Middle shutterstock 603300659

目次

肌に良いクレンジングミルク

クレンジングミルクとは?

クレンジングミルクはメイク落としの1つです。ミルクの名の通り乳白色の液体であり、滑らかなテクスチャーをしています。固さは様々で、とろりとしたものからジェルタイプ、クリームのような固形に近いものまで存在。

またミルクは外見に基づく呼び名であり、成分には少量ですがミネラルオイルなどが入っています。そこから時にクレンジングオイルに分類される製品もあります。

クレンジングミルクは肌荒れ向け

メイク落としとしての効果はやや低く、ベースメイクは落とせてもポイントメイクになると難しいです。特にウォータープルーフなど水に強いタイプを使っている方は、専用のメイク落としが必要となります。

オイルやほかのメイク落としと異なるのは、その洗い上がりです。クレンジングミルクには保湿成分が付与されているため、肌がつっぱらずにしっとりします。

肌が弱い人や、乾燥などのダメージを負っている方が使うのに適した製品です。

自分に合う製品の選び方

自分のメイクを落とせるクレンジング力があるもの

ミルクタイプと言っても、配合成分は製品ごとに全く異なります。まず重視したいのが、自分のメイクに合わせたクレンジング力を備えているか。ミルクタイプを選ぶ人は、肌のためにナチュラルメイクをしがちです。

しかしそれでも、洗浄力が低いときちんと落とせないことも。また美容成分が豊富な分、洗浄成分が少ないケースもあります。ミルクの中でも、自分のメイクを確実に落とせるものを探しましょう。

美容成分が自分の肌悩みと合うか

また美容成分は与える効果も様々です。保湿は比較的共通していますが、美白やエイジング、黒ずみケアなどは製品によって配合の有無が違います。

肌に優しいからと言って、クレンジングミルクで全てのトラブルが解決できるわけではありません。

美容液などでケアするなら、最終的には無くても構いませんが、複数のアイテムで迷っているなら、自分のためになる方を選びましょう。

クレンジングミルクを使うコツ

塗る前に手で温める

いざクレンジングミルクを手に取ったら、顔に塗る前にしばらく手の中で温めます。ミルクタイプは手に取った直後は水が表面を覆っていますが、温めることで内側にあった油分が表に出てきます。

油分に表面を覆わせることで、メイクが落としやすくなるのです。これを転相と呼びます。

洗い落としは再乳化を意識

ぬるま湯の温度は体温より低め

肌にクレンジングミルクを馴染ませたあとは、たっぷりのぬるま湯で洗い流します。しかし一気に落とすのではなく、少しずつ行うのがポイント。ぬるま湯を少しずつ加えることで、再乳化を引き起こします。

これは転相の逆で、水が表面を覆っている状態に戻し、クレンジングミルクを落としやすくしています。ちなみに温度は体温より低めの32度前後がベスト。冷たすぎても暖かすぎても、メイクは落ちにくくなります。

拭き取り型は目元から外へ

クレンジングミルクの中には濡らしたコットンでふき取るタイプもあります。この場合、内側から外側、下部から上部を意識して行いましょう。また顔のどこから始めても良いのではなく、目元から周囲へ向けるのがベスト。逆だとシワができやすくなってしまいます。

クレンジングミルクランキング

【第6位】コラージュ クレンジングミルク

人気の製品を見てみましょう。まず第6位に入ったのは、コラージュのクレンジングミルクです。容量は100gと、以降の製品と比べた時にやや少なめ。メイク落としの中でも敏感肌と乾燥肌向けの製品です。

肌の潤いも保て、それでいてベタベタしないのが魅力。

【第5位】カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

続いて第5位は、カバーマークのトリートメント クレンジング ミルク。200gはランクインしたアイテムの中では最も多いですが、その分値段も高めです。ファンデーションなどのベースメイクはきちんと落ちますが、

マスカラなどのポイントメイクは事前に専用アイテムで落としたほうが良いでしょう。

【第4位】カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付

第4位はカウブランドの無添加メイク落としミルク ぽインプ付 。150ml入りで、名前にもあるように肌の刺激原因となる添加物を取り除き、優しい洗い心地になっています。

洗浄成分は肌の構成にも関わるアミノ酸が主で、洗っている最中も肌をいたわります。また保湿成分として天然由来のセラミドを配合。洗った直後から肌をしっとりさせてくれます。

【第3位】アルージェ モイスト クレンジング ミルクジェル

ベスト3にランクインしたのは、アルージェのモイスト クレンジング ミルクジェル。液体より固体に近い触感であり、容量も5位同様100gとグラム表示になっています。

アルージェは敏感肌向けのブランドで、メイクを落としつつ肌への負担を抑え、潤いをプラスするのが特徴です。美容成分としてはビオセラミドやアクアモイスチャーベールなどが入っています。洗顔後のピリピリに悩んでいる方にオススメです。

【第2位】クレンジングリサーチ リニュー モイスト ジェルミルククレンジング

第2位は、クレンジングリサーチのリニュー モイスト ジェルミルククレンジングです。容量は135ml。クレンジングリサーチでは様々なメイク落としを販売していますが、その中でもエイジングケアに特化したのがコレ。

天然成分のAHAを配合し、メイクに加えて古い角質を取り除く効果を持っています。

セラミドやヒアルロン酸、はちみつなど保湿成分も充実しており、年齢の経過による肌の劣化にも対応。ウォータープルーフのメイクでも落とせるとしていますが、製品によっては落としきれないものもある点に注意。

また洗顔中は、アップルフローラルの甘く優しい香りに包まれます。

【第1位】ポンズ ポアホワイト クリーミージェル クレンジング

最も人気なのは、ポンズのポアホワイト クリーミージェル クレンジング。容量は150mlです。ミルクよりも、ややジェルに近い触感をしています。肌になじみやすく、ゴシゴシをこする必要がないのも人気の理由ですね。

洗浄はメイクに対してだけでなく、毛穴の黒ずみや詰まった皮脂も落としてくれます。オイル成分が含まれてはいますが多くはないため、ポイントメイクなどのガッツリ系は別の製品との併用をおすすめします。

またホワイトアミノなど3種類の保湿成分によって透き通る肌が期待できる上、洗い上がりもさっぱりしてベタつきません。肌がつっぱることもないので、終わった後も不快になりにくいです。

香りはグリーンティーシトラスで、洗っている間にリラックスもできますよ。2位に比べて容量が多く、かつ安いことも魅力的。

容量と値段のバランスで選ぶ

ランキング結果を振り返ってみると容量が多く、かつ値段がお手頃の製品が人気のようです。

メイクを落として肌に潤いを与えるというコンセプトは多くのブランドで一致しているため、どれだけコストパフォーマンスを抑えられるかが人気の優劣の決めてなのでしょう。

ただ中身に関しても、ランキング上位の方が具体的な成分名を記しています。なぜ肌が潤うか、どうして刺激がないのか、成分名を明かせば伝わりますし、ピンと来ない人も調べることができますね。

まとめ

クレンジングミルクは肌の負担を抑え、洗う段階で美容成分を与えてくれるアイテムです。メイクが強いと落としきれないこともありますが、ポイントメイク用のクレンジングを使ったり、転相の仕組みなどカバーできる点があるのも魅力。

使ったことがない方も、洗い上がりの肌が気になるなら、人気製品から試してみてはいかがでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。