旅行中のどんな行動が彼氏を幻滅させる?

地図を片手に旅行するカップル

異常に荷物が多い彼女に彼氏は幻滅

初めての彼氏との旅行。ドキドキしますね。服は何を着ようか?髪型はどうする?このさいだからネイルも派手なものにしてお化粧も頑張っちゃおう。夜は毎晩パックでお手入れして朝食にはいつものダイエットドリンクで美容にはじゅうぶん気を付けて。 ……でもちょっと待って!その荷物、全部持っていくのですか?大切な彼氏との初旅行に、そんなに荷物を持っていったら彼氏は引いてしまいます。もちろん洋服や日常的な化粧品などは必要ですが、毎日ファッションショーのように着替えていたら、荷物は膨大になってしまいます。 彼氏とふたりで過ごすのに、海外旅行に行くような大きなキャリーケースは邪魔です。なかには、枕やぬいぐるみまで持って行ったという女性までいるようですが、もちろん彼氏はドン引き。 大好きな彼氏との旅行だからこそ、キレイでいたい。その女心は立派ですが、旅行は引っ越しではありません。持っていく荷物は必要最小限にしましょう。

いつも綺麗にしてるのに、夜はジャージ!?

男性の頭の上に両手を上げた小さな女性 旅先の観光地などではオシャレをしても、ホテルや旅館に帰ってきたら、くつろぎたいですよね。温泉旅館なら浴衣が用意されていますが、ホテルなら着心地が楽な部屋着を用意するといいでしょう。 部屋の中だからと言って、下着姿はいけません。もちろん裸なんてもってのほか。長年連れ添った夫婦ではないのです。初めての旅行では、ゆったりとしたワンピースやフェミニンなパジャマなどがおすすめです。 男心をくすぐるのは、無防備な彼女の姿です。ジャージを着たオジサンではありません。同棲中のカップルならジャージもいいかもしれませんが、初旅行では女であることを忘れないようにしましょう。

長時間の入浴タイムやお化粧タイムに彼氏はウンザリ

女性は男性に比べて、どうしても身支度に時間がかかってしまいます。彼氏もそれは理解しているでしょうが、夜の入浴タイムには、お化粧落としとシャワーとシャンプーとヘアドライ、これを全部で長くても1時間以内には終わらせるようにしましょう。 男性なら30分もあれば終わるところですが、髪が長い女性は入浴時間も余分にかかります。できればバスルームに入る前に、「1時間ぐらいかかるけど、いい?」と一言言っておくと、イライラさせずにすみます。せっかくのふたりきりの旅行ですから、ふたりで過ごすことを大事にしましょう。 また、朝のメイクも女性特有のものですが、男性はメイクの時間は理解がありません。大切な彼氏との初旅行だからこそオシャレをしたい気持ちもあるでしょうが、あなたがメイクしている間、彼氏は待ちくたびれてしまうかもしれません。 「まだ?」と彼氏に言わせないように、メイクは洗面台でササッとすませましょう。彼氏にメイクしている姿を見せるのは厳禁です。

せっかくの旅行なのにスマホ三昧

せっかくの彼氏との旅行なのに、ずっとスマホを手放さないのは興ざめしてしまいます。持っていくのは仕方ないにしても、なるべくスマホはバッグの中にしまっておきましょう。 どうしてもスマホをいじる必要があるなら、彼氏がトイレに行っている間か、自分がトイレに行ってからにしましょう。 LINEやメールやインスタ…いろいろスマホをいじりたくなるかもしれませんが、初旅行の間はグッと我慢です。彼氏との初旅行なのにスマホをいじりっぱなしでは、「一緒にいても退屈なのかな」と思われてしまいます。

こんな瞬間にオトコは弱い!どんなときにドキッとする?

無防備な彼女の寝顔に彼氏はキュンキュン

人は誰しも、寝起きは無防備でぼんやりしているものです。この無防備な姿というのが、男性にはたまらなく愛しく見えるものなのです。ふと夜中に目が覚めた時、隣で眠る彼女の無防備な顔をじっと見つめてしまった、という男性も珍しくありません。 日中はきれいにメイクして仕事もバリバリこなして、夜眠っているときは子供のような無防備な寝顔。このギャップが彼氏をキュンキュンさせます。

体調不良や道に迷った時こそ優しくしよう

旅行中は日常とは違った環境ですから、思いがけず体調を崩してしまうこともあります。 もしも彼氏が体調不良を訴えたら、優しく看病してあげましょう。ホテルで体温計を借りたり氷枕を用意してあげたり、食事を部屋で食べさせてあげてもいいです。男性は弱っているときに女性から優しくされると、さらに愛情が増す生き物です。「見直した」「惚れ直した」といつまでも良い思い出として残るでしょう。 また、忘れ物をしたり道に迷ってしまったとき、ついイラッとして彼氏を責めてはいけません。ただでさえ慣れない土地で困っているのに、助け合うべき彼女からガミガミ怒られてしまうと、その後の関係にも影響してしまいます。 旅先での少々のトラブルはかえって良い思い出になります。否定的な言葉を口にせず、「いろいろ見れてよかったね」「またひとつ思い出が増えたね」とのんびり構えて、彼の気持ちを楽にしてあげましょう。彼からの好感度アップは間違いありません。

洗面所や部屋の使い方がキレイ

旅行とはいえ、数日間を一緒に過ごすのですから、ふだんの生活ぶりが垣間見えるものです。ここでキチンとしているのを見せておくと、彼も惚れ直すでしょう。 よくあるのが洗面台の使い方です。女性は髪をきれいにセットしますが、そのあと、水しぶきや抜け落ちた髪があちこちにあるのは大変見苦しいものです。洗面台を使ったあとはティッシュなどで軽く掃除しておくと、次に彼が使うときにキレイです。 また、服は脱いだらすぐにクローゼットに入れ、ゴミはゴミ箱からはみ出さないように入れましょう。 特に目立つのはベッドのシーツやカバーです。寝乱れたシーツはとても見苦しいものです。筆者はあるリゾートホテルで働いた経験がありますが、カップルが泊まった後のベッドのシーツは実にさまざまです。グチャグチャになったままのこともあれば、まるでメッドメイクしたてのようにキチンと整えてチェックアウトする女性もいます。 部屋にいてもキチンと整理してシーツを整える姿は、彼氏から見ると「一緒に暮らしたらこんなふうかな」と期待させます。

喧嘩をしても「ありがとう」を忘れない

顔でハグする女性 旅行にはハプニングがつきものです。たった数日でも、ちょっとした言い合いをしてしまうこともあるかもしれません。行こうとしていた美術館が休業していたり、電車の時間に間に合わなかったり、期待していただけに、つい不平を漏らしてしまうかもしれません。 けれども、旅行中ずっと喧嘩をしているわけにもいきません。喧嘩してしまったときは、その日のうちに仲直りしましょう。たとえ彼氏に非があったとしても、「わかってあげられなくてごめんね」「さっきは言いすぎたね」と譲歩することを忘れてはいけません。喧嘩の後の仲直りは、相手を失いたくないという気持ちを高めます。 そして旅行から帰ってきたら、必ず笑顔で「ありがとう」と伝えましょう。この最後の「ありがとう」があると、彼氏に「楽しかったからまた一緒に旅行に行きたい」と思わせることができます。

旅行中の彼女の行動:これって幻滅?ときめく?オトコの本音

ベッドの上で見つめ合っている男女

オトコは彼女のスッピンを見たいもの

女性は彼氏にスッピンを見せるのは恥ずかしいものですが、男性は彼女のスッピンを見たいと思うものです。なぜ男性が女性のスッピンを見たがるかというと、誰も知らない彼女の素顔を見られるからです。そして化粧した顔より素顔のほうが幼く見えるというのも魅力の一つのようです。 デートではフルメイクで精いっぱいオシャレしていても、初旅行となると、24時間メイクしっぱなしというわけにはいきません。夕食前に温泉に入る場合は、いったん化粧を落としたあと、ファンデーションに眉毛を軽く描く程度の薄化粧なら好ましいものですが、ふたたびフルメイクはかえって不自然です。できることならスッピンのまま、それが恥ずかしいときはごく薄化粧にしましょう。 温泉ではなく、就寝前に入浴するときは、バスルームでしっかりメイク落としをして、翌朝まではスッピンでいましょう。誰も知らないあなたの素顔を見たことで、彼氏の胸はいっそう高まること請け合いです。

大好きな彼氏との旅行だから徹底してオシャレに…は間違い

メイクをする女性 旅行に行くときは、いつもよりオシャレをしたいのが女心です。けれども旅先では動き回ることが多く、着慣れない服はかえって疲れることになります。真新しいレースのブラウスがチクチクしたりスカートが脚にまとわりついて歩きにくかったり。そんなときでも旅行中は着替えが難しいものです。 旅先では着慣れた服で旅行を楽しみましょう。また何より大切なのは、靴です。一日中歩き回るのに、真新しいハイヒールでは靴擦れをするのが目に見えています。また慣れた靴でも、一日中となると、何が起こるかわかりません。「足が痛いから」と歩けなくなってしまうと、一緒にいる彼もせっかくの旅行なのに、と残念に思ってしまいます。 旅行中は、着慣れた服に履き慣れた靴で行きましょう。そしてバッグにバンドエイドを数枚忍ばせておけば完璧です。

初旅行は日常のすべてを見られる試練

彼氏との初旅行は、いわば次のステップへの入学試験のようなものです。旅先での行動によって、彼氏からの愛が深まることもあれば、幻滅させてしまうこともあります。どうせドキッとさせるなら、良いほうにドキッとさせたいですよね。ここでご紹介した幻滅のポイントとときめきのポイントを押さえて、ぜひ彼氏を惚れ直した、と思わせちゃいましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!