INDEX

コントロールカラーとは?

コントロールカラーは肌の色合いを整えてくれるもの

コントロールカラーとは、肌色を調節する為に使う化粧下地です。例えば顔色が悪く青ざめていたり、赤味が強かったり、全体的にくすんでいたりする時に使うと、色合いを補正して綺麗な肌色に仕上がります。

クリーム、またはリキッドタイプが主流で、さらりとした薄付きです。初めてコントロールカラーを売り出したのはシャネルで、以降メイクに欠かせないアイテムとして人気です。

血色の悪さやくすみ…そんな悩みも解消!

ファンデーションを塗っても顔色がイマイチ冴えない…。そんな悩みはありませんか?コントロールカラーは、そのような顔色の悩みを解消してくれるアイテムです。

それぞれの悩みに合わせた様々な色が販売されているので、悩み別にカラーを選ぶといいでしょう。例えば血色が悪く青ざめた肌にはピンク、赤味が強い肌にはグリーン、くすみが目立つ肌にはブルーやパープルがおすすめです。

トレンドのコントロールカラーは?

今人気のトレンドはコントロールカラーにプラスアルファの効果を加えたものです。例えば、毛穴やニキビ痕などの凹凸を消して肌をなめらかにしてくれるものや、余分な皮脂を抑えて化粧崩れを防止してくれるものがあります。

他にも、美容液効果が含まれメイクしながら美肌効果も得られるものなどもあります。コントロールカラーにプラスの効果が得られるのは嬉しいですね♡

コントロールカラー選びのポイントは?

肌の悩みに合っている?

コントロールカラー選びで一番気を付けたいのが、肌の悩みに合っているかです。まず自分の肌はどのような調子なのかをチェックしましょう。

もし、血色の悪い人がブルーを選んでしまったとしたら、それは逆効果ですよね。肌の悩み、効果に合わせてカラーを選んでみましょう。カラー別の効果は以下の通りです。

コントロールカラー別の効果とは?
  • 【イエロー】ムラのない健康的な肌色に仕上がります。どのような肌にも合わせやすいですね。
  • 【ブルー】肌の黄色味を抑えます。色白の場合顔色が悪く見えるので注意!
  • 【ピンク】暗く青ざめた肌を血色のいい肌にします。クマなどを隠したい時にぴったりです。
  • 【オレンジ】しわやたるみなどを目立たせません。年齢によるくすみのカバーに使えますね。
  • 【グリーン】赤味を抑えます。赤ら顔や赤いニキビにいいですね。
  • 【パープル】くすみを抑え透明感のある肌にします。全体のくすみが気になる方におすすめです。

部分用と全体用はしっかり使い分けて

コントロールカラーは一色で全体も塗れますが、部分用と全体用で使い分けるとよりいいでしょう。例えば、色白で青っぽい肌にニキビができている場合、青味を抑えるピンクとニキビを目立たなくするグリーン、どちらを使うか悩みますよね。

そんな時は、全体に血色をよくするピンクを塗り、ニキビが目立つところにはポイントとしてグリーンを使いましょう。また、コントロールカラーは全体用、部分用としても売られています。

全体用が薄付きで顔全体に塗れるのに対して、部分用はシミやニキビなどピンポイントで使う、硬めのテスクチャーとなっています。

肌質に合ったものを選んで

コントロールカラーは色を整えるだけでなく、肌質に合わせた効果も持っています。乾燥肌の方はうるおい効果のあるもの、脂性の方は皮脂を抑える効果のものを選びましょう。自分の肌質に合っていないと、いくら色が合っていても肌荒れの原因になってしまいます。

また、乾燥肌、脂性などの肌質に合わせて買えば、メイクがぐんと崩れにくくなります。最近のコントロールカラーは化粧下地としても使えるものが多いので、コントロールカラーと化粧下地を両方使うのが面倒な方は、両方の効果があるものを使いましょう。

一部のメーカーではコントロールカラーをCCクリームと表記していますが、必ずしもCCクリームがコントロールカラーとは限らないので、表示をよく見て購入しましょう。

コントロールカラーを上手に使うコツ

全体用に使えないカラーがある事を覚えておこう

グリーン、オレンジのコントロールカラーは顔全体に塗ると顔だけが不自然に浮き上がったように見えてしまいます。これらは全体に使用せず、気になる部分にピンポイントで使っていくといいでしょう。

オレンジは茶色っぽいくすみを隠す効果があるので、特にしわやたるみが目立つ部分だけに塗ると、自然な仕上がりになります。グリーンは赤味を抑える効果がありますが、全体に塗ると顔が白くなってしまいます。

特にニキビが気になる場所、頬、小鼻など赤味の強い場所だけに使うと、不自然な白浮きが抑えられます。

慣れてきたら複数の色を使ってみて

初めは自分に合ったカラー一色を使うのがおすすめですが、慣れてきたら複数の色を合わせて使ってみましょう。例えば肌の血色が悪く青ざめている方は、赤味を出すピンクに加えて、肌全体を明るくするホワイトを合わせるとパッと華やかになります。

また、ポイント使い用として、パールの入ったコントロールカラーもあります。パールは肌に艶を与える効果があるので、特に艶を出したい部分だけピンポイントで使うといいでしょう。

また、しみやくすみが気になる方はイエローをベースに、部分的にオレンジ、ホワイトを使い、パールで仕上げると透明感のある肌に仕上がります。

日焼け止めを塗るタイミングは?

メイクをするうえで忘れてはいけないのが日焼け止めです。最近は日焼け止め効果のあるコントロールカラーも増えていますが、そうではない場合日焼け止めもしっかりと塗っておきましょう。

塗るタイミングは、コントロールカラーを塗る前です。洗顔、基礎化粧を終えたら、まず化粧下地を塗り、次に日焼け止め、コントロールカラーを塗ります。ただし、BBクリームはファンデーションの効果もある為、コントロールカラーの後に塗りましょう!

おすすめコントロールカラーランキング

【第20位】エテュセフラットデザインカラーチェンジャーイエロー(エテュセ)

Amazonで詳細を見る

どんな肌にも合わせやすいイエローのコントロールカラーです。「大人のニキビを現代ケアする」と言うコンセプトの元、大人ニキビも奇麗に隠してくれるコントロールカラーとしてリリースされました。

顔全体の赤みやニキビ痕をカバーして、ナチュラルな肌色に仕上がります。思春期ニキビが皮脂によるものに対し、大人ニキビの原因は乾燥と言われています。そんな乾燥を抑えてくれる、うるおい成分が配合されています。

しっとりと滑らかに密着する使い心地は、すべすべの肌を目指したい方に是非おすすめ!また、乾燥を防ぐだけでなく皮脂バランスを整えてくれる効果もあります。皮脂による化粧崩れ、ヨレ、テカりを抑えたい方にもぴったりなアイテムです。

【第19位】インテグレートグレイシィコントロールベース(資生堂)

Amazonで詳細を見る

血色の悪さを解消するピンクカラーです。滑らかに伸び、肌にぴったりと吸着します。肌表面の凹凸を無くし、均一に整えてくれるので化粧のノリもばっちりよくなりますよ!また、化粧崩れを防ぐ効果もあるので、ベースとして塗っておけば汗や皮脂による化粧崩れも怖くありません。

うるおいを与える成分も含まれているので、一年中肌の乾燥が気になる方に向いています。また、冬場など特に乾燥が気になる季節に、使用するのもいいでしょう。透明感のある健康的なお肌を目指したい方におすすめ!

そして、一番の魅力はそのコスパの良さでしょう。一本1,000円以下で買えるプチプラコスメなので、コスパは抜群♡安くて性能のいいコントロールカラーです。

【第18位】カネボウmediaメイクアップベースSグリーン(カネボウ)

Amazonで詳細を見る

印象アップを目指したい方におすすめのmediaシリーズ。mediaシリーズのグリーンカラーは、赤ら顔やニキビが気になる方におすすめです。赤味を抑えるだけでなく、くすみを解消し明るく透明感のある肌にも導いてくれます。

また、毛穴の開きをカバーする効果もあるので、全体的にぽつぽつと開いた毛穴が気になる方におすすめです。日焼け止め効果も配合なので、夏場の紫外線が気になる時でも安心ですね!さらりとした付け心地は伸びがよく、化粧のノリ、持ちが格段にアップします。

更にお値段は1,000円以下と、コスパ抜群のプチプラも嬉しいポイント。赤味を抑えつつ化粧のノリ、持ちをよくし、日焼け止め効果もある、コスパのいいコントロールカラーとしておすすめです。

【第17位】マミュコントロールリキッドオレンジ(マミュ)

Amazonで詳細を見る

何度も改良を重ねて、最も奇麗なオレンジが発色するよう試行錯誤して作られた、こだわりのコントロールカラーです。オレンジのコントロールカラーは部分使いがおすすめですが、こちらのオレンジは肌になじみながら補正してくれるので、全体に塗っても不自然な仕上がりになりません。

特に青っぽいクマ、茶色っぽいクマなどで、目もとの印象が悪い方におすすめ。更にしみやそばかすなどもカバーしてくれるので、肌全体のトラブルに向いています。肌にぴったりと吸着し、落ちにくいリキッドタイプ。

また、数種類の美容成分が配合されている為、メイクによる肌ダメージを最小限に抑えてくれます。お値段は3,240円とやや高額ですが、その効果は期待以上です!

【第16位】セザンヌUVウルトラフィットベースライトベージュ(セザンヌ)

Amazonで詳細を見る

ほんのりと肌に艶を与えるライトベージュのコントロールカラーです。どのような肌色にもしっかり馴染むベージュなので、初めてコントロールカラーを選ぶ為何色を選んでいいかわからないという方、また、特に悩みはないけど印象アップの為に使いたい方におすすめです。

毛穴ソフトフォーカスパウダー配合で、気になる毛穴もしっかりとカバーしてくれます。肌色の調節よりも、毛穴カバーを重視したい方に向いているアイテムです。また、メイク崩れの原因となる乾燥を防ぐ為、7種類の美容成分を配合しています。

紫外線吸収剤、香料、鉱物油といった成分は全て不使用で、お肌に優しいのも嬉しいところ。一本1,000円以下で買える、プチプラも魅力的です。

【第15位】ナチュラグラッセカラーコントロールピュレバイオレット(ナチュラグラッセ)

Amazonで詳細を見る

天然のミネラルとオーガニック植物を使い、ナチュラルで肌に優しい化粧品を生み出しているナチュラグラッセ。自然由来の成分を使い、化学物質は使わないと言った、こだわりが詰まったアイテムです。日本人特有の黄色いくすみを抑えたい方におすすめなのが、パープルのコントロールカラー。

黄色っぽくない、透明感のあるなめらかな仕上がりにしてくれます。また、同時に肌の保湿、ハリ、キメを整える効果を持つゼニアオイエキス、エキナセアエキス、エピロビウムフレイスケリエキスも配合されている為、美容液を付けたような効果も期待できます。

化学物質、鉱物油、パラベン、シリコン、石油系界面活性剤、タール系色素、合成香料、紫外線吸収剤は全て不使用というこだわりがあります!

【第14位】エクスボーテトゥルーカラーUVイエロー(エクスボーテ)

Amazonで詳細を見る

どのような肌にもなじむイエローのコントロールカラーです。その最大の特徴は、光拡散効果のあるトランスパウダーという成分配合による美肌効果です。肌に当たる光を拡散させる事で、くすみや色ムラ、赤みなどを抑え肌に透き通ったような自然な明るさをもたらします。

更に注目したいのが、配合された伸縮性のエアクッションパウダーです。この特殊なパウダーは肌のしわに合わせて自由自在に伸縮するので、化粧崩れによるヨレを防いでくれます。

コントロールカラーとしてだけでなく、化粧崩れを防いでくれる下地としてもおすすめです。お値段は4,860円と少々高額ですが、それだけ高い効果が期待できる、万能のコントロールカラー&下地として使えます。

【第13位】ママバターBBクリームピンクベージュ(ママバター)

Amazonで詳細を見る

自然な肌色に整えるBBクリームです。表記はBBクリームですが、コントロールカラーとしても使えるピンクのカラーとなっています。天然保湿成分であるシアバターを中心に、8種類のオーガニック植物原料を配合したスキンケアクリームです。

これ一つで、美容液、化粧下地、UVカット、コントロールカラー、ファンデーションの効果が得られるという、便利なオールインワン。特にたっぷりの保湿成分が特徴で、メイクをすると肌が乾燥しやすい方におすすめです。

オールインワンなので沢山の化粧品を買うのは面倒な人、メイク時間を短縮したい人にもぴったりですね!香りは心地よいオーガニックラベンダーで、アロマのようなリラックス気分が味わえます。

【第12位】フェルムトーンアップベースクリアグリーン(伊勢半)

Amazonで詳細を見る

一般的に顔全体には塗らない方が良いグリーンですが、こちらのグリーンは全体に塗っても白浮きしない為、赤ら顔の方におすすめです。明るいミントグリーンが肌にすっとなじみ、赤味を抑えたワントーン明るい肌に仕上げてくれます。

毛穴をカバーする効果もあり、凹凸のない滑らかな肌にはファンデーションも乗りやすくなりますよ。光拡散パウダーとなめらかフラットパウダー配合により、毛穴やニキビ痕といった気になる部分もばっちりカバーできます。

ヒアルロン酸、コラーゲン、ローヤルゼリーエキスなど、うるおい保湿成分が配合されています。お値段は551円と、非常にプチプラなのが魅力的!コスパのいいコントロールカラーとして、おすすめできます。

【第11位】イプサコントロールベイスイエロー(イプサ)

Amazonで詳細を見る

シミ、ソバカスなど、紫外線ダメージによる肌の悩みが気になる人におすすめのイエローです。こちらはイエローのコントロールカラーですが、肌に塗ると自然なベージュに変化します。その為、どのような肌色でも不自然に仕上がらないのが特徴です。

白浮きせず、地肌になじみのいい艶のある肌に仕上がりますよ。青・黄・赤の光をバランス良く反射させる為、素肌に足りない光を補い、まるで内側から光り輝くような透明感を生み出します。

美容成分も豊富に含まれており、コントロールカラーを塗りながら肌に美容効果も与えることができます。ニキビなどの赤味にはグリーンが効果的ですが、こちらはイエローでありながら赤味も消す効果も持っています。

【第10位】江原道メイクアップカラーベースグリーン(コウゲンドウ)

Amazonで詳細を見る

色ムラを補正してくれるグリーンカラーです。頬や鼻など、部分的に赤味のある肌が気になる方におすすめ!テスクチャーはコクのあるクリーミーな感触で、滑らかに肌に伸びて吸着します。

紫外線を中心とした外部からの刺激や乾燥を防ぐ効果もあるので、肌色をコントロールしながら肌へのダメージも軽減できます。更に配合されているオイルブロッティングパウダーには、皮脂の分泌を防ぎ化粧くずれやテカリも予防してくれる嬉しい効果もあります!

また、ストレッチゲルの配合により、メイクがよれてしまう心配もありません。ヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分が豊富に含まれている為、肌にしっとりとしたうるおいを与えながら肌色をコントロールできます。

【第9位】ジルスチュアートラスティングティントコントロールベースピンク(ジルスチュアート)

Amazonで詳細を見る

コントロールカラーとしての効果はもちろん、可愛らしいパッケージも乙女心をくすぐるジルスチュアートのコントロールカラー。肌全体に明るい血色をもたらす、ピンクが人気です。ソフトフォーカス効果により、キメが粗く毛穴が目立つ凹凸肌を、一瞬で滑らかに整えてくれます。

色合いのコントロールはもちろん、ファンデーションの前に肌を均一に整えたい方におすすめ!また、紫外線から肌を守る効果もあるので、紫外線によるダメージが気になる季節でも安心して使えますね。

余分な皮脂を抑え汗にも強いため、特に皮脂や汗でメイクが崩れやすい夏場には重宝します。化粧崩れやヨレを防ぐので、一日崩れないしっかりベースメイクを続けたい方にぴったりです。

【第8位】プレシャスミネラルマジックエニークッションピンク(エチュードハウス)

Amazonで詳細を見る

コントロールカラーというとリキッドタイプが一般的ですが、こちらは珍しいクッションタイプです。リキッドタイプよりもサラッとした使い心地を求める方は、こちらのタイプがいいでしょう。軽い付け心地ですが、乾燥せずしっかりと保湿もできます。

血色をよくする効果のほか、肌全体のトーンアップ、日焼け止め、保湿効果、美肌美容液効果、更に夏場に嬉しい肌へのクール効果もあり、一つで沢山の効果が得られます。素早くメイクを終わらせ、一日続くうるおいと艶が得られる万能コントロールカラーとなっています。

少量取って軽く肌に乗せるだけで、べたつかずさらりとした艶肌が生まれます。しっとりとしたうるおいを与える、ヒアルロン酸配合です。

【第7位】エレガンスモデリングカラーベースEXUホワイト(エレガンス)

Amazonで詳細を見る

大人っぽく上品な印象のメイクアップ商品を取り扱うエレガンス。素肌の色をリセットし、より自然に理想の肌色へと近づけるメイクアップベース&コントロールカラーです。

下地として使えるので、ベースとコントロールを両方つける手間が省けるのもいいですね♡みずみずしく軽い水系ベースの為、ぴったりと肌に吸着し、厚塗りに仕上がりません。しっかりと肌色をコントロールしながらも、ナチュラルな薄付きの為、皮脂や汗に影響を受けないのも特徴です。

厚塗り感からくる圧迫感が嫌いな方には、是非おすすめ!もちろん紫外線から肌を守る効果もあり、夏場のメイクに役立ちます。フローラルムスキーの香りで、フレグランスのように優雅な香りが楽しめます。

【第6位】RMKベーシックコントロールカラーシルバー

Amazonで詳細を見る

シンプルでスマートなボトルデザインの、RMKのコントロールカラーです。ぷるんとした半透明のジェルは、色浮きせず肌にすっとなじみ、開いた毛穴もしっかりとカバーします。厚塗り感を抑えつつ、肌の凹凸を無くしたい方におすすめ!

クリーミーなテクスチャーは肌に溶け込みやすいので、全体的な色ムラやくすみも抑えてくれます。内側から輝くような光沢感を与えるシルバーは、肌全体のくすみ、暗さを解消し、ワントーン明るい光輝く肌に。

年齢による肌のくすみや、色黒からくる顔色の暗さを解消したい方は、こちらのシルバーがいいでしょう。また、他のコントロールカラーと組み合わせて使うのも効果的です。ブルーやピンクなどにプラスしてみてはいかがでしょうか?

【第5位】シュウウエムラUVアンダーベースムースCCベージュ

Amazonで詳細を見る

プロの美容化も愛用しているという、業界支持の高いシュウウエムラ。そんなシュウウエムラのコントロールカラーは、肌色を整えるのはもちろん、高い紫外線防止効果も持っています。どのような肌色にもなじみやすい、ベージュがおすすめ。

最高レベルのUVA防御効果に加えて、光安定性の高いメキゾリルSX/XLを配合し、長時間UVカット効果が続くようになっています。また、紫外線によって生じる活性酸素は肌を老化させる原因となります。

しかし、抗酸化作用の高いハス花エキスの配合によって、エイジングケアも期待できます。白浮きしない乳液タイプなので、肌に薄くなじみ、化粧下地としてはもちろん、これ一つ素肌に付けるだけでも美肌、UVカット効果が生まれます。

【第4位】COSCOSカラーコントロールベースグリーン(COSCOS)

Amazonで詳細を見る

COSCOSは元々コスプレイヤー専用のコスメブランドとして誕生したものです。しかし、その機能性や効果の高さから、コスプレイヤー以外からも注目されている、今話題のブランドです。

そんなCOSCOSから新しくリリースされたコントロールカラーは、くすみ・赤味・色ムラを強力にカバーし、まるで陶器のように滑らかな肌に仕上げます。カラーは赤味を抑えるグリーンで、フラットパウダー配合により毛穴などの肌の凹凸を防いでくれます。

更に、皮脂吸着パウダー配合により、長時間立っても化粧崩れしにくい仕様となっています。コスプレイヤーといえばウィッグや衣装を身にまとって長時間撮影するものですが、そんなコスプレイヤーのメイク崩れを抑えるだけあって、強力な効果が期待できます。

【第3位】SUGAOシルク感カラーベースグリーン(SUGAO)

Amazonで詳細を見る

塗った瞬間から、サラサラと手触りのいいシルクのような仕上がりになるコントロールカラー&化粧下地です。下地効果もある為、二度塗る手間もありません。特に皮脂の分泌が多い脂性の方におすすめです。

皮脂吸着パウダー配合によりテカリを抑え、サラサラとベタつきのない肌をキープします。更に、ソフトフォーカスパウダーの効果で肌に当たった光を様々な方向に反射させ、肌の表面を滑らかに輝かせます。

毛穴の広がりもカバーするので、滑らかで透明感のある仕上がりが期待できるでしょう。ベタつかない仕上がりと赤味を抑えるグリーンカラーは、特に顔がほてりやすい夏場におすすめです。無香料なので化粧品特有の嫌な匂いも感じずに使用できます。

【第2位】ピディットモイストコントロールベース(ピディット)

Amazonで詳細を見る

白地にカラフルな花柄が可愛いパッケージが特徴のコントロールカラー。オトナ女子が持つ肌の悩みをひと塗りでカバーするとして、人気を呼んでいます。肌の乾燥を優しく保護して、肌に透明感とうるおいを与えます。

下地としてさっと塗るだけで、スキンケアしたてのようにうるおった肌が仕上がります。その秘密は、スキンケアクリームから作られたという事。肌色や肌の状態をコントロールするだけでなく、スキンケアも目的としたコントロールカラーです。

特殊なうるおいラッピング成分により、肌にうるおいの膜を生み出し、長時間水分をキープします。カラーは血色をよくするピンクと透明感を出すブルーをミックスしたパープルで、バランスのいい色合いに整えます。

【第1位】UVベースコントロールカラー・ブルー(無印良品)

Amazonで詳細を見る

様々な生活雑貨や食品を取り扱うお店として、人気の高い無印良品。そんな無印のアイテムの中でも、特に人気が高まっているのがコスメです。シンプルなパッケージと品質の良さ、使い勝手の良さなどが、ユーザーから高く支持されています。

無印良品のコントロールカラーは、SPF50+のUVカット効果があり、コントロールカラー、化粧下地以外に、日焼け止めとしての効果もあります。最近リニューアルしたこちらのアイテムは、従来のものより更に白浮きしにくく、肌にすっと伸びるようになりました。

黄色いくすみや茶色いクマをカバーし、透明感のある肌色に仕上げます。オリーブスクワラン、カミツレ花エキス、モモ葉エキスなどのうるおい成分配合です。

紹介したコントロールカラーの比較

イエロー、オレンジ系

どのような肌色にも合わせやすいイエロー。皮脂の分泌を抑え、サラサラに仕上げたい方はエテュセ フラットデザインカラーチェンジャー イエローがおすすめです。

紫外線ダメージが気になる方は、マミュ コントロールリキッド オレンジがいいでしょう。オレンジでも全体使いができるので、顔全体に塗る事ができます。肌を明るく見せたい方は、エクスボーテ トゥルーカラーUV イエローがおすすめ!光を効果的に反射させるので、顔が明るくなります。

ニキビなどの赤味が気になるけど、グリーン系には抵抗があるという方は、イプサ コントロールベイス イエローを使うと、程よく赤味が抑えられます。

ピンク、ベージュ系

血色をよく見せるピンクカラー。インテグレート グレイシィコントロールベースは、うるおい成分配合なので乾燥が気になる方におすすめです。一本1,000円以下と、プチプラなのも魅力!オールインワンで下地やファンデーションも全て済ませたい方は、ママバター BBクリーム ピンクベージュをおすすめします。

紫外線によるダメージや化粧崩れが気になる方は、ジルスチュアート ラスティング ティントコントロール ベース ピンクがいいでしょう。プレシャスミネラルマジックエニークッションピンクは、クッションタイプ。さらりとした付け心地を求める方に!ピンクよりナチュラルに仕上がるのがベージュです。

セザンヌ UVウルトラフィットベース ライトベージュは、毛穴カバー力に優れています。カラーの調節より毛穴隠しを重視したい方は、こちらがいいでしょう。シュウ ウエムラ UV アンダーベース ムース CCベージュは、UVカット効果が抜群!紫外線が気になる方はこちらをおすすめします。

ブルー、パープル系

黄色いくすみを抑えてくれるブルー。UVベースコントロールカラー・ブルーは、クマやくすみをカバーし、肌全体を滑らかに仕上げます。UVカット効果もあるので、暑い季節にもピッタリですね!

パープルは肌に透明感を与え、エレガントな仕上がりになります。自然由来の成分にこだわりがある方は、ナチュラグラッセ カラーコントロールピュレ バイオレットがおすすめ。化学物質を使わず天然由来の成分で出来ているので、安心です。

乾燥を防ぎつつ、肌に優しい成分が欲しいという方には、ピディット モイストコントロールベースがおすすめです。オトナ女子の肌トラブルに合わせて作られたもので、スキンケアクリームのような使い心地が堪能できますよ。

グリーン系

肌の赤味を解消してくれるグリーン。プチプラで効果が高いものをお求めの方には、カネボウ media メイクアップベースS グリーンをおすすめします。ポイント使いではなく顔全体にグリーンカラーを使いたい方は、白浮きしないフェルム トーンアップベース クリアグリーンがおすすめ!

コスプレイヤー用に開発されたCOSCOSカラーコントロールベース グリーンは、一日汗をかいても崩れない抜群のカバー力が魅力!レジャーなど、小まめに化粧直しができないシーンで重宝します。

ベタつきのないサラサラ仕上がりがいい人は、SUGAO シルク感カラーベース グリーンがおすすめです。シルクのようにサラサラとした、手触りのいい状態がキープできます。

ホワイト、シルバー系

ピンクやブルーなどのコントロールカラーに加えるだけで、パッと明るくなるホワイトやシルバー系。もちろんこの色を単体で使っても、顔全体の透明感がグッとアップします。

エレガンス モデリング カラーベース EX Uホワイトの魅力は、みずみずしい付け心地と厚塗り感のなさです。コントロールカラーは使用したいけど、厚塗りが気になる方は、こちらがおすすめ!

肌の凹凸や色ムラを抑えたい方は、RMKベーシックコントロールカラー シルバーがおすすめです。全体のムラを抑え、透明感のある明るい肌に仕上げてくれます。

まとめ

いつものメイクにほんのひと手間足すだけで、顔の印象がグッと変わるコントロールカラー。顔色を整えるのはもちろん、UVカットや化粧崩れ防止、美肌効果、肌をマットに仕上げる効果など、様々な嬉しい効果が期待できます。

悩みに合わせたカラーを選べば、化粧ノリがグンとアップしたツルツル美肌も夢ではありません!現在コントロールカラーを使っていない方も、ご自身に合ったコントロールカラーを選んでみてはいかがでしょうか?

関連商品

無印良品コンシーラースティックタイプナチュラル

Amazonで詳細を見る

シミやくすみなど、特に気になる部分をピンポイントで隠すコンシーラー。人気の無印良品アイテムなので、コントロールカラーと合わせて使うのも◎。

SUGAOAirFitCCクリームピンクブライトモイストピュアナチュラル

Amazonで詳細を見る

スフレのようにふわっと軽いCCクリーム。適量肌に伸ばすだけで、しっかりファンデーションを塗ったような滑らか仕上がりに!

コントロールカラーで色味を整えた後、こちらのCCクリームを塗るだけでもしっかりメイクに仕上がる優れものです☆

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。