば驚くほど綺麗な陶器肌が長持ちするようになります。

ここでは、使い方の基礎かた部位別の用途、そしておすすめ15選までコンシーラーについて必要な情報をギュッと圧縮してお伝えします。これさえ読めば、あなたも今日から自分の肌に自信が持てるようになること間違いなし!

コンシーラーの役割は?

コンシーラーは、ファンデーションでは隠しきれない肌の悩みに利用することで部分的なシミやそばかす・クマをカバーをして肌の色を整えてくれ、更にしっかり隠すことをしつつもナチュラルな肌に仕上げてくれます。別名、「部分用ファンデーション」と呼ばれています。

ファンデーションだけでは隠しきれない肌のトラブルとなっているシミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡・赤みなど部分的に気になる個所を、コンシーラーがカバーしてくれる役割を持っているのがコンシーラーです。

自分に合ったものを使う事で、肌のトラブルをきれいに隠してくれ、美肌に見せてくれるだけでなく、肌の色を対比させることで立体感を作ることができるので顔の印象も変わります。

肌の悩みもコンシーラーがあれば隠すことができるので、女性のスキンケアにはコンシーラーは必須アイテムです。コンシーラーを使うだけで化粧の仕上がりや肌の質感が全く違うので、使いこなすことができれば肌の悩みを解決することが出来ます。

種類別のコンシーラーの特徴

鉛筆タイプのコンシーラーです。油分は少なめで広い面積のカバーには不向きにはなりますが、ピンポイントの細かい部分に使いやすいのが最大の特徴のペンシルタイプの特徴です。

コンシーラーにはそれぞれ4つのタイプのものがあり、それぞれ自分の肌質に合わせて選ぶ必要があります。それぞれの特徴や役割について、以下に詳しく説明していきます。

意外と重要!コンシーラーを使う順番

基本的的なベースメイクの順番は、手持ちのファンデーションの種類によって異なるということを知ってますか?順番によっては、コンシーラーのよさを活かしにくくなってしまうこともあるので注意が必要です!

コンシーラー

1本だけで全てのカバーに使ってしまいがちのコンシーラーですが、部分によって使い分けることで更に綺麗なツルンとした陶器肌に近づくことができます!

目元のクマ

目元は顔の中でも特に皮膚が薄い部分なので、伸びが良いリキッドやクリームタイプのコンシーラーが最もおすすめです。クリームタイプを選ぶなら、コンシーラー用の細筆がおススメです。肌のキメに入り込んでくれるので、瞬きしても崩れたりヨレたりする心配がありません。

ソバカス・ニキビ跡

濃いシミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡に関しては、ペンシルやスティックなど硬い質感(固形状)のコンシーラーを使うとピンポイントでカバーしやすくなります。範囲が広い場合は、リキッドやクリームなどのやわらかい質感のコンシーラーがおすすめです。

小鼻周りの赤み・くすみ

皮脂が出やすくヨレやすい小鼻周りには、リキッドやクリームなど緩めの質感のコンシーラーが適していますので、肌となじみやすい自然な色を選びましょう。小鼻まわりの赤みもコンシーラーで消せますが、化粧崩れが起きやすいところなのでリキッドかクリームを細い筆で塗るといいでしょう。

口元のくすみ

口元も唇の輪郭を整えるためにコンシーラーで補正しておきたい部分になりますので、小鼻周りと同様肌の色に近い色を選んでください。口元はよく動く部分でヨレやすい部分でもあるため、リキッドやクリームなどのやわらかいテクスチャーのコンシーラーが適しています。

ほうれい線

ほうれい線も、肌の色より少し明るめのリキッドコンシーラーを使うことで自然にカバーすることが可能です。ほうれい線は、顔の筋肉を動かしたことでできるものですので、ここの化粧がヨレてしまうととても目立ってしまいます。動きの多い部分ということで、やはり細筆を使用しましょう。

クマ

目元は他の部分に比べて皮膚が薄い部分だといわれています。ヨレを防ぐためにも、テクスチャーが緩めのコンシーラーをおすすめします。コンシーラーの色に関しては、クマの色によって使い分けると効果的に隠してくれて肌を綺麗に見せてくれます。

シミ・ソバカス

シミ・そばかすには、基本的にはカバー力の強いスティックタイプのコンシーラーを選び、シミやそばかすをカバーしたい場合は自分の肌より少しだけ暗めの色のコンシーラーを選びましょう。明るすぎる色を選んでしまうと、シミやそばかすをカバーしにくくなるだけでなくかえって目立ちやすくしてしまいます。

ニキビ・ニキビ跡、小鼻の赤み

ニキビやニキビ跡、小鼻の赤みをカバーしたいときには、グリーン系のコンシーラーをおすすめします。赤みがそこまで強いものでなければ、イエロー系やベージュ系の色でもカバーすることができます。

コンシーラーの口コミランキング15選

【第15位】DHC『薬用アクネケアコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

ニキビを予防しつつ、ニキビ跡をカバーしてくれるクリームタイプの薬用のコンシーラーです。汗や皮脂に強い「フィックスポリマー」を採用することで、肌にぴったり密着してくれるので長時間たってもヨレを防いでカバー力が持続してくれる優れモノです。

また、安心の無香料・パラベンフリーなので添加物が気になる方にも心配なし!少しの量でも伸びがよくて肌馴染みもいいので使い心地も良いコンシーラーです。ニキビ跡をしっかりカバーしながら、ニキビの予防もできる薬用のコンシーラーなのでニキビに悩んでいる人におすすめです。

お値段は1,543円(税込)で、カラー展開は「ナチュラルオークル01(明るめの肌色)」「ナチュラルオークル02(自然な明るさの肌色)」の2色になります。

【第14位】メイベリン『SPミネラルコンシーラーロングキープ』

Amazonで詳細を見る

鉛筆タイプのように細かいところに塗ることができ、ペンのような筆タイプになっていてカチカチ回すことでリキッドタイプの液が出てきてサッと塗れて伸びも良い、持ち運びがとても便利なコンシーラーです。

気になる部分を潤いながら徹底カバーしてくれ、長時間カバーしてくれるので頻繁にメイク直しがいりません。乾燥に強くよく伸びるので、プチプラコンシーラーとしてはとても優秀アイテムです。

また、メイベリンのコンシーには派手になり過ぎない、クマ隠しには最適な丁度良い微粒なラメが入っているのもポイント!肌に優しく、更に肌を明るく見せてくれるので、コンシーラーとしての使い方だけでなく、クマ隠しやハイライトとしても利用できます。

お値段は1,200円で、カラー展開は「ライト」と「ナチュラル」の2色です。

【第13位】CANMAKE『スタンプカバーコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

商品名の通り、メイクの上からスタンプのようにカバーすることのできるコンシーラーです。ニキビ跡やクマなどの気になる部分に、ポンポンと軽くスタンプするように押すことでピンポイントで気になる部分をカバーすることができます。

「密着オイル配合」で肌にピッタリ密着してしっかりカバーしてくれ、タール系水素フリー、無香料・パラペンフリー・石油系界面活性剤フリーなので肌にも優しく安心して使えます。

さらに、SPF31PA++なので紫外線もカットしてくれるという機能も備えている優秀アイテムです。お値段も600円(税抜き)とお財布に優しい価格なので、学生さんにもおすすめなプチプラヘビロテアイテムです!カラー展開は「ライト」と「ナチュラル」の2色です。

【第12位】CHACOTT『エンリッチングコンシーラー』

バレエ用品を扱っている会社のコスメ部門が販売しているのがこの『エンリッチング コンシーラー』、つけ心地はとてもナチュラルで軽いのにしっかりと弱点をカバーしてくれる優秀コンシーラーです。コンシーラーをつけた時の、肌に密着するような重い感覚が苦手な人にもおススメです!

特殊メイクを応用したコンシーラーでしっかりと弱点をカバーし、ハイブリットHDパウダーの効果で透明感のあるカバー力を高めてくれるので仕上がりに差をつけます。

ファンデーションを重ねても厚塗りしているような感じにならない自然な仕上がりが特徴で、コンシーラーとは思えないくらいのカバー力を発揮してくれます。お値段は1,200円(税抜)で、カラー展開は「ピンク」「オークル」の2色です。

【第11位】無印良品『コンシーラーチップタイプライト』

Amazonで詳細を見る

人気の無印良品からのコスメで、ナチュラルに気になる部分をカバーします。リキッドチップタイプのコンシーラーなので、目もとのくすみや色ムラをナチュラルにカバーしてくれるコンシーラーです。

うす付きでとても伸びがいいので、厚塗りにならないのでしっかりメイクよりナチュラルメイク志向の方に特におすすめ!

「オリーブスクワラン」「カミツレ花エキス」などのお肌に優しい植物性のうるおい成分が配合されていて、更に無香料・無鉱物油・パラペンフリーで徹底して女性目線のお肌に優しい成分に拘っている商品になります。

お値段も800円(税込)とプチプラで、お肌に優しい成分を求めている人や敏感肌の女性にとても好評なコンシーラーです。

【第10位】ミュウ『プロオンステージペンシルコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

ピンポイントで気になる部分を隠したいときに便利な、肌にやさしく崩れにくいペンシルタイプのコンシーラーです。

ノンシリコン・ノンパラペンで93%天然由来成分を使用しており、更に「アルガンオイル」「アロエベラ」「柚子果実エキス」などを配合なので保湿・美容液成分配合で、肌を乾燥から守ってくれます。また、肌が炎症を起こしているときや敏感肌の方にもおすすめのアイテムです。

なめらかで伸びが良くしっかりと肌に密着して、目もとのクマなど気になる部分をカバーするので重ねても崩れにくく、キレイの持続が実現するコンシーラーです。ペンシルタイプとしては柔らかいので、描きやすいのも特徴です。また細かい部分にも使いやすいので、メイク直しにも使うことができます。

お値段は1,500円(税抜)、カラーはどんな肌色にも合わせやすいナチュラルカラーのみで敏感肌の人や肌の弱い人にもおすすめです。

【第9位】カネボウKATE(ケイト)『スティックコンシーラーN』

Amazonで詳細を見る

気になる部分を自然にカバーしてくれるのが、KATEの『スティックコンシーラーN』です。ドラッグストアでも買えてコンパクトな大きさなので、持ち運び用のコスメポーチに1本忍ばせておくのもおすすめです。

薄付きでなめらかな付け心地で、目元のクマやニキビ跡をナチュラルにカバーしてくれます。スティックタイプのコンシーラーとしては中間程度の固さなので、扱いやすくスティックタイプの中では伸びも良いと評判で、スティック型が使いやすいと大好評のプチプラコンシーラーです。

ナチュラルメイクの方や、自然にシミやクマを隠したい人には適しているコンシーラーです。お値段は1,000円(税抜)、カラー展開は「ライトベージュ」「ナチュラルベージュ」の2色です。

【第8位】キャンメイク『カバー&ストレッチコンシーラーUV』

Amazonで詳細を見る

UVカットを重要視する人は必見!紫外線をカットできて日焼け止めの代わりにもなるコンシーラーです。ストレッチ&光効果で色ムラ・毛穴・小ジワをピタッと隠してくれ、更にSPF25/PA++で紫外線・乾燥をしっかりカットして日やけによるシミ・ソバカスを防いでくれます。

水・汗・皮脂に強いウォータープルーフタイプできれいな仕上がりで長持ち効果もあり、リキッドタイプで肌馴染みも良いので初めてでもすんなりと使うことができます。

チップタイプのコンシーラーで、筆タイプのコンシーラーよりも使用感は少し硬めにはなりますがとろりとした柔らかい質感をしています。これを、スポンジのついたスティックの先端で、ポンポンポンと肌に置いていく感覚で使います。

お値段はプチプラで800円(税抜き)、カラー展開は「ライトベージュ」「ナチュラルベージュ」「オークルベージュ」の3色です。

【第7位】セザンヌ『ハイライトコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

光を味方につけることができる、ハイライトタイプのコンシーラーです。赤・青・ゴールドの3色の偏光パールを使用して光の反射を導き、これらのパールが当たった光を跳ね返すことで、肌を明るく見せ気になる部分を目立たなくしてくれます。

コンシーラーとして使うのはもちろんですが、ハイライトとしても使える優れものです。さらに化粧直しにも使え、このコンシーラーを塗るだけでさっと毛穴を目立たなくすることも可能という万能アイテムで、クマの酷い人には特におすすめです。

保湿成分を7種類も配合していて乾燥肌の方の使用はもちろん、デリケートな目元などにも安心して使え、伸びも良いのが特徴です。ファンデーションの上から化粧直しに使用することも可能ですので、ポーチの中に入れておくマストアイテムになりそうですね。お値段は734円(税込み)、カラーは「クリアベージュ」のみです。

【第6位】インテグレート『パーフェクトカバーアイベース』

Amazonで詳細を見る

クマや小じわをリセットしてくれる、優秀な目もと用のコンシーラーです。カバー力のある「密着カバークリーム」と「ライトアップパウダー」を重ねて、クマやくすみ、凸凹をしっかりカバーするので明るい目もとになって、アイシャドーのノリがUPします。

目もと用のコンシーラーですが、薄いシミなどにも使用できる優れもののプチプラコンシーラーです。カラーはオレンジっぽい色合いで、特に青クマには向いています。可愛い乙女心をくすぐる様なパッケージにパウダーとクリームの2種類が入っています。

使用方法としては、密着度の高いクリームを使ってクマを隠し、さらに上からパウダーを重ねることで、きめの細かい肌を演出してくれます。また、コンシーラーとしてだけでなくアイメイクの下地としても活用することが可能な万能コンシーラーです。お値段は1,166円(税込)で、カラーも1色のみとなっています。

【第5位】資生堂『スポッツカバーファウンデイション』

Amazonで詳細を見る

カバー力は最高と名高い、痣や火傷といった重度の肌トラブルをカバーすることを目的に開発されたというコンシーラーです。なのでカバー力の高さは折り紙付きで濃いシミや痣に悩む人からも支持を集めています。汗をかいたり入浴しても崩れにくくなっておりハードに動き回って汗をかくことの多いお仕事の方にも向いています。

2種類のラインが展開しており、伸びがよく広範囲をカバーできる「全体用」が4色、ピンポイントで気になるところを隠す「部分用」が2色販売されていてカラーも豊富なので肌の色によって選ぶことができます。高いカバー力にも関わらず、お値段は1,100円(税込)とプチプラで容量も20gと大容量なのも嬉しいですね。

【第4位】KOSE『ノアスティックコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

固めのテクスチャで、肌にぴったりと吸着して長持ちしてくれるのが特徴のコンシーラーです。長く愛用しているという人も多く、コスパはピカイチです。カバー力も高いので、朝に塗っても夜まで崩れないという声も聞かれるほどしっとりと肌に馴染みます。

値段も安いのでコストパフォーマンスも良く、そばかすを消すのには特に定評があるのでそばかすでお悩みの方はこちらのコンシーラーを使ってみて下さい。

お値段は550円(税込)ととてもお財布に優しいプチプラで、色は2種類あり、1番のピンクオークルは青っぽいクマにぴったりのオレンジ系、2番のオークルはシミやそばかすをしっかり隠してくれるベージュ系となっているので、用途によって使い分けると更に効果的です。

【第3位】キャンディドール『ツインコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

益若つばささんのプロデュース、ブランド「キャンディドール」のコンシーラーです。筆者もキャンディドールのコンシーラーは愛用していて、可愛いだけじゃなくカバー力もあり肌馴染みも良いアイテムなのでずっとリピしています。

リキッドタイプには珍しく、1本で2つのカラーがついた優れもの。単色で使うのはもちろん、混ぜて使うことも可能なので自分の肌の色に限りなく近い色まで調整することができます。

いわば、オーダーメイドのカラーを作れるリキッドです。テクスチャはしっとりとしており、肌に密着して高いカバー力があるアイテムです。また、デリケートな目元への使用を考慮して保湿成分を配合しているので、肌トラブルを隠すだけでなく改善させてくれます。

お値段は1,501円(税込)、カラーはライト&オレンジ のみになります。コンシーラーは肌の色が合わなくて自分の肌には馴染まない、と困っていた方にはおススメしますので是非使ってみて下さい!

【第2位】キャンメイク『カラーミキシングコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

1つのパレットに「ライトカラー」「ナチュラルカラー」「ダークカラー」MIXスペースで自分色を作れるので気になる部分をカバーできます。さらに「ヒアルロン酸」「スクワラン」などの保湿成分配合、タール系色素・防腐剤・香料・紫外線吸収剤フリー、SPF50/PA++++で紫外線もカットしてくれます。

3つの明るさの異なる色を1つのパレットにしているので、パレット内に色をミックスするスペースがついており、3色を混ぜ合わせて自分だけの思い通りの色を作ることができます。

また、チークやファンデーションも混ぜて使えばさらに理想の色に近づけることも可能です。テクスチャ自体は非常に軽めで、一見クリームのようですがかなりサラサラしていて肌につけるとスッと馴染むので、隠していたり厚塗りしているという感じのない自然な仕上がりです。

ミラーと使いやすいチップ&ブラシもついていてお得ですよ。お値段は810円(税込)、カラー展開は「ライトベージュ」「ナチュラルベージュ」の2色です。ケースもとても可愛らしいので、ポーチに入れておくとテンションもアップしそうなコンシーラーですね。

【第1位】LB『デュアルコンシーラー』

Amazonで詳細を見る

片方がスティックタイプ、もう片方がリキッドタイプになったリキッドとスティックと両方使い分けたいけどポーチがかさばるのはNG、といった欲張りさんにもおススメのコンシーラーです。大人可愛いデザインでポイントが高く、可愛過ぎるものちょっと好みじゃないし持ち歩きたくない…という人にもおススメです。

1本で、ピンポイントにも広範囲にも気になる部分をカバーしてくれ、またスティックで塗った部分をリキッドを使ってぼかすことで、より自然な仕上がりにするといったア幅広い使い方も可能のしてくれる優秀アイテムです。

1,000円以下のプチプラながら、1本で気になる部分をすべて隠すことができるマストアイテム!スティックのテクスチャは比較的緩めですが、スティックタイプを初めて使用するという方にも使いやすいので最初の一本としてもおすすめです。お値段は、972円(税込)でカラーはナチュラルオークルのみになります。

ランキングで紹介した商品の比較

コスメ

いかがでしたでしょうか?1本でどんな部分も隠してくれると『隠す』ことに重点を置いて厚塗りをしてしまいがちなコンシーラーですが、それぞれの種類や使いたい部位によってそれぞれのタイプのコンシーラーを使い分けることによって、更に自然に自然な美しいナチュラル肌に見せることもできます。

また自分の肌質やカラー選びも重要になりますので、夏など肌の色が変化しやすい季節には自分でカラーを調整することのできるコンシーラーでその時の肌色に合わせて調整して使うのも自然な肌質に仕上がります。

年を追うごとに毛穴レスやシミシワのない肌に女性は強く憧れを抱きますが、その肌は努力して手に入れるもの!他人のメイクをそのまま真似をするのではなく、自分だけに合うお化粧方法やコンシーラーを研究してオリジナルのメイク方法を見つけて下さいね!

ミネラルシルクコンシーラー

美肌に導ミネラルシルクコンシーラーは、界面活性剤フリー、シリコンフリー、鉱物油フリー、合成香料フリー、防腐剤フリーなので、なんとクレンジング剤は不要のコンシーラーです。

洗顔料で落とすことができ、お肌が敏感な方も使用可能で紫外線吸収剤フリーのノンケミカル処方でSPF25 PA++相当なので紫外線が気になる人にも人気です。ミネラルシルクコンシーラーの最大の特徴はお肌に徹底的に優しい成分が配合されていることです。

シンプルな無添加処方で「ホホバ種子油」「シルク」「セラミド」などさらに保湿美容成分を豊富に配合しているので、肌が乾燥してしまいがちの人にもおススメなしっとり保湿しながら気になる部分をカバーしてくれます。

ブライドアップファンデーション

こちらの商品は、ファンデーションと商品名についていますがコンシーラーとしてもファンデーションとしても使えるアイテムです。

特殊パウダー(デザイニングパウダー)のソフトフォーカス性が小ジワ、肌のキメの粗さを美しくぼかしながらツヤを与え、.抱水性に優れた保湿成分「ラスティングデュウ」配合なので時間がたっても乾燥せず仕上がります。

ブライドアップファンデーションの使い方は他のスティックタイプのコンシーラーとは違い、指で溶かしてからポンポンと肌にのせていきます。ぼかして使うタイプなので厚塗りにならずに自然に使え、肌馴染みのとても良いコンシーラーです。