1回目の告白がダメだった理由を分析

何かを発見した女性 何か問題を解決するためには、まず原因を分析することです。2回目の告白をする前に、なぜ1回目の告白でOKが出なかったのか、分析してみましょう。原因がわかれば、これからすべきこともなんとなく見えてくるはず。以下から、考えられる原因を挙げてみました。

タイプじゃない

彼はあなたのことがタイプじゃない、つまり、異性として好きではない……。ショックですが、一番可能性のある理由です。ここで、「私がもっと可愛ければ」と落ち込んでしまう女性もいるかと思います。 だけど、「可愛いは作れる」という言葉もある通り、大切なのは顔が美人かどうかではありません。自分を磨いて美人オーラをまとうことで、男性の心を射止めることができます。女磨きをして彼の好みの女性になることで、リベンジの確率を高めていきましょう。 また、あなたのことは友達としては好きだけど、異性として意識したことがなかったのかもしれません。この場合、あなたが1回目の告白した時点で、彼はあなたに対してちょっとドキドキし始めるはず。恋のスタート地点に立ったと考え、次の告白に向けて頑張っていきましょう。

あなたのことをよく知らない

ディスカッションするカップル もしかしたら彼は「告白されたけど、相手のことをよく知らないからOKできない!」と考えているのかも。例えば一目惚れの彼に告白した、あまり話したことがない友達の友達を好きになったなど……今まであまり接点がなかったなら、あり得ることですよね。 大人同士がお付き合いしていくためには、外見だけでなく性格が合うかどうかも大切なポイント。彼はちゃんと女性の中身も見て付き合う、真面目なタイプなのかもしれませんね。 この場合、これからの行動次第で、2回目の告白が成功する可能性が高まります。まずは彼とお互いのことを知って、仲良くなる努力をしましょう。ただし、「あなたが好きになってくれるまで待つわ!」なんて態度だと彼も重たく感じてしまいます。「まずは食事でもしよう」と気軽に誘ってみましょう。

他にいい感じの女性がいる

カップルに嫉妬する女性 彼に他に気になる女性がいる可能性も考えられます。1回目の告白の時に「好きな人がいるからごめん!」とはっきり言ってくれたなら、まだ誠実です。そうではなく、なんとなく女の影が臭うなら、要注意。 例えば他にいい感じの女の子がいるんだけど、付き合えるかどうか確実でない。そんな時にあなたが告白してくれたから、とりあえず保留してキープする……そんな可能性も考えられるのです。 彼に好きな人がいないのなら、望みは大です。だけど彼に他の女性がいるのなら、あなたは残念ながら2番手以下。とにかく、彼の恋愛状況をリサーチすることが重要です。

2回目リベンジのための心得

手でハートマークを作る女性 2回目の告白をする前に、心得ておきたい恋の原則をまとめてみました。

恋愛は惚れた方が負け

恋愛は、惚れられた方に主導権が渡ります。つまり、今は告白された彼が、優位に立っている状態。特に女性のほうから告白した場合は、この上下関係が強くなります。 男性は狩猟本能を持っている生き物です。恋愛でも、どちらかというと獲物を追いかける方が好き。ですので、わざわざ頑張らなくても手に入るような恋だと、あまり燃えないのです。つまり、女性であるあなたから告白してきた、今のような状態ですね。 1回目の告白は、彼にあなたを意識させるために必要なものでした。だけど、2回目も頑張ってあなたが追いかけるようだと、成功率は上がりません。あなたが努力するよりも、彼に惚れさせて追いかけさせる展開にしていきましょう。

押してダメなら引いてみる

カップルがハートのパズルを作っている 「押してダメなら引いてみろ」はよく聞く言葉ですね。確かに恋愛で女性から押してばかりだと、男性は逃げ出す傾向にあります。今は1回目の告白をして押した後なので、これからは引いていく時期です。 「押してダメなら引いてみる」の最大の目的は、男を惑わすことにあります。誰だって、人から「好き!」と言われたらドキっとしてしまうもの。特に男の場合、「俺ってモテるんだ」調子に乗る人が多いです。 そのように「この子は俺のこと好きなんだ」と喜んでいたのに、急にあなたに素っ気なくされる。こうすると、彼は「えっ、俺のこと好きじゃなかったの?」「もう諦めたのかな?それとも他に男が?」と混乱します。そしてあなたのことが気になり始めます。こういう困惑や焦りが、恋では最大のスパイスになるのです。

できれば告白しないor相手に告白させる流れで

内緒!と言う女性 2回目告白をしよう!と考えているのに水を差すようですが、彼と付き合うためにこそ、告白しないのがベターです。 あるアンケートでは、約半数の男性は、「付き合う時にわざわざ告白しないこともある」と答えています。学生時代は告白してからデートをし始めるというパターンが多いですが、大人の場合逆です。「何回かデートを重ねて、お互い脈がありそうだったら、流れで付き合う」というのが基本なんですね。 つまり、「今言えば確実に付き合える!」という瞬間が来ない限り、2回目告白をするのはまだ早いです。そしてそこまで機が熟しているなら、わざわざ告白する必要もないか、もしくは彼のほうから言ってくれるはず。2回目告白をすることよりも、その段階まで持って行けるように頑張りましょう。

2回目の告白を成功させるコツ4つ

好意を隠しつつデートを重ねる

高級そうなレストランにいるカップル 1回目の告白が済んだのなら、もう今後は好意を隠してください。上記でも説明した通り、恋の基本は「押してダメなら引いてみろ」。これ以上好意を出してしまうと、「この子は俺にべた惚れだから、俺は頑張らなくて大丈夫」と油断させてしまいます。 ただし、一気に引きすぎて、全然彼との交流がなくなってしまうのはNG。それではいつまでも2人の仲は進展しません。好意を隠しつつも、「一緒に食事しない?」など気楽に誘ってみましょう。

楽しい時間を共有する

海辺で女性をおんぶして走る男性 恋愛は、勘違いから始まることもあります。「吊り橋効果」という心理学の用語を知っている人も多いかと思います。これは、吊り橋のような恐怖を感じる場所で異性に声をかけられると、いつもよりもその異性が魅力的に見えてしまう心理のこと。つまり、「吊り橋が怖い!」というドキドキ感と、恋のトキメキを混同してしまうんですね。 この理論で行くと、彼と一緒にお化け屋敷に入ったり、ジェットコースターに乗るが一番かもしれません。逆に、異性と一緒に何か楽しい体験をした時も、「この人と一緒にいると楽しい!」→「つまり私はこの人が好き」と勘違いすることもあるのです。 もし機会があれば、彼と遊園地に行ったり、サーフィンやマリンスポーツなど、アウトドアを楽しんだり……2人でテンションが上がるようなレジャーを体験しましょう。1対1で誘うのが難しいなら、友達を巻き込んで遊ぶのをオススメします。

他の男性にも目を向ける

男女が2人並んで笑いあっている 今は「彼しか見えない!他の男なんて!!」という状態かもしれません。だけど、好きな人とうまくいくためにこそ、他の男に目を向けることも大切。 恋愛を成就させるには、心の余裕が不可欠です。あなたが「もうあなたしかいないの!」というような切羽詰まった態度だと、彼は逃げ出したくなってしまいます。余裕を持つには、彼以外の男にも目を向けることです。 また、あなたに他の男の影がちらつくことで、好きな人に適度な焦りを与えます。「あの子俺に告白したのに、他の男と会ってる?」「別の奴にとられるかも!」と危機感を持つんですね。ただしやりすぎると遊び人と思われる可能性もあります。ふんわりと、「他の男にもモテている」というオーラを出せるといいですね。

彼の好みをリサーチ→女を磨く

おしゃれな女性が芝生に横たわっている 2回目告白を成功させるのに大切なのは、とにかく魅力的な女性になること!好きな人が「この子を彼女にしたい!」と思えるような女性になれれば、男は確実に落ちます。冒頭でも書いたように、魅力的になるのに重要なのは顔の造形ではありません。毎日頑張って自分を磨いていることが、その人のいい女オーラに繋がるのです。 また、彼の好みをリサーチすることも大切です。ただし、彼好みの女になりたいからと言って、似合わない服を着たりするのはNG。あまりモテ系を目指しすぎると、没個性的などこにでもいる女性になってしまいます。男性に好まれる色気を出しつつ、あなた自身の魅力を生かすチョイスをしましょう。

まとめ

赤いセーターをきた男性を女性が抱きしめながらこちらを見つめている 2回目の告白をしたくなるくらいに、大好きな彼……。彼のことを思うと、胸が苦しくなってしまう日もあるかもしれません。だけどあまりにも彼に惚れ込みすぎると、両思いが遠のくのも事実。なるべく気負わずに、「いつか付き合えたらいいな~」とふわっとした気持ちで、毎日を楽しく過ごしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!